薬剤師が働くとき、一般的には正社員やパート・アルバイトで働くのが一般的です。ただ、そうではなく派遣薬剤師として活躍することを考える人もいます。

派遣であれば、6ヵ月以上の長期派遣であったり、短期バイト(1~3ヵ月ほどの短期派遣)で活躍したりすることもできます。それだけでなく、単発派遣として1日だけ特定の薬局で働く方法も頻繁に行われています。

薬剤師の勤務方法の中でも、派遣は最も自由であり派遣契約が切れた後は長期休暇を作ることもできます。それでいて、時給3,000円以上と正社員薬剤師よりも高い給料で働くことができます。当然、このときは定時での勤務終了となります。

そのため派遣勤務を考えている人は多いですが、派遣薬剤師に大きな強みをもつ転職サイトとしてアプロドットコムがあります。ただ、どのような特徴の会社なのか事前に理解しておく必要があります。そこで、アプロの評判・口コミを含めて解説していきます。

派遣薬剤師に強い派遣会社、アプロドットコム

薬剤師専門の転職エージェントを利用するとき、どれも同じサービス内容のように感じてしまいます。ただ、実際には内容や特徴が大きく異なっています。

例えば派遣であれば、マイナビ薬剤師やリクナビ薬剤師をはじめとして、大手であっても薬剤師の派遣求人を取り扱っていないケースがほとんどです。あくまでも正社員やパート・アルバイトの紹介・斡旋をするだけであり、派遣会社としての機能はないのです。

そうしたとき、特に派遣薬剤師に大きな強みをもつ転職エージェントがアプロドットコムです。

派遣に強い会社は非常に珍しいです。ただ、アプロについては派遣薬剤師がメイン事業であるため、むしろ派遣薬剤師として活躍することを考えている場合、アプロドットコムを積極的に利用することを考えるといいです。

短期派遣、長期派遣の求人が非常に多い

アプロドットコムは派遣求人が圧倒的に多い派遣会社のため、短期派遣や長期派遣を含めて自由に求人を選ぶことができます。

一般的な時給相場としては、東京や大阪などの都市部だと時給2,800円以上が基本になります。中には時給2,500円など時給の低い求人が存在するものの、そうした募集を選ぶ意味はありません。必ず時給2,800円以上を選択する必要があります。

例えば、以下はアプロで掲載されていた東京にある調剤薬局での中途採用の派遣です。

時給2,800円であり、短期派遣勤務も可能な募集となっています。東京や大阪、名古屋(愛知)、福岡、横浜(神奈川)を含め、大きな都市であっても時給2,800円以上は必ず確保するようにしましょう。

また、これが静岡など田舎の地域に行くと県庁所在地であっても時給3,000円以上になります。

いずれにしても、こうした短期派遣や長期派遣の求人がアプロでのメインになります。ただ、派遣とはいっても「どの曜日で働くのか」「勤務時間はどうするのか」「フルタイムか週2~3日か」など好きなように選ぶことができます。そこで、事前に勤務条件を考えておきましょう。

単発派遣(1日スポットバイト)を含めた求人募集も豊富

また、1日だけのスポットバイトを含めた単発派遣であっても問題なく勤務可能な転職エージェントでもあります。

派遣可能な転職サイトの中でも、単発派遣まで積極的に推進している転職エージェントは珍しいです。ただ、アプロドットコムでは派遣に大きな強みがあることから、単発派遣であっても問題なく可能になっているのです。

単発派遣の場合、募集する日が事前に決められています。調剤薬局やドラッグストアによって薬剤師が不足する日が異なるため、そうした日に募集が出されるようになるのです。

例えば、以下は東京で出された時給3,000円の単発派遣です。

1日だけのスポットバイトですが、この求人では「5/11と5/25だけ募集している」ことが分かります。1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)の首都圏や、大阪・京都・神戸など関西の都市部だと、特にこうした単発派遣の募集が頻繁に出されるようになります。

あらゆる日で単発派遣のスポットバイト求人が出されているため、アプロドットコムを利用すれば、すき間時間に短期バイトを実現することができます。

・単発バイトは対象者が決められている

注意点として、1日の単発派遣では対象者が決められており、以下のどれかに該当する人だけが可能です。

  • 60歳以上の方
  • 学生
  • 自分の年収が500万円以上(副業で行う)
  • 世帯年収が500万円以上であり、主な生計者ではない

「世帯年収が500万円以上であり、主な生計者ではない」とは、「家族での収入合計が年間500万円であるものの、配偶者のうちあなたのほうが低い年収」のケースが該当します。

例えば、「旦那の年収:400万円」「妻(薬剤師)の年収:200万円」のケースだと、世帯年収が500万円以上であり、妻である薬剤師のほうが年収は低い(主な生計者でない)という図式のため、単発派遣をすることができます。

なお、たとえ年収500万円以上であっても管理薬剤師として働いている場合、法律の関係で当然ですが単発派遣を含めた他薬局でのアルバイトはできません。

高時給の出稼ぎ派遣・短期バイトも可能

また、日本全国で出されている高額派遣求人についてもたくさん取り扱っています。一般的な派遣だと、薬剤師募集は時給3,000円ですが、時給3,500円や時給4,000円の高額派遣求人がいくつもあるのです。

こうした時給4,000円の募集の場合、多くは「出稼ぎ派遣を考えている薬剤師」を対象にしています。田舎の調剤薬局やドラッグストアでの募集になりますが、その地域には薬剤師がいないため、出稼ぎでの短期バイト(または長期派遣)を希望している薬剤師をターゲットにしているのです。

時給4,000円の場合、1日8時間の週5日というフルタイム勤務だと以下のような月収になります。

  • 時給4,000円 × 1日8時間 × 月20日 = 64万円

残業なしでの計算であるため、残業ありでも問題ない場合は当然ながらより高収入になります。調剤薬局やドラッグストアとしても、残業ありで働いてくれる薬剤師のほうがありがたいため、これについては交渉次第といえます。

また、こうした募集だと住宅付き・引越し代補助となります。出稼ぎ派遣の薬剤師を対象にしているため、このような好条件になるのです。例えば、以下は静岡県浜松市から出された時給4,000円の募集です。

一般的には、このように田舎の地域での出稼ぎ派遣だと時給4,000円以上になります。一方で東京や大阪、名古屋、福岡、横浜などの都市部から出される出稼ぎ派遣では、高くても時給3,500円までになりやすいです。

ちなみに、より田舎の地域で薬局側が急を要している場合、時給5,000円なども可能になります。時給5,000円のフルタイムだと月収80万円(年収960万円)になるため、こうした募集を探していることをアプロ側に伝えれば問題なく紹介してもらえます。

大病院で派遣勤務をすることも可能

また、病院薬剤師として派遣勤務することも可能です。法律上、病院では派遣募集が禁止されています。ただ、産休代替での派遣薬剤師であれば問題ないことになっています。

調剤薬局やドラッグストアと違い、産休代替などのケースでなければいけないため、必然的に病院求人は稀になります。ただ、大学病院や総合病院などの派遣についても取り扱っているのがアプロドットコムです。

例えば、以下はアプロに掲載されている「大阪の総合病院で出された派遣募集」です。

内科や外科、整形、脳外神経外科、耳鼻咽喉科、皮膚科、その他とあらゆる科目があることから、総合病院であることが分かります。こうした都市部の病院であっても、薬局と同じように時給2,800円以上で働くことができます。

なお、調剤薬局やドラッグストアでの派遣の仕事は投薬ばかりになりますが、病院では調剤業務がメインになります。これについては、事前に理解するようにしましょう。

老健・介護施設など、特殊な派遣まである

さらに、特殊な求人まで保有しているのがアプロドットコムです。老健や介護施設などであれば、正社員やパート・アルバイトの求人ですらほぼ存在しません。そうした中、これら老人施設の派遣募集についても取り扱っています。

また、一般的に派遣薬剤師は調剤経験者が申し込むものであり、未経験では応募できません。ただ、こうした老人施設だと投薬(服薬指導)がなく、行うのは簡単な調剤だけです。そのため、未経験の薬剤師であっても問題なく勤務できるという特徴があります。

例えば、以下は横浜(神奈川)で出された老健施設での派遣募集です。

このように「投薬業務はない」と記載があり、未経験でも応募できるようになっています。午前中のみの勤務を含め、好きなように働き方を設定できる中途採用の求人となっています。

紹介予定派遣でのお試し勤務も可能

これら単発派遣や老人施設の派遣求人まであることから、紹介予定派遣などの募集についてもアプロドットコムでは可能です。

紹介予定派遣とは、「就職することを前提として派遣勤務すること」を指します。つまり、派遣契約が切れたあとに正式に就職・転職するのです。

もちろん、双方の合意があったときに正式な就職となります。断るのは問題ないため、その場合は別の紹介予定派遣の求人を紹介してもらえば問題ありません。つまり、お試し勤務できるのが紹介予定派遣になります。

アプロには紹介予定派遣の募集が全国に存在し、一般的な派遣と同様に時給3,000円などで勤務することが可能になっています。このとき、もちろん正社員に限らずパート・アルバイトでの紹介予定派遣も可能です。

例えば、以下は東京にある有床クリニックから出された紹介予定派遣の募集です。

正社員ではなくパート・アルバイト要員での募集ですが、このように時給3,000円です。また一般的には、派遣期間が終わって正式採用になるとき、パート・アルバイトでも給料が下がります。ただ、この求人では長期勤務可能なら時給3,000円が維持されるようになっています。

紹介予定派遣によって勤務条件は異なります。そこで、アプロドットコムを利用してお試し勤務を経験しながら条件交渉してもらうといいです。

アプロドットコムでの利用の流れを確認する

このように派遣での勤務を検討している場合、あらゆる形態の派遣薬剤師として働くことができるようになっています。単発派遣から高時給の出稼ぎまで、すべての派遣求人を取り揃えているのがアプロなのです。

派遣薬剤師で特に評判・口コミが優れるわけですが、このとき実際にアプロを利用するときは、最初に公式サイトから登録するようにしましょう。そうすると、以下のような自動返信メールが届きます。

そうして担当者から連絡が来てやり取りすることになるため、このときは送られてくる履歴書やスキルチェックシートを記載しましょう。

以下は実際にアプロの担当者から送られてきたメールです。

電子データで履歴書(Wordファイル)とスキルチェックシート(Excelファイル)が添付されてくるため、これに記載・返信した後に求人紹介となります。

希望条件をヒアリングされた後、通常はあなたが住んでいる地域の近くで時給2,800円以上(田舎なら時給3,000円以上)の派遣求人をいくつか紹介してくれるため、その中から興味のある求人を選ぶことになります。

もちろん、条件と合致していなければ求人を選び直すことも可能です。そうして最終的に申し込む求人を絞っていきます。

事業所は東京と大阪にある

このとき、アプロの事務所は東京と大阪にあります。そのため、派遣勤務するとき関東や関西に住んでいる人であれば、実際に求人に応募して働くときにアプロの担当者が付き添いをしてくれます。

例えば、以下は私がアプロドットコムを利用して求人に応募した後に送られてきたメールになります。

このように、事前にもってきてほしい書類について記載されています。最初の利用では「実際の勤務前にアプロ担当者と会い、少し話をして必要書類を渡した後、派遣先に行って働くようになる」というステップを踏むのです。

ちなみに東京や大阪に事務所があることから、地方に住んでいる人はアプロの担当者と一緒に出向くわけではなく、自ら就業先に行くことになります。

ただ派遣勤務では、勤務先となる薬局や病院などでの事前面接が、法律で禁止されています。そのため、転職サイトの担当者が同行してくれるかどうかは派遣勤務において重要ではありません。私がアプロで派遣勤務した先ほどの例についても、既に派遣先の薬局が確定したうえで、私が関東に住んでいるので同行してくれただけです。

正社員やパート・アルバイトでの勤務だと、事前面接や職場見学が重要になります。ただ派遣では、勤務先での事前面接ができなくなっているため、求人票での条件面や内情を転職サイト経由で聞いた後に応募するといです。

このとき、地方に住んでいると対面で書類を渡すわけではなく、郵送などになるケースがあるのは理解しましょう。

正社員やパート・アルバイトも可能な転職サイト

なお、アプロの利用を考えるときはどうしても派遣薬剤師がメインになってしまいます。派遣での勤務について特に強みのある転職エージェントだからです。

それでは、正社員やパート・アルバイトでの求人がないかというと、当然ながらアプロドットコムでも正社員やパートの募集が存在します。派遣として調剤薬局やドラッグストア、病院を含め広く派遣求人があるため、当然ながら正社員やパート・アルバイトについても転職先を紹介してくれます。

実際、以下のように応募フォームでは派遣に限らず、正社員やパートのチェック項目があります。

ただ、特別な理由がない限りアプロドットコムの利用は派遣だけに限定するといいです。正社員やパート勤務での転職斡旋となると、急に提案力が弱くなってしまうからです。アプロに対する悪い評判・口コミというのは、いつも正社員やパート・アルバイトを希望したときに起こっています。

一方で派遣の場合だと、そうしたミスマッチは起こりにくいです。派遣希望の人がメインで利用する転職サイトであり、実際に派遣を希望する薬剤師がどのような求人先を望んでいるのか既に理解しており、さらには派遣求人数も多いためです。

確かにアプロを利用して正社員やパート・アルバイトの中途採用を探すことも可能です。ただ、そうではなくあくまでも派遣としての利用に留めましょう。短期や長期、単発派遣、紹介予定派遣を含めあらゆる派遣求人に対応しているため、派遣薬剤師として自由に働きたいときに大きな力を発揮するのがアプロドットコムだといえます。

転職エージェントのアプロで派遣を探すのはおすすめ

薬剤師の中でも正社員やパート・アルバイトではなく、派遣に大きな強み・特徴のある転職エージェントがアプロです。派遣であれば、あらゆる求人を取り揃えているのです。

実際のところ、正社員やパート・アルバイトでアプロドットコムを利用するのはおすすめできません。そうではなく、アプロでは派遣での評判・口コミが優れています。そのため利用がおすすめなのは、派遣薬剤師を考えている人になります。

アプロであれば、短期バイトや長期派遣は当然として、単発派遣(1日スポットバイト)や高額出稼ぎ派遣、病院・老人施設の派遣、紹介予定派遣とすべての派遣が可能です。

当然、時給相場については派遣薬剤師の中でも優れています。派遣薬剤師として自由に働くことを考えている場合、アプロドットコムに登録してみましょう。