薬剤師として働く場合、大きく分けて「正社員」「パート・アルバイト」「派遣」という三つの働き方があります。

このとき派遣として働く場合、全員が派遣会社(転職サイト)を活用しなければいけません。派遣を取り扱っている転職エージェントを利用することで、ようやく派遣薬剤師として活躍できるようになるのです。

しかし、転職サイトの適切な選び方を知っていなければ良い求人には巡り合えません。そこで薬剤師が派遣として働くメリットやデメリットについて紹介し、口コミや評判を含めて大手派遣会社のおすすめ比較ランキングを掲載します。

派遣薬剤師として働く人は意外と多く、自由な働き方として選択肢の一つにいれてみるといいです。

派遣薬剤師は自由なライフスタイルを実現できる

薬剤師として働くとき、多くは正社員かパート・アルバイトです。その中で派遣を選択する人は、なぜそうした働き方を選ぶのでしょうか。

これには、当然ながら派遣薬剤師としてのメリットがあるからです。

一番大きなメリットとしては、時間と場所に縛られずに働くことができる点が挙げられます。正社員であると、基本的に週5日以上は働くことになります。このとき、土曜日出勤は普通ですし、残業もあります。

パートやアルバイトであれば時間的な余裕を確保しやすくなりますが、それでも長期間の休暇を入れるのは難しいです。よほど理解のある職場でない限り、妊娠・出産などの特別な場合を除いてパート薬剤師がいきなり3ヵ月や半年ほどの休暇を申し出るのは無理です。

一方で派遣薬剤師であれば、パートやアルバイトのように働く時間を制限することができ、さらには短期で働いた後に半年以上の長期休暇を取ることも可能です。

派遣薬剤師であれば、契約期間が決まっています。契約期間が過ぎたときに薬剤師を一時休止して海外旅行へ行ってもいいし、他の活動に時間を活用してもいいです。自由なライフスタイルを最も実現できる働き方が派遣薬剤師なのです。

特に派遣であれば週一回の勤務が可能ですし、スポット(特定の場所で単発で働く)で勤務することも可能です。「週一回の勤務」「スポット(単発)での派遣」「短期の薬剤師」など、自由に働きながら稼げます。

例えば、以下は東京の薬局から出された単発スポット求人です。

こうした案件がたくさん出されるのが派遣薬剤師です。

高額時給案件は転職サイトごとに異なる

また、派遣薬剤師であると時給が高いです。パートやアルバイトであると基本は時給2000円からスタートですが、派遣ではそれよりも時給が高くなる傾向にあります。

派遣薬剤師として働く場合、ある程度の調剤経験が必要になります。相手企業は即戦力として派遣を求めているため、これは仕方のないことですがその分だけ高時給を期待できます。

そして、東京や大阪、名古屋、福岡、横浜などの都市部であったとしても、派遣薬剤師の時給が3,000円を超えるのは普通です。例えば、以下は東京の調剤薬局から出された派遣薬剤師の求人募集です。

ここにある通り、時給3,000円となっています。週3日から勤務でき、正社員と同じように週5日で働くこともできます。もし、この求人で週5日ほど働くと以下のようになります。

  • 時給3,000円 × 1日8時間 × 月20日勤務 = 48万円

残業が少しでも加われば、月50万円の収入になります。東京や大阪などの都市部でも年収600万円を超えることができるのです。

また、地方の田舎に行くと薬剤師の年収が高くなることで有名です。これについては派遣も同じであり、高い給料を提示してくれる薬局は田舎になるほど多くなります。例えば、以下は北海道の薬局から出された求人です。

この求人では、時給4000円からとなっています。正社員よりも高い収入を実現できるのが派遣なのです。また、派遣では明確な勤務時間も決まっているため、無駄に残業が多くなることもありません。

・2社ほど転職エージェントに登録するのが一般的

このとき、派遣では短期から長期までさまざまな求人が存在するため、できるだけ選択肢は多くした方がいいです。そのため、1社だけの転職サイトに登録する人はいません。基本は2社など複数の転職エージェントを活用するのが一般的です。

派遣の求人はそのときに出される案件が異なりますし、募集条件も変わっていきます。そのためあなたが転職したいときに優れた求人を選ぶには、どうしても求人の絶対数が必要になります。

また、契約が切れた後にすぐ他の求人を紹介してもらう必要があります。そうしたとき、いくつかの派遣会社(転職サイト)を活用することでスムーズに求人を紹介してもらうようにするのです。

このとき、口コミや評判に優れた大手の派遣会社を活用するのがおすすめです。派遣に関していえば、転職サイトの適切な選び方は「大手の転職エージェントを2社ほど活用する」ことなのです。

先ほどの高時給の求人についても、派遣会社ごとに求人先が異なります。そのため、効率よく稼ぐためにもどのような派遣求人が存在するのか実際に2社ほど登録して確認してみるといいです。

人間関係に縛られず、柔軟に短期求人にしてくれる転職サイトを選ぶ

薬剤師が調剤薬局やドラッグストアと派遣契約を結ぶとき、契約期間が切れれば他の職場に移ってもいいし、相手企業が望んでいる場合はそのまま留まっても問題ありません。

契約期間は1ヵ月や3ヵ月や半年などさまざまです。このとき契約期間を過ぎた後、契約更新するのか別の職場を選ぶのか自由に選択できます。

このとき、長期契約可能な職場であったとしても最初は1~2ヵ月などの短期契約になるよう、柔軟に交渉してくれる転職エージェントがおすすめです。

もし、働いた先の職場の人間関係があまく良くなかったり、労働環境が悪かったりする場合、非常に勤務しにくくなります。そのため長期契約を望むにしても、最初は短期契約が適切なのです。長期契約にするにしても、契約が切れた段階で更新すれば問題ありません。

薬剤師が転職を決意する理由の上位に人間関係の悪化があるため、派遣薬剤師であれば契約期間が満了するまで我慢すれば人間関係の問題から解放されます。そこで、最初は短期契約にするのです。

これは正社員やパート・アルバイトでは実現できない働き方です。また、派遣先を気にいって正社員やパート・アルバイトとして入社したいと考えた場合、その旨を相手企業に打診することもできます。好きなように働けるのが派遣薬剤師なのです。

・仕事の空白期間を作るのを許してくれる派遣会社を活用する

派遣薬剤師にはこうした契約期間が存在することから、前述の通り高い時給で短期間だけ働くことが可能です。通常、正社員やパート・アルバイトの募集で「3ヵ月や半年だけ働きたい」と申し出ても却下されます。

一方で派遣薬剤師では、「薬剤師が足りないのを埋めるため、短期だけヘルプに来てほしい」「週一回、土曜日だけ助けてほしい」「スポットとして働いて欲しい」など、相手企業の需要を満たすために派遣されます。そのため、短期間だけ働くことが可能になっています。

正社員で転職するとき、短期でやめてしまうとキャリアに傷がつきます。一方で派遣薬剤師であれば、短期で働くのは普通なので何も問題ありません。むしろ、同じ派遣会社に在籍しているためキャリアに影響は及びません。

そこで、これらの働き方を認めてくれる派遣会社に登録するようにしましょう。大手の転職エージェントであれば、こうした働き方を望んでいる薬剤師をこれまで何千人も経験しています。中小の転職サイトであると微妙ですが、大手の転職サイトであれば好きなように派遣として働けるのです。

病院を含め、いろんな求人を紹介できる派遣会社が優れている

また転職サイトの選び方として、大手の方が優れているのは非常に多くの種類の求人を保有しているからです。調剤薬局やドラッグストアに限らず、その他の求人募集も取り扱っているのです。

例えば、総合病院の薬剤師への転職は年齢制限があるので簡単ではありません。ただ、派遣であれば大学病院や急性期の総合病院を含め、あらゆる求人が存在することになります。特に大手の派遣会社であるほど、こうした求人が広く取り扱われるようになります。

例えば、以下は大阪の総合病院から出された求人募集になります。

このように薬局に限らず、病院薬剤師であっても時給3,000円からになります。

急性期病院の薬剤師は給料が低いことで有名です。また、10年ほど勤務しても年収はほぼ変わりません。昇給があっても月5,000円ほどの収入アップが多いです。

そう考えると、同じように病院薬剤師をするにしても派遣薬剤師であれば、10年や20年も同じ職場で働いている病院薬剤師の給料を簡単に超えられるようになるのです。

いずれにしても、派遣薬剤師では大病院を含めて経験できるのがメリットです。ただ、そのためにはいろんな種類の派遣を取り扱っている転職サイトが優れているため、どうしても大手の派遣会社がおすすめになります。

ボーナス、退職金がないのはどの転職サイトも共通

こうしたメリットのある派遣薬剤師ですが、当然ながらデメリットもあります。デメリットまで考慮した上で、転職を判断しなければいけません。そして転職サイトの選び方を考えるとき、デメリットについてはあらゆる転職エージェントで共通となります。

まず、派遣だとボーナスや退職金が支給されることはありません。パート・アルバイトにボーナスや退職金がないのと同じように、派遣薬剤師にもボーナス・退職金はないのです。

派遣薬剤師として働くとき、高い時給が可能なので正社員で働くよりも給料が良く、たくさん稼げるという大きなメリットがあります。派遣会社に登録されている求人次第にはなりますが、それでも高時給なのは変わりがありません。

ボーナスや福利厚生、さらには退職金などを含めトータルで考えても派遣薬剤師の方が年収は高くなります。ただ、ボーナスや退職金まで含めると正社員との収入差は減少することは理解しましょう。

転職エージェントの福利厚生は共通だが、交渉次第で実現できる

また、福利厚生も正社員ほどは充実していません。理由は単純であり、雇われている先は派遣会社だからです。決して、勤務先に雇われているわけではありません。

特に調剤薬局や病院、ドラッグストアであると住宅手当など正社員の福利厚生は充実する傾向にあります。派遣薬剤師であっても派遣会社からの有給休暇や社会保険などは存在しますが、正社員並みの福利厚生を期待してはいけません。

もちろん、最低限の福利厚生はあります。これには、雇用保険や健康保険、有給休暇、産休・育休が存在します。これらは法律によって定められているものなので、当然ながら派遣薬剤師でも活用できます。

ただ、中小の派遣会社だとこうした福利厚生でさえうまく活用できないことがあります。そのため、やはり大手の転職エージェントを利用するのが無難です。

・交渉次第で福利厚生を作るのは可能

基本的に派遣では福利厚生がほぼないものの、転職エージェントの担当者に交渉してもらうことで福利厚生を付けてもらうことは可能です。通常は存在しない住宅手当や通勤手当を何とか付けてもらえるように交渉してもらうのです。

派遣薬剤師の求人票であっても、稀に「派遣の人にも住宅手当を付けます」のように記載されていることがあります。例えば、以下の中途採用の求人では派遣にも関わらず、住宅手当が存在します。

時給4,000円と非常に高額ですが、さらに住宅手当まで付けてくれます。そのため、実質的な手取り収入はさらに上がります。また、住宅手当までとはいかないにしても、通勤手当ならわりと簡単に付与してくれます。

雇用先は派遣会社ですが、薬局が派遣社員へ正社員やパート・アルバイトと同じような福利厚生を提示するのは何も問題ありません。そのため転職サイトの選び方としては、「担当者が福利厚生まで含めて求人先と交渉してくれるかどうか」が重要になるのです。

派遣薬剤師として長く活躍している人であっても、実際のところ福利厚生の交渉をしている人は少ないです。そのため、自ら積極的に伝えることで良い条件を勝ち取るようにしましょう。

交渉とはいっても、あなたが調剤薬局やドラッグストアに掛け合うわけではありません。派遣会社の担当者に対して、「通勤手当を出すように交渉してもらうことは可能でしょうか?」と簡単なメールを一通送るだけとなります。

こうしたことまで見極めたうえで、複数の転職エージェントを活用しながら利用するべき派遣会社を選ぶようにしましょう。

薬局の特徴説明やフォロー体制のある転職サイトを選ぶべき

また派遣先の現状や職場環境を知るうえで、求人票だけを提示してくる転職エージェントの担当者は微妙です。求人票だけでは、薬局の様子がまったく分からないからです。

例えば中小薬局では、社長が設備投資をせずケチだと非常に古い分包機を活用して調剤することになります。以下のような機器です。

こうした薬局だと、当然ながら効率的に仕事をすることはできません。また、質の高い医療を提供するのも無理です。そのため、どれだけ時給が高くても避けなければいけません。

求人票には最低限のことしか書かれていません。福利厚生の内容が分からないのは当然として、他にも以下のことを含めて記載されていないことがほとんどです。

  • 1日の処方せん枚数はどうか
  • 何人の薬剤師で常時対応することになるのか
  • 取り扱うメインの科目はどうか
  • 調剤室の機器類はどうなっているのか
  • 電子薬歴になっているか

一方で最新の機器を取り揃えている薬局もあります。例えば、以下の調剤薬局では監査マシーンを調剤室に取り揃えています。

特に派遣薬剤師の場合、短期だとピッキングはせず服薬指導がメインになります。そのため、こうした監査システムがあれば医療過誤をかなり減らすことができます。

調剤薬局やドラッグストア、病院と職場が違えば働くときの環境も大きく異なります。そのため、派遣先に就く前にどのような環境で勤務することになるのか、細かく説明してくれる転職サイトが優れています。

また、転職エージェントによってフォロー体制は異なってきます。優れた転職サイトであれば、新たな派遣求人先へ就業した後、電話やメールで問題なく働くことができているか確認してくれるようになります。中小だと微妙ですが、大手の派遣会社であれば問題ありません。

派遣を扱う口コミ・評判に優れた大手転職サイト比較ランキング

このような特徴のある派遣薬剤師ですが、派遣薬剤師の求人は特殊案件に該当します。そのため、たとえ大きな規模の転職サイトであったとしても、派遣求人を取り扱っていないことがあります。

実際、転職サイトの中でも派遣薬剤師を取り扱っている会社は少ないです。基本的に正社員やパート・アルバイトであれば、どの転職サイトでも問題なく取り扱ってくれます。ただ、転職サイトに登録して「派遣薬剤師として働きたい」と伝えたとしても、「派遣の案件は扱っていない」と断わられることが多いのです。

そこで派遣薬剤師として活躍することを考える場合、必ず派遣も含めて求人を取り扱う転職エージェントを利用しなければいけません。さらには、口コミや評判に優れた大手の派遣会社を活用する必要があります。

こうした転職サイトは少ないですが、薬キャリとファルマスタッフについては大手の転職サイトであり、派遣薬剤師の求人もたくさん保有しています。中小も含めると他にも派遣会社は存在しますが、派遣薬剤師を目指すのであれば、この2社へ登録すれば問題ありません。

このときの特徴を比較ランキングとして以下に掲載するため、2社へ登録した後にそれぞれを使い分け、担当者との相性を見ながらメインで利用する転職サイトを決めるといいです。

薬キャリ

エムスリーが運営する薬キャリは、圧倒的な求人数で知られている転職エージェントになります。さらには正社員やパート・アルバイトだけでなく、大手転職サイトの中では派遣求人についても取り扱っているという特徴があります。

単純に求人数が多いという特徴から、高額求人を狙いたい人は必ず登録しなければいけません。薬キャリは高年収を考える人に適した転職サイトで有名ですが、これは派遣薬剤師についても同様なのです。

例えば、以下は薬キャリで出された高額派遣求人になります。

東京(渋谷)の調剤薬局で時給4,800円からとなります。地方であれば高い収入を得られるのは普通ですが、東京や大阪などの都市部を含め薬キャリを活用すればこのように効率的に高い収入を得ることが可能になります。

参考までに、この薬局で9:00~19:00まで週5日勤務した場合、時給4,800円だと月の収入は86万4,000円となります。派遣薬剤師として薬キャリを活用するだけで、あり得ないほどの高い給料を実現することが可能になります。

もちろん、実際に働くときは求人先との相性も重要です。どのような職場なのか事前に薬キャリの担当者に確認してもらい、求人募集の案件を紹介してもらうようにしましょう。

なお、薬キャリのスタイルとしては「多くの求人の中から紹介していくパターン」になります。どのような求人なのかについて、電話やメールで紹介してもらう形式となるのです。特に事前面談があるわけではなく、求人紹介前に「あなたが望む働き方」を伝えるのも電話かメールです。

そのため、スピードの速さという意味では薬キャリは優れています。派遣を考えるとき、最初に登録すべき派遣会社が薬キャリなので、まずは薬キャリの利用を検討するようにしましょう。

ファルマスタッフ

また、大手の転職エージェントの中で派遣求人を取り扱う会社として、他にもファルマスタッフがあります。しかも、ファルマスタッフは正社員やパート・アルバイトよりも派遣薬剤師に強みをもっています。

派遣求人をたくさん取り揃えることを方針にしているため、派遣薬剤師を考える人のほとんどが活用している転職エージェントになります。

また、派遣に強いことから高額求人に限らず、いろんな働き方を実現できる「特殊な求人」まで含めて保有しています。例えば、以下は神奈川県横浜市の調剤薬局から出された週1日でも問題ない求人募集になります。

週1日と特殊であるため、派遣の中では時給は低めです。ただ、それでも時給2,700円は確保することができます。稀な求人ではあっても、派遣に強い転職エージェントだと、このようにあらゆる求人が取り揃えられているので選びやすくなります。

なお、ファルマスタッフは大手の中では珍しく面談にこだわりをもっています。求人を紹介する前に薬剤師と面談を行い、どのような希望条件なのか事前に対面でヒアリングするのです。そうした後に派遣求人を紹介してもらうことになるため、より精度の高い求人募集を紹介してもらいやすくなります。

さらにいうと、ファルマスタッフは日本調剤グループが運営している会社であるため、母体がしっかりしており経験も豊富です。

また既に述べた通り、派遣として活躍するには2社ほどの転職サイトを活用することにより、多くの選択肢の中から求人を選ばなければいけません。ファルマスタッフは大手転職サイトであり、口コミや評判に優れています。さらには派遣に強みがあるため、必ずファルマスタッフについても活用するようにしましょう。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファルマスタッフ

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。

ファルマスタッフのインタビュー記事

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事