薬剤師が転職を検討するとき、正社員ではなく派遣薬剤師として働くことを考える人は多いです。理由は単純に高い時給相場であるため、高年収を実現できるからです。

同じ薬剤師であったとしても、大手チェーン薬局や病院などであれば正社員で働くにしても月収は少ないです。ただ、これを派遣にするだけで高時給となり、手取り月収を増やせるようになります。

しかし、派遣薬剤師として勤務する場合は額面での年収だけに着目してはいけません。正社員に比べると福利厚生の面で劣るため、これらを総合的に判断しながら派遣薬剤師として高い給料を実現させるかどうかを考える必要があります。

そこで、ここでは派遣薬剤師として勤務するときの給与面での注意点や全体的な時給相場について解説していきます。

派遣薬剤師で時給3,000円以上は普通

同じように薬剤師として働くのであれば、当然ながら条件の良い職場で勤務したいと考えるのは普通です。例えば、大手チェーン薬局であれば薬剤師業務とは別に残業が発生し、無駄に時間を取られることになります。それでいて給料は低く、特に新人だと手取り20~22万円になってしまうのは普通です。

田舎ならもう少し月収は増えますが、東京や大阪などで大手チェーン薬局の正社員となると、どうしても年収は低くなるのです。

一方で派遣薬剤師であれば、時給3,000円が普通です。時給3,000円で正社員と同じように働く場合、年収は以下のようになります。

  • 時給3,000円 × 1日8時間 × 月20日 × 12ヵ月 = 576万円

このように、簡単にあなたの年収が跳ね上がるようになります。東京や大阪などの都市部で薬剤師をする場合、管理薬剤師の立場であっても年収600万円を実現するのは非常に難しいです。ただ、派遣薬剤師であると簡単に実現できてしまうのです。

実際、以下のような求人がたくさん出されるようになります。

東京の調剤薬局から出された派遣求人ですが、時給3,000円からとなっています。派遣薬剤師の場合、低くても時給2,700円です。そのため、派遣薬剤師をするだけでいまの年収を簡単に増やすことができます。

ちなみに、時給3,000円だと月収48万円になります。「月収48万円 × 12ヵ月 = 576万円」なのです。そのため、もう少し時給が上がったり残業が発生したりすると月の給与は50万円を超えます。派遣で薬局やドラッグストアに勤務する場合、月収50万円は普通だと考えてください。

・残業が発生することはほぼない

なお、派遣薬剤師の特徴でもありますが、残業は基本的に発生しません。契約時に勤務時間が明確に決められているため、正社員のようにサービス残業をすることはないのです。そのため、まだ薬局内に患者さんが残っていたとしても、時間になったら「お先に帰ります」と伝えて帰宅するのが基本です。

もちろん、薬局の開局時間によっては必然的に残業が発生することもあります。その場合、事前に「毎日30分の残業が発生する」などのように決められており、その分の残業代が発生するようになります。

サービス残業がなく、たとえ残業したとしても給料へきちんと反映されるという特徴があります。

病院の派遣でも時給単価は同じ

一般的に病院薬剤師をする場合、給料はかなり下がることになります。同じ正社員であっても、薬局と病院では待遇がかなり異なるのです。これについては、派遣でも同じなのでしょうか。

調剤薬局やドラッグストアの派遣薬剤師をする場合、時給2,700~3,300円が一般的な平均相場となります。ただ、これが病院での派遣になっても時給相場はそこまで変わらないため、月の給与額はあまり変動しません。

もちろん、薬局に比べると低い時給を出している病院は存在します。ただ、病院であっても時給3,000円を確保することは可能です。例えば、以下は大阪の病院から出されている求人募集です。

もちろん、派遣であれば大病院での勤務を実現することも可能です。正社員であると年齢制限などいろいろ制約があるものの、派遣薬剤師として転職することで高い給与を得ながら大病院の薬剤師として活躍するのは普通なのです。

例えば、以下は千葉県の大学病院から出された薬剤師の求人です。

大学病院での募集ですが、時給2,800円からのスタートです。そのため、病院薬剤師として10年以上も働いている人よりも、高い給料をもらいながら活躍できるようになります。

なお、病院での派遣では「調剤経験2年以上の人」などの制約があります。ただ、これをクリアしているのであれば、問題なく病院での派遣薬剤師として勤務することが可能です。

給与からの手取り額はどうなるのか

それでは、実際に薬剤師として働くときの手取り額はどのようになるのでしょうか。税金や社会保険などでいろいろ引かれるため、実際の手取り額を計算してみることにしましょう。

例えば、普通の正社員として勤務して月収25万円の場合、所得税や住民税、社会保険料など引かれることで、ザックリと手取り20万円ほどになります。

一方で派遣薬剤師であれば、時給3,000円で計算すると多少発生する残業代も含めて月の給与は50万円ほどになります。月収50万円であれば、税金や社会保険料の内訳は以下のようになります。

  • 所得税:17,125円
  • 住民税:25,875円
  • 健康保険:24,750円
  • 厚生年金:45,750円
  • 雇用保険:1,500円

その結果、手取り額は385,000円になります。日本は税金が非常に高いため、高い給与であると引かれるものも多いです。ただ、いずれにしても正社員の薬剤師をしているよりも圧倒的に高い手取り額を実現できることは間違いありません。

なお、配偶者控除などは計算していないため、こうしたものが適用される場合はさらに手取り額が大きくなります。

田舎の求人へ転職すれば、より給料は高くなる

派遣薬剤師だと効率的に稼げるようになりますが、ここまで東京や大阪を含めた都市部での求人をメインで確認してきました。ただ、田舎の薬剤師であれば給料の相場は高くなります。田舎僻地の薬剤師だと、正社員でも年収600万円以上なのは普通です。

そのため、当然ながら派遣薬剤師として働く場合についても、ド田舎の薬局やドラッグストアであると時給相場は高くなります。

例えば、以下は北海道の薬局で出された派遣での求人募集です。

時給4,000~4,500円であるため、少なくとも時給4,000円は確保できます。こうした高い給料を出してくれる薬局は田舎では珍しくありません。

仮にこの薬局で勤務した場合、1日8時間で月20日勤務すると月の給料は64万円になります。年収は768万円です。

※参考までに、月収64万円だと月の手取り額は約48万円になります。

東京や大阪、名古屋、福岡などの都市部で働きたい場合は関係ありません。ただ、田舎の薬局でも問題ない場合、派遣薬剤師だとこのように高い年収をすぐに実現できるようになるのです。

派遣で給与を上げる方法

どうせ派遣として勤務するのであれば、できるだけ高い時給単価で調剤薬局やドラッグストア、病院で働きたいと考えるのは当然です。それでは、このときにどのようにして給与を上げるための交渉をすればいいのでしょうか。

これについては、最も分かりやすいのは時給の高い薬局への派遣を申し込むことです。田舎の薬局であれば、最初から高い給料を提示してくれます。

ただ、それ以外にも方法はあります。これには、「時給交渉する」「勤務体系を考える」の主に2つがあります。こうしたことを検討し、どのようにして派遣での時給相場を上げればいいのかについて考えていきます。

時給交渉によって給料を上げる

まずは、交渉術について解説していきます。

・転職サイトを通じて時給単価を上げる

派遣薬剤師として活躍することを考えたとき、必要になるのが転職サイトへの登録です。派遣求人を取り扱っている転職エージェントを活用することで、求人を紹介してもらうようにするのです。

このとき、転職サイトの担当者から時給交渉をしてもらうのが年収を上げる基本となります。まだ薬剤師経験が1~2年と浅い場合は提示されている最低時給からスタートします。例えば、「時給3,000~3,500円」の求人であれば、時給3,000円からになります。

ただ、あなたに管理薬剤師として経験があるなどスキルを伴っている場合、時給交渉が可能になります。こうしたことを材料にして、転職サイトに時給交渉してもらいましょう。

福利厚生の交渉をしてもらう

また、意外と重要なのが福利厚生です。正社員やパート・アルバイトであると電車代などの交通費が支給されるのは普通です。ただ、派遣薬剤師であると交通費が含まれていないことがあります。

東京や大阪などの都市部であれば、電車代の支給は重要です。地方であっても、薬局近くの駐車場に車をとめるための駐車代が必要になります。これらを出してもらえるように交渉してもらうだけで、実質的な月の手取り額が変わるようになります。

・同じ薬局へ長期で働く

派遣であると1ヵ月だけなど短期で働くことが可能です。場合によっては、1日だけのスポット派遣も可能です。ただ、そうではなく半年や1年など長期で働くことを条件に高い時給を提示してもらうようにすることは可能です。

派遣薬剤師へ転職するとき、求人募集で「長期歓迎」としていることがあります。こうした薬局やドラッグストア、病院であれば時給交渉しやすくなります。例えば、以下は神奈川県横浜市の薬局求人です。

短期での勤務であると、仕事内容が限られます。特に薬局のルールを教えられることなく、服薬指導などすぐにでも行える仕事だけを任されるようになります。

一方で長期での勤務になると、単に薬局で服薬指導をするだけでなく他の仕事を含めて教えてもらえるようになります。その結果、薬局などで働く正社員やパート・アルバイトと同じようにいろんな仕事ができます。

こうしたことから、長期の派遣であれば時給相場が高くなるため、交渉次第で給料を上げることが可能になるのです。

また、派遣としての契約が終了した後であっても、長期可能な会社であれば再び派遣契約を継続してくれる可能性が高いです。既に仕事を覚えている状況であるため、再び契約するときに時給単価を上げてもらうように転職サイトの担当者に交渉してもらいましょう。

勤務体系を変え、時給単価を上げる

また、このように条件の交渉をするだけでなく、勤務体系を変えることによって年収を上げることも可能です。

具体的には、残業や夜間手当を活用します。早い時間に帰りたい人だとダメですが、そうでない場合はこの手法によって給与を上昇させることが可能です。病院の派遣求人では使えない方法であるものの、調剤薬局やドラッグストアであれば問題なく利用できる手法になります。

実際にどのように考えればいいのかについて解説していきます。

・敢えて残業を作る

正社員だとみなし残業となったり、ほぼ残業代が出なかったりします。ただ、派遣薬剤師の場合は明確に勤務時間が決められています。このとき、残業が発生する薬局での勤務を検討してみましょう。

例えば、以下は埼玉県の薬局から出された求人になります。

勤務時間は9:00~19:00となっています。休憩1時間だとすると、1日の勤務時間は9時間となります。

法定労働時間は週40時間です。もし、この薬局で週5日の勤務をすることになった場合、週45時間ほど勤務することになります。このとき、法定労働時間40時間を超えた分(5時間分)については残業として扱われるようになります。

残業では25%割増の賃金にすることが法律で決められています。そのため時給3,000円と仮定すると、残業部分については時給3,750円に跳ね上がります。そのため、上記の求人で週5日働けば、残業5時間の部分についてはかなり高い時給単価で働けるようになるのです。

薬局によっては他にも「20:00や21:00に薬局を閉める」など、遅くまで開局しているケースがあります。こうした調剤薬局やドラッグストアを狙えば、うまく残業を発生させて給与を上げることが可能になります。

・夜間求人を狙う

残業代と同じように、夜間での勤務であると賃金の割増をしなければいけないと法律で定められています。22:00以降の勤務では、25%の割増賃金が必須となるのです。

そのため、特に独身薬剤師を含め23:00や24:00に仕事が終わるなど夜間の勤務でも問題ない場合、そうした薬局の派遣求人を探しても問題ありません。調剤薬局ではほぼ存在しないものの、ドラッグストアであればこうした求人募集が存在します。

例えば、以下は神奈川県川崎市の調剤併設ドラッグストアの求人募集です。

10:00~23:00の開局であり、かなり長い時間まで開けているドラッグストアになります。これをシフト制で回しています。

このとき、派遣薬剤師へ転職して夜間のシフトに入る場合、22:00~23:00の部分については25%の割増賃金となります。前述の通り、そのように法律で決められているからです。もちろん、開局時間の長い薬局であるため、うまく残業を作ることも可能です。

こうした勤務体系によって、派遣薬剤師として働くことで稼ぐ額を上げても問題ありません。

福利厚生が手薄になることは理解する

なお、給与の高い派遣薬剤師ですが、正社員として働くときに比べると福利厚生が手薄になることは理解しましょう。

先ほど、派遣先へ就職するときに「転職サイトを通じて交通手当を支給してもらうように交渉するといい」と解説しました。これは、一般的に派遣だと交通費の支給がないためです。正社員に比べると、どうしても福利厚生は少なくなってしまいます。

その中でも、特に大きいものとして住宅手当があります。

薬局やドラッグストア、病院だと借り上げ社宅を採用しているのは普通です。例えば、以下の調剤薬局では住宅手当として一律2万円を支給してくれます。

派遣薬剤師だと、こうした福利厚生はありません。派遣はあくまでも派遣会社に所属しているわけであり、有給休暇や産休・育休など一般的な派遣会社の福利厚生しか存在しないのです。

住宅手当をどれだけ負担してくれるのかによって、実質的な手取り額は増えます。ただ、こうした補助制度を派遣薬剤師だと受け取ることができないと考えてください。

突然、契約満了になるリスクがある

また、派遣薬剤師は薬局や病院で薬剤師の人数が足りないときのヘルプ要因になります。例えば、女性薬剤師が産休・育休で休みだったり、急に薬剤師に辞められてしまったりしたとき、派遣薬剤師を依頼するようになります。

そのため、正社員やパート・アルバイトなどによって薬剤師を確保できた場合、契約期間の満了に伴って契約更新されないことは頻繁にあります。

これについては、派遣である以上はそういうものだと理解するしかありません。薬局やドラッグストア、病院などの企業にとって派遣薬剤師を雇うのは値段が非常に高いです。正社員よりも高い時給を支払い、さらには派遣会社にも手数料を払わなければいけません。派遣薬剤師は維持費が高額になってしまうのです。

そのため契約満了が近くなったとき、契約更新されないことを伝えられるのは普通だと考えてください。

・すぐに求人を見つけるため、複数の転職エージェントを利用する

このとき、リスクとなるのは「ブランク期間が空くこと」です。派遣として契約が終了した後、すぐに次の転職先を見つけるようにしましょう。

もちろん、数か月ほどゆっくり休憩したい場合は慌てる必要はありません。ただ、高い年収を実現するために派遣薬剤師をしているのであれば、できるだけ時間を空けずに次の就職先を探すのが適切です。実際、ブランク期間がないほど年収交渉をしやすく、高い時給を実現できるようになります。

そのため、派遣薬剤師をするときほとんどの人が1社だけでなく、2社など複数の転職サイトを活用します。転職サイトによって保有する派遣求人は異なるため、選択肢を広げることで突然の契約満了であってもすぐに対応できるようにしましょう。

また、派遣薬剤師では1日のスポット派遣や1ヵ月の短期契約、1年の長期契約まで多くの種類があります。この中で適切な求人を見つけるためにも、複数の転職サイトを活用するのが適切です。

薬剤師としてのスキルアップはできない

また、高い年収を実現できるものの派遣薬剤師のデメリットとして薬剤師としてのスキルアップができないことがあげられます。

どの派遣薬剤師でも共通しますが、知識や能力を高めることはできません。管理薬剤師のようにクレーム対応や必要書類の管理などを任されることはないのです。病院で派遣をするにしても、高度な薬剤師業務を担当するわけではありません。

そのため、高いレベルの薬剤師を目指したり、会社のマネジメントまで考えていたりする場合、派遣薬剤師は不適だといえます。

しかし、薬剤師のエキスパートを目指す予定がないのであれば派遣薬剤師でも問題ありません。パート・アルバイトでも同様に重要な仕事は任されませんが、派遣として働くときに学べる能力・スキルはパート薬剤師と同程度だと考えるといいです。

同じ職場で働けないが、給料は高い派遣

正社員やパートに比べても、かなり高い給与を実現できるのが派遣薬剤師です。ボーナスは出ませんが、元々の時給相場が高いために年収が多くなるのです。

もちろん、契約満了があるので同じ職場で働き続けることはできません。薬局ごとにルールが異なり、棚に置いてある薬の位置も変わります。そのため、そのつど覚え直す必要がが出てきます。

このことにストレスを覚える場合、派遣薬剤師は向いていません。正社員やパート・アルバイトとして同じ薬局や病院で働く方が適切です。しかし、いろんな職場を経験でき、自由に働く期間を調節できるのが派遣薬剤師です。

人によっては、半年ほど集中して働いた後に長期の海外旅行へ出かける人もいます。効率よく稼いだ後はプライベートを充実させることに時間を使うのです。また、単にいまの給料を大幅に上げることを考えている人も適切です。ママ薬剤師として、勤務日数は限られているが効率的に稼ぎたい人も派遣を選択します。

このように考えている人なら、派遣として働く意味は大きいです。

ただ、派遣薬剤師として稼ぐことを考えているのであれば、「派遣求人を取り扱っている転職エージェント」を活用しなければいけません。こうした転職サイトとしては、以下の2つがメインになります。

・薬キャリ

薬剤師専門の転職サイトとして、派遣を含め最高クラスの求人数を誇る転職エージェントが薬キャリです。エムスリーとして有名な会社が運営しています。

薬キャリであれば、例えば以下のような求人が存在します。

東京都港区にある、都市部の調剤薬局から出された求人ですが時給3,000~3,500円となっています。9:00~18:00の勤務であり、常時2名体制で薬局を回すようになっています。

派遣求人を扱う転職サイトは珍しいものの、薬キャリであれば問題なく派遣薬剤師によって高い時給を実現できるようになります。

・ファルマスタッフ

また、稼げる求人への応募を考えたり、突然の契約満了に伴って新たな就職先を検討したりするとき、既に述べた通り複数の転職サイトを併用するのが必須です。それだけ求人の幅が広がり、希望条件に合った募集を見つけられるようになるためです。

このとき、転職エージェントの中でも派遣薬剤師に強みをもつ転職サイトがファルマスタッフです。ファルマスタッフも同様に多くの派遣求人が存在します。

例えば、以下はファルマスタッフで掲載されている大阪の高額求人です。

大阪の中心部に存在する調剤薬局ですが、時給3,500~4,000円と高い相場になっています。派遣薬剤師に強みをもつからこそ、こうした給料単価を実現できる募集を多く取り揃えているのです。

派遣薬剤師として転職することを考えている場合、ファルマスタッフについても必ず登録して活用するようにしましょう。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファルマスタッフ

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。

ファルマスタッフのインタビュー記事

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事