薬剤師専門の転職サイトとしてリクナビ薬剤師があります。リクルート社が運営している転職エージェントであり、転職サイトの中でも大手です。

薬剤師が転職を考えるとき、自分一人だけの力で頑張るのは現実的ではありません。自分だけで年収や労働条件の交渉をするのは大変ですし、自ら求人を探すにしても2~3件ほどが限界です。そのため、リクナビ薬剤師のような転職サイトが必要になるのです。

このとき、転職エージェントごとにどのような特徴があるのか分かりません。ただ、転職サイトを利用するときはそれぞれのポイントについて理解したうえで活用するのが適切です。

そこで、薬剤師がリクナビ薬剤師を利用して転職するときのコツや独自の特徴について解説していきます。

大手調剤薬局やドラッグストアに強いリクナビ薬剤師

転職エージェントによって保有する求人に違いがあります。このとき、リクナビ薬剤師ではどのような中途採用募集に強いのかというと、一つに大手企業があります。調剤薬局チェーンやドラッグストアを含め、大手企業の募集をたくさん保有しているのです。

薬剤師にとって、大手の調剤薬局チェーンは不人気です。年収が非常に低く、全国転勤があり、それでいて無駄に残業が多いからです。

そのため転職で大手の調剤薬局を目指す人は少ないですが、ドラッグストアであれば目指す人はそれなりにたくさんいます。ドラッグストアでも残業は多くなりますが、勤務薬剤師であっても残業代を含めれば簡単に年収600万円を突破できるからです。

例えば、ドラッグストア大手で知られるウエルシア薬局は「初任給から年収517万円以上」「パート・アルバイトだと時給2,600円」であることが一般的に知られています。以下の東京にある調剤併設ドラッグストアについては、企業名は非公開ですが年収と時給からウエルシア薬局の求人だと分かります。

正社員に限らず、パート・アルバイトであっても高時給を実現できることは非常に優れています。ウエルシアに限らずスギ薬局やマツモトキヨシを含め、ドラッグストアで大手求人を目指すことで高年収を目指すことが可能です。

リクナビ薬剤師であれば、これら大手の薬局への就職がスムーズです。中小薬局だと少し弱くなりますが、大企業を目指す場合はリクナビ薬剤師が最適です。

一般企業の募集が多いのはメリット

また、転職大手のリクルート社が母体の運営会社であるため、一般企業への求人数も非常に多いという特徴があります。製薬会社を含めた大手の会社と取引を長くしているため、当然ながら薬剤師の企業求人も保有数も多くなっています。

もちろん、薬剤師の企業求人が珍しいことは変わりがありません。調剤薬局やドラッグストア、病院の求人に比べるとどうしても数は少なくなってしまいます。ただ、あらゆる会社との取引があるリクナビ薬剤師だからこそ、企業求人には強みがあるのです。

例えば、以下は大阪の製薬会社から出された薬事職の募集です。

行政への報告業務や有害事象の収集が仕事内容であることから、薬事職の中途採用だと分かります。薬事職は専門性が高く、高年収を実現できることでも知られます。

こうした募集がリクナビ薬剤師では比較的多くなっています。そのため、一般企業で大手会社を目指す場合はリクナビ薬剤師の活用を考えましょう。

面談・面接は何度も可能だが、スピード重視の転職サイト

それでは、実際にリクナビ薬剤師を利用するときはどのような対応になるのでしょうか。これについては、基本的に電話対応になると考えるようにしましょう。

まず、リクナビ薬剤師に登録後は必ず希望条件のヒアリングが行われます。これはどの転職エージェントでも共通しており、薬剤師ごとに異なる要望を聞かなければ、どのような求人を提示すればいいのか分からないからです。

  • 大阪で年収600万円以上の求人を探している
  • 週3日のパート勤務をしたい
  • 17:00までの定時退社が可能な募集はないか

人によって求めている条件がまったく違うため、こうした要望を最初に聞き出す必要があります。このとき、転職サイトごとに「電話でのヒアリングがメイン」「面談にこだわり、担当者が薬剤師の住んでいる場所まで必ず出向く」などの違いがあります。

これについて、リクナビ薬剤師は電話対応メインの運営方針です。まず、関東在住者以外は電話になります。関東に住んでいる人であれば担当者との面談は可能ですが、このときは東京にあるリクナビ薬剤師の本社まであなたが出向かなければいけません。担当者があなたの家の近くまで来てくれるわけではありません。

さらにいうと、特にあなたから希望しない場合は関東在住者であっても電話対応だけで終わることになります。私もリクナビ薬剤師を過去に利用したとき、当時は東京に住んでいましたが電話でのヒアリングだけでした。

そのため、対面のように相手の表情を読み取りながら細かい要望を伝えることは難しくなります。ただ、電話対応がメインなのでスピードを重視したい人にとっては優れた転職サイトだといえます。

ただ、薬局や病院との面接は何度もセッティングしてくれます。面談などのコストを削減する代わりとして、薬剤師に対して根気強くいろんな角度から求人を紹介してくれるのがリクナビ薬剤師です。

面接同行はないため、事前の店舗見学の予約は必須

「要望を自ら出さなければ、事前面談をセッティングしてくれない」というリクナビ薬剤師ですが、これについては面接同行も同様だと考えましょう。もっというと、リクナビ薬剤師では基本的に面接同行がありません。

面接時に担当コンサルタントが調剤薬局やドラッグストア、病院、企業まで一緒に同行してくれるかどうかについては、転職サイトによって方針が違います。これについて、リクナビ薬剤師だと一緒の面接同行はないのです。そのため、面接時はあなた一人だけで求人先へ出向かなければいけません。

このとき、単に面接を受けるだけでは不十分であり、面接後は必ず職場見学を実施するようにしましょう。病院での面接なら「面接場所=職場」なので問題ないですが、調剤薬局やドラッグストアだと本社で面接となります。

本社だけで面接を受けて満足してしまう薬剤師は多いですが、実際に働くのは現場の店舗です。そのため、これから働く店舗まで出向いて職場見学を実施するのは当然です。

現場の薬剤師に質問を投げかけることで「残業代の申請は可能か」「実際のところ、他の薬局へのヘルプは頻繁にあるのか」など、本社の面接官(社長や人事担当者)には聞けない現場の実情を把握できるようになります。

さらには、「薬局内の設備はどうなっているのか」「これから一緒に働く人の雰囲気はどうか」まで含めて店舗見学で分かるようになります。

薬剤師の転職で失敗する人として、職場見学を実施していないケースは多いです。特にリクナビ薬剤師を利用する場合、職場見学をしたいことを申し出て、面接前から店舗を見学させてもらうように予約しておきましょう。

コンサルタントの質がバラバラで評価が分かれるのはデメリット

なお、大手の転職エージェントだとブランド力があり、名前が知られているので安心感があります。ただ、大手ならではのデメリットもあります。それは、コンサルタント(キャリアアドバイザー)の質がバラバラなので、人によって評価が大きく分かれるという点です。

大手の転職サイトとしてはリクナビ薬剤師以外にも、薬キャリやマイナビ薬剤師、ファルマスタッフなどが知られています。リクナビ薬剤師を含め、これら大手の転職エージェントではスキルの乏しい担当者が付く可能性があるのです。

薬剤師は転職が盛んですが、同じことは転職業界の営業(転職エージェントのコンサルタント)にもいえます。特に大手の場合、入社1年目の未経験者が非常に多く在籍しており、「一人薬剤師」「薬歴管理」などの言葉すら知らない人が担当に付くことも頻繁にあります。

中小の転職サイトであればそうしたことは起こらないですが、大手の転職エージェントでは普通です。そのため、運が悪いとダメな担当者に遭遇することがあるデメリットは理解しておきましょう。

・3社以上の利用が基本

なお、リクナビ薬剤師を利用すると決めていたとしても、優れたコンサルタントと巡り合えるかどうか分からないという点から、3社以上の転職サイトを利用するのが基本です。1つだけの転職エージェントを利用してもいいですが、それでは失敗する確率が高まります。

転職では人生を決める場面でもあるため、優れた職場を探すためにいくつもの転職サイトを利用し、求人を比較するようにしましょう。そのため、リクナビ薬剤師だけでなく他の転職サイトも同時に活用するのがおすすめです。

料金無料でリクナビ薬剤師に登録し、利用するポイントや特徴

リクナビ薬剤師へ登録して利用するとき、すべて料金無料で活用することができます。このとき、実際に登録するためには公式サイトを訪れ、薬剤師として希望の働き方や勤務方法を選択していけば問題ありません。

登録は手軽ですが、メールアドレスや電話番号を含めて入力すれば完了です。その後、自動返信メールが送られてきます。

このとき、リクナビ薬剤師が保有している求人数自体は5万件ほどであり、数自体は普通です。この中から求人を選んでいくことになります。

なお、転職エージェントは実際に自ら求人検索して調べるものではありません。新卒での就職活動のように就職サイトへログインして求人検索することはなく、転職サイトの担当者(キャリアアドバイザー)が電話などであなたが望んでいる働き方をヒアリング、その後に担当者が最適な求人を選んで提示する形になります。

そのため、できるだけ詳細に担当コンサルタントへあなたの要望を伝えるようにしましょう。リクナビ薬剤師はスピード重視の会社であるため、素早く求人を提示してくれます。このときは登録されている非公開求人を含めて、求人全体の中から提案してくれるようになります。

薬局や病院の求人を選んだあと、履歴書を作成して応募する

実際に担当コンサルタントから中途採用の募集を提示してもらったあと、その中から良さそうな求人を選択するようにしましょう。もちろん、希望条件に合っていない場合は再度求人を調べ直してもらっても問題ありません。

このとき、比較的転職が容易な薬剤師であっても必須となるものに履歴書があります。どのように履歴書を書けばいいのかについては、分からなければリクナビ薬剤師の担当者に聞くといいです。履歴書の作成サポートを実施してくれるからです。

また、調剤薬局やドラッグストア、病院への転職であれば関係ないですが、一般企業の薬剤師として転職する場合、職務経歴書の提出を求められることがあります。

たとえ新卒就職であっても、職務経歴書を作成することはありません。中途採用での転職に特徴的なものが職務経歴書です。そこでリクナビ薬剤師を介して企業求人へ応募したとき、職務経歴書が必要になる場合、同じように作成方法を聞いたうえで求人へ応募するといいです。

リクナビ薬剤師の電話やメールはしつこいのか

このとき、リクナビ薬剤師を利用するときにしつこい電話やメールが来ることはないのか心配する人は多いです。これについてはどうなのでしょうか。

リクナビ薬剤師の場合、電話は多くなりがちです。これは当然であり、電話対応が基本になるからです。

やはり、細かい条件を伝えるときは対面が最も優れています。ただ、そうではなく電話で要望を伝えるのが基本になるため、「こういう条件の求人が出たがどうか」などを含め連絡は多くなりがちです。もちろん担当のキャリアアドバイザー次第ですが、連絡は多めの転職サイトだと考えましょう。

なお、たとえ電話が苦手でメールだけの連絡を希望している場合であっても、最初は必ず電話で話をするといいです。メールの文面だけで希望条件をすべて相手に伝えるのは不可能に近いからです。

特に最初については、あなたが電話に出るまでしつこい電話がかかってくるようになります。しかし、これは担当コンサルタントが最適な求人を紹介するために必要なステップとなります。

なお、リクナビ薬剤師を含め転職サイトでは特に営業時間は関係ありません。深夜であっても電話相談によるヒアリングをすることが可能です。そのため、どの時間帯であってもいいので最初の電話には出るようにするといいです。

・解約や退会方法は連絡をするだけ

なお、リクナビ薬剤師を利用するときはメールアドレスや電話番号などの個人情報を入力することになりますが、解約・退会方法としてはどのようになるのでしょうか。これについては、公式サイトからは退会できないと考えましょう。公式サイトのどこかにログインして求人検索するわけではないからです。

もちろん、中には「他の転職サイト経由で転職を決めた」「転職自体をしなくなった」などの事情の人もいます。この場合、電話かメールでリクナビ薬剤師を利用しなくなったことを伝えれば問題ありません。これによって連絡が来なくなり、実質的な解約・退会となります。

正社員の中途採用に限らず、パート・アルバイトも紹介可能

薬剤師の転職サイトでは、正社員だけでなくパート・アルバイトであっても問題なく登録できるのが基本です。これは、リクナビ薬剤師も同様です。正社員だけでなく、週3日ほどのパート勤務やダブルワークでのアルバイトを含め、あらゆる形態での勤務方法を実現できます。

多くの調剤薬局やドラッグストア、病院でパート求人が出されているため、リクナビ薬剤師経由で申し込むことができるのです。

このとき、正社員としての年収に限らず、どれくらいの時給が可能なのかについても求人票に記されています。例えば、以下は東京の調剤薬局から出された求人募集です。

時給2,500円以上とパート・アルバイトの中では好待遇となっています。午前中だけの勤務も可能なので、女性薬剤師にとっても優れた求人となっています。

正社員よりも多様な勤務方法を実現できるのがパート・アルバイトです。そのため、パート勤務を検討している場合は、事前にどのような働き方をしたいのか考えておくといいです。

リクナビ薬剤師に派遣求人は存在しない

ちなみに、リクナビ薬剤師は派遣求人を取り扱っていません。そのため、派遣社員として勤務することはできないと考えましょう。

派遣が可能な転職サイトがあれば、派遣求人を取り扱っていない転職サイトもあります。このうち、リクナビ薬剤師は派遣不可の転職エージェントとなります。

薬剤師にとって、派遣薬剤師は時給3,000円以上が普通なのでかなりの高時給を実現できます。正社員よりも高い給料となり、時間と場所に縛られず自由な勤務方法が可能になるのです。しかし、リクナビ薬剤師だと正社員またはパート・アルバイトのみ対応可能だと考えましょう。対応できたとしても、契約社員の求人までとなります。

派遣として活躍したい場合、薬キャリやファルマスタッフなど派遣求人を取り扱っている他の転職エージェントを利用するといいです。

おすすめの転職サイトであるリクナビ薬剤師を活用する

多くの薬剤師が転職時に利用する転職エージェントとしてリクナビ薬剤師があります。大手の転職サイトであるため、ブランド力があって口コミ・評判も優れています。

しかし、メリットがあればデメリットもあります。そこで、リクナビ薬剤師を利用するときの特徴や何に注意するべきなのかも含めて解説してきました。リクナビ薬剤師は大手求人に強く、電話対応が基本となる転職サイトです。

担当コンサルタントについては、大手なので質はバラバラです。担当者が良ければ評価は高いですが、そうでないケースもあることは事前に理解しましょう。

そうしたうえで「高額給与を実現したい」「土日休みの薬局で働きたい」「午前だけパートを考えている」など、あなたの要望を伝えるといいです。リクナビ薬剤師を利用しながら実際に職場見学まで実施して、いくつもの求人を比較することで優れた募集を見つけられるようになります。