,

ドラッグストアは薬剤師にとってメインとなる就職先の一つです。特にドラッグストアは高年収になりやすく、OTCについても学べる機会があるため、多くの薬剤師が目指す職場でもあります。

そうしたとき、ドラッグストアの大手としてココカラファインが知られています。有名なドラッグストアはいくつも存在しますが、その中の一つがココカラファインになります。

しかし、ドラッグストアとはいっても会社ごとにその特徴は大きく異なります。新卒や中途採用を含め、事前にココカラファインで働くときはどのような勤務形態になるのかについて、事前に理解しておかなければいけません。

そこで「何に注意してココカラファインへ転職し、働けばいいのか」について解説していきます。

ドラッグストアで年収・給料が低いココカラファイン

一般的にドラッグストアであると、高年収を実現できることが知られています。新卒の状態から残業代込みで年収500万円以上になることは普通です。

しかし、実際のところ会社ごとに収入相場は大きく異なります。これについて、ココカラファインの場合はドラッグストアの中でも非常に給料が低くなると考えるようにしましょう。例えば、以下は広島で出されたココカラファインの中途採用募集です。

このように、初任給は年収360万円からスタートになります。大手の調剤薬局チェーンと同じくらい低い収入です。これをベースに、ドラッグストア特有の残業代が加わることで収入が増えていくようになるものの、元々の基本給が低いために他のドラッグストアのような高額な給料にはならないのです。

実際、ココカラファインの基本給は非常に低いです。例えば新卒として就職する場合、以下のような給与体系になっています。

  • 基本給 215,000円
  • 薬剤師手当 85,000円

病院薬剤師並みの基本給であり、ここに薬剤師手当が加わることでようやく月30万円ほどの月収になります。

こうした実情があり、ココカラファインの薬剤師だとドラッグストアにしては低すぎる給料のため、他のドラッグストアへ転職する薬剤師が非常に多いです。収入が低いという現実は、ココカラファインで働く薬剤師の離職率が高くなっている要因の一つといえます。

参考までに、ココカラファインは薬剤師に限らずその他の一般職についても異常なほど低い給料になりやすいです。そのため、収入面に不満をもつ人が非常に多い職場となっています。

ボーナス(賞与)での収入も「低い基本給」のために少ない

また、基本給が少ないことはボーナスにも大きく影響します。賞与は月収を元に算出することはありません。薬剤師手当や通勤手当など、各種手当を除いた金額で計算します。そのため、この基本給が低いと自動的にボーナス金額も少なくなります。

前述の通り、ココカラファインでは基本給が非常に少ないです。そのため、賞与もそこまで多くありません。

一般的なドラッグストアに比べて給料が少なく、ボーナスも抑えられているので全体的な年収が低く抑えられているのがココカラファインとなります。

・残業代は1分単位で出る

ただ、残業代については1分単位で計算されて支出されるようになります。ココカラファインにはOTC店や調剤併設店、調剤薬局を含めいくつもの形態があります。これらのうち、すべてで残業代が細かく計算されます。

こうした仕組みについては優れています。ただ、元々の給料が少ないので「残業代を厳密に計算しても、受け取る収入は低くなっている」ことは事前に理解しておきましょう。

・役職が上がっても給料は増えない

なおココカラファインでは、「一般薬剤師から管理薬剤師、エリアマネージャーなど役職が上がったとしても、特に収入は大きく増えない点」にも注意が必要です。理由は残業代を申請しにくくなるからです。

一般薬剤師の状態であれば、上司の方針にもよりますが問題なく残業代を申請できます。しかし、これが上の役職になると無駄に残業だけが多くなるものの、事実上働いた分の残業代を申請できなくなるのです。そのため、「一般薬剤師として月40時間ほど残業していたほうが優れた給料だった」ということは頻繁に起こります。

パート・アルバイトでも転職時の時給は低い

なお、薬剤師として働くときは正社員に限らず、パート・アルバイトで勤務することを考える人も多いです。そうしたとき、ココカラファインの薬剤師だと時給相場はどのようになるのでしょうか。

これについては交渉次第ですが、ココカラファインへパート・アルバイトで転職することを考えたとき、時給が非常に低くなってしまうことがあります。具体的には、時給1,800円ほどで勤務しなければいけないケースがあります。

例えば、以下は京都のココカラファインから出された中途採用の求人です。

ここにある通り、パート時給が1,800円からとなっています。このように、働くときに非常に低い時給を提示されることがあるのです。

ただ、薬剤師として働くときに時給1,800円などで働かせようと考える店舗は必ず避けなければいけません。薬剤師である以上、時給2,000円は当然です。そのため、適正価格の時給を提示してくれる求人を必ず選ぶといいです。

ココカラファインへパート・アルバイトとして転職するとき、何も考えずに求人に応募して転職すると低い給料で働くことになるため、事前の時給交渉は必須になります。

勤務時間は長く、土日や祝日の出勤は基本になる

なお、ドラッグストアであると気になるのが勤務形態です。これについては、一般的な調剤薬局とは違って勤務時間が長く、土日や祝日の出勤が基本になると考えましょう。

ドラッグストアの場合、面対応(一つの医療機関に限らずあらゆる処方せんを受け取る形式)になりがちです。そのため、日曜日や祝日についても店舗を開けるようになる確率が非常に高いのです。

もちろん、これについては配属店舗によって変わります。ココカラファインの中には、ドラッグストアではなく調剤のみの店舗も存在します。そうした店での配属になると、一般的なドラッグストアと違って残業代はほぼ発生せず日曜日や祝日は休みになります。

例えば、以下は横浜(神奈川)にあるココカラファインの調剤薬局店です。

このように、平日や土曜日の営業時間は遅くても夜19:00などのようになっており、日曜日や祝日は休みです。ココカラファインの中でも、調剤店であれば日曜日は休みになります。

ただ、どのような店舗に配属されるのかは分かりません。中途採用入社で最初の店舗を選ぶことができたとしても、転勤によって別店舗に変わることは頻繁にあるのです。

全国職と地方職で転勤・異動は多い

このとき、ココカラファインは全体的に待遇が悪く薬剤師の離職率が高めになっている以上、どうしても人材不足に陥りやすくなります。そのため管理薬剤師などであれば1~2年ほどで簡単に就任することができますが、同時に人材不足に伴う転勤・異動は多くなると考えるようにしましょう。

特に全国職の場合、転居を伴う転勤は普通です。出店エリアは全国に及ぶため、このときは地方で働くことが大多数です。東京や大阪などの都市部で勤務したい人は多く、地方ほど薬剤師が足りなくなるからです。

全国のあらゆる地方に出向いて勤務するようになると考えましょう。当然、同じ場所でずっと長く働き続けることはなく、短いスパンでいろんな地域を経験することになります。

また地方職の場合、転居を伴う異動はありません。ただ、同じ地方職エリア内での転勤であれば普通に生じるため、人材不足に伴って地方職エリア内の他店舗へ転勤になったり、頻繁にヘルプ勤務をしたりすることは覚悟しなければいけません。

評判・口コミで充実している研修制度

新卒就職や中途採用でのキャリア転職を含め、どうしても収入面の低さが気になってしまうココカラファインですが、すべての面で劣っているかというとそういうわけではありません。他のドラッグストアに比べて、研修面での評判・口コミは非常に優れています。

例えば実際に入社したあと、毎月のように研修があって学ぶ機会は多いです。また、このときは化粧品やOTCなどの研修もあり、「化粧品では、女性が普段の生活で役立つ知識を含めて教えてくれる」など実践的な内容になっています。

医薬品に限らず、一般用医薬品や健康食品・サプリメント、化粧品などの知識について会社側が研修で教育してくれる制度は、他のドラッグストアよりも充実しています。

育児休業や時短勤務などの待遇も優れている

また、薬剤師だと女性がどうしても多くなりがちですが、育児を優先したい女性にとっては労働環境が優れています。年収の低さに目をつぶれば、子育てはしやすいのです。大企業であるため、女性に対する制度は手厚いと考えましょう。

例えば育休であれば、法律では子供が1歳になるまでとなっています。ただ、ココカラファインの場合は子供が2歳になるまで育児休業を取得できるようになっています。

他にも時短勤務であれば、法律では子供が3歳になるまでです。しかし、子供が3歳になったとしても独り立ちできるわけではないため、子供が3歳以上になった瞬間に時短勤務の優遇措置が終わって困る薬剤師が非常に多くなります。

しかし、ココカラファインでは小学校を子供が卒業するまで時短勤務が可能です。さすがに子供が小学校高学年になると時短勤務は必要なくなりますが、余裕をもって小学校卒業まで時短勤務できる点は優れています。

しかもこのときは時短勤務の時間を選ぶことができます。一般的には1日8時間労働ですが、「1日5時間」「1日6時間」「1日7時間」の中から時短勤務・定時退社したい時間を選べるようになっているのです。

一般的な企業だと、「時短勤務は1日6時間」などのように決まっています。しかし、そのように一律ではなく勤務する女性に合わせて柔軟に働く時間を選択できるようになっているのです。

住宅手当などの福利厚生は期待できない

一方で住宅手当などを含め、その他の福利厚生はまったく期待できません。ココカラファインでは年収が低いだけでなく、家賃補助も非常に薄いので貯金がほぼ貯まらないようになっているのです。

一般的な大手の調剤薬局やドラッグストアの場合、住宅手当では「家賃の8~9割を会社が負担してくれる」というケースが多いです。そのため、たとえ大手の調剤薬局チェーンで収入が低かったとしても手元にはお金が残ります。

それに対して、ココカラファインは収入が低いだけでなく住宅手当がほぼ存在しません。家賃補助は月5,000円が上限となっています。しかも、住宅手当は東京23区・横浜市・川崎市内居住の人が対象となります。

例えば月5万円の賃貸マンションであると、家賃補助8割であれば月の負担額は1万円だけです。一方でココカラファインでは家賃補助なしも普通なので、このときは月5万円を全額自己負担することになります。

こうなると、8割の家賃補助がある場合の企業に比べて差額月4万円ほど負担が大きくなります。つまり、実質的に「月4万円 × 12ヵ月 = 48万円」も手取り額が減る計算になります。これら家賃補助がないことにも注意したうえで、新卒就職や中途採用での転職を行うかどうかを検討するようにしましょう。

新卒や中途でドラッグストアへ転職し、待遇を見極める

ドラッグストアの中でもココカラファインの評判・口コミを確認すると必ず問題になるのが収入です。ドラッグストアとしては待遇が悪いことで知られており、少なくとも高年収は期待できません。基本給が低いためボーナスも少なく、給料には上限があるといえます。

それでいて、住宅手当は非常に薄いです。東京や横浜でも月5,000円が上限であり、その他の都道府県であれば家賃補助すらありません。そのため、実質的な手取り額はさらに少なくなります。

一方で研修制度については優れています。大企業でありがちな自己満足の研修ではなく、OTCや化粧品、サプリメントを含め役立つ研修内容になっています。また、実際に働き始めた後もこうした研修を受けることができます。

育児女性についても働きやすい環境が整っています。育児休業は長いですし、時短勤務も自由に選択できるようになっています。

こうした特徴を有するドラッグストアがココカラファインです。メリットがあればデメリットもある会社なので、どのような働き方を実現したいのか考えながら求人を確認しましょう。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事