関東に位置する県の一つに茨城県があります。関東地方の中で、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県に比べると人口は少ないですが、それでも全国的にみて人口の多い県が茨城県になります。

それなりに人口が多いため、当然ながら薬剤師の求人もたくさん出されています。

ただ、地域ごとにどのような特徴があるのか事前に理解していなければ、優れた職場へ転職することができません。非常に低レベルの年収で就職したり、実は優れた条件にも関わらず見過ごしたりすることがあるからです。

そうしたとき、茨城県で働く薬剤師には、どのような地域事情があるのでしょうか。ここでは、茨城県で薬剤師が転職するときの注意点について確認していきます。

平均年収は全国並みの茨城県

まず、茨城県で働く薬剤師はどのような平均年収になっているのでしょうか。都道府県によって提示される給料は大きく異なるため、まずは茨城県での給与相場について理解しなければいけません。これについては、茨城県の薬剤師は全国並みの収入となっています。

以下は実際に厚生労働省が発表している「薬剤師の年収」に関する統計データの一部です。

都道府県 平均年収 平均月収 平均賞与
茨城 512.7万円 34.9万円 93.9万円
全国 526.1万円 37.6万円 74.9万円

出典:厚生労働省「2018年賃金構造基本統計調査」

このように、給料は全国平均とそこまで変わらないことが分かります。一般的に人口が多くなるほど、薬剤師の収入は低くなる傾向にあります。ただ、そうした人口の多い県の中だと、茨城県で薬剤師が働くときの収入はそれなりに優れているといえます。

ある程度の人口を有する県にも関わらず、給料は全国平均的な理由の一つとして「茨城県内には、薬科大学や薬学部を有する総合大学が存在しない」ことがあげられます。そのため、薬剤師の絶対数は少ないです。

また、一般的にほとんどの県が「一つの市に人口が集中する」ようになります。これは、神奈川県(横浜市)や埼玉県(さいたま市)などを見ても分かります。しかし、茨城県の場合は水戸市やつくば市、日立市、土浦市、ひたちなか市、古河市など人口が多めの市が分散して点在します。

こうした地域特性のため、薬剤師は一つの市に集中して存在せず、同じ県内であってもバラバラに存在します。そのため結果的に薬剤師の人数が足りない傾向が強くなり、人口の多い県の中では平均年収が高めになっているのです。

水戸市を中心につくば市、日立市、土浦市、ひたちなか市で求人が多い

それでは、どのような都市で中途採用の募集が多くなっているのでしょうか。これについては、やはり人口が多い市で薬剤師求人もたくさん出されるようになります。

最も求人が多いのは水戸市です。茨城県の県庁所在地であり、人口も多くなっているからです。その次につくば市や日立市、土浦市、ひたちなか市などで比較的多く求人募集が存在します。

このとき、前述の通り茨城県では一つの都市に求人が固まっていることはありません。例えば、以下は大手の転職サイトで掲載されている茨城県内の求人募集ですが、このようにあらゆる都市で募集が点在していることが分かります。

水戸市であっても、求人数は茨城県全体の15%ほどしかありません。そのため、このようにいろんな都市で、薬剤師としての働く場所が点在することになります。

調剤薬局で年収450万円を基準に考える

しかし、あくまでも全国平均並みの給与相場であり、特別に収入が高額なわけではありません。給料が低いわけでもなければ、高くもないのです。そうしたとき、提示される給料は会社ごとにバラバラになりますが、調剤薬局であれば年収450万円を基準に考えるようにしましょう。

このとき大手の調剤薬局チェーンだと、どうしても収入は低くなります。また、こうした大手では頻繁に転勤があり、ヘルプ勤務も日常的になります。

一方で中小薬局であれば、提示される給料水準は高く頻繁な転勤はありません。こうした薬局を選べば茨城県内のどの都市であっても、未経験薬剤師で年収450万円以上が可能になります。例えば、以下は水戸市の調剤薬局から出された中途採用の募集です。

勤務時間は普通であり、特に代わり映えしない薬局求人ですが、このように年収480万円です。年収450万円以上は普通なので、特別な理由がない限りはこうした求人を選ぶようにするといいです。

管理薬剤師など、スキルがあると高年収となる

このとき、当然ながら薬剤師としての経験があり、スキルがある状態での転職では年収450万円などではなく、より高い収入を実現できます。

同じ薬剤師の転職でも、例えば管理薬剤師として中途採用に応募する場合、茨城県内だと年収550万円や年収600万円などが一般的になります。中には管理薬剤師にも関わらず非常に低い給料になるケースはあるものの、そうした募集を無視して適正年収を提示してくれる薬局であれば、こうした収入になるのです。

例えば以下は、ひたちなか市の調剤薬局から出た管理薬剤師の募集です。

このように年収600万円となります。もちろん経験者であっても、勤務薬剤師の転職で最初から年収600万円などを目指すのは難しいです。ただ、水戸市やつくば市、日立市、土浦市、ひたちなか市、古河市などであっても経験者であるなら年収500万円や年収550万円などを目指さないといけません。

これが、調剤経験ありの薬剤師が茨城県で転職するときの給与相場になります。

田舎の調剤薬局では高年収が可能

一方で、人口の多い市ではなく田舎にある調剤薬局になると、一般的に薬剤師に提示される給料が高くなります。これは、茨城県でも同様です。茨城の中でも、人口が少ないと給与相場は大幅に上昇するようになるのです。

例えば、以下は坂東市にある調剤薬局での中途採用です。

一般的な求人内容ですが、このように年収600万円以上となっています。茨城県の中でも、こうした田舎の地域であれば特に意識しなくても高収入になります。

もちろん、ここに「管理薬剤師として就職する」などの付加価値が加わると、さらに給料は高くなります。いずれにしても、田舎でも問題ない場合はそれだけで給与相場が高くなります。

ドラッグストアで高年収を目指す

また、場合によってはドラッグストアを目指すという方法もあります。高年収の代名詞がドラッグストア勤務ですが、これは茨城県であっても同じです。ドラッグストアであれば、問題なく高年収が可能になります。

多くのドラッグストアでは、未経験の人であっても初任給から年収で450~500万円以上です。こうした条件に当てはまるドラッグストアには、茨城だと以下のような会社があります。

  • ウエルシア
  • マツモトキヨシ
  • カワチ薬品

もちろん他にもありますが、大手の中ではこうした会社で給料が優れています。例えば、以下は日立市にあるウエルシア薬局の調剤併設店から出された募集です。

このように最初から年収516万円です。ドラッグストアの場合、ここに日曜出勤、深夜・夜間勤務など多くの残業代も加わるようになるため、結果的に未経験の人であっても1年以内に年収600万円以上になります。残業がある分だけ、給料が押し上げられると考えましょう。

病院薬剤師の正社員は割と給料が高め

しかし、調剤薬局ではなく病院薬剤師を目指す人もたくさんいます。病院勤務の場合だと、茨城県ではどうなのでしょうか。

一般的に病院薬剤師だと異常なほど提示される給料が低いです。ただ、勉強のためにサービス残業をこなし、低い収入でも働き続ける人が大半です。このとき年収350万円ほどの病院求人は普通だといえます。

ただ、病院の中でも茨城県であれば年収400万円ほどを提示してくれる病院はたくさんあり、全国的に見ると収入は優れています。もちろん、調剤薬局に比べると圧倒的に低い収入になるのは変わりません。しかし、他の都道府県の病院よりは待遇がいいのです。

例えば、以下は守谷市にある病院から出された募集です。

病院であると、通常は地域に関係なく収入は低くなりがちです。ただ、この中途採用では年収430万円からのスタートとなっており、それなりに給料は高いです。

もちろん、病院だと「どの病院で働くのか」が重要になります。調剤薬局やドラッグストアのように、「どの店舗も業務内容がほぼ変わらない」という状況ではないため、一概に給料だけで比べることはできません。ただ、このように茨城県だと病院の中では給与面での待遇は改善されています。

一般企業の求人は新卒でも経験者でも少ない

また、調剤薬局やドラッグストア、病院ではなく一般企業への転職を考える人もいます。このとき、茨城県ではどうなっているかというと、新卒でも中途採用でも求人数は圧倒的に少ないと考えるようにしましょう。

製薬会社のCRA(開発職)や薬事申請などの重要なポストは大都市で出されます。茨城県内には、よほどのことがない限り存在しません。

それでは、求人がゼロかというとそういうわけではありません。製薬会社や医療機器メーカーによっては、茨城県内に工場を持っていることがあります。こうした工場には管理薬剤師が常駐していなければ法令違反になります。

また、医薬品卸はどの都道府県にも存在します。医薬品卸についても、法律によって一つの支店につき管理薬剤師が常駐している必要があります。そのため薬剤師が足りていない支店では募集が出されます。例えば、以下は茨城にある医薬品卸から出された支店での管理薬剤師求人です。

土日休みであり、定時退社を実現できるのが茨城での管理薬剤師です。年収は調剤薬局のように高くないものの、企業の管理薬剤師なので非常にゆったり働くことができます。

ただ前述の通り、企業での求人数は非常に少ないです。例えば、以下は大手の転職サイトで茨城県内の企業求人を検索したときの結果です。

このように、求人結果の数は2件だけです。新卒やキャリア採用を含め、どうしても応募できる候補は少なくなると考えましょう。

パート・アルバイトで転職する茨城での時給相場

なお、正社員で働くときの考え方について解説してきましたが、薬剤師だとパート・アルバイトでの勤務を考える人も非常に多いです。そうしたとき、どのように考えてパート薬剤師をすればいいのでしょうか。

時給相場の面でいえば、茨城県ではどの求人も時給2,000円となっています。調剤薬局やドラッグストア、病院を含め時給はどこもほぼ変わらないため、パートやアルバイトで働くときは特に注意する必要がありません。

例えば、以下は鹿島市で出された調剤薬局のパート募集です。

時給2,000円からのスタートであり、こうした中途採用の求人がメインだと考えましょう。この求人では眼科メインなので忙しくなく働くことができるものの、時給2,000円は問題なく確保できます。

もちろん、パート勤務なので働き方は柔軟に対応してもらえます。上記の求人についても、週2回から相談できるようになっています。

茨城での派遣薬剤師は時給3,000円以上となる

なお、パート・アルバイトではなく派遣という勤務方法もあります。パートと同じように勤務時間を自由に指定できる働き方が派遣であり、さらには長期休暇を自由に作れるなどの利点もあります。

こうした派遣薬剤師の場合、茨城県内ではどの地域で働いたとしても時給3,000円以上が一般的な時給相場となります。例えば、以下は水戸市の調剤薬局から出された派遣募集です。

このように、時給3,000円です。派遣は一般的に高時給になりやすいですが、茨城県では時給3,000円以上を考えるようにしましょう。

ただ、中には出稼ぎ薬剤師を対象にした高額派遣求人も存在します。こうした募集であれば、時給3,500円が可能になります。もちろん、出稼ぎ薬剤師が対象なので住宅付きとなります。例えば、日立市から出された以下のような求人が該当します。

住居ありの時給3,500円の募集となっています。時給3,500円は月収換算で56万円となるため、かなりの高給料を実現できます。

ただ、茨城県では「時給4,000円など派遣勤務」など、さらなる高時給を期待するのは難しくなっています。時給3,000~3,500円が派遣で働くときの時給相場だと考えましょう。

転職サイトで茨城県の薬剤師求人を探し、就職する

それでは、こうした求人募集をどのようにして探せばいいのでしょうか。これについては、特に理由がない限りほぼ全員の薬剤師が転職サイトを活用して求人を見つけます。

自分で頑張って募集を探すにしても、どこに優れた求人があるのか見当がつきません。調剤薬局であっても、科目や調剤設備、勤務条件、年収などがバラバラなので、こうした中から優れた求人を見つけるのは現実的ではないのです。

また、これが病院や一般企業など求人の絶対数が少ない場合だと、さらに転職が困難になります。そこで転職エージェントが役立ちます。

さらにいうと、転職サイト経由であれば年収や勤務条件の交渉をすべて代行してくれます。自分一人で交渉すると勤務条件はどうしても悪くなってしまいますが、プロに交渉を代行してもらうことで良い条件での転職を実現できるのです。

なお、このときは3社以上の転職エージェントを活用するのが一般的です。転職サイトによって保有求人が違うからです。また、転職エージェントの担当者についても力量が異なり、相性の良い担当者がついてくれるかどうかは運次第になります。

これらの実情があるため、複数の転職サイトを実際に利用してみて、優れた提案をしてくれる転職エージェントだけ残すのが正しい転職サイトの利用方法になります。

地域ごとの特徴を理解し、茨城県で転職する

自分の人生を左右する大きなイベントの一つが転職です。そこで茨城県での就職・転職を考えるとき、地域ごとの特徴を最初に理解しておくといいです。全国ではなく、茨城ならではの薬剤師の転職事情を学んでおくのです。

これらを知っていれば、低すぎる給料に納得してしまうことはないですし、勤務条件についても優れた内容で転職できる確率が高くなります。

また、勤務先の会社は調剤薬局やドラッグストアだけでなく、病院や一般企業もあります。他にも雇用形態としては、正社員だけでなくパート・アルバイトや派遣もあります。ここまでを視野に入れるといいです。

薬剤師の転職とはいっても、茨城ではどのような求人が一般的になるのかを理解したうえで、複数の転職サイトを利用し、薬剤師として活動していくのが転職成功の秘訣です。


薬剤師転職で失敗しないために必要な理想の求人・転職先の探し方とは!

薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

オススメの転職サイトと特徴の違い

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事