東北の中でも、最も人口の多い県として宮城県があります。仙台市を有する県であるため、必然的にこうした都市で活躍する薬剤師は多くなります。

それでは、実際に宮城県の薬剤師をするときはどのような注意点があるのでしょうか。

働く地域が違えば、当然ながら収入の相場や勤務形態を含め、あらゆる状況が変わってくるようになります。そこで、事前に宮城県特有の薬剤師事情を把握しておけばスムーズに転職できます。

宮城ではどのような職場求人が存在し、中途採用の募集を見つければいいのかについて解説していきます。

平均年収が低めの宮城の薬剤師

まず、宮城県で薬剤師をするときの全体の平均年収について理解しなければいけません。一般的な相場を把握することで、どれくらいの給料が適切なのかの判断材料になるからです。こうしたとき、宮城の薬剤師では平均年収は低めです。

以下は厚生労働省が発表している薬剤師の平均年収に関するデータですが、このように宮城県では全国平均を下回っています。

都道府県 平均年収 平均月収 平均賞与
宮城 493.8万円 33.3万円 94.2万円
全国 526.1万円 37.6万円 74.9万円

出典:厚生労働省「2018年賃金構造基本統計調査」

そのため、宮城で優れた給料の職場を探すのは難しくなっています。もちろん、田舎僻地の薬局であれば高い収入を実現できる可能性が高くなります。ただ、仙台市などの都市部では提示される給与相場は低いと考えましょう。

求人は仙台市メインで、石巻市や大崎市からも出される

このとき、どのような市から求人が出されているのかというと、当然ながら仙台市になります。宮城県での人口のほとんどが仙台市に集中しているため、必然的に薬剤師求人も仙台に偏るようになります。宮城県で出される薬剤師求人のうち、半分以上が仙台です。

仙台の場合、以下のような区に分かれています。

青葉区、宮城野区、若林区、太白区、泉区

こうした区のうち、すべての区で広く求人募集が出されるようになります。もちろん「市の中心部を含む青葉区で求人が特に多い」などの状況はありますが、仙台市であればどこに住んでいても薬剤師として働ける求人は多くなります。

また宮城県仙台市以外であれば、その次に石巻市や大崎市などからも求人募集が出されます。もちろん登米市や名取市、栗原市、気仙沼市など、地方になるとどうしても求人数は少なくなります。例えば、以下は実際に転職サイトで掲載されている宮城県での求人です。

こうした状況を理解したうえで宮城の求人募集を確認するといいです。

未経験でも初任給が良いのは中小薬局

それでは、どのような薬剤師の求人になるかというと、当然ながらメインは調剤薬局とドラッグストアです。

このとき、調剤薬局の中でも宮城(仙台)にも全国規模の調剤薬局チェーンの店舗がいくつも存在します。こうした求人だと、初任給で年収360~380万円と異常なほど低くなります。例えば、以下は仙台市宮城野区での大手チェーン薬局の求人です。

このように、薬局で働く薬剤師としては底辺レベルの年収になってしまいます。

そこで中小薬局であると、年収相場が高くなります。一般的に中小薬局では、調剤未経験の薬剤師でも初任給450万円以上が基本です。ただ、中小薬局にも関わらず年収400万円ほどの会社も稀にあるため、こうした企業は避けるようにしましょう。

宮城でもドラッグストアなら高い年収・給料になる

ただ、ドラッグストアになると高年収を実現できます。宮城では大手のドラッグストアが参入しており、例えば以下のような企業になります。

  • ウエルシア
  • ツルハ
  • マツモトキヨシ
  • イオン

これらのドラッグストアは残業代や日曜勤務まで含めると高年収を実現しやすくなっています。特にウエルシアは優れた収入となり、初任給が高くさらには残業代まで含めると2年目から年収600万円を超えるようになります。

例えば、以下は仙台市泉区にあるウエルシア薬局から出された求人になります。

初任給でも年収517万円であり、収入面では高くなっています。前述の通り仙台を含め宮城県では薬剤師の給料が低めであるものの、こうしたドラッグストアを狙えば高収入になります。

田舎や管理薬剤師でも年収は高め

また、調剤薬局の薬剤師で高年収を考えるのであれば、分かりやすい求人として田舎の薬局があります。宮城県内であっても、薬剤師の数が少なくなる田舎僻地であれば、需要と供給の関係から給与相場は高くなります。

例えば、以下は気仙沼市から出された調剤薬局の募集です。

気仙沼の離島(車で30分で市内に行ける場所)にある薬局ですが、田舎僻地なので初任給から年収650万円が可能になっています。

ただ、田舎の地域であっても大手チェーン薬局だと低い給料になります。そこで、必ず中小薬局を目指すようにしましょう。

・管理薬剤師では仙台で年収500万円以上を目指す

なお、ある程度のスキルがあって管理薬剤師の経験がある場合、管理薬剤師として転職しても問題ありません。大手だと管理薬剤師でも給料は少ないですが、新規オープンや中小薬局であれば高めの収入を実現できます。

例えば、以下は仙台市内を中心に20店舗ほど運営する調剤薬局から出された募集です。

仙台市青葉区の薬局ですが、このように年収600万円です。地域密着の地場薬局であれば、スキルのある薬剤師なら転職によって良い条件を引き出しやすくなります。

病院薬剤師は給料が低く、求人は少ない

なお、調剤薬局やドラッグストアではなく病院勤務を考えている薬剤師もいます。そうしたときは病院へ応募することになりますが、宮城県内ではどの病院も例外なく収入が低くなると考えましょう。

例えば、以下は大崎市にある病院での薬剤師募集です。

年収350万円からのスタートであり、こうした求人は珍しくありません。中には年収300~320万円ほどの募集も存在するほどです。

また、宮城県では薬剤師全体の求人数が少ないという特徴があります。これは病院でも同様であり、頑張って探さなければ病院求人をなかなか発見できません。例えば、以下は大手の転職サイトで宮城の病院求人を検索したときの結果です。

このように、宮城全体で13件と少ないです。

一般的には、薬剤師は転職サイトを活用して転職するのが基本です。そうしたとき、転職エージェントごとに保有求人が変わるため、いくつもの転職サイトを利用することで求人をたくさん集めるのが基本になります。

製薬企業の中途採用募集はなく、一般企業は医薬品卸の正社員になる

他には、一般企業での就職・転職を考える人もいます。一般企業で最初に考えるのは製薬会社です。ただ、大都市であれば製薬メーカーの求人があるものの、残念ながら仙台を含め宮城で製薬企業求人は存在しません。そのため、他の会社を考える必要があります。

宮城で一般企業を目指す場合、ほぼ確実に医薬品卸や物流センターになります。こうした会社の支店には必ず管理薬剤師が常駐しなければいけないと法律で決められているからです。

当然、医薬品卸だと宮城県の各地に支店が点在することになります。そのため、人が足りない支店では企業求人が出されるようになるのです。例えば、仙台市宮城野区から出された以下の中途採用募集がこれに該当します。

「医薬品情報への問い合わせ対応」「MSへの教育」とあるため、医薬品卸の管理薬剤師求人だということが分かります。こうした求人で勤務すると考えましょう。年収は350万円とやはり低めですが、こうした企業求人はゆったり働くことができます。

ただ、企業求人は病院薬剤師以上に求人数が少ないです。実際、以下はマイナビ薬剤師で宮城県内の企業求人を検索したときの結果です。

このように求人数は4件であり、より少ない選択肢の中から選ぶようになります。そのため、3社以上の転職サイトを活用しないと確実に転職成功できなくなっています。

パート・アルバイトの時給は一般的

ここまで、正社員について解説してきました。しかし、育児中の女性薬剤師をはじめとして、パート・アルバイトで働くことを考える人もいます。

宮城の薬剤師であれば、パート勤務するときの時給は普通です。特に高くなく、低くもありません。薬剤師だとパート・アルバイトで時給2,000円が基本になりますが、調剤薬局やドラッグストア、病院を含めこうした時給相場で働けると考えましょう。

例えば、以下は仙台市泉区の調剤薬局パートです。

時給2,000円であり、勤務時間も一般的です。特に代わり映えしない求人ですが、こうした標準的な募集がメインで出されるようになるのです。

もちろん、田舎の調剤薬局やドラッグストアだと最初から時給3,000円以上のケースもあります。ただ、仙台市内などでは時給2,000円だと考えるようにしましょう。あとは、勤務する曜日や時間などの希望条件を明確にしたうえで求人を探すといいです。

派遣は時給3,000円前後が基本

一方でパート・アルバイトではなく、派遣として働いても問題ありません。短期や長期で勤務でき、好きな時間にいろんな薬局やドラッグストア、病院を経験できる自由度の高い働き方が派遣薬剤師です。派遣契約が切れた後、長期休暇を取ることも可能です。

このとき、宮城県で派遣薬剤師をする場合は時給3,000円前後が一般的です。より具体的にいうと、時給2,800~3,000円が妥当な給与相場だといえます。

例えば、以下は仙台市青葉区の調剤薬局から出た派遣募集です。

このように時給2,900円であり、仙台市を含め宮城県内ではこうした中途採用が出されると考えましょう。中には時給2,500円などの派遣もありますが、そうした求人は選ばず「宮城での一般的な派遣求人の時給相場」を理解したうえで、時給2,800円以上の求人を選ぶといいです。

なお、宮城県の場合は仙台市以外の薬局を選ぶと派遣求人での時給が非常に高くなり、どれも時給3,000円以上になります。また、時給3,500円以上の募集も普通に出されます。例えば、以下は大崎市の薬局から出された高額派遣求人です。

時給4,000円とかなり高い給料を実現できます。この求人で週5日働く場合、休憩60分を入れると1日8時間労働になります。残業なしの定時退社と仮定すると、月収は以下のようになります。

  • 時給4,000円 × 1日8時間 × 月20日 = 64万円

年収換算だと768万円になります。こうした高額派遣だと住宅付きのケースも多く、出稼ぎ勤務することが可能です。そのため、効率的に稼ぎたいのであればこうした求人で期間限定の派遣勤務を検討しても問題ありません。

転職サイトを利用して宮城の求人を探すべき

このような特徴のある宮城での薬剤師ですが、他の人がどのようにして求人を探しているかというと、ほぼ全員が転職サイトを活用しています。

前述の通り、宮城で病院や企業の求人を探す場合は非常に難しいです。求人自体がほぼ存在せず、自力で見つけることができないからです。

調剤薬局やドラッグストアになると求人は増えますが、それでも自力で募集を見つけてくるのは大変です。自分だけでは数個の求人案件を見比べるだけになるため、そうではなく転職サイトを利用することで多くの募集の中から求人をピックアップしなければいけません。

また、自分だけの力での応募だと年収や条件面での交渉が難航します。一方で転職サイト経由であれば、給料や勤務時間を含めて交渉を代行してくれるため、転職時はスムーズに事が運びます。また、面接後の職場見学のセッティングまで実施してくれるため、どのような実態の職場なのか確認できるのも利点です。

ただ、転職サイトによって保有求人の特色に違いがあるのは既に述べた通りです。また、転職エージェントには多くの人が在籍しており、当然ながら担当者によって力量は異なります。このとき、どのような人があなたの担当者に就くのかは分からないため、複数サイトを活用しながら相性の良い転職サイトを残すのが一般的な転職サイトの使い方になります。

そこで3社以上の転職エージェントに登録し、宮城県内の薬剤師求人を紹介してもらうようにしましょう。

未経験や経営者として宮城県での特徴を理解する

薬剤師資格の保有者であれば、未経験や調剤経験者を含め問題なく宮城県内で転職することができます。薬剤師はあらゆる職場で人数が足りておらず、調剤薬局やドラッグストアを含めて転職しやすいのです。

しかし、人によって求める条件は異なります。「大手薬局を避け、年収500万円以上の中小薬局を目指す」「家賃補助の手厚い薬局がいい」「週3日の午後勤務だけのパート求人を探している」など、事前に具体的な希望条件を絞るようにしましょう。

こうした条件を転職サイトの担当者に伝えることで、最適な求人が提示されるようになります。

また、病院や企業などになると求人が少なくなります。また、薬局であっても「管理薬剤師で転職する」「通勤30分以内で定時退社可能な募集を探す」などのように条件を絞ると、同様に求人数は少ないです。そのため複数の転職サイトを利用して、いくつもの募集の中から検討できるようにしましょう。

宮城県ならではの独自の特徴があります。事前にどのような求人が出されるのかを理解したうえで薬剤師の転職活動を進めるようにしましょう。


薬剤師転職で失敗しないために必要な理想の求人・転職先の探し方とは!

薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

オススメの転職サイトと特徴の違い

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事