日本の中でも、比較的人口の多い都道府県として埼玉県が知られています。東京の隣であるため、大宮や浦和を抱えるさいたま市をはじめとして栄えている県の一つになります。

そのため、埼玉で薬剤師をすることを考える人は多いです。

それでは実際に埼玉県で薬剤師をするとき、どれくらいの給与相場になるのでしょうか。また、どのような中途採用の募集が出されるのでしょうか。埼玉県で薬剤師として働くときの事情を理解しておくと転職時はスムーズです。

そこで、薬剤師が埼玉県で働くときのポイントについて解説していきます。

埼玉の平均年収は高くない

まず、埼玉県で薬剤師をするときはどれくらいの平均年収になるのでしょうか。まずは一般的な相場を理解しておくと、提示された求人内容が適切かどうか理解できるようになります。

これについては、埼玉県だと薬剤師の年収は低くなりがちになります。平均年収は497.6万円であり、全国平均に比べてそれなりに少ないです。

都道府県 平均年収 平均月収 平均賞与
埼玉 497.6万円 37.2万円 51.2万円
全国 526.1万円 37.6万円 74.9万円

出典:厚生労働省「2018年賃金構造基本統計調査」

そのため、埼玉で優れた求人を見つけようとすると難しくなります。一般的には、埼玉だと調剤薬局では年収400~430万円ほどの収入が多くなるのです。中小薬局であっても、平気で年収400万円ほどの求人が存在するほどです。

人口の多い東京や神奈川よりも年収は低く、さらにはこうした都市部よりも薬局や病院の数が少ないため、年収450万円以上を達成するのですら難しいという現状があります。

ただ、探せば未経験での年収450万円以上の求人は存在します。例えば、以下はさいたま市中央区の薬局から出された求人です。

中小薬局での募集ですが、年収450万円です。数は少ないですが、こうした求人を発掘して応募することは可能です。

さいたま市(大宮、浦和など)で求人が多く、川口市、越谷市、所沢市と続く

それでは、薬剤師の求人はどこで多いのかというとさいたま市になります。大宮や浦和などを抱えるさいたま市では、埼玉県全体の2割ほどの求人が出されています。

さいたま市では以下の10の区があり、それぞれでまんべんなく求人が出されています。

西区、北区、大宮区、見沼区、中央区、桜区、浦和区、南区、緑区、岩槻区

ただ、埼玉県の場合はいろんな都市から求人が出されます。一つの市で全体の4割ほどの求人を占めるケースは普通ですが、さいたま市でも埼玉全体の2割ほどの募集しかなく、川口市や越谷市、所沢市などでも求人が多くなっているのです。

当然、他にも川越市や熊谷市、春日部市、草加市などでもそれなりに中途採用の募集が出されるようになります。

ただ、こうしたさいたま市以外の都市についても基本的な収入レベルは低いと考えましょう。基本的に、都心からのアクセスが比較的良い場所に位置する市(さいたま市、川口市、越谷市、所沢市、川越市、春日部市、草加市など)は総じて年収が低いです。

一方で熊谷市や秩父市など都心から離れた場所であれば、少しだけ年収相場が上がると考えて問題ありません。大幅には上昇しませんが、多少は待遇が改善されやすくなります。

・大手チェーン薬局だと、どこも給料は低い

なお、埼玉では中小薬局ですら低い収入になりがちですが、これが大手チェーン薬局になるとさらに安い給料となってしまいます。このとき、年収400万円未満になるのは普通です。

例えば、以下は埼玉県で実際に出された大手チェーン薬局の求人です。

さいたま市北区の求人ですが、この大手チェーン薬局ではどの店舗もこうした年収となっています。そのため、薬剤師ではあっても非常に低い給料になってしまうのです。

埼玉県で働く薬剤師の収入が少ないのは、中小薬局で優れた年収を実現できず、さらにはこうした大手チェーン薬局だとさらに給料が低くなるからなのです。

調剤薬局とドラッグストアで年収格差は大きい

埼玉県の調剤薬局で働く場合、こうした事情があることを理解したうえで勤務するようにしましょう。それでは、埼玉だとどのような場合であっても低い給料で我慢しなければいけないのかというと、必ずしもそうではありません。ドラッグストアであれば、高めの年収を実現しやすくなります。

ドラッグストアとはいっても、調剤併設ドラッグストアであれば一般的な調剤薬局と同じ業務内容になります。少しだけOTCの説明業務が加わるかもしれませんが、基本的に行うことは同じです。そのため、埼玉県で高い収入を考えているのであればドラッグストアを考えても問題ありません。

例えば、以下は埼玉でドラッグストアを広く手掛ける富士薬品(セイムス)の調剤併設店です。

さいたま市大宮区のドラッグストアで年収542万円以上ですが、こうした店舗に限らず同じ系列店の他の店舗でも同じ年収を実現できます。こうしたドラッグストアであれば、就職した時点で埼玉で働く薬剤師の平均年収を軽く超えるようになります。

また、調剤併設店なので勤務時間は他の調剤薬局と大きく変わらないという利点があります。

大手や中小を含め、調剤薬局で高い収入を実現するのは難しいです。ただ、ドラッグストアなら最初から優れた給料になります。埼玉県で高年収といえばドラッグストアなのです。

調剤薬局で高い収入は無理なのか

それでは、埼玉の調剤薬局で高い収入を実現するのはどうやっても無理なのかというと、必ずしもそういうわけではありません。やり方によっては良い条件で就職することは可能です。

以下では、その方法について確認していきます。

・高い年収の薬局を狙い撃ちする

数は少ないながらも、中小薬局によっては高めの給料を提示してくれているケースがあります。薬局規模が非常に小さかったり、毎年1~2店舗ほど拡大しているためにどうしても薬剤師を欲していたりする場合、給与相場が高くなるのです。

例えば、以下はさいたま市大宮区の調剤薬局から出た求人です。

最初から年収500万円以上であり、埼玉県の薬剤師としては非常に優れた待遇になります。この店舗の場合、「店舗拡大中なので、さいたま市外を含め他の店舗へ将来異動になる可能性がある」という理由付きの求人にはなりますが、こうした店舗で働くことも可能です。

他にも、新規オープンや一人薬剤師などの理由によって高めの収入になっているケースもあります。

・管理薬剤師なら年収550万円以上

それでは、勤務薬剤師ではなく管理薬剤師として転職する場合はどのような収入になるのでしょうか。これについては、年収550万円以上が適切だと考えましょう。

もし、大手チェーン薬局などで非常に低い給料で管理薬剤師をしている場合、転職すれば埼玉県では簡単に給料を上げることができるようになります。管理薬剤師で働いている人の場合、基準は「年収550万円以上で働いているかどうか」で考えるようにしましょう。

例えば、以下は所沢市から出された管理薬剤師の募集です。

年収600万円での中途採用ですが、こうした年収であっても管理薬剤師であれば問題なく転職できるようになります。

パート・アルバイトではどうなるのか

正社員として働くとなると、いろんな求人を比較して申し込まなければいけません。それでは、パートやアルバイトとして働くときはどうなのでしょうか。

これについては、埼玉のどの調剤薬局やドラッグストアで勤務したとしても「時給2,000円ほどになる」と考えればいいです。調剤経験者であれば時給2,000円以上が可能になることはあるものの、あらゆる薬局でも時給2,000円程度が基本になります。

埼玉の中でも田舎僻地にある薬局であれば高めの収入になることはあります。ただ、ドラッグストアを含め時給2,000円が基本です。

このとき、提示される給料は会社ごとにバラバラであり、中には最初から高めの時給となる会社もあります。例えば、大手ドラッグストアで知られるウエルシア薬局は最初から時給2,600円と高額であることが知られています。

川越市にあるウエルシア薬局での募集ですが、全国どこでもパート・アルバイトでこの時給となっています。こうした求人を探して応募すれば、パート・アルバイトであっても高い時給で働くことができます。

派遣を埼玉県で行うのはどうか

では、派遣社員として埼玉県で薬剤師勤務をする場合はどうなのでしょうか。これについては、一般的な収入レベルを問題なく確保できると考えて問題ありません。

一般的に派遣だと時給3,000円以上が相場になります。時給2,800円などの求人はありますが、基本は時給3,000円以上を選ぶといいです。埼玉では、こうした求人が問題なく出されるようになります。

例えば、以下は川口市の調剤薬局から出された派遣求人です。

週3~5日での募集になりますが、時給3,000円です。こうした求人は珍しくなく、埼玉県内のあらゆる調剤薬局やドラッグストア、病院で出されています。

埼玉で派遣薬剤師をする場合、特に時給相場が低いわけではなく、高いわけでもないと認識すれば問題ありません。

病院・クリニックの求人で働く

ただ、調剤薬局やドラッグストアだけが薬剤師の働ける場所というわけではありません。病院やクリニックも勤務地の選択肢に入ります。

まず人口の多い都道府県の中では、埼玉の病院求人は非常に少ない傾向にあります。例えば、以下は5万件以上の求人数を誇る転職サイトで埼玉県の病院求人を検索したときの結果です。

さいたま市5件、川越市7件、熊谷市4件、川口市3件、所沢市6件、深谷市5件などのようになっており、他の市ではほとんど求人がない状態となっています。そのため、埼玉で病院薬剤師を目指す場合は選択肢が非常に少なくなると考えなければいけません。

また、給料についてはどうかというと非常に低くなっています。一般的に中小病院だと収入は高めになりますが、埼玉だと急性期の大病院に限らずケアミックス病院なども含めて低い収入になると考えましょう。

例えば、以下はさいたま市北区にある病院求人です。

中小病院なので17:00終業にはなりますが、年収は350万円ほどと低いです。埼玉で病院薬剤師をする場合、スキル自体は他の都道府県にある病院と同じように学べるものの、待遇は非常に低いと考えるようにしましょう。

もちろん、中には例外もあります。急性期の病院薬剤師であるにも関わらず、中小薬局よりも高い収入になるケースもあるのです。例えば、以下は川口市の急性期病院から出された総合病院の求人です。

400床以上の病院ですが、月収29万円以上であり、年収は最初から451万円です。すべての病院薬剤師が冷遇されているわけではなく、転職サイトを通じて頑張って求人を探せばこうした病院求人を見つけることも可能です。

企業求人はほぼ存在しない

なお、薬剤師によっては一般企業で働くことを考える人もいます。企業の薬剤師は珍しいですが、埼玉県には存在するのでしょうか。

これについては、残念ながら埼玉県内で企業の募集が出されることはほとんどありません。

もちろんゼロではなく、稀に医薬品卸や物流倉庫の会社から管理薬剤師の中途採用が出されることはあります。例えば、以下は物流倉庫の会社から出された企業求人になります。

しかし、実際のところ埼玉でこうした企業求人を発見できることはほとんどありません。非常に稀であり、5社以上の転職サイトへ登録してフル活用し、ようやく希望の募集を発見できるレベルだと考えるようにしましょう。

埼玉で企業求人を探すのではなく、東京で企業求人の募集を見つけるのが一般的です。埼玉県で一般企業の求人は期待しない方が無難です。

転職サイトを利用し、埼玉の求人を探すべき

埼玉県の薬剤師で働くとき、こうした特徴を理解しなければいけません。一般的に埼玉で就職することを考えるとき、優れた条件を提示してくれる薬局は少ないです。また、病院を探すにしても求人数が少なく、どこに募集があるのかも不明です。

そのため、自分一人の力で何とかするのではなく転職サイトの力を借りるようにしましょう。転職エージェントを利用することにより、効率的に埼玉の求人を見つけられるようにするのです。

また、転職で失敗しないために3社以上の転職エージェントを利用するのが基本です。埼玉では中小薬局ですら低い給料になりがちであり、優れた求人を見つけるのは難しいです。そこで、いくつもの転職サイトを活用して求人を出させ、内容を比較するのです。

就職先によって働き方は大きく変わるため、いくつもの転職サイトを活用して比べる作業は必須だといえます。

ただ、このときは人によって要望が異なるため、どのようなことを重視したいのか事前に確認するといいです。

  • さいたま市浦和区の調剤薬局で管理薬剤師として転職し、年収600万円を目指したい
  • 急性期の病院薬剤師を目指しつつ、年収380万円以上は確保したい
  • 埼玉以外の求人も含めて、企業求人を見つけたい
  • 年収は下がってもいいので、17:00に退社できる調剤薬局の求人を欲している

ほとんどの人がこのように自分なりの要望をもっています。そこで、転職サイトの担当者に希望を伝えたうえでいろんな求人を見比べるようにしましょう。

埼玉独自の特徴を把握して転職活動を行う

人口の多い県の一つが埼玉県です。都心エリアからアクセスの優れた場所でもあり、多くの人が埼玉に住んでいます。

しかし、一般的に埼玉の調剤薬局は年収が高くなく、収入の面では大したことがありません。元々の給料レベルが低いため、「土日休みがいい」「時短勤務したい」などを考える場合、より収入は低くなります。

一方で病院薬剤師の場合、そもそもの求人数が少ないので中途採用での勤務先を見つけるにしても苦労します。これが企業になるとさらに難しくなり、都心エリアを含めて考えなければ一般企業への就職は難しくなります。

こうした埼玉県独自の特徴があるため、いくつもの転職サイトを利用しながら多くの求人の中から選ぶようにしましょう。良い条件の求人が少ないからこそ、複数の転職エージェントへ登録して中途採用募集を比較するのが、転職で失敗しないコツになります。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファルマスタッフ

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。

ファルマスタッフのインタビュー記事

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事