関東にある都道府県の一つに千葉県があります。人口の多い県の一つとして知られており、多くの人が千葉に住んでいます。

千葉とはいっても、東京まで働きに出ている人は多く、必ずしも県庁所在地である千葉市に求人が集中しているわけではありません。船橋市や松戸市などにも数多くの求人が存在します。

また、千葉県は非常に広いです。そのため、都心エリアから遠くなって田舎の地域になると、薬剤師で働くときの事情が異なってきます。こうしたことまで含めて、薬剤師としてどのような求人を探すべきか理解しなければいけません。

ここでは、薬剤師が千葉県で働くときのポイントを解説していきます。

全国的にも年収・給料が低い千葉県の薬剤師

まず、千葉で薬剤師をするときの平均年収はどのようになっているのでしょうか。一般的な相場を理解すれば、提示される収入が適切なのかどうかを理解できるようになります。

これについては、千葉県の薬剤師の平均年収は非常に低くなっています。

都道府県 平均年収 平均月収 平均賞与
千葉 484.4万円 36.7万円 44.0万円
全国 526.1万円 37.6万円 74.9万円

出典:厚生労働省「2018年賃金構造基本統計調査」

この理由は単純に薬剤師の数が多いからです。千葉の場合、県内に薬科大学(薬学部のある大学)がたくさんあります。以下のように、薬学部を有する大学としては以下のようになっています。

  • 千葉大学:千葉市中央区
  • 東京理科大学:野田市
  • 東邦大学:船橋市
  • 日本大学:船橋市
  • 城西国際大学:東金市
  • 千葉科学大学:銚子市

このように、千葉県内の西側に限らず東側まで含めて薬学部のある大学が存在します。そのため、千葉では比較的薬剤師の数が多くなっており、そこまで高い給料を提示しなくても問題なく薬剤師が集まるようになるのです。

実際、千葉県内では年収400万円未満の給料を提示している調剤薬局はたくさんあり、一般的には中小薬局でも年収400~430万円くらいだと考えるといいです。

例えば、以下は千葉県柏市にある調剤薬局ですが、店舗数10店舗未満の中小薬局で年収400万円からとなります。

中小薬局では非常に低いですが、千葉で薬剤師をするのであればこれが普通になります。そのため、千葉県内で薬剤師をする場合は高収入を期待するのは、やめたほうが無難です。

千葉市をはじめ、求人は船橋市、松戸市、柏市で多い

それでは、千葉県内の中でもどのような都市で多くの求人が出されるのでしょうか。これについては、千葉市が最も多くなります。以下のように6つの区があり、それぞれに中途採用の募集が出ています。

中央区、花見川区、稲毛区、若葉区、緑区、美浜区

ただ、千葉市の求人が非常に多いかというとそうではなく、求人全体の15%ほどとなっています。同じ県内でも、県庁所在地だけで求人全体の3~4割ほどを占めるのは普通です。ただ、千葉の場合はそのような傾向になっていないのです。

千葉であれば、都心エリアに近くアクセスの良い市でも人口が多くなっています。こうした都市が船橋市や松戸市、柏市であり、当然のように薬剤師の求人募集の数も多いです。以下のように、いろんな都市から求人が出されるようになっています。

もちろん、八千代市や浦安市、習志野市、市原市、成田市、木更津市などその他の都市からも広く求人が出されています。千葉の東側ではどうしても田舎になってしまい、人口が少なく求人数は少ないですが、西側であれば広く薬剤師の募集がたくさん出されるようになっているのです。

千葉の田舎だと少しだけ高収入になる

それでは、千葉の中でも田舎の地域だと高収入を実現できるかというと、必ずしもそういうわけではありません。もちろん千葉市や船橋市、松戸市、柏市などに比べると給与相場は高くなるものの、かなりの田舎であってもそこまで収入は優れていないのです。

例えば、以下は館山市の調剤薬局から出された中途採用募集です。

千葉県南部にある人口4万人ほどの都市になります。通常、こうした場所から出される求人だと未経験の薬剤師であっても年収600万円以上が普通です。ただ、そうした田舎でも年収500万円ほどになっています。

これには、それだけ千葉に薬科大学が多くて薬剤師があふれていることが理由として挙げられます。

千葉の場合、どこで薬剤師をするにしても提示される給料は低くなりがちです。これは人口の多い市に限らず、田舎にある職場でも同様だと考えるようにしましょう。こうしたことから、千葉では非常に平均年収が低くなっているのです。

調剤薬局やドラッグストアで勤務するときの特徴

千葉の調剤薬局では、中小薬局であっても年収400~430万円ほどと一般的に低くなるものの、これが大手チェーン薬局になると年収400万円未満となります。薬剤師がそれなりに多い地域であるため、高い収入は難しくなっています。

もちろん探せば年収450万円以上を提示してくれる中小薬局は存在するものの、数は非常に少ないです。

それでは、調剤薬局ではなくドラッグストアではどうなのでしょうか。これについては、ドラッグストアでもそこまで給料は大したことがないと考えるといいです。例えば、以下は千葉県で多く展開するドラッグストアの「くすりの福太郎」から出された求人募集です。

年収450万円以上であり、千葉市中央区の店舗ですが調剤薬局よりは高めの収入になっています。ただ、一般的なドラッグストアでは都心エリアであっても年収500万円以上が普通であり、それに比べると低めの給料となっています。

千葉で働く場合、調剤薬局に限らずドラッグストアも含めて優れた条件で働くのは難しくなっているのです。

もちろん、提示される給料は会社によって異なります。調剤薬局やドラッグストアごとに方針は違い、中には高い給料を提示してくれる薬局も存在します。例えば、以下はウエルシア薬局から出された中途採用の求人です。

千葉市若葉区の店舗ですが、年収516万円です。ドラッグストアによって提示される収入は異なると考えるといいです。基本的に千葉県のドラッグストアは年収が低くなりがちですが、中には高収入を実現できることもあるのです。

千葉での就職で高年収を得る戦略を学ぶ

なお、千葉の薬局で働くときは「必ず低い年収で我慢しなければいけない」わけではありません。就職先の職場によっては、高年収で勤務できることもあります。

当然、高収入の求人には理由があります。ただ、それらの理由に納得できるのであれば問題ありません。千葉での高年収求人としては、前述のウエルシア薬局のように高い給料を出してくれるドラッグストアがあるものの、それ以外だと以下のような調剤薬局のケースも存在します。

・オープン店舗や一人薬剤師など理由がある

調剤薬局の中には、年収が高くなりやすい求人が存在します。例えば新規オープンや一人薬剤師の店舗です。同じ会社であったとしても、こうした店舗で勤務する薬剤師は特別に高い年収になります。

例えば、以下は松戸市にある調剤薬局から出された募集です。

オープンしたばかりの店舗ですが、未経験やブランクのある人であっても年収540万円以上となっています。数は少ないですが、こうした求人も存在します。

・管理薬剤師だと年収550万円以上が当然

中には勤務薬剤師ではなく、管理薬剤師の経験者がいます。こうした人が転職するとき、たとえ平均年収の低い千葉であっても年収550万円以上になるのが当然だといえます。

もちろん、管理薬剤師で年収450万円や年収500万円の募集は存在します。ただ、提示している給料が低すぎるのでそうした募集は無視するといいです。管理薬剤師だと高めの給料になるのが一般的ですが、例えば以下は船橋市から出された管理薬剤師の求人ですが、収入が高めです。

年収600万円の中途採用ですが、基本的にはこうした募集に応募しなければいけません。もちろん薬局ごとに事情は異なりますが、きちんと評価してくれる会社に就職するのが基本です。

パート・アルバイトの薬剤師で働くポイント

このとき、薬剤師の中でもパートやアルバイトとして千葉県内で働くときのポイントとしては何があるのでしょうか。

これについては、時給2,000円以上の求人で働くのは基本として、余力があれば「より高めの時給を提示してくれる調剤薬局やドラッグストア、病院の求人を探す」というスタンスが適切です。

当然、時給1,800円などの低い時給で働くのは論外です。時給2,000円は大前提として、あなたが希望する条件に合う募集を探すようにしましょう。例えば、以下は千葉市緑区にある調剤薬局でのパート募集です。

最初から時給2,500円以上となっています。「土曜日に出勤できる人」という条件はありますが、こうした求人で働くことも可能になっています。

千葉だと正社員は非常に低い給料となりますが、パートについては探せば優れた条件の薬局を見つけることができます。

千葉で派遣勤務するときの時給相場

それでは、同じ調剤薬局やドラッグストアで働くにしても派遣であればどうなのでしょうか。千葉の場合、派遣であれば時給3,000円の案件が数多く出されるようになります。中には時給2,800円などの案件もありますが。時給3,000円は問題なく確保できます。

例えば、以下は市川市の調剤薬局から出された派遣募集です。

時給3,200円であり、それなりに高い時給で薬局で勤務できることが分かります。

なお、千葉県の場合は田舎の薬局に行くと高額な時給で働けることがあります。時給3,500円にはなりますが、住宅付きの求人で勤務することが可能です。例えば、以下は実際の住宅付き派遣募集です。

ここにある通り時給3,500円です。千葉県で働くとき、こうした出稼ぎ募集の派遣求人に応募しても問題ありません。

病院の中途採用募集で働くときの考え方

それでは、病院薬剤師として働くことを考える場合はどのようにすればいいのでしょうか。このとき、給料については世間一般的な病院薬剤師と同程度だと考えるといいです。

病院で働く薬剤師の収入は低いです。一般的に年収350~400万円ほどですが、千葉県内の病院で働く場合も同じようになると考えて問題ありません。

例えば、以下は松戸市にある総合病院から出された中途採用になります。

急性期病院での求人であり、年収370万円からとなっています。病院薬剤師としては普通であり、このように低い年収で活躍すると考えればいいです。

なお、正社員ではなくパート・アルバイトで病院薬剤師をする場合、千葉では時給1,700円や時給1,800円など非常に低い時給を出している病院がたくさんあります。こうした職場は避け、必ず時給2,000円以上の募集へ応募しましょう。

一般企業の求人はほぼ存在しない

ただ、中にはこうした薬局や病院ではなく一般企業の求人を考える薬剤師もいます。千葉では、企業の求人は存在するのでしょうか。

これについては、残念ながら千葉県内で企業求人を見つけるのは非常に難しいと考えるようにしましょう。もちろんゼロではないですが、その数が非常に少ないのです。例えば、以下は千葉県で企業求人の数を調べたときの結果です。

5万件以上の求人を保有する転職サイトで調べたときの結果ですが、このように合計2件です。ここから、千葉で企業求人を探したとしてもほぼ見つけられないと分かります。

企業求人は主に都心エリアで出されます。そのため、千葉だけでなく東京まで考えて企業求人を探せば見つけやすいです。

なお、千葉県内で出される一般企業の募集内容はどのようなものかというと、ほぼ管理薬剤師の求人です。品質管理や物流会社など、支店内に薬剤師を置かなければいけないと法令で定められているケースは多いです。そうしたとき、企業求人が出されるのです。

例えば、以下は船橋市にある物流倉庫の会社から出された薬剤師募集です。

年収480万円であり、条件は悪くありません。こうした求人へ応募し、管理薬剤師として働くという方法でも問題ありません。ただ、千葉県内だけで考えると企業求人は非常に少なくなることは理解しましょう。

転職サイト利用で千葉の求人を探す

このように千葉で働く薬剤師は千葉県独自の特徴を理解しなければいけません。調剤薬局やドラッグストアで勤務するにしても、千葉という時点で収入は低くなるのです。多くの薬剤師が千葉に存在するという理由があり、田舎の地域であっても勤務条件は他の都道府県に比べると悪くなりがちです。

正社員やパート・アルバイトを含め、千葉で優れた求人を自分で見つけるのは難しいです。そこで、必ず転職サイトを利用して求人を探すようにしましょう。転職エージェントであれば、多くの求人から選べるようになっています。

このとき、千葉で働くにしても人によって希望条件は異なります。そのため、事前にどのような職場で勤務したいのか考えておくといいです。

例えば、人によって以下のような要望があります。

  • 千葉市稲毛区の薬局で働き、年収450万円は確保したい
  • 千葉にある田舎の薬局や病院で高額派遣をしたい
  • 船橋市内にある会社のパート勤務で18:00定時退社を考えている
  • 企業の管理薬剤師を目指す

どのような職場環境でもいいと考える薬剤師はいません。そのため、こうした希望条件をピックアップしたうえで転職活動をしましょう。

なお、千葉県で就職するときは優れた条件で働くことが難しい以上、転職サイトを利用するにしても、複数の転職エージェントを利用したほうが転職で失敗しなくなります。理由は単純であり、担当者によって案内する求人は異なりますし、転職サイトごとに保有求人は違うからです。

そのため、3社以上の転職サイトを利用することで求人募集を探すようにしましょう。いろんな選択肢の中から中途採用の求人を見つけるといいです。

条件が悪いからこそ転職活動は戦略を練るべき

千葉での転職では、良い条件を提示してくれる調剤薬局やドラッグストア、病院が少ないという特徴があります。薬剤師がそれなりに多数いる県なので高い年収を提示する必要がなく、少なくとも給料の面では正社員でもパート・アルバイトでも低くなりがちです。

もちろん、勤務するときの曜日や時間などは転職時に柔軟に調節できます。ただ、収入面ではそこまで期待できないのです。また、企業求人を探すにしてもそうした募集が千葉県内ではほぼ出されません。

こうした事情があることを理解したうえで転職活動をする必要があります。千葉県では薬剤師として働くときの条件が悪いからこそ、転職時は戦略を練って事前に希望条件を整理し、多くの選択肢から求人を選び取るようにしましょう。

そのためには複数の転職サイトの利用が必要ですし、転職エージェントごとに求人を比較検討する作業も実践しなければいけません。そうして、ようやく千葉で優れた条件で転職できるようになります。


薬剤師転職で失敗しないために必要な理想の求人・転職先の探し方とは!

薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

オススメの転職サイトと特徴の違い

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事