薬剤師にとって住む場所は重要です。自分が希望する勤務地で働くことで、ようやく満足した働き方を実現できるようになります。そうしたとき、静岡県で勤務することを考える人は多いです。

ただ、薬剤師が働くときは地域ごとに特徴があるため、これらを理解したうえで中途採用の求人を探さなければいけません。地域の特性を理解していないと、非常に安い給料で働くことになってしまうからです。

それでは、静岡で薬剤師が働くときはどのようなポイントに注意すればいいのでしょうか。

ここでは薬剤師が中途採用での転職を考えるとき、静岡県で勤務する場合の考え方について確認していきます。

全国的にも平均年収が高い、静岡での薬剤師事情

薬剤師の転職で、最初に認識しなければいけないのは給与相場です。どれくらいの収入が適切なのかを理解しなければ、提示された勤務条件が優れているのか、それとも劣っているのか見当がつきません。このとき、静岡県は全国的にみて平均年収が非常に高くなっています。

厚生労働省の統計データによると、具体的な薬剤師の給料は以下のようになっています。

都道府県 平均年収 平均月収 平均賞与
静岡 714.3万円 47.8万円 140.7万円
全国 526.1万円 37.6万円 74.9万円

出典:厚生労働省「2018年賃金構造基本統計調査」

一般的に薬剤師は年収600万円で高年収とされています。ただ、静岡県ではそれよりもはるかに高い平均年収となっているのです。

このように収入が高くなっているのは、当然ながら理由があります。単純に薬剤師の数が他県に比べて少ないからです。まず、静岡県には薬学部のある大学が一つだけです。

  • 静岡県立大学:静岡市

また、静岡は一つの都市に人口が集中しているわけではなく、静岡市や浜松市を含め、他の県に比べて人口が分散しています。そのため、結果的に「薬学部を有する大学のある静岡市を除いては、薬剤師の給料が高い状態」になっているのです。

静岡市内についてはある程度の薬剤師がいるため、全国的に見ても平均年収は普通です。ただ静岡市以外であれば、浜松市であっても高めの給与相場となっているのです。例えば、以下は浜松市中区の調剤薬局での募集です。

年収500万円ですが、未経験でも初任給がこのようになっています。特別に収入の高い求人を示したわけではなく、浜松市であってもこうした年収が基本になっているのです。

当然ながら、浜松市ではない他の田舎の地域になると、より薬剤師が足りなくなるので年収相場が上がります。その結果として、全国的に見ても高めの収入を実現できるようになっています。

静岡市や浜松市、富士市、沼津市と幅広い市から求人が出る

それでは、どのような市から薬剤師の求人が出されているのでしょうか。静岡県で人口の多い市としては、政令指定都市になっている静岡市と浜松市があります。当然、この2つの地域から最も多くの求人が出されるようになっています。

全体の割合でみると、静岡県全体の薬剤師募集のうち、静岡市は約2割ほどの求人数となっています。静岡市は以下のように区があり、それぞれで募集が存在します。

葵区、駿河区、清水区

また、浜松市についても静岡県のうち約2割の求人数となっています。浜松市についても、以下のように区が分かれています。

中区、東区、西区、南区、北区、浜北区、天竜区

静岡市と浜松市を合わせても県全体の4割ほどであり、それ以外の6割の求人は静岡県内で広く分布することになります。静岡県は都市がいろんな地域に点在するからこそ、それぞれの都市で薬剤師の人数が足りなくなっているのです。

実際に転職サイトで薬剤師の募集を確認すると、以下のようにいろんな都市からまんべんなく求人が出されていることが分かります。

静岡市や浜松市以外にも、このように沼津市や富士市、富士宮市、三島市、島田市、磐田市、焼津市、掛川市、藤枝市など、広く求人が出されています。一つの都市に人口が集中しておらず、幅広く募集が出ているのが静岡県だといえます。

調剤薬局は年収450万円以上が当然

これらの給与相場を理解したとき、静岡県で年収450万円よりも低い給料で働く意味はありません。静岡市内でも最初から年収450万円は普通ですし、浜松市でも未経験で初任給が年間500万円となります。それ以外の都市では、より高い給料になります。

こうした事情を考えると、年収450万円は必須だといえます。もちろん、大手の調剤薬局チェーンだと異常なほど低い収入になります。例えば、以下は浜松市の求人ですが年収400万円未満です。

どうしても就職先として大手がいい場合は問題ないですが、その場合は大都市の薬剤師と一律で給料が同レベルになるため、このように非常に少ない収入になることは理解しなければいけません。

上記の求人は浜松市東区での募集なので、同じ浜松市の中小薬局と比べると入社時点で年収100万円以上の差があります。また、1~2年ほど経過すれば、軽く年収150万円以上は開きます。そのため、特別な理由がない限りは適正年収を提示してくれる中小薬局で働くのが基本です。

田舎の中小薬局は年収600万円以上

また、これが田舎になると収入はより高額になります。年収500万円や年収550万円などは当然として、基本は調剤未経験での年収600万円以上になります。

こうした田舎の大手薬局へ低賃金待遇で就職してしまい、周囲で働く薬局薬剤師と話をしたときは、自分の低すぎる給料に愕然として仕事へのやる気がなくなってしまいます。それなら、最初から適正相場の年収を提示してくれる職場へ転職したほうがいいです。

例えば、以下は三島市で出された「新卒・ブランク可」の中途採用です。

調剤未経験でも年収650万円からのスタートです。こうした求人が存在することを考えると、田舎の地域で勤務するときにどのような薬局求人を選択すればいいのか分かってきます。

管理薬剤師での給料も理解するべき

なお、このときは調剤薬局で管理薬剤師をするときの年収相場も理解しましょう。経験を積んでいくと、希望さえすれば数年の経験で管理薬剤師に就任できるのは普通です。このとき、静岡県内であれば年収600万円は当然として、田舎の地域だと年収700万円超えは基本です。

静岡県での薬剤師の平均年収は700万円以上です。こうした現状を踏まえると、管理薬剤師として勤務していて年収700万円をもらっていても普通であることが分かります。

例えば、以下は静岡市駿河区から出された管理薬剤師の中途採用募集です。

静岡県の中では、静岡市が最も低い給料になりやすいです。ただ、そうした静岡市であっても管理薬剤師だと年収600万円ほどが基本になります。薬剤師としてある程度の経験を有する人が静岡県で働くとき、こうした給与相場であることを理解して求人を探すといいです。

ドラッグストアでも給料・収入は高くなる

それでは、ドラッグストアではどうなのでしょうか。一般的に調剤薬局よりも、ドラッグストアのほうが年収は高くなる傾向にあります。これは、静岡県でも同様です。

ここまで見てきた通り、静岡では調剤薬局でも高年収を実現しやすいです。そのため、ドラッグストアではさらに給料が高額になります。未経験でも初任給が500万円以上なのは当然として、これに残業代や日曜出勤などが加わることで収入が膨れ上がるようになります。

例えばドラッグストアの中でも高年収な会社としてウエルシアは有名ですが、静岡では初任給で年収600万円となることがあります。他の県だとウエルシアは年収517万円ほどですが、静岡ではより高い給料となることがあるのです。

以下は実際にウエルシア薬局から出された募集です。

静岡県葵区の求人ですが、最初から年収600万円です。これに残業が加わるため、初年度から年収700万円以上になるのは普通です。こうした性質のため、静岡県でのドラッグストアはより高収入となるのです。

病院薬剤師の正社員の待遇は全国平均並みになる

このように調剤薬局やドラッグストアでは優れた待遇になる静岡県ですが、病院ではどうなのでしょうか。これについては、全国平均並みになります。つまり病院薬剤師については、非常に給与相場は低くなります。

病院薬剤師は、どこも低い給料になるのが基本です。これは静岡でも同じであり、静岡での薬剤師の平均年収が高いとはいっても、病院は例外になると考えなければいけません。

例えば、以下は浜松市東区にある病院薬剤師の募集です。

年収350万円程度であり、ほかの都道府県にある病院と同じように給与相場は非常に低くなっていることが分かります。

もちろん、精神科病院や慢性期病院など不人気になりやすい求人だと、年収450万円ほどを提示してくれることもあります。ただ基本的には、静岡だからとって病院薬剤師の年収が高くなることはないと考えましょう。

一般企業の求人は工場や医薬品卸、物流センターになる

なお、中には一般企業の中途採用に応募したいと考える人もいます。この場合、静岡県で企業求人は存在するのでしょうか。

当然ながら、CRA(開発職)や薬事申請など製薬会社で重要となるポジションは大都市で出されるのが基本です。したがって、静岡県でこうした募集が出されるのは、よほどのことがない限りありません。

ただ、静岡県内には工場や物流センターを保有する製薬会社や医療機器メーカー、化粧品会社がそれなりにあります。この場合、工場には必ず薬剤師が常駐していなければいけないため、薬剤師が足りないときは募集が出されます。

また医薬品卸は必ず静岡県内に存在することになりますが、それぞれの支店に管理薬剤師が常駐していなければ法令違反になります。そのため、管理薬剤師の募集が存在します。

例えば、以下は静岡市に存在する製薬会社から出された品質管理の募集です。

求人票では、未経験でも応募できるようになっています。管理薬剤師がいなければビジネスを継続することができないため、資格者であれば誰でも申し込めるようになっているのです。

こうした企業求人だと業務内容は忙しくなく、定時退社を実現できます。今回の求人では16:30までの勤務時間なので、かなりゆったりした働き方が実現可能です。

ただ、企業求人は全体の求人数が少ないことは事前に理解しましょう。例えば、以下は大手の転職サイトで静岡県内の企業求人を調べたときの結果です。

このように求人の合計数は9件です。非常に少ないため、特に企業での就職を考える場合はいくつもの転職サイトを利用しなければ転職成功が不可能に近くなっています。

パート・アルバイトでの時給は意外と普通

しかし、正社員で働くだけが薬剤師ではありません。パートやアルバイトとして勤務することを考える人も多いです。このとき、静岡県内でのパート薬剤師ではどうなのでしょうか。

調剤薬局での正社員給料が高いため、パート・アルバイトで働くときについても時給相場が高いように思ってしまいます。ただ、パートやアルバイトについては意外と時給は普通です。つまり、時給2,000円を提示される場合が大多数だと考えるようにしましょう。

確かに正社員では収入が高くなる静岡県ですが、パート勤務については全国的な時給相場と変わらないのです。例えば、以下は伊東市にある調剤薬局でのパート・アルバイトの募集です。

数店舗展開している田舎の薬局求人ですが、このように時給2,000円です。この求人だけこうした時給になっているわけではなく、静岡県内にある調剤薬局やドラッグストア、病院のほとんどがこのような時給相場になっています。

もちろん探せば高めの時給を提示してくれる会社は存在します。ただ、静岡だからといってパート・アルバイトの時給が高いわけではないことを理解しましょう。

派遣薬剤師は圧倒的に高額になる

ただ、これがパート・アルバイトではなく派遣薬剤師になると、急に時給相場が高くなります。静岡県での派遣であれば、時給3,000円が当然です。ただ、薬局によっては静岡市や浜松市などの政令指定都市であっても時給3,500円や時給4,000円などが提示されるようになります。

田舎の地域から出される派遣であれば、出稼ぎ派遣の薬剤師を対象にした高額求人が出されるようになります。こうした求人は静岡県内でたくさん存在しますが、出稼ぎ薬剤師を雇うことを目的にした高額派遣は静岡市や浜松市などでも出ているのです。

例えば、以下は静岡市駿河区にある調剤薬局の高額派遣求人です。

住宅付きで時給4,000円です。もちろん、静岡市内に住んでいる人なら住宅付きであることは関係ないですが、それでも高い時給を実現できます。参考までにこの求人で1日8時間・週5日勤務のフルタイムで働くと以下のような月収になります。

  • 時給4,000円 × 1日8時間 × 月20日 = 64万円

年収換算だと768万円になります。パート・アルバイトをするより、派遣を選択した方が2倍ほどの時給になるため、敢えて派遣薬剤師として活躍する薬剤師も多いです。

確かに静岡県の中では、静岡市や浜松市が栄えています。ただ、日本全国の大都市圏に比べると静岡市や浜松市は田舎になってしまいます。そのため、結果的にこうした高額求人がたくさん出されるようになるのです。

静岡県内で派遣をするとき時給3,000円以上なのは当然として、時給3,500円や時給4,000円の求人を探すことを意識してみましょう。

未経験、経験者を含め転職サイトを利用するべき

それでは、実際に静岡県内での就職を考えたときに、どのようにして求人を探せばいいのでしょうか。実際、自ら募集を見つけるのは非常に難しいです。薬局を探すといっても、どこで薬局求人の募集があるのか不明ですし、病院にしても求人が出されているかどうかを自ら確認しなければいけません。

そこで、ほとんどの薬剤師が転職エージェントを利用します。転職サイトを利用するからこそ、スムーズに求人を発見できるのです。

また、自分一人で応募する場合は自ら年収や勤務条件の交渉を進めなければいけません。そこで転職サイトの担当者が間に入り、年収や労働時間を含めた条件交渉を代行してもらうことで、ようやく優れた転職を実現できるようになります。

しかし、転職サイトによって保有する求人案件はバラバラです。また転職エージェントの担当者が誰になるのかは不明であり、担当者の力量は異なります。こうした実情があるため、3社以上の転職サイトに登録し、実際に使ってみながら優れた提案を示してくれる転職サイトを残すのが基本です。

これらの注意点を守りながら転職エージェントを利用すれば、静岡で満足できる求人を紹介してもらいやすくなります。

薬剤師の新卒就職・中途転職で静岡の状況を把握する

新卒でも中途採用でも、就職先を決めるのは非常に重要なイベントとなります。そうしたとき、静岡県ならではの状況を把握したうえで就職・転職活動を行うようにしましょう。

全国的にも平均年収が非常に高くなっている県が静岡です。静岡県では県庁所在地に人口が固まっているわけではなく、いろんな都市に人がバラバラで住んでいます。その結果、静岡県内ではあらゆる都市で薬剤師が不足するようになり、結果として提示される給与相場が高くなるのです。

ただ、病院薬剤師の収入は静岡県であっても低いですし、パート・アルバイトでは時給2,000円が普通です。一方で派遣薬剤師だと、急に時給が高額になります。

こうした特徴を理解したうえで転職活動を開始しましょう。事前に「静岡県で働くときの事情」を理解しておけば、どのような職場を選択すればいいのか分かるようになります。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事