日本の北に位置しており、同時に人口の多い都道府県として北海道が知られています。面積が非常に広く、札幌をはじめとして住んでいる人もたくさんいるのです。

そのため、北海道で薬剤師を考えている人は多いです。

ただ、北海道ならではの薬剤師の事情があります。転職するとき、北海道で求人を探すときの特徴を理解しておけば、優れた募集を見つけやすくなります。特に北海道では場所によって給与相場が大きく異なるため、どこで薬剤師をするのかは重要です。

ここでは、北海道の薬局や病院へ就職することで働くことを考えたとき、どのように転職活動を進めれればいいのかについて解説していきます。

北海道での年収・給料自体は普通

薬剤師として北海道で就職するとき、一般的には高い年収を実現できるイメージがあります。ただ、実際のところはどうなのかというと、北海道の平均年収自体はそこまで高額なわけではありません。

これは、実際のところ北海道の中でも都市部で就職することを考える人が多いからです。北海道の田舎だと高い給料になりますが、札幌などの都市だとそこまで収入が優れているわけではありません。これは、厚生労働省が発表しているデータからも明らかです。

実際のデータは以下になります。

都道府県 平均年収 平均月収 平均賞与
北海道 501.6万円 35.4万円 76.8万円
全国 526.1万円 37.6万円 74.9万円

出典:厚生労働省「2018年賃金構造基本統計調査」

このように、全国平均と比べて平均年収が優れているわけではありません。北海道の田舎にある薬局のイメージから高年収の印象があるものの、都市部の薬局や病院では優れた収入を実現できるわけではないのです。

実際に薬剤師として勤務する場合、北海道の中でも人口が比較的多い都市であると、薬局で働いたとしても400~430万円ほどの給料が一般的だと考えるようにしましょう。頑張って探せば年収450万円ほどの薬局を見つけることはできるものの、求人数は少なくなります。

もちろん大手チェーン薬局であれば、年収370万円など非常に低くなります。こうした事情を考えると、都市部にある職場と基本的な事情は同じになるのです。

これは、北海道内に3つも薬科大学(薬学部のある大学)があることも影響しています。それぞれ、以下の通りです。

  • 北海道大学:札幌市北区
  • 北海道医療大学:石狩郡
  • 北海道科学大学:小樽市

どれも札幌市の周辺に薬学部のある大学が存在します。そのため、この周辺では薬剤師がそれなりに多くなり、高い給料を支払わなくても問題なく薬剤師を雇えるようになっています。

札幌市を基本に旭川市や函館市で中途採用の募集が多い

それでは、どのような都市で薬剤師の募集が出されるのでしょうか。これについては、当然ながらメインは札幌市になります。北海道全体の中でも、札幌市は全体求人の約4割を占めます。それだけ、多くの中途採用募集が存在するのです。

札幌市では以下の10の区があり、それぞれで中途採用が出されています。

中央区、北区、東区、白石区、厚別区、豊平区、清田区、南区、西区、手稲区

また、札幌市以外であれば旭川市や函館市でも求人がたくさんあります。単純に人口が多いと、それだけ中途採用の募集も多くなるのです。

札幌市や旭川市、函館市以外だと、小樽市や室蘭市、釧路市、帯広市、北見市、苫小牧市などで比較的求人が出されています。

もちろん、より田舎の地域からも求人は出されます。北海道は非常に広いため、いろんな地域で少しずつ求人が存在すると考えましょう。

田舎僻地の薬剤師が不足する地域なら、新卒や未経験でも高収入が可能

札幌市や旭川、函館、小樽などで薬剤師をするにしても、そこまで高年収が可能なわけではありません。中小薬局で高めの給料を提示してくれる調剤薬局で就職したとしても、年収450万円ほどが一般的です。

ただ、これが少し田舎の地域になって札幌などの都市から離れると高収入が可能になります。例えば、以下は釧路市にある調剤薬局での募集です。

基本的に田舎になるほど年収相場は高くなり、釧路市や室蘭市、帯広市、北見市、苫小牧市などであれば新卒や未経験での就職であっても最初から年収500万円ほどを提示してくれるケースが多くなります。

大手チェーン薬局では年収が低く意味ないですが、中小薬局であれば高めの給料を実現できるのです。

これがさらに田舎僻地になると、年収600万円以上が当然になります。場合によっては、新卒の勤務薬剤師であっても年収700万円以上になることもあります。例えば、以下は北海道の調剤薬局で出された年収750万円の採用です。

勤務内容自体は普通ですが、田舎僻地にあるためにこのような求人となっています。北海道の場合、田舎だと年収600万円以上の募集が普通のため、高年収のイメージがあるのです。

調剤薬局とドラッグストアで年収はどう違うのか

それでは、北海道で薬局勤務を考えるときに調剤薬局やドラッグストアではどのように考えて転職活動を進めればいいのでしょうか。

高収入の求人案件といえばドラッグストアですが、実は北海道のドラッグストアはそこまで年収が優れているわけではありません。年収430万円前後であることが多く、ドラッグストアとはいっても最初から年収500万円以上のようにはならないのです。

例えば、以下は苫小牧市にあるツルハドラッグの調剤併設ドラッグストアから出された中途採用の募集です。

このように、年収430万円です。ドラッグストアは大手がほとんどであり、どの店舗で勤務したとしても年収はそこまで変わりません。

札幌であれば年収400万円ほどの調剤薬局は多いため、ドラッグストアと条件を見比べながら就職先を選ぶといいです。ただ、田舎の薬局だとドラッグストアよりも中小の調剤薬局のほうが圧倒的に高い年収になるため、ドラッグストアで勤務する意味がなくなります。

北海道内にあるドラッグストアの給料は低めです。そのためドラッグストアにこだわることなく、調剤薬局まで含めて広く確認するといいです。

高給での給与を実現する転職での考え方

ただ、薬剤師が不足している僻地の地域ではなく、都市部で就職を考える人のほうが圧倒的に多いです。そうしたとき、高給での給与を実現するにはどうすればいいのでしょうか。

これについては、以下のようなやり方があります。

・高めの給料が可能な中小薬局を狙う

北海道内の薬剤師の平均年収が高くないとはいっても、給与相場は会社によってバラバラです。そのため、高めの給料を提示してくれる薬局を探すようにするのです。

前述の通り札幌市内であっても、新卒や未経験の人から年収450万円以上が可能な調剤薬局は存在します。そうした募集へ就職するといいですが、以下の中小薬局がこれに該当します。

札幌市中央区の調剤薬局ですが、探せばこうした給料が可能になります。

このとき、理由のある薬局であれば高給を目指しやすくなります。勤務時間が長かったり、一人薬剤師だったり、薬局ごとに訳アリの理由は異なります。ただ、こうした求人に自ら応募する人は少なくなります。そのため、高めの年収となっているのです。

理由に納得できるのであれば、こうした求人募集へ応募しても問題ありません。

・年収550万円以上の管理薬剤師で就職する

転職するとき、管理薬剤師という方法もあります。このとき現在の職場で、年収500万円ほどで管理薬剤師勤務しているのであれば、転職するだけで簡単に年収アップを実現できます。

札幌や旭川、函館を含め管理薬剤師であれば年収550万円以上が給与相場になります。そのため、これくらいの給料を提示してくれる調剤薬局やドラッグストアで働かなければいけません。

例えば、以下は札幌市西区の調剤薬局で出された管理薬剤師の中途採用です。

年収550万円からとなっていますが、これが北海道で管理薬剤師をするときの給与相場になります。もちろん、より田舎の地域で管理薬剤師をするなら、さらに高収入となります。

時給が低めのパート・アルバイトの求人は多い

一方で正社員ではなく、パートやアルバイトでの勤務を考えている薬剤師は多いです。この場合だと、何に注意して転職活動を進めればいいのでしょうか。

札幌や旭川、函館などでパート薬剤師をする場合、気を付けるべき点は「安すぎる時給で勤務しない」ことだけです。特に札幌市内だと大手チェーン薬局をはじめとして時給1,800円の求人がそれなりにたくさんあります。こうした調剤薬局やドラッグストアは避けなければいけません。

例えば、以下は札幌市清田区にある調剤薬局でのパート・アルバイトの採用です。

このように時給1,800円であり、これらの求人は無視しましょう。薬剤師は時給2,000円以上が基本なので、安すぎる時給で働いている場合ではないのです。小樽市や室蘭市、釧路市、帯広市、北見市、苫小牧市などでもこうした募集はそれなりにあるため注意しましょう。

なお、パート・アルバイトについては田舎僻地であっても高めの時給は出にくいです。高額時給であっても、時給2,500円ほどからのスタートになると考えましょう。

派遣だと田舎の薬局で高時給を実現できる

それでは、派遣薬剤師をする場合はどうなのでしょうか。大前提として、北海道で派遣をするときは札幌以外を考えましょう。単純に札幌市内だと派遣求人の数が非常に少ないからです。正社員やパート・アルバイトだけで十分補える薬局がほとんどなのです。

さらにいうと、札幌市の派遣求人は時給が低いです。高くても時給2,500円ほどとなっています。東京でも派遣社員で時給3,000円が普通であることを考えると、札幌の派遣薬剤師は異常なほど低時給であることが分かります。

そのため、札幌以外の派遣を選ばなければいけません。札幌以外であれば、旭川市や函館市を含め派遣求人の時給相場が一気に上がり、時給4,000円が一般的な相場になります。また、住宅付きの中途採用であることも多く、家賃ゼロで勤務できるのも普通です。

例えば、以下は旭川市の調剤薬局から出された住宅付きの派遣採用です。

北海道だと時給4,000円以上の派遣求人が普通であるものの、札幌以外に限定されます。こうした事情があるため、北海道では札幌以外で派遣をすることを考えましょう。

参考までに、先ほどの派遣募集でフルタイム勤務した場合の月収は以下のようになります(休憩60分だと仮定)。

  • 時給4,000円 × 1日8時間 × 月20日 = 月64万円(年収768万円)

こうした収入を実現することができます。札幌市を除く北海道内の薬局であれば、高時給が可能なので効率的に稼げるようになります。

病院薬剤師として北海道内の勤務をするのはどうか

しかし、調剤薬局やドラッグストアを目指す人ばかりではありません。病院勤務を希望する薬剤師もいます。こうした病院薬剤師は北海道ではどうなのでしょうか。

まず、病院だとほとんどが札幌での募集になります。北海道全体の中でも、札幌で出される病院求人が半分ほどだと考えましょう。また、他の都市からは少ないながらも中途採用の病院募集が存在するようになります。

このとき、札幌だと病院薬剤師の給料は非常に低くなります。基本は年収400万円未満であり、年収350~370万円ほどが妥当だと考えればいいです。

ただ、これが札幌以外になると年収相場は高くなり、場合によっては薬局と同程度の収入を実現できる病院が現れるようになります。例えば、以下は岩見沢市の精神科病院から出された募集です。

精神科病院は給料が高くなりやすいですが、その中でも「新卒や未経験でも年収500万円」と条件は非常に優れています。北海道とはいっても、札幌かそれ以外かによって病院勤務の給与相場は大きく異なると考えましょう。

企業求人は稀にしか存在しない

ただ、中には製薬会社を含めた一般企業で勤務することを考える人もいます。北海道の場合、企業求人は存在するのでしょうか。

これについては、残念ながら北海道内で企業求人を探すのは非常に難しいです。理由は単純であり、募集がほとんど存在しないからです。企業求人自体が珍しく、それが北海道となるとより中途採用の求人が存在しなくなります。

例えば、以下は大手とのつながりが強く、企業求人をたくさん保有する「マイナビ薬剤師」で調べたときの結果です。

このように、北海道内で5件しか求人が存在しません。そのため、北海道で一般企業に就職するのは非常に難しくなっています。もちろん、このように求人がゼロではありません。ただ、非常に稀な募集になると考えましょう。

それでは、どのような一般企業が北海道で薬剤師の求人を出しているかというと、主に管理薬剤師になります。品質管理や医薬品卸、物流倉庫など薬剤師を置かなければ事業を続けられない会社があります。そうした企業から求人が出されるのです。

例えば、以下は札幌市東区にある企業から出された管理薬剤師の募集です。

管理薬剤師であれば、稀にではありますが一般企業で働くことができます。しかし、一般企業だと求人数が少なすぎるので、5社以上の転職サイトを活用して求人を出させないと転職成功できないと考えるようにしましょう。

転職サイトを利用し、北海道で就職する

こうした北海道ならではの事情があるため、転職時は実情を理解したうえで勤務するといいです。

北海道だと高い年収のイメージがあるものの、意外とそうではありません。田舎僻地の求人で高給料となっているだけであり、札幌などの都市部では意外と収入が低いのです。そのため、求人の内容をしっかりと確認しなければ優れた条件で勤務できません。

ただ、良い条件の薬局や病院を自分だけで見つけるのは非常に大変なため、多くの薬剤師は転職サイトを利用します。転職エージェントを活用することで優れた求人を容易に見つけることができるのです。また、勤務時の時間や年収を含めた条件交渉も担当者が行ってくれます。

しかし、転職サイトを利用するとはいっても事前に転職時の条件は明確にしておきましょう。

  • 札幌市南区で年収450万円以上の薬局がいい
  • 旭川市の病院求人を考えている
  • 北海道で住宅付きの時給4,000円以上の募集はないか
  • 僻地でもいいので、年収700万円以上で働きたい
  • 土日休みのパート求人で勤務を考えている

人によって要望が違うため、あなたが望む条件としてこうした希望を整理しておき、転職エージェントの担当者と相談するのです。

もちろん、このときは3社以上の転職サイトを活用するといいです。担当者ごとに提案してくる求人は違いますし、そもそも転職エージェントごとに保有求人の内容自体が違います。そのため複数の転職エージェントを利用し、求人を比較検討するようにしましょう。

北海道にある多様な中途採用の募集で就職する

最も広大な土地をもつ都道府県が北海道です。それぞれの都市が離れているため、働く場所によって提示される条件がまったく違うものになります。このとき札幌だと基本的に冷遇されることになりますが、他の都市だと高めの収入になることは普通です。

正社員の場合、札幌や旭川、函館などであると給料は低めですが、それ以外の田舎であれば高めの収入になります。また、派遣薬剤師だと札幌以外になっただけで時給4,000円以上が普通です。

働く場所によって勤務条件がまったく違うものになるのが北海道です。そのため、どの場所で勤務するのかを考えるようにしましょう。

また、全国的に見ると意外と平均年収が低くなるのが北海道です。札幌などの都市部で低い収入レベルになるのが原因ですが、特に都市部で勤務する場合は良い条件の求人が少ないからこそ、複数の転職サイトを活用して比較するといいです。

当然、田舎の薬局や病院でも求人が少ないので3社以上の転職エージェント利用は必須となりますが、いくつもの求人を見比べることで転職で成功しやすくなります。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファルマスタッフ

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。

ファルマスタッフのインタビュー記事

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事