パートやアルバイトとして薬剤師が働くとき、選択肢の一つとして出てくるのがドラッグストアです。調剤併設ドラッグストアやOTCドラッグストアの区別はあるものの、いずれにしてもドラッグストアでの勤務を希望するのです。

一般的な調剤薬局で働くときとは異なり、ドラッグストアならではの特徴があります。

ドラッグストアの求人であれば、昼間の平日に働くパート求人だけに限らず、日曜勤務や夜間バイトを含めて実現できるようになります。

それでは、どのように考えてドラッグストアのパート・アルバイトとして働けばいいのでしょうか。ここでは、ドラッグストアでパート勤務するときの注意点を確認していきます。

ドラッグストアでも時給2,000円が基本

一般的に正社員であると、調剤薬局よりもドラッグストアの方が高い年収を実現できるようになります。この理由は単純であり、ドラッグストアの正社員だと残業時間が多くなり、勤務時間が長くなるからです。

多くの時間を働くことになると、必然的にドラッグストアでは年収が高くなります。それでは、パートやアルバイトではどうなのかというと調剤薬局と変わらず時給2,000円ほどです。

ドラッグストアで高い給料になるのは前述の通り働く時間が長いからであり、時間当たりで時給換算すると調剤薬局と同じことは多いです。そのため、ドラッグストアのパート勤務では時給2,000円が基本になると考えましょう。

例えば、以下は東京の調剤併設ドラッグストアから出された中途採用求人です。

パート勤務で時給2,000円であり、特に代わり映えしない求人ですが、こうしたケースが一般的になると考えましょう。

もちろんパート・アルバイトなので、勤務時間や働く日数などは好きなように調節できます。調剤薬局と同じように、気軽にパート薬剤師として応募できるのがドラッグストアになります。

ドラッグストアでは通常でも高時給が可能

ただ、ドラッグストアに特徴的なことがあります。それは、「最初から高い時給を提示してくれるドラッグストアが存在する」ことです。基本は時給2,000円であるものの、会社によっては未経験の薬剤師でも時給2,500円以上が可能なことがあるのです。

こうしたドラッグストアで有名な会社としては、ウエルシアがあります。大手ドラッグストアであり、調剤併設店も数多く展開している会社です。

関東メインの会社ですが、全国どこでもパートやアルバイトで時給2,600円からとなります。例えば、以下は大阪にあるウエルシア薬局の店舗ですが時給2,600円となっています。

このように、高時給を実現できる店舗がいくつも存在するのがドラッグストアの特徴です。数は少なくなりますが、いろんな求人を見ればこうした高時給のドラッグストアも存在するのです。

他にも、スギ薬局であれば全国どこでも時給2,200円以上となります。例えば、以下は名古屋(愛知県)にある調剤併設店での募集です。

ウエルシアの時給2,600円に比べると見劣りしてしまいますが、それでも一般的な相場である時給2,000円よりも高額だといえます。

参考までに、仮にフルタイムで働くと仮定すると、時給で100円違えば年間で20万円も異なることになります。「時給100円の違い」といっても年間で考えると非常に大きいため、ドラッグストアで働くときに条件の優れた募集を探すのは必須です。

ダブルワークのパート・アルバイトで土日や祝日に働くことも可能

なお、中にはダブルワークを考えて勤務する人もいます。そうした場合、土日や祝日でも働くことができないか考えます。

このとき、一般的な調剤薬局だと日曜日や祝日は閉まっています。門前の病院やクリニックの営業時間に合わせるため、これはある意味当然です。

しかし、OTCドラッグストアであれば年中無休です。また、調剤併設店であってもドラッグストアだと面対応(あらゆる処方せんを受け付ける薬局)のことも多く、その場合は日曜日でも開局することになります。

そのため、ドラッグストアだと日曜日や祝日であっても勤務を実現しやすくなります。例えば、東京にある以下のドラッグストアではどの曜日でも働くことができ、週1日から応募することができます。

調剤薬局では珍しいですが、ドラッグストアであればこうした求人が出される確率は高くなります。そのためアルバイトでダブルワークを考えている場合、こうした求人募集を探すようにしましょう。

なお、土日勤務とはいっても時給相場は上がりにくいという現状があります。中には高めの給料を提示してくれることはありますが、一般的には土日に働いても時給2,000円ほどになると考えましょう。

ドラッグストアの夜間バイトで高時給を実現する

また、ドラッグストアだと深夜まで店を開けているケースがほとんどです。そのため、深夜を含めた夜間バイトであっても、ドラッグストアでの求人が出されるようになります。

もちろん店舗によって募集している時間は異なります。ただ、いずれにしてもドラッグストアだと夜に働くことでダブルワークも可能になるのです。

しかも、夜間バイトは例外なく高時給を実現できます。時給2,500円以上は当然であり、時給3,000円以上になることもあります。少なくとも時給2,000円であることはないため、効率的に稼ぎたい場合はドラッグストアの深夜バイトを含めて検討しましょう。

例えば、以下は神奈川の調剤併設ドラッグストアから出された夜間バイトの募集です。

18:00~22:00の募集であり、17:00以降は時給2,900円なので、これだけの高時給で働くことができます。また、日曜や祝日で17:00以降だと時給3,000円になります。

東京や大阪などの都市部であっても、夜のパート・アルバイトでは高時給になります。効率的に稼ぎたい場合、夜に働くことを検討できるのがドラッグストアのパート求人です。

調剤併設ドラッグストアは中途採用募集が多い

こうしたドラッグストアの中で、薬剤師の求人で最も一般的なのが調剤併設ドラッグストアです。調剤併設店では薬剤師が必須であり、業務内容は一般的な調剤薬局と同じです。薬剤師が必要なことから、多くの調剤併設店で募集が出されます。

こうした店舗の優れている点は、処方せん調剤による一般的な調剤業務をこなしながらも、OTCを含めて勉強できることです。

OTCドラッグストアの場合、医療用医薬品に触れる機会がないので調剤スキルは落ちてしまいます。そうなると転職時に不利になったり、調剤が必要になる別店舗で働くときに高い時給を実現できなかったりすることが多いです。

一方で調剤併設ドラッグストアではそうした心配はなく、さらには一般用医薬品やサプリメントまで学べるようになるのです。

もちろん、メインは処方せん調剤になります。第一類医薬品の販売やサプリメントの説明業務があるとはいっても発生する量は少ないため、調剤薬局で働く薬剤師とやる業務はそこまで変わらないと考えて問題ありません。

OTCドラッグストアのアルバイトはノルマや残業がなく楽

こうした調剤併設店に比べると、OTCドラッグストアの求人数は少なくなります。ドラッグストアの数自体はそれなりに多いものの、一般的なOTCドラッグストアに薬剤師はいません。登録販売者だけが在籍することになります。

第一類医薬品は薬剤師がいなければ買えないとはいっても、売上比率は高くないため無理して薬剤師を雇う必要はないのです。

ただ、大型のドラッグストアであると患者さんの健康相談が必要であったり、薬について聞かれたりする機会が多くなります。そのとき、登録販売者ではどうしても知識が少ないため薬剤師が活躍するようになります。

なお、こうしたOTC店では薬剤師が調剤業務をすることがないため、一般的なレジ業務や品出しを担当する機会があります。

ドラッグストアによっては薬剤師にレジや品出し作業をさせない場合もありますが、他の社員と同じような業務を行い、お客さんから健康に関することを相談されたときにあなたが対応することになります。

このとき、パート・アルバイトのOTC店舗は一般的に楽になりがちです。正社員だと夜遅くまで残業があり、在庫管理や人員配置を含めて大変になりますが、アルバイトだとそうした面倒なことが何もありません。行うことはレジや品出し、サプリメントの相談などであるため、調剤併設店よりも楽になりやすいのです。

パート勤務でのレジ業務は難しいのか

なお、OTC店では一般的な調剤ではなくレジなどがメインになるため、「こうしたレジ業務は難しいのではないか」と心配になる人は多いです。

経験がないのであれば、最初は難しいです。ただ、慣れればすぐに覚えられるようになります。そのため、そこまで心配する必要はありません。

そもそも調剤薬局であっても、どの店にもレジが存在します。患者さんへ投薬した後、お金を受け取ってレジ業務をするのはどの薬局であっても同様だといえます。

OTCドラッグストアの場合、レジ業務の割合が多くなります。ただ、基本的なレジ業務はどこも同じなので、特別に難しい仕事内容になることはありません。

個人店舗の漢方ドラッグストア勤務もあり

なお、ドラッグストアで働くというと大手で勤務することを考えてしまいます。実際、全国どこでも大手のドラッグストアが存在し、調剤併設店やOTC店を含めて非常に多く店舗展開されています。

しかし、ドラッグストアとはいっても大手だけがすべてとは限りません。個人で運営する昔ながらの個人薬局も存在します。

こうした個人薬局の場合、調剤だけでなくドラッグストアと同じように日用品や化粧品まで含めて販売していることが多いです。それに加えて、患者さんに向けて漢方薬の説明をする機会も多くなります。

漢方薬局の側面が強くなるドラッグストアになりますが、こうした個人店舗でパート勤務することを考えても問題ありません。この場合、よりコアな患者さんが来店するようになり、処方せん調剤から漢方指導、一般用医薬品の販売まで含めてすべてを経験できるという利点があります。

大手ドラッグストアに比べると数は少なくなるもの、こうした中途採用募集は存在します。例えば、以下は横浜(神奈川)の個人薬局から出されたパート求人です。

調剤併設ドラッグストアですが、漢方の取り扱いもあります。商店街の中にある地域に根付いた薬局であり、地元住民を相手に患者さんと濃い関係を築きながら活躍したい人は、こうした中途採用に応募するのもおすすめです。

転職サイトで多様な勤務方法を確認するべき

薬剤師が働くとき、最も多様な勤務方法を実現できるのがドラッグストアになります。ドラッグストアで年中無休は普通ですし、深夜でも開いていることが多いです。調剤併設店では調剤部門だけ早めに閉めることはあるものの、店舗によっては深夜まで開局しているケースは多いです。

また、日曜日や祝日でもドラッグストアは開いています。調剤部門については店舗によって異なりますが、OTC店舗であれば確実に開いています。

そのため、休日での勤務や深夜バイトを含めいろんな働き方が可能です。もちろん、土日休みで昼間に働く一般的な勤務方法も実現できます。そのため、ドラッグストアでどのような働き方を実現したいのか事前に考えるようにしましょう。

このとき、自分で求人を発掘するのは難しいため、転職サイトへ登録したうえでドラッグストアのパート募集を見つけるのが基本です。

ドラッグストアとはいっても、店舗によって時給は大きく異なります。また、勤務体系も違ってきます。さらにいうと、転職エージェントによって保有求人も変わるようになります。そのため、複数の転職サイトを利用しながら最適な求人をピックアップしてもらい、最も条件の良いドラッグストアの面接を受けるようにしましょう。

「ダブルワークの掛け持ち勤務をしたい」「週2日だけOTC店で働きたい」など、あなたの要望を転職サイトの担当者へ伝えるといいです。

ドラッグストアのパート・アルバイト求人は多い

薬剤師がパート勤務するとき、最も一般的な働き場所は調剤薬局です。ただ、それと同じくらいメインとなるのがドラッグストアです。

ドラッグストアには調剤併設店やOTC店はあるものの、両方の形態から中途採用募集が出されています。調剤併設ドラッグストアのほうが求人数はかなり多くなるものの、どちらの形態で勤務しても問題ありません。

ただ、ドラッグストアだと時給は一般的に2,000円になることは理解しましょう。しかし、これは会社によって方針が大きく異なるため、転職サイトの担当者に相談すれば「最初から時給相場の高いドラッグストアの求人」を紹介してもらえることは多いです。

平均時給相場の高い会社でパート・アルバイトをすれば効率的に稼げるため、そうしたことまで含めて転職エージェントを有効活用しましょう。

ドラッグストアの店舗は非常にたくさんあります。その中から求人を見比べ、あなたの希望に合う募集を見つけるといいです。


薬剤師転職で失敗しないために必要な理想の求人・転職先の探し方とは!

薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

オススメの転職サイトと特徴の違い

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事