特に女性であれば、結婚を機にして退職するケースは多いです。ただ、それでは生活費が足りなくなるため、薬剤師として復職して働き続ける人はたくさんいます。

しかし独身ではないので、土日が休みであったり早く自宅に帰れたりする求人を探す人が多いです。特に妊娠・出産の経験があって子供をもつママ薬剤師であると、土日休みであることは非常に重要です。

また男性であっても、時間の融通を利かせて自由に働きたい方はたくさんいます。薬局や病院を含め、求人によっては問題なく土日祝日休みを実現することができます。そこで、どのようにすれば土日休みで働けるのかについて解説していきます。

薬局、ドラッグストア、病院の土日休み求人

女性で子供がいると、保育園や小学校のイベントなどが土曜日に開催されるときは出席しなければいけません。そうしたとき、土日休みは非常に重要です。

もちろんこうしたケース以外にも、土日休みの求人を望む人は多いです。土日祝日休みであると、当然ながら年収が下がることは覚悟しなければいけません。ただ、勤務形態(正社員、パート、派遣など)ごとに特徴が異なるため、どの勤務形態の薬剤師を目指すのかを考えるようにしましょう。

このとき、薬剤師が転職して求人へ応募するとき、調剤薬局や病院、ドラッグストアの募集がメインになります。それでは実際に、こうした薬局やドラッグストア、病院で土日休みの募集は出ているのでしょうか。

正社員の土日休み・残業なしは少ない

多くの人が考えるものとして、「正社員の薬剤師として土日休み・残業なしで働けないか」ということがあげられます。ただ、現実的に正社員で毎回土日休みは少ないと考えてください。

病院であれば、患者さんは土日に関係なく来院します。ドラッグストアであれば、日曜日まで店を開けなければいけません。調剤薬局であっても、診療所(クリニック)の時間に合わせていることが多いため、やはり土曜日に薬剤師は必要です。

ただ、私の知っている薬局の中で、門前にある病院が土曜日午前で診療を行っているにも関わらず、土曜日を閉店にしている調剤薬局がありました。こうした例外は存在するものの、基本的には調剤薬局であれば土曜日出勤は覚悟しなければいけません。

しかしながら、数は少ないですが例外は存在します。こうした薬局を狙い撃ちすれば、土日休みが可能です。

例えば、以下は東京都にある調剤薬局の土日休みの募集です。

全体の数としては少ないものの、たとえ調剤薬局であってもこうした求人が存在するのです。

土日休みの求人数や割合を確認する

それでは、実際のところどれだけ土日休みの求人が存在するのでしょうか。土日休みありの求人であれば以下のようになります。

求人数(東京都) 土日休み求人数 割合
調剤薬局 3,127 326 約10%
ドラッグストア 1,410 205 約15%
病院 314 23 約7%
一般企業 89 57 約64%

※マイナビ薬剤師:東京都の薬剤師求人数から調査

あくまでも東京都での薬剤師求人であるため、土日休みの求人数は日本全国で見ればもっとたくさん存在します。ただ、このように全体の割合としては、土日休みの求人は少ないです。調剤薬局、ドラッグストア、病院について、土日休みの求人は非常に特殊な案件だといえます。

一般企業では土日休みの割合が高いものの、求人数自体が少ないです。また、正社員で転職するとき、薬剤師では薬局やドラッグストアなどへの就職が一般的です。

ただ、ここから分かる通り土日休みの求人がゼロなわけではありません。逆に考えれば、調剤薬局のうち約10%は土日休みの求人が存在することになります。特に調剤薬局は求人数自体が多いため、それに伴って土日休みの求人数もたくさんになります。こうしたことから、土日休みを狙うのは調剤薬局が最も現実的です。

調剤薬局によっては土日祝日休みが存在する

調剤薬局やドラッグストアの中でも、土日祝日に閉める薬局は実際に存在します。例えば、都市部のビルの中に存在する薬局です。

平日では非常に多くの人でにぎわうオフィスビルであっても、土日祝日になると人の気配がなくなります。特に東京や大阪では大きなオフィスビルが存在し、そうした人をターゲットにしたクリニックが存在するのです。

このようなクリニックだと土日を閉めることが多いです。それに伴い、目の前の調剤薬局や調剤併設ドラッグストアは土日の調剤を行わないようになります。例えば、以下は東京都新宿区のオフィスビル内にある薬局ですが、土日休みになっています。

また、病院の前に存在する薬局についても土日休みである可能性が比較的高いです。

中規模病院や大病院であると土日の外来診療をしていないことがあるため、こうした病院の門前薬局は土日祝日休みです。例えば、以下の調剤薬局は大阪にある総合病院の門前薬局になります。この薬局では、土日祝日休みにしています。

注意点として、総合病院で土日祝日休みではあっても、「第2と第4の土曜日は薬局を開ける」「第3日曜は勤務がある」など変則的な門前の調剤薬局が存在します。

例えば、以下は神奈川県横浜市の調剤薬局ですが、基本は土日休みであるものの、第3日曜日だけ当番制で9:00~17:00に薬局を開けるようになっています。

もちろん、総合病院で土日休みではあっても、病院に関係するすべての門前薬局が土日休みというわけではありません。また、上記の募集にあるように、変則的に土曜日や日曜日だけ薬局を開けるようになることもあります。これについては、求人票をしっかりと確認するようにしましょう。

ドラッグストアは調剤併設の土日休みが基本

一方でドラッグストアではどうなのでしょうか。ドラッグストアの中でも、OTCメインの薬局で土日休みはほぼありません。全国には、OTCを取り扱うドラッグストアで薬剤師を採用している企業は存在するものの、土日休みが可能なOTCのドラッグストア求人はほぼ存在しないのです。

もちろん、完全にゼロというわけではありません。数少ないながらも存在します。例えば、以下は東京都千代田区の駅内にあるOTC専門ドラッグストアの求人です。

しかし、こうしたOTC社員の募集は実際のところほとんどありません。非常に珍しい求人だといえます。

一方で調剤併設ドラッグストアであれば、土日休みの求人が存在します。調剤併設ドラッグストアの場合、たとえドラッグストアは365日深夜まで開いていたとしても、「調剤室については18:00まで」「門前の病院・クリニックが開いていない土日は調剤室を閉める」などの対応が普通です。そのため、通常の調剤薬局と同じ扱いになります。

以下は千葉県千葉市にある調剤併設ドラッグストアですが、こうした求人であればわりとたくさん存在します。

基本的には、OTCのみのドラッグストアで土日休みは諦めるようにしましょう。一方で調剤併設ドラッグストアであれば、問題なく土日祝日休みを実現できるようになります。

病院で土日休みは可能か

ただ、中には薬局ではなく病院を考える人もいます。病院で土日休みの募集としては、どのようなものがあるのでしょうか。

既に示した通り、病院で土日休みの求人は病院全体の約7%しかありません。調剤薬局よりも低い数値です。病院には常に患者さんがいるため、これはある意味当然です。実際、病院の求人で「土日休み!」と記載していたとしても、よく見ると「土曜日は交代制」と書かれていることが多いです。

しかし、少ないながらも土日休みの募集は存在します。どのような特徴のある求人かというと、主に以下の2つに集約されます。

  • 精神科や療養型の病院
  • 小規模の病院

大規模の急性期病院で土日休みは稀です。中にはありますが、そうした求人を見つけるのは難しいと考えるようにしましょう。一方で精神科・療養型や小規模の病院であれば、土日休みの薬剤師求人が存在します。

・精神科や療養型の病院

精神科や療養型の病院であれば、急性期病院のように患者さんの容態が急変することはほとんどありません。既に決まった薬を定期的に処方するだけになります。そのため、たとえ土日祝日に薬剤師が出勤していなかったとしても、それまでに調剤を済ませておけば問題ないのです。

薬の予製はどの薬局や病院でも行いますが、一包化を含めこれらの準備をしておけば問題なく土日休みとなります。

もちろん、休みまでに大量の一包化をしなければいけない場合、予製をするときに爪先が痛くなるという問題はあります。ただ、土日休みが可能になる非常に貴重な病院求人だといえます。

例えば、以下は福岡市にある500床以上の療養型病院から出ている募集です。

このように、比較的大きな病院であっても精神科病院や療養型病院の場合、土日休みになることが多いです。また、認知症の病院も同様に同じ薬がメインになるため、土日休みになりやすいです。

・小規模の病院

また、たとえ急性期を取り扱っていたとしても、小規模の病院だと土日休みになります。理由は単純であり、薬剤師が1人(多くても2人)しか在籍していないからです。

病院は365日稼働しているのは当然ですが、まさか薬剤師1人に対して「ずっと休まずに働く」ようにさせるわけにはいきません。週休二日は基本なので、必ず休みを取る必要があります。そうしたとき、どこを休みにするかというと土日祝日になるのが普通です。

そのため、病床数の少ない小規模病院では土日祝日休みになりやすいです。以下は福岡の病院求人ですが、60床と小規模病院なので土日休みの薬剤師求人になっています。

在籍している薬剤師の数は少ないため、特に勤務している薬剤師数が一人の場合、調剤未経験の人が応募するのは微妙です。調剤未経験の状態から、すべて一人で作業をこなすのは無理だからです。ただ、調剤経験のある人であれば、こうした小規模病院の募集に挑戦しても問題ありません。

パートやアルバイトは土日休みが普通

なお、正社員で考えるとどうしても土日祝日休みの求人は少なくなります。あなたが住んでいる周辺の薬局やドラッグストア、病院で募集があればいいですが、そうした求人が出ていないこともあります。

そうしたとき、パートやアルバイトであれば土日休みは普通です。面接のとき、パートの場合は最初から「土日休みにしてほしい」と申し出ればいいだけです。土曜日に開けている調剤薬局であっても、パート薬剤師であれば平日だけの勤務が許されます。

私がお世話になったことのある調剤薬局であっても、パート勤務の方の中には「土日休みを徹底しており、平日であっても勤務終了時間になったら、患者さんがまだ残っていても帰る」ように配慮されている人がいました。

パートの人によって勤務条件がバラバラであり、同じ薬局内で土日出勤や残業OKのパート薬剤師がいれば、土日出勤や残業の両方ともNGの人もいました。

ただし、年に一度の棚卸(薬局にある医薬品の数をすべて確認する作業)など、どうしても人手が必要なときは、土日出勤や残業がNGの人たちも土曜日出勤をして棚卸をしていました。また、棚卸は非常に時間がかかるため、そのときは全員が夜遅くまで作業をしていました。

パートやアルバイトであっても、「どのようなことがあっても土日出勤は不可」とはなりません。年に1~2回くらいであれば、お世話になっている職場のために棚卸作業で貢献することを考える必要があります。ただ、基本的にはパートやアルバイトであると土日祝日休みを実現することができます。

派遣薬剤師も土日休みが可能

パート薬剤師は主に女性が利用する雇用形態ですが、男性であっても雇用方法によっては問題なく土日休みの薬剤師勤めが可能です。これは、派遣薬剤師として働くことで実現できます。しかも、派遣薬剤師であれば高年収にすることもできます。

派遣薬剤師は「時給が高い」ことで知られています。そのため、本気で勤務すれば正社員で働くよりも給料が高くなってしまうことがしばしば見受けられます。

派遣という形式であれば、働く時間や休みの日を調節できます。3ヵ月や半年、1年間などの契約であるため、特定の職場に縛られることもありません。そういう意味では、かなり自由な働き方であるといえます。

正社員の求人に比べて、派遣薬剤師は圧倒的に土日休みの募集が多いです。そのため、あなたの好きなように選ぶことができます。

例えば、以下は神奈川県横浜市の派遣求人ですが、土曜日も薬局が開いています。

ただ、、勤務時間に「土:9:00~17:00」が含まれているものの、この求人は「土日休みの募集」として出されています。平日に週4日以上の勤務ができる派遣薬剤師の求人(土曜日は外して問題ない)ですが、これが可能な薬剤師であれば問題なく派遣として土日祝日休みを実現することができます。

派遣薬剤師であると長期契約だけでなく、「1日や1週間だけなど、単発(スポット)でヘルプとして働く」などの仕事も存在します。単発での勤務であると、基本的に調剤はせず監査や服薬指導がメインの業務になります。

もちろん、契約期間は働く必要があるものの、派遣では時間や休日の融通が利きやすいです。男性でも女性でも、自由な働き方に憧れる人には最適だといえます。

週休二日制の企業求人は土日休みとなる

このように、薬剤師が働くときにメインとなる調剤薬局、調剤併設ドラッグストア、病院の土日休み求人について紹介してきました。それでは、企業求人ではどうなのでしょうか。

企業であれば、土日休みが普通です。約64%の企業求人で土日休みとなります。週休二日制の会社は、土日祝日を休みの基本としているのです。

例えば、以下は愛知県名古屋市から出された企業求人です。これらの企業求人であれば、ほとんどで月~金曜日の勤務になっています。

企業求人の全体数は少ないです。ただ、「土日休みの求人」に絞れば、病院求人よりも多くなります。そのため、土日祝日休みを考える場合、病院の募集を探すよりも企業求人を考えても問題ありません。

製薬企業や医薬品卸、倉庫会社なども薬剤師を欲していることは多いです。法律で薬剤師を配置しなければいけないと定められている業態は多いため、そうした会社へ転職すれば企業薬剤師として活躍できるようになります。

土日休みの注意点やデメリット

なお、土日休みに着目するのは重要ですが、年間休日についても理解したうえで求人へ応募しなければいけません。

1年は52週あるため、1年に104日の休みがある求人は普通です。「52週 × 週休二日 = 104日」という計算です。

ここに祝日などが加わると、1年間の休みは118~120日ほどになります。これらを参考にしながら、どれだけの休みを確保できる求人なのかを確認するようにしてみてください。

・年収が低くなることは理解する

このとき、土日祝日休みの求人を考えるのであれば、給料が低くなることは必ず覚悟しましょう。「休みは欲しいが、高年収も確保したい」などのようなわがままは通用しません。

土日休み可能な調剤薬局へ働くとしても、いくつもの薬局を経営している会社は多いです。そうしたとき、「土日休みが必須の正社員」であると、他の店舗への異動ができません。融通が利かないため、当然ながら土日勤務OKの他の薬剤師よりも給料が低くなるのは当然です。

土日祝日休みを考えるのであれば、多少は年収が下がるのは覚悟するといいです。

・転職サイトの利用は必須

ここまで紹介した通り、調剤薬局やドラッグストア、病院を含め土日祝日休みが可能な求人は存在します。ただ、その割合は少ないです。

そのため、土日祝日休みの求人がどこにあるのか、個人で見つけて転職するのは難しいです。実際、「正社員で土日休みの求人」「パート薬剤師で勤務時間や休みの融通が自由に利く職場」「派遣薬剤師を受け入れてくれる薬局」を自ら探すのは至難の業です。

そこで、土日休み・残業なしを目指す人は薬剤師の転職サイトに登録して、担当のコンサルタントを活用しながら求人を探すようにしましょう。特殊な求人を自分で見つけようとするのは現実的ではないからです。

このとき、一緒に「通勤時間は短い方がいい」「収入は減っても問題ない」など、あなたの希望を詳細に伝えるようにしましょう。転職エージェントを利用することで、ようやくあなたの希望に合致した求人と出会うことができるようになるのです。

土日休みの職場へ就職する

数は少ないものの、問題なく土日祝日休みの職場へ就職することは可能です。希少な求人なので、3社以上の転職サイトを利用して、多くの求人の中から選ぶ作業は必須になります。

ただ、土日休みの求人には特徴があります。例えば、調剤薬局であればオフィスビル内にあったり、総合病院の門前薬局だったりすることは多いです。いずれにしても、何かしらの理由があって土曜日を閉めています。

病院についても、土日休みだと精神科や療養型の病院の確率が高いです。または、小規模病院だと土日休みの求人になりやすいです。

一般的には、薬局や病院は土曜日の勤務があるのが普通です。ただ、上記のような理由のある薬局や病院だと、問題なく土日祝日休みとなります。

この場合、年収が下がるなどある程度の覚悟をしたうえで求人募集へ応募するようにしましょう。そうすれば、土日休みの求人であっても問題なく受け入れてくれるようになります。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファルマスタッフ

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。

ファルマスタッフのインタビュー記事

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事