ドラッグストアの大手として、マツモトキヨシが知られています。日本全国、あらゆる場所にマツモトキヨシの店舗があるため、多くの人が知っている企業でもあります。

一般的にOTCドラッグストアのイメージが強いマツモトキヨシですが、調剤併設店についても運営しています。そのため、薬剤師の中途採用募集を出しています。また、調剤薬局だけの店舗も保有しています。

どうしても一般用医薬品の販売を考えがちなマツモトキヨシですが、調剤を含めて薬剤師が広く活躍していると考えましょう。

それでは、実際にマツモトキヨシに正社員やパート・アルバイトで就職するときはどのような点に注意しなければいけないのでしょうか。ここでは、マツモトキヨシで働くときの年収や福利厚生、離職率まで含めて解説していきます。

OTCドラッグストアをメインに調剤も運営する

一般的にOTCドラッグストアには薬剤師が在籍していません。人件費が高いため、登録販売者だけを置くことになります。

ただ、OTC店舗の中でも大きめの店であると薬剤師が置かれるようになります。登録販売者だと、どうしても医薬品知識は乏しくなります。お客さんからの質問に対して的確に答えることができないため、第一類医薬品を含めた薬を売ったり、サプリメントの販売をしたりするときに薬剤師が必要になるのです。

マツモトキヨシの場合、OTCのみを販売しているドラッグストア店舗が非常にたくさんあります。そのため、マツモトキヨシで薬剤師が働くときは一般用医薬品の販売に携わるケースが非常に多くなります。

ただ、前述の通り調剤に関われる店舗も運営しています。OTC販売をするのか調剤に関わるのかは転職時の希望次第ですが、いずれにしてもマツモトキヨシでは調剤も可能だと考えましょう。

給料・収入は高く、残業を含め初任給から年収550万以上は普通

このとき、業界の中でもマツモトキヨシは非常に高年収であることが知られています。業界の中でも給料は高く、収入は初任給から年収550万円以上が普通です。残業代込みの給料にはなりますが、収入は大きくなると考えて問題ありません。

例えば、以下は東京でのマツモトキヨシの店舗から出された中途採用の求人です。

どれだけ低くても年収505万円です。ここに残業代が加わる場合、年収550万円は軽く超えます。マツモトキヨシでは残業代が1分単位で計算されます。そのため、残業することで給料が多くなると考えましょう。

嫌でも残業させられることになるため、必然的に給料は高くなります。こうした事情があるため、数年ほど働いて年収600万円以上は普通に達成できます。

仕事内容は大変でレジ打ちは多く、休日(日曜)出勤は普通

営業時間が非常に長いのがドラッグストアです。そのため必然的に勤務時間は長くなり、仕事内容は大変になります。このときの仕事内容としては、レジ打ちや品出しなどが基本になります。マツモトキヨシはOTC店舗が多いため、「薬剤師が一日中レジを担当していて、たまに第一類医薬品の販売説明をするようになる」という状況は普通です。

また、勤務時間は1日12時間を連勤するのは基本ですし、昼からの遅番で22:00や23:00などにようやく帰ることになるのも日常的です。そのため、仕事内容というよりも長い勤務時間と不規則な生活にきついと感じる人が多くなります。

このとき、ドラッグストアは365日開店しているため、土日出勤は普通です。土曜日に限らず、日曜日や祝日についてもシフトを入れられることになります。週休2日なので休みは取得できるものの、休日がいつになるのかについては定められていません。

そのため土日休みの友人たちと休日の予定を合わせるのは無理だと考えるようにしましょう。

・調剤に関わる薬剤師でも土日出勤はある

それでは、調剤併設店や調剤のみの店舗で働くことになった場合はどうなるのでしょうか。これについても、土曜日や日曜日に出勤しなければいけないと考えましょう。

調剤併設店の場合、面対応の薬局(あらゆる処方せんを受け取る薬局)である確率が高くなります。そうした調剤併設ドラッグストアの場合、日曜日であっても開店しているケースが多いです。

例えば、以下は大阪にあるマツモトキヨシの調剤併設店です。

このように、月曜から土曜日までは9:00~20:00で開局しています。ただ、日曜日や祝日についても9:00~18:00で調剤室を開けていることが分かります。

こうした調剤併設店の場合、OTC部門は開けていても調剤室は18:00や20:00などに閉めることになります。そのためOTC店舗に比べると帰宅時間は早くなります。しかし、このように土日祝日での出勤は当然のように存在します。

調剤のみの店舗へ配属されても同じであり、休みの日は同様に不規則になります。日曜日に他店舗へのヘルプとしてシフトを入れられることがあるからです。マツモトキヨシで正社員をする場合、休みの日が固定されることはないのです。

・一人薬剤師は早くから行う

なお、調剤併設店では面対応になるため、どうしてもドラッグストアでは一人薬剤師の店舗が多くなります。これについてはマツモトキヨシも同様ですが、新卒就職や中途採用に関わらずわりと早くから一人薬剤師を含めた業務を経験するようになると考えましょう。

特に日曜日や祝日での調剤であると、店舗にいるのはあなた一人だけになるのが普通です。ヘルプ勤務で一人薬剤師をすることもあります。

一人薬剤師だと開店から閉店まで一人だけで業務をこなすことになります。休憩も取れずに大変ですが、ドラッグストアである以上はこうした仕事が多くなるのは仕方ないと考えるといいです。

就職後の昇給はあるが、キャリアアップは管理薬剤師までが基本

残業が多いために給与相場・月収が高くなるマツモトキヨシですが、昇給はどのようになっているのでしょうか。これについては、年一回評価されます。

ただ、評価方法は不透明です。大企業にありがちですが、マツモトキヨシでもどのように評価されているのかはよく分からないと考えましょう。ただ、基本的には数字重視の会社です。そのため、たとえ正攻法でなかったとしても数字を上げられる人間が評価されるようになります。

薬剤師は真面目な人間が多いものの、単に真面目に仕事をこなしているだけでは評価されないのがマツモトキヨシです。

また、昇給・昇進があるとはいっても薬剤師では管理薬剤師までが基本です。人手不足なのはマツモトキヨシも同じですが、管理薬剤師までであれば比較的簡単に就任することができます。担い手が少ないからです。

ただ、管理薬剤師手当は月1万円ほどしか付かないため、管理薬剤師へ出世したとしても昇給額がたくさんあり、給与が各段にアップするわけではありません。

なお、エリアマネージャーなどより上のキャリアアップを目指す場合はかなり頑張らなければいけません。会社の言うことを聞き、遅くまで残業をこなしながら仕事を長く続けることでエリアマネージャー以上を目指せるようになります。

・プライベートの犠牲が無理な人は向いていない

残業時間が非常に長いため、土日休みを考えていたり、プライベートの犠牲が無理だったりする人はマツモトキヨシに向いていません。

一方で新卒就職や中途採用を含め、勤務時間は長くてもいいので薬剤師として働き、高年収を実現したい人には向いています。

転職しなくても転勤で「OTC、調剤併設、調剤のみ」を経験可能

なお、マツモトキヨシで優れている点の一つとして、特に転職をしなかったとしてもOTCのみや調剤併設、調剤のみを含め、すべての業態を経験できることがあげられます。

薬剤師の人数が足りていないので転勤によっていろんな店舗を経験することになりますが、OTCや調剤を含めた総合的な知識を身に着けることができるのです。

一般的に調剤ばかりしている薬剤師は一般用医薬品のことについて知りません。サプリメントについても知識が浅いです。一方で、マツモトキヨシに勤めていれば、薬の知識全般を学べるようになるのです。

ただ、OTCドラッグストアでレジばかりの仕事をしていると「調剤に関わっておらず、このままでも問題ないのだろうか」という焦りを覚える薬剤師も多いです。

OTC店舗が多い以上、マツモトキヨシで薬剤師が働くとなると調剤に関わらない場面は多くなります。例えば転職によって最初の店舗は調剤併設店で働くようになったとしても、転勤でOTCのみの店舗で勤務するようになることも起こるのです。

会社命令には基本的に逆らえません。そのため、調剤スキル・知識を衰えさせたくない人にとってマツモトキヨシは向いていません。ただ、いろんな業態を経験したい人にとっては優れています。

あらゆる業態の店舗を経験できることに興味がある場合、それが直接志望動機にもつながります。履歴書や面接では志望動機が必須になるものの、「転勤は問題なく、あらゆる店舗を経験できることに魅力を感じている」と志望動機で述べれば、薬剤師なら簡単に採用されます。

住宅手当や研修など、正社員の福利厚生は充実している

それでは、マツモトキヨシの福利厚生はどのようになっているのでしょうか。まず、大きな出費になるものとして家賃があります。住宅手当については、マツモトキヨシは優れています。例えば6万円ほどの家賃の家に住んだとしても、住宅手当(家賃補助)によって自己負担額は1万円ほどです。

借り上げ社宅制度があるため、実質的な手取り年収はさらに増えるようになります。

ただ、注意点として独身者だけが家賃補助の対象になります。結婚をしたら社宅制度の対象外になってしまうため、正社員として就職するにしても既婚者は住宅手当の恩恵を受けられません。これについては大きなデメリットになるため、現在独身でも将来を見据えて就職しなければいけません。

また研修については、マツモトキヨシの研修は口コミ・評判に優れています。しかし研修内容が良かったとしても、実際の現場では非常に忙しい中でレジ作業をするようになり、研修で学んだことを活かせないことは多いです。

有給休暇や産休・育休は取得可能か

それでは、マツモトキヨシでの有給休暇はどうなのでしょうか。これについては、ドラッグストアでは珍しく「言えば有給休暇を取得できる」という可能性が高いです。ただ、有給休暇を取るとその分だけ他の日で残業をして、溜まった仕事をこなさなければいけません。

有給休暇を取ることはできるものの、その埋め合わせが大変になると思えばいいです。

一方で女性の産休・育休は当然のように取得できます。大企業ではどこも育児女性に優しいですが、これはマツモトキヨシでも同じです。

また、時短勤務についても子供が小学生6年生になるまで取得することができます。このときは2時間ほど勤務時間を短くでき、当然ながら残業なしです。残業代がない分だけ収入は減りますが、もともとの給料が高いので他の調剤薬局で時短勤務している薬剤師よりも高年収で働き続けることができます。

平均勤続年数や離職率はどうなっているのか

このとき、平均勤続年数はどうなっているかというと、本社であるマツモトキヨシホールディングスでは平均勤続年数が10年以上となっています。

ただ、薬剤師では本社(マツモトキヨシホールディングス)でなく、現場(株式会社マツモトキヨシ)で勤務することになります。そのため、勤続年数は6~7年ほどになります。

薬剤師の一般的な離職率は3年で32%ほどです。また、平均勤続年数は6.7年となっています(厚生労働省:2016年、実労働時間数と月間給与額より)。ここから、マツモトキヨシで働く薬剤師の勤続年数や離職率は普通程度だといえます。

業務内容がハードで残業が多いものの、残業代は1分単位で付きますし収入は高いです。転職で年収減になる可能性が高いため、「調剤を深く学びたい」「残業が多く体調を壊した」「子育てに専念したい」などの理由がない限りは勤務し続けることが多いのです。

ラウンダー勤務で高年収を目指すのも可能

このとき、マツモトキヨシで働くときはラウンダー勤務を選ぶことも可能です。OTCではなく調剤部門だけで勤務することになりますが、いろんな調剤併設店や調剤店へヘルプとして出向き、毎日違う店舗で勤務するようになるのです。

毎日、勤務する店が違うので出勤時間や勤務場所は不規則であり、何時まで働くようになるのかは分かりません。そのため、一般的な正社員よりもさらに不規則な生活となります。

ただ、ラウンダー薬剤師は管理薬剤師よりもはるかに高年収となります。一般的な薬剤師でもマツモトキヨシでは年収600万円以上が普通なので、より高年収を目指す場合はラウンダーとして働くことを検討しても問題ありません。実際、以下のようにマツモトキヨシではラウンダー薬剤師の募集が出されています。

遅番ばかり入れられたり、日曜日や祝日出勤での一人薬剤師だったりするのは当たり前のようになってしまいますが、こうした薬剤師として調剤をしながら高年収を目指すという方法も選択できます。

パート・アルバイトでの時給相場はどうか

ただ、正社員として勤務するケースだけではありません。パートやアルバイトで働くことを考える人もたくさんいます。これについてはどうなのでしょうか。

正社員であると、遅番や残業などで仕事内容が大変になりがちですが、パート・アルバイトの場合は逆転します。一般的にOTCドラッグストアのパート薬剤師は業務が非常に楽なことで知られています。他のアルバイトでも可能なレジ作業がメインになるからです。

当然、残業は強要されませんし土日休みも問題ありません。在庫管理やシフト調節、深夜労働もありません。楽な仕事をしたい場合、パート・アルバイトでドラッグストアを考えるのは基本です。

調剤に関わるケースであっても、仕事内容は一般的な調剤薬局と同じです。そのため、パート・アルバイトで働くときは「マツモトキヨシで働くのは辛いのか?」などと身構える必要はありません。ドラッグストアの業務内容が大変なのは正社員だけです。

ただ、時給は普通です。ドラッグストアの年収が高額になるのは、長い残業があるからです。パート・アルバイトの時給相場については、一般的な調剤薬局と変わりがないと考えましょう。そのため、マツモトキヨシでパート勤務するときは時給2,000円からが一般的です。

例えば、以下は埼玉にあるマツモトキヨシの店舗から出された求人です。

調剤薬局での募集ですが、時給2,000円です。もちろん、OTC店舗であっても時給は変わらないと考えましょう。

夜間バイトや休日パートをすることも可能

ドラッグストアに特徴的となりますが、マツモトキヨシであれば夜間バイトをすることも可能です。日中勤務であれば問題ないですが、遅番を嫌がる人は非常に多いです。そのため、どうしても夜の人員が足りなくなります。

同じことは土日にもいえます。休日に休みたい人は多く、土曜日や日曜日、祝日だと薬剤師の人数が足りません。そうしたとき、夜間や休日にパート勤務してくれる薬剤師は非常に貴重な存在となります。

ダブルワークを含め、マツモトキヨシでは深夜や休日だけアルバイトをすることができます。転職サイトを活用すればこうした求人を問題なく見つけることができるため、特殊な勤務方法でも問題ない場合は求人に応募してみるといいです。

ちなみに、夜間バイトなどは高額時給になりやすいです。時給2,000円などではなく、交渉次第では時給3,000円近くになることも多いので効率よく稼ぐことができます。

転職サイト経由で応募し、面接後は職場見学をする

それでは、実際にマツモトキヨシで働くときはどのように行動すればいいのでしょうか。これについては、必ず転職サイトへ登録して面接を受けるようにしましょう。

直接、公式サイトから応募してもいいですが、その場合だと年収や勤務場所の交渉はできません。どの店舗で働くのか不明な状態で就職することになります。また、詳細な勤務条件も不明なままです。こうした状態を避けるため、転職エージェントの担当者を活用して交渉してもらうのです。

薬剤師は人手不足なので倍率は低く、就職自体は簡単です。ただ、入社前に条件交渉しなければ良い内容で勤務を獲得することはできません。そのため、転職サイトの利用が必要になるのです。

また、本社で面接後は必ず職場見学を実施するようにしましょう。あなたが働くのは本社ではなく、現場の店舗だからです。見学によってお世話になる同僚の薬剤師を確認し、さらには質問をすることでマツモトキヨシの内情を把握できるようになります。

実際のところ、店舗ごとに実情は異なります。「他店舗ではエリアマネージャーの方針で残業申請しにくいが、この店舗なら問題ない」「日曜日出勤はあるが、ラウンダー薬剤師のヘルプがいつもある」など、店舗見学をしなければ分からないことを含めて把握できるようになります。

店舗見学のセッティングまで含めて転職サイトの担当者を活用しましょう。そうして、実際に働くときのイメージを明確にさせるのです。

中途採用の募集でマツモトキヨシで働く

会社ごとに特徴は大きく異なりますが、マツモトキヨシの薬剤師として勤務する場合、ここまで述べたことを理解したうえで転職活動を進めなければいけません。

マツモトキヨシは残業が必ず発生するので年収が高く、同業者に比べると給与面での不満は少ないです。研修や住宅手当を含め、福利厚生に対する口コミ・評判も優れています。

ただ、遅番を含め12時間連勤になったり、日曜日や祝日の出勤をしたりするのは普通になると考えましょう。何時まで働くようになるのかは店舗次第ですが、薬剤師の人数は足りていないのでヘルプを含めて精力的に働かなければいけません。

パートやアルバイトで働く場合は特に業務が忙しいことはないものの、正社員だと大変になりがちなのです。

そこで、転職サイトを活用しながら店舗ごとの実情を把握し、どの店舗で働くようにするのか決めるようにしましょう。職場見学を実施し、店舗の内情がどうなっているのかを確認したうえで就職するかどうか決めるのが失敗しないコツです。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファルマスタッフ

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。

ファルマスタッフのインタビュー記事

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事