大学を卒業して薬剤師として働くとき、調剤薬局やドラッグストア、病院ではなく一般企業の薬剤師として活躍することを考える人は多いです。大学卒業後の就職先として企業求人に申し込むのは普通なのです。

それに対して、中途採用で企業求人へ応募する人は少なくなり、どうしても珍しくなります。ただ、薬剤師であればキャリア採用として一般企業のメーカー薬剤師で転職し、活躍することは十分に可能です。

ただ、薬剤師が働ける求人先としては製薬会社に限らず、医療機器や化粧品会社と幅広いです。また、こうしたメーカーへ就職するとはいっても開発職(CRA)や薬事職、品質管理と職種はたくさんあります。

そこで、メーカー薬剤師を目指すときにどのように考えて求人を選べばいいのかについて解説していきます。

未経験でも大手の企業薬剤師へキャリア転職できる

一般企業のメーカーで医療に関わるとなると、基本的には大手企業の求人になります。こうした中途採用の求人へ応募してキャリア転職を実現するとなると、既に経験のある人でなければ無理なように感じてしまいます。

ただ、そうした企業薬剤師を体験したことがなく未経験の状態であったとしても、薬剤師免許があれば問題なく企業薬剤師として転職することができます。当然、調剤経験がなかったとしても薬剤師資格があれば受け入れてくれます。

薬局や病院が薬剤師を欲しているのと同じように、一般企業でも薬剤師の資格を持つ人をたくさん受け入れています。これは、薬に関する知識をもっている人でなければ仕事内容を理解できなかったり、企業ではあっても薬剤師の配置基準が定められていたりするからです。

例えば、以下は東京にある企業から出された求人であり、未経験でも応募可能な薬事職となっています。

薬事は非常に専門性が高く、製薬メーカーの中では高い給料が提示されることでも知られています。実際、この求人では未経験でも年収500万円からとなっています。

確かに経験者でなければ応募できない企業求人は存在します。ただ、それ以上に未経験でも問題なく応募できるキャリア募集はたくさんあるのです。

それでは、実際にどのような種類の求人が出され、仕事内容がどうなるのかについて確認していきます。

開発職(CRA)の正社員で臨床開発業務に携わる

製薬会社では医薬品開発をしなければいけません。このとき、全国の医療機関を回ることで治験業務が適切に行われているかを確認する職業としてCRA(臨床開発モニター)があります。開発職とも呼ばれており、製薬会社の中でも花形職業の一つです。

こうした開発職は新卒で多くの人が目指します。ただ、キャリア採用であっても広く薬剤師を受け入れているのがCRAです。

当然ながら、未経験の状態であっても問題なく中途採用として応募できるようになっています。こうした開発職をたくさん抱えている企業をCROといいますが、以下は東京にある会社(CRO)からの開発職求人です。

このように、大手会社からCRAの求人が出されており、未経験でも応募できると記載されています。

ただ、CRAの場合は応募条件を設けていることが多いです。このとき、「調剤経験者」「MR経験者」のどちらかでなければいけません。逆にいえば、調剤薬局やドラッグストア、病院などで調剤経験がある場合は未経験でも問題なく応募できます。

ここにある通り、「調剤経験のある薬剤師」が応募の必須条件であるため、これをクリアしてさえいれば問題ありません。

なお、開発職は英語力が要求される職種の一つです。日本国内だけで治験を実施するわけではなく、グローバル治験になると全世界で同時に臨床試験が進んでいきます。そうしたとき、海外の人と英語でやり取りをするのがCRAなのです。

薬事職で専門性を高め、英語を活かす

ただ、臨床開発のためにデータを集めるだけでは不十分です。そうしたデータをまとめ、国に対して承認申請を提出しなければいけません。そうした仕事内容を担うのが薬事職です。

また、薬事が関わるのは医療用医薬品だけではありません。医療機器やOTC、さらには化粧品についても製造するために承認申請が必要になります。以下のような製品でさえ、一般医療機器として申請業務が必要になります。

そうしたとき、薬事申請に関わることで問題なく製品を売れるようにしなければいけません。薬事として法律に関わるとき、申請を通せるかどうかによって何千億円も売上が変わるのは普通なのでやりがいのある仕事を任されるようになります。

また、こうした薬や医療機器は製造承認を得るまでが重要なわけではありません。実際に市場に製品を出した後に副作用(有害事象)を確認しなければいけませんし、不具合を生じた場合は行政に報告する必要があります。そうしたことを実施するのも薬事申請業務となります。

非常に専門性が高くて必須となる仕事内容にも関わらず、薬事職の担い手は少ないのが現状です。そのためCRAと同じくらいの高年収を実現できますし、スキルや知識を付けた後は転職先に困らなくなるのが薬事職です。

なお、薬事では英語力が求められます。日本国内だけで製品の承認申請が完了することは少ないですし、海外の会社とやり取りする機会も多いからです。例えば、以下の求人では薬剤師資格を必須としていますが、推奨として「TOEIC600点以上」とあります。

こうしたことから、英語を学びながら業務を担当することができます。当然、英語力のある人であれば転職で成功しやすくなります。

管理薬剤師:医薬品卸、倉庫などで資格・免許を活かす

企業の管理薬剤師で働くという方法もあります。CRAや薬事申請については、必ずしも薬剤師免許がなければいけないわけではありません。ただ薬剤師であれば薬について詳しいため、「仕事内容をすぐに把握してくれる」というメリットがあるために薬剤師資格の保有者を優遇しています。

一方で会社の業態や部門によっては、調剤薬局と同じように薬剤師免許をもつ人でなければいけないことがあります。

例えば医薬品卸の場合、「一つの支店に必ず管理薬剤師を配置しなければいけない」と法律で決められています。これを守れていないとビジネスとして事業をすることができないため、資格者が必須となるのです。

これは、医薬品や医療機器、化粧品に関わる会社の倉庫業務でも同様です。薬剤師がいなければ法律に抵触することになるため、薬剤師免許をもつ人に対して求人募集が出されるのです。

例えば、以下は医薬品卸から出された実際の求人になります。

こうした医薬品卸や倉庫会社は東京、大阪、名古屋、福岡、横浜(神奈川)などの都市部に限らず、地方の田舎であってもいくつもの支店をもっています。都市部に限らず日本全国で求人が出されるため働きやすく、おすすめの求人です。

品質管理で工場または本社で勤務する

企業求人として、割と見かけるものに品質管理(品質保証)があります。薬や医療機器、化粧品を含め「工場で製造された製品が規格内に収まっているかどうかを確認する」のが主な仕事内容になります。そのため、製薬会社の品質管理であれば以下のような機器を使用してHPLCのデータを読み取る機会は多いです。

また、品質管理は工場で地味な作業をすることを想像しがちですが、品質管理では逸脱データや市販後の調査データを行政に報告するなど、薬事職の一面もあります。

例えば、以下は名古屋(愛知)の会社から出された品質管理の募集です。

ここには原料や完成品の分析だけでなく、薬事申請にも関わるとあります。このように品質管理は薬事という重要な業務も担うのです。

当然、品質管理では大企業を含めあらゆる会社の募集があります。例えば、以下は医療機器大手のオリンパスから出されたキャリア募集です。

このような品質管理の中途採用求人へ応募し、企業薬剤師を目指しても問題ありません。

学術・DIでデスクワークの内勤業務をする

場合によっては、企業薬剤師として学術・DIをメインの仕事にできる職種もあります。製薬会社に限らず、医療機器メーカーや化粧品会社、健康食品会社などあらゆる会社で学術・DIの募集が存在します。

薬剤師やMRとしての経験がある人であれば、医薬品や医療機器、健康食品を含めて社内外から質問が寄せられたときに対応できます。そのため、こうした学術職のデスクワーク求人が出されます。例えば、以下は大阪にある会社から出された学術職の求人です。

このように、薬剤師としての知識があれば問題なくDIに関われるようになります。製薬会社や医療機器を含め、いろんな会社から出るのが学術に関わる求人です。

なお、先ほど医薬品卸の管理薬剤師について解説しましたが、医薬品卸の管理薬剤師もDIに関わることになります。管理薬剤師として活躍しながら、企業のコールセンターのような内勤作業が可能になるのです。

企業内診療所で調剤薬局業務をする

少し特殊な求人として、企業内診療所で働く薬剤師という選択肢もあります。大手企業の中には独自のクリニックを保有していることがあり、その中には調剤薬局が存在します。こうした大手会社の企業内診療所であれば、一般的な調剤薬局と同じ業務をしながら一般企業の薬剤師として勤務できます。

薬局に来る人は同じ企業内の人ですし、そこまで患者さんの数が多いわけではありません。また、大手会社の福利厚生が適用されます。非常に優れた勤務条件で働けるのが企業内診療所の薬剤師です。

例えば、以下は企業内診療所の求人であり薬剤師を募集しています。

注意点として、17:00くらいの定時退社であったり福利厚生が優れていたりするものの、年収がそこまで高いわけではありません。病院薬剤師くらいの低い給料になります。ただ残業なしで帰ることができて、ゆるく勤務できることに大きなメリットがあります。

一包化や粉薬を含めた面倒な調剤もなく、企業内診療所は多くの薬剤師にとって人気です。ただ、求人数は非常に少ないため、いくつもの転職サイトに登録して求人が出るまで待たないといけないというデメリットが存在します。

製薬会社、医療機器、化粧品など業種・職種は幅広い

企業薬剤師として働くことを考えたとき、こうした種類の職種が存在します。そのため、メーカー勤務を考えるときはどのような職種の薬剤師として働くのか考えておくようにしましょう。

また、メーカーについては業種も幅広いです。製薬会社や医療機器メーカー、化粧品、健康食品、倉庫会社と挙げればきりがないほど存在します。

薬剤師であると、どうしても製薬会社に目が行きがちです。ただ、医薬品メーカーだけがすべてではありません。その他の業種も含めて求人を見るようにすれば、一般企業の薬剤師として未経験でも、人気の大手企業に転職で成功できる確率が高くなります。

例えば、以下は大手の電子光学機器メーカーであり、独自技術を活かして医療機器に参入している会社から出された管理薬剤師の求人です。

調剤薬局やドラッグストア、病院などに比べると、どうしても企業求人は少なくなってしまいます。そこで、こうした製薬会社以外の業種の会社も視野に入れましょう。

年収・給料は中途採用で下がるが、後での昇給メリットは大きい

なお、こうした一般企業の薬剤師として転職する場合、どうしても中途採用による年収は最初低くなりがちです。病院薬剤師なら気にならないかもしれませんが、転職前に調剤薬局やドラッグストアで勤務していた薬剤師だと、収入を少なく感じてしまうのです。

これについては当然ながら我慢するしかありません。調剤薬局やドラッグストアのほうが最初から高い給料を実現できることで、広く知られているからです。

一方で薬局の場合、その後の昇給はほとんど期待できませんが、企業薬剤師であれば昇進や転職などによって問題なく年収アップを図れるようになります。

例えば、以下は品質管理での部長職での求人募集です。

ここにある通り、キャリア採用で年収1,000万円以上です。地味だと思われがちな品質管理であっても、中途採用でこうした給料を実現することができるのです。

調剤薬局やドラッグストアの一般的な薬剤師として働く場合、東京や大阪などの都市部だと年収600万円を確保できれば非常に高年収になります。ただ、一般企業の薬剤師として人気の大手企業へ転職すれば長いスパンで考えたときに、より高い収入を実現できるのです。

パート・アルバイトは管理薬剤師の募集だと可能

なお、一般的に企業薬剤師は正社員が基本です。パート・アルバイトとして募集が出ることはほとんどありません。ここまで述べてきた内容は正社員として転職することで実現可能だと考えましょう。

しかし、例外として企業の管理薬剤師として働く場合はパート・アルバイトの求人が出されます。

CRAや学術などの場合、薬剤師免許がなくても対応できます。資格職でないからといって、業務ができないわけではありません。

ただ、「物流会社(医薬品卸など)の支店」「医薬品・医療機器を管理する倉庫」「薬を製造する工場」などでは管理薬剤師が必須です。法律で「薬剤師を置かなければいけない」と明記されており、法令違反を犯すわけにはいかないため、正社員だけでなくパート・アルバイトの求人も稀ではありますが出されることがあるのです。

例えば、以下は京都にある会社(物流センター)から出されたパート薬剤師の企業求人です。

資格職の募集であるため、薬局勤務と同じように時給2,000円からのスタートになります。

ただ、企業の管理薬剤師での募集なので「フルタイムパートの募集」「勤務する曜日が決まっている」などのケースが多いです。自由にどの日でも勤務できる調剤薬局やドラッグストアの求人に比べると、企業でのパート薬剤師は自由度が少なくなります。

派遣での就職は難しくおすすめしない

なお、パート・アルバイトであれば正社員でなくても就職できますが、派遣として企業薬剤師を考えるのは、やめておくのが基本です。

パート薬剤師でさえ、企業求人は珍しいです。基本は正社員での募集になるからです。これが派遣となると、求人募集はほぼ存在しなくなります。何かの間違いで出されることはあるものの、派遣で企業薬剤師をするのはほぼ無理だと考えた方がいいです。

派遣社員は高い時給が提示されます。これは、即戦力を求めているからです。つまり、未経験の人は受け付けていません。パート・アルバイトの企業求人のように、未経験でも問題なく応募できるわけではないのです。

派遣社員の求人が極端に少ないだけでなく、募集している職種の経験者でなければいけないため、実際のところ派遣で企業薬剤師をするのは「不可能なほどハードルが高い」と考えましょう。

転職サイトで人気の大手企業へ転職する

なお、こうした一般企業へ就職するための求人は存在するものの、キャリア採用での募集はどうしても少なくなります。当然、人気の大手企業となるとより数は限られます。

また、薬剤師として働ける職種は種類が多いです。ただ、あなたが勤務したい職種で中途採用の求人を探すとなると、その数は少なくなります。

そうしたとき、自分一人だけの力で求人を探そうとする人はいません。薬剤師専門の転職サイトを利用することで求人を発掘するのが基本です。転職エージェントであれば調剤薬局やドラッグストア、病院に限らず企業求人も見つけることができます。

例えば、以下は転職サイトの中でも「大手企業の求人に強いマイナビ薬剤師」のサイト画面の一部です。

転職エージェントであれば、このようにメーカーでの薬剤師募集が存在します。そこで、一般企業での中途採用を目指すのであれば転職サイトを活用しましょう。

もちろん、企業求人は非常に珍しいことから1つだけの転職サイトでは不十分です。3社以上の転職エージェントを利用することで、ようやくいろんな大手人気企業の求人を見つけられるようになります。複数の転職サイトを利用し、企業求人を探すのがおすすめです。

面接前、事前の企業研究は重要

なお、薬局での面接とは大きく異なるものがあります。それは「一般企業であるため、普通に不採用がある」ことです。調剤薬局やドラッグストアのように、薬剤師資格があれば誰でも内定をもらえるわけではないのです。

そのため履歴書の志望動機を工夫し、面接対策を練ることで内定をもらえるように努力しましょう。

当然、事前の企業研究は必須です。どのような会社であっても通用する志望動機を考えるのではなく、その会社でなければいけない理由を明確に整理し、志望動機を述べる必要があります。

中小薬局とは異なり、一般企業であれば基本的にどの会社にも公式サイトがあります。しっかりしたWebサイトがあり、そこには会社の理念や方向性が記されています。そうしたものを熟読したうえで履歴書の内容を考え、面接に臨みましょう。

転職するという意味では、一般企業は少し大変です。薬局のように、気軽に面接を受けて内定をもらえるわけではないことを理解するといいです。入念な企業研究を行い、準備も必要になるのが企業薬剤師への転職です。

メーカー薬剤師へのキャリア採用を目指す

大学を卒業後の新卒薬剤師に限らず、薬局や病院などで経験を積んできた薬剤師であっても、問題なく中途採用でメーカー薬剤師を目指すことができます。ここに示した通り、実際にそうした求人募集はいくつも出されています。

当然、企業薬剤師としての経験は必要ありません。未経験の状態であっても、問題なくメーカー薬剤師として転職することができるのです。

ただ、会社員としてサラリーマン薬剤師をするにしても職種の種類は多いです。また、業種もたくさんあります。こうした中から、どのようなメーカー薬剤師を目指すのか考えるようにしましょう。

このときは転職サイトを活用し、実際にどのような求人が存在するのか確認してみるといいです。製薬会社に限らず、医療機器や化粧品メーカーを含めあらゆる会社から募集が出ているため、こうした求人の中から興味のある中途採用募集へ応募するといいです。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事