薬剤師の転職で最も重要なのは、「どの業態の会社に就職するのか」になります。このとき薬剤師であると、メインとなる就職先が調剤薬局です。

これらの調剤薬局の中でも、多くの店舗を保有している大手チェーン薬局として総合メディカル(そうごう薬局)があります。調剤薬局としては研修制度が優れており、積極的に勉強できる環境が整っている大手薬局だといえます。

ただ、総合メディカルへ転職して働くにしても、どのような特徴の会社なのか事前に把握しておかなければ、満足のいく条件での就職は実現できません。

そこで、総合メディカルの中途採用募集へ応募する前に知っておくべき事柄について、評判・口コミを含めて解説していきます。

年収・給料が最底辺のそうごう薬局

まず、総合メディカル(そうごう薬局)で勤務するときに最初に考慮しなければいけないことは何でしょうか。これについては、従業員全員に共通するものとして異常なほどの収入の低さがあります。

大手チェーン薬局であると、中小薬局に比べて圧倒的に低い給料になることが知られています。ただ、そうごう薬局で働く場合だと、こうした大手チェーン薬局の中でも収入は最底辺になってしまうのです。

例えば、以下は東京で出された総合メディカルでの薬局求人です。

このように、初任給は年収360万円からのスタートです。病院薬剤師と同程度の給料であり、基本給や薬剤師手当の水準は低くなっているのです。

一般的な中小薬局であれば、初任給であっても年収450万円以上です。数年ほど勤務すれば年収500万円以上は普通ですし、管理薬剤師などであれば年収550~600万円以上になります。ただ、そうごう薬局だと昇給はほぼ存在せず、数年ほど勤務しても年収400万円を少し超えるほどのケースが大多数です。

総合メディカルで一番多い退職理由は給料面であり、圧倒的に少ない給料になると考えましょう。収入面では他の薬局薬剤師とは比べられないほど少ないので、中途採用で転職する場合は大幅に給料レベルが低くなります。なお、薬剤師手当は月3万円ほどです。

ボーナス(賞与)での収入も低い

このとき、総合メディカルの基本給は20万円ほどになっています。ボーナスは基本給を基準に計算されます。薬剤師手当などは含まないため、賞与では月収ではなく基本給が重要になるのです。

そうしたとき、そうごう薬局ではそれまでの評価によって多少はボーナス額が変動するものの、いずれにしてもボーナスは他の薬局に比べて非常に低水準になります。基本給が少ない以上、たとえ成績が良くても大した額の賞与にならないことは理解しましょう。

月々の収入に限らず、賞与額も異常なほど少なくなるのです。このときのボーナス金額については、平均して「基本給の4ヵ月ほど」となっています。

転勤・異動での勤務地は全国や自宅通勤から選べる

また、大手チェーン薬局なので勤務地についても考えなければいけません。中小薬局であれば、狭い地域に店舗展開しているので勤務地の問題はほとんど起こりません。同じ県内(または市内)で転勤することはあっても、同じ地域内で完結するケースがほとんどです。

しかし、総合メディカルのような全国展開している会社の場合、異動によって全国規模での転勤があります。ただ、新卒就職や中途採用の転職では全国職や地域限定を事前に選べるようになっています。

このとき以下のような区分になります。

  • 全国職(薬剤師職Ⅰ):全国転勤あり
  • エリア社員(薬剤師職Ⅱ):特定エリアで転勤あり
  • ローカル社員(薬剤師職Ⅲ):自宅通勤の範囲で転勤あり

勤務地についてはこのような区分があるため、全国での異動が嫌な場合は事前にローカル社員を選ぶことで問題なく働くことができます。もちろん給料は圧倒的に少ないですが、地域限定も可能なのです。なお、全国職などでは働く地域によって地域手当が出されるようになります。

このとき、全国職やエリア社員などであると、特別な理由がない限りド田舎の調剤薬局に勤務することになります。単純に、地方にいくほど薬剤師が足りていないからです。

また、日本全国どの地域で勤務したとしても、大手チェーン薬局なので基本給は変わりません。ただ一般的に、地方僻地になるほど薬剤師の収入は高くなります。ド田舎の薬局であれば、新卒薬剤師であっても初任給が年収600万円になるほどです。

そのため総合メディカルの全国職だと、総合メディカルのローカル社員よりも確かに給料はいいですが、同じ地域で働く他の薬剤師と比べると給料の格差はより開くようになります。

他店舗のヘルプで有給休暇(休み)は取れず、土日出勤や残業がある

また薬剤師は慢性的に不足しており、これについては総合メディカルも同様です。このとき、有給休暇を含めて休みの取得はほぼ無理だと考えるようにしましょう。たとえ自店舗が休みであったとしても、平気で他店舗のヘルプ勤務を入れられるようになるからです。

大手チェーン薬局だと、どこも頻繁なヘルプ勤務が普通になりますが、知らない薬局で勤務するのは普通だと考えるようにしましょう。

中小薬局だと、有給休暇の取りやすさは社長の経営方針によって変わります。ただ、大手チェーン薬局ではそうごう薬局に限らず、どこも有給休暇の取得はほぼ無理な状況になってしまうのです。

当然、調剤薬局ごとに勤務時間はバラバラなので残業が発生するケースも頻繁にあります。このとき総合メディカルでは残業代をきちんとつけてくれますが、元々の給料が少ないので微々たるものになります。

ちなみに、一般的な調剤薬局勤務のように「日曜日や祝日が休みになる」とは考えないほうがいいです。そうごう薬局の場合、日曜日であっても平気で開店している店舗がいくつも存在するからです。例えば、以下は千葉にある総合メディカルの中途採用募集です。

このように、平日や土曜日に限らず日曜日も開局していることが分かります。日曜日にヘルプ勤務を入れられるのは普通なので、そうなると日曜出勤もあります。

また、今回の求人だと勤務時間は9:00~20:00です。休憩60分のため、1日10時間労働になります。法定労働時間は「1日8時間 × 週5日」であるため、確実に残業が発生することが分かります。転職するとき、こうした勤務状況になるのは事前に理解しましょう。

研修プログラムや自主研磨に優れるそうごう薬局

給料のことを考えると業界最底辺であるため、実際のところ年収面でそうごう薬局への就職・転職を考える意味はありません。

それでは、なぜこのように給料が低いにも関わらず多くの薬剤師が総合メディカルで働いているのでしょうか。これについては研修プログラムが優れており、自主研さんできる環境が整っているからです。自分を高める環境という意味では優れているのです。

病院薬剤師が勉強のために低い給料で激務をこなしながら働いているのと同じ感覚であり、他の薬局に比べると総合メディカルでは学べる環境がたくさん備わっています。そのため、給料面ではなく自分の能力を高めたいと考えている人にこそ、そうごう薬局での新卒就職や中途採用が向いているといえます。

例えばそうごう薬局に在籍している薬剤師であれば、学会発表や論文発表を積極的に行うことができます。実際、以下のように多くの薬剤師が研究活動をしています。

こうした勉強熱心な薬剤師がたくさん在籍しているため、薬剤師として活躍しながらも社会に向けた活動を積極的に行えるようになります。当然、意識の高い薬剤師が在籍していれば「どのように患者さんに貢献すればいいのか」「学会や論文発表時の注意点は何か」まで含めて相談できます。

しかも、会社が用意している研修プログラムが優れているだけでなく、薬剤師とは関係ない自己啓発の費用についても負担してくれます。そのため、研修面での福利厚生は非常に優れているといえるのです。

また、地域住民を対象にした健康相談会への参加も積極的であり、大手チェーン薬局では珍しく地域参画を推進しています。

こうした一般住民に向けた活動であったり、学会発表の準備をしたりすることについては通常業務とは別になります。こうした活動が嫌な場合、給料の低い総合メディカルへ転職する意味はありません。ただ、薬剤師として学びたい場合はむしろ優れているといえます。

2年目ですぐに管理薬剤師(薬局長)が可能

他にも、経験という意味で総合メディカルは優れています。中小薬局の場合、管理薬剤師に就任するにしても、ある程度の年数が必要です。ただ、総合メディカルでは店舗数が多く、管理薬剤師のポストが空きやすくなっています。

さらには給料が低いこともあり、年収面に不満をもつ薬剤師はすぐに辞めていきます。そのため、入社2年目に管理薬剤師(薬局長)になることも可能です。

こうした管理薬剤師の手当は低く、実際のところ薬局長をしても年収はそこまで上がりません。ただ、素早く管理薬剤師を経験できることから、早めにマネジメントを体験したいと考えている人には向いています。

・基本は薬剤師での活躍になる

なお、総合メディカルは調剤薬局事業に限らず「コンサルティング事業」「リース事業」「売店・レストラン運営」など、医療を基盤として非常に幅広いサービス事業を実施しています。

ただメインの収益は調剤薬局の運営です。そのため薬剤師という専門職で入社した場合、ずっと薬剤師として活躍すると考えましょう。エリアマネージャーなどの役職に就くことはあっても、いずれにしても薬局運営に携わることになります。

そうはいっても、自己啓発の費用まで面倒を見てくれることから分かる通り、管理職として活躍するための研修プログラムは充実しています。そのため、薬剤師として専門知識を身に付けながら上の役職を考えている場合は、学べることがたくさんあります。

パート・アルバイトでの低い時給には注意

なお、中には正社員ではなくパート・アルバイトとしての勤務を考える薬剤師は多いです。特にママ薬剤師だと、その大半がパート勤務を考えます。

ただ、そうごう薬局ではパート・アルバイトで働くときの時給に注意しましょう。店舗によっては、時給1,800円など非常に低い時給を提示されることがあるからです。例えば、以下はそうごう薬局で出された時給1,800円の募集です。

東京や大阪などの都市部は当然として、田舎にある調剤薬局でも総合メディカルでは時給1,800円の求人がたくさんあります。

ただ、薬剤師職として働くときは調剤薬局やドラッグストア、病院を含めて時給2,000円以上が基本です。時給2,000円未満で働く意味はなく、必ず時給2,000円は確保しなければいけません。そういう意味では、そうごう薬局の時給は正社員と同じように低レベルになってしまうことがあります。

もちろん、中にはパート・アルバイトでありながらも「積極的に勉強したい」と考える人もいます。そうした人にとって総合メディカルは優れています。ただ、収入面を優先したい場合、そうごう薬局のパート求人を避けるようにしましょう。

新卒でも中途採用でも住宅手当の福利厚生は手厚い

年収では冷遇される総合メディカルですが、住宅手当については手厚く、評判・口コミが良いことで知られています。そのため、賃貸マンションに住むときの費用負担は非常に軽くなります。

薬剤師職で働くとき、全国職やエリア職に限らず、自宅通勤の地域限定勤務の人についても家賃補助を適用されるのがそうごう薬局です。そのため、実家暮らしや持家でない限りは住宅手当の恩恵を受けることができます。

どれくらいの家賃補助があるかというと、全国職やエリア職であれば借り上げ社宅制度として家賃の8割が会社負担になります。

例えば月5万円の賃貸マンションに住んでいる場合、月4万円は会社が負担してくれます。あなたの自己負担は月1万円で問題ありません。住宅手当の分だけ手取り年収が増えるため、これについては優れています。もちろん、低い年収分をカバーしきれきませんが、それでも家賃については心配しなくても問題ないのです。

女性への妊娠・出産・育児の支援は手厚い

なお、有給休暇を含めた休みの取得は非常に難しいそうごう薬局ですが、女性への妊娠・出産・育児への支援制度については手厚くなっています。大手企業はどこも育児中の女性支援に手厚いですが、これは総合メディカルでも同じです。

そうごう薬局の場合、薬剤師職として働くとき育児休業を最長で子供が3歳になるまで取得できます。法律だと育児休業は子供が1歳になるまでであり、育児に理解のある職場でも「子供が2歳になるまで」の育児休業が一般的です。そうした中、総合メディカルは子供が3歳になるまで認めてくれます。

また、時短勤務についても子供が小学校1年生を終了するまで(小学校2年生になるまで)は認めてくれます。法律で時短勤務は子供が3歳になるまでですが、小学校1年生が終わるまで可能なので非常に長く時短勤務が可能です。

さらには、小学校に行く前の子供を育てている場合、急な発熱などの事態であっても休むことが可能な看護休暇を採用しています。

総合メディカルはヘルプ勤務が当然のようになっていますが、日常的に働く場合には大きなデメリットだといえます。ただ、働くママ薬剤師にとってみると、急な休みにもヘルプで対応してくれるのは大きなメリットになります。

他の同僚薬剤師には負担をかけてしまうものの、女性薬剤師にとって育児面で働きやすい環境が整っています。そのため、給料は低くても問題ないので「ある程度の勉強をしたいが、家族との時間も取りたい」と考えている女性にとっては優れているといえます。

薬剤師職として総合メディカルの特徴や評判・口コミを理解する

そうごう薬局で勤務するとき、正社員だと非常に低い給料となります。パート・アルバイトであっても、一般的な相場よりも少ない給料で勤務しなければいけないのがそうごう薬局です。実際、評判・口コミの中で最も多いのが収入面での不満です。

ただ、研修プログラムや学会参加を含め勉強できる環境は他の薬局よりも優れています。そのため意識の低い薬剤師は総合メディカルに向いていません。積極的に勉強したい人だけ新卒就職や中途採用での応募を考えるといいです。

こうした特徴を理解したうえで、薬剤師職としてそうごう薬局の面接を受けるようにしましょう。

転職サイトを利用し、他の求人を見比べながら「総合メディカルの求人に応募すればいいかどうか」を検討するといいです。そうしてさまざまな薬局を見学した中でそうごう薬局の面接を受け、条件に合致すると思えば転職しましょう。


薬剤師転職で失敗しないために必要な理想の求人・転職先の探し方とは!

薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

オススメの転職サイトと特徴の違い

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事