薬剤師として働く人の中には、福岡で活躍する人もたくさんいます。福岡は九州で最も栄えている県であり、人口の多い県でもあります。

ただ、福岡で薬剤師をするとはいっても県の特徴を理解しておかなければいけません。中途採用の募集へ応募するとき、提示される年収が適正なのかどうかを含めて判断でいるようにしておく必要があるのです。

また、福岡市の博多天神などの中心部ではなく田舎の地域で働くとき、福岡ならではの特徴が存在します。

これらを含め、福岡県で薬剤師業務をするときにどのような条件で働き、求人票を確認すればいいのかを解説していきます。

都市部の中で福岡県の平均年収は高い

まず、一般的に福岡県で働くときの薬剤師の平均年収はどのようになっているのでしょうか。これについては、厚生労働省の統計データを確認すれば分かります。

このとき、福岡県の薬剤師では以下のようになっています。

都道府県 平均年収 平均月収 平均賞与
福岡 523.9万円 38.0万円 67.9万円
全国 526.1万円 37.6万円 74.9万円

出典:厚生労働省「2018年賃金構造基本統計調査」

このようになっており、全国平均とそこまで変わりがありません。一般的に都市部だと薬剤師の人数も増えるので平均年収は低くなりがちです。ただ、福岡県の場合は都市部の中では高めの給料になっているのです。

そのため薬剤師として働くとき、特に理由がない限りは年収450万円以上を目指すといいです。大手チェーン薬局や病院薬剤師だと無理ですが、中小薬局であればどれだけ低くても年収450万円以上の薬局を探すのが基本だといえます。

福岡市(博多天神)や北九州市、久留米の求人がほとんど

それでは、福岡県で求人が出される地域としてはどのような場所なのでしょうか。これについては、ほとんどが福岡市と北九州市だと考えるといいです。

福岡市は博多天神を含め、福岡県の中心都市になります。福岡県で出される求人のうち、全体の約35%が福岡市に集中しています。福岡市では以下の7つの区があり、それぞれからまんべんなく募集が出されています。

東区、博多区、中央区、南区、西区、城南区、早良区

これについては北九州市も同様です。福岡県の中で北九州市は福岡県で出される求人全体の約25%を占めています。北九州市も政令指定都市に指定されており、小倉北区や小倉南区、八幡西区を中心に以下の区で求人募集が存在します。

八幡西区、戸畑区、八幡東区、若松区、小倉北区、小倉南区、門司区

薬剤師の求人については、福岡市と北九州市を合わせると全体の6割ほどを占めることになります。

久留米市など他の都市はあるものの、福岡市や北九州市に比べると求人数はどうしても少なくなると考えましょう。参考までに、久留米市では求人数が全体の4%ほどであり、他の市ではより募集が少なくなります。

都市部と田舎での年収格差は少ない

なお、福岡県の特徴として田舎の地域になったとしても、年収が高くなりにくいです。福岡市や北九州市などで薬剤師をする場合、中小薬局であれば年収450万円ほどが適切です。これが田舎の薬局になっても、給与相場が高くなりにくいのです。

これは、福岡県では人口の多い都市がいろんな場所に点在していることに理由があります。

一般的には、一つの県内に人口の多い市は一つだけです。横浜(神奈川)や名古屋(愛知)など、大きな都市に人口が集中することになります。

一方で福岡県の場合、福岡市や北九州市、久留米市で人口が多くなっていますが、それぞれの都市は福岡県内で離れて存在しています。そのため、田舎の地域とはいっても意外と都市部へのアクセスは優れていることが多く、それなりに田舎の地域とはいっても年収450万円ほどになりやすいです。

田舎の薬局といえば高年収求人です。ただ、福岡県の場合は福岡市内でも田舎でも給与相場はそこまで変わらず、圧倒的な高収入は実現できなくなっています。

都市部の中では平均年収が高いものの、福岡県内の田舎で働いてもそこまで高い給料は期待できないと考えましょう。

調剤薬局でなく、ドラッグストアの給料・収入はどうか

福岡県内の調剤薬局だと年収450万円を目指せばいいことは既に述べました。年収400~430万円の薬局はあるものの、それ以上の給料を実現させることを考えましょう。

それに対して、ドラッグストアではどのようになるのでしょうか。一般的にドラッグストアだと高年収を実現できますが、福岡では事情が違ってきます。ドラッグストアは会社ごとに給料がバラバラとなりますが、福岡のドラッグストアは基本的に年収が非常に低くなっています。

年収450万円以上を最初から提示してくれるドラッグストアは少なく、むしろ年収400~420万円と低い給料になってしまうことは多いです。

例えば、以下は福岡(九州地方)で広く展開している大賀薬局での求人です。

福岡市東区で出された調剤併設ドラッグストアでの募集ですが年収410万円となっています。ただ、この会社に限らず福岡県内で出されるドラッグストアは多くがこうした給与相場になっていると考えましょう。

福岡の場合、ドラッグストアであっても給料は大したことがありません。そのため高収入を目指すためにドラッグストアを考えるのは意味がなく、勤務条件などを見比べながら調剤薬局とドラッグストアを見比べるようにしましょう。

福岡県の高額求人で勤務するコツ

それでは、福岡県で働く薬剤師の中でもより高い給料を目指すにはどのようにすればいいのでしょうか。当然ながら、これにはコツがあります。

どのような場面で高い年収を実現できるのか理解しておけば、条件の良い薬局や病院を探せるようになります。これについては、以下のような職場が存在します。

・勤務時間の長さや休日など、理由のある職場

訳アリの職場であると、確実に高い収入となります。ただ、高年収が提示される理由に納得できる場合、その人にとっては良い求人となります。

理由のある職場としては、勤務時間の長さや土日出勤、新規オープン、一人薬剤師などさまざまです。例えば、以下は北九州市八幡西区の調剤薬局から出された求人です。

年収550万円以上と高額ですが、土曜日だけでなく祝日の勤務もあります。また、曜日によっては21:00まで勤務する日が存在し、残業を含めると店を出るのが22:00になることも考えられます。こうした条件で働く店舗のため、高額求人となっているのです。

このような店舗は実際に存在するため、問題ない場合は挑戦してみて大丈夫です。

・管理薬剤師の年収相場を理解する

また、調剤経験の長い人で管理薬剤師をしたことがあるなら、管理薬剤師として転職しても問題ありません。管理薬剤師であれば、年収550万円以上が基本になります。

大都市であっても管理薬剤師で年収550万円や年収600万円は問題なく実現できます。これが福岡になると、より簡単にこうした収入になると考えましょう。

例えば、以下は北九州市小倉北区の調剤薬局での管理薬剤師募集です。

年収650万円であり、それなりに高い収入を実現できます。管理薬剤師の中では高めの給料ですが、こうした募集も存在するのです。

パートやアルバイトで働く福岡の求人はどうか

しかし、薬剤師であるとパートやアルバイトとして勤務する人もたくさんいます。このとき、パート・アルバイトでの注意点はあるのでしょうか。

正社員だと都市部の中では優れた給料を実現しやすい福岡県ですが、パート・アルバイトでは異常に低い時給を提示する調剤薬局やドラッグストアが存在します。そのため、こうした会社の求人は避けなければいけません。

具体的には、時給1,800円以下のパート募集です。こうした薬剤師を安く働かせようと考えている調剤薬局やドラッグストアで優れた条件で働くのは無理なので、必ず避けるようにしましょう。例えば、以下は福岡市早良区の薬局から出たパート求人です。

パート・アルバイトで勤務するときの時給が1,500円からとなっています。転職サイトを利用するにしても、こうした募集は相手にしないようにするといいです。

ただ、その反対に福岡では時給が優れた調剤薬局やドラッグストアの求人が存在することも多いです。ダメな薬局はあるものの、同時に高時給案件もそれなりにあるのです。例えば、以下は久留米市の調剤薬局から出された求人であり、時給2,500円以上です。

福岡県でパート・アルバイトをするとき、「時給1,800円以下のダメな薬局」と「高時給を出してくれる薬局」のどちらもたくさんあり、事前に求人の中身を確認したうえで転職活動を進めなければいけません。

派遣社員を福岡でするときの時給相場は安い

また、薬剤師によっては派遣会社(転職サイト)へ登録して派遣社員を希望する人もいます。派遣社員は高い給料が可能になりますが、福岡での派遣はかなり注意しなければいけません。派遣での時給相場が非常に低いからです。

一般的には、派遣社員だと時給がどれだけ安くても時給2,800円以上となります。時給3,000円でも普通であり、あらゆる都市で高時給で勤務できます。

しかし、福岡県の場合はなぜか派遣での時給相場が非常に低くなっており、時給2,500円や時給2,600円の案件が非常に多くなっています。

福岡だとパート・アルバイトで時給1,800円の案件が多くなっていますが、派遣でも同様に異常なほど低い時給の募集であふれているのです。ただ、パート・アルバイトで働くときと基本的な考え方は同じであり、必ず時給2,800円以上の求人だけに応募するといいです。

例えば、以下は福岡市西区の調剤薬局での派遣募集です。

福岡の薬局では、「時給2,800円以上の求人」が少ないです。ただ全国的には時給2,800円以上が一般的なので、派遣会社に時給2,800円以上で働きたいことを伝え、根気強く求人を出してもらうようにしましょう。

病院は新卒に限らず、既卒者も応募可能

一方で調剤薬局やドラッグストアではなく、病院薬剤師という選択肢もあります。福岡の病院についての事情はどうなのでしょうか。基本的には新卒や既卒者に限らず病院求人に応募できますが、このときは注意点があります。

まず、病院求人は福岡市か北九州市ばかりだと考えるといいです。多くの求人を保有する転職エージェントを利用したとしても、福岡市や北九州市以外であれば、一つの市で出されている求人数は0~2件ほどになります。福岡市と北九州市以外では、病院求人は希少になるのです。

このとき、病院薬剤師として勤務するときの年収については特に代わり映えなく普通です。低ければ年収350万円になりますし、待遇の良い病院なら年収450万円ほどになります。

例えば、総合科目を取り扱う福岡市博多区にある以下の病院では年収430万円ほどになっています。

こうした年収相場に加えて、どのような病院で勤務したいのかを考えながら薬剤師の募集へ応募するようにしましょう。

福岡で企業求人(製薬会社など)はあるのか

なお、稀な求人として一般企業から出される求人があります。製薬会社を含め、企業求人は福岡で存在するのでしょうか。

これについては、非常に少ないと考えましょう。多くの求人数を誇る転職サイトを利用しても、企業求人を福岡で発掘するのは非常に難しくなるのです。例えば、以下は5万件以上の求人を誇る転職エージェントを利用し、福岡で一般企業の求人を検索したときの結果です。

全体で3件であり、このように少なくなっています。ゼロではないものの、どうしても希少になると考えましょう。いくつもの転職サイトを活用し、ようやく希望の企業求人を見つけられるのが福岡なのです。

どのような募集があるかというと、最も多いのは管理薬剤師としての募集です。製薬会社の品質管理や医薬品卸の支店など、こうした会社では薬剤師を雇って配置しなければ法律違反になります。そのため、薬剤師の募集が出されやすいです。

また、CRA(開発職)や学術・DIの求人が出されることもあります。例えば、以下は福岡市博多区の製薬会社から出された中途採用の募集です。

製薬関係の会社は大企業が多く、福岡を拠点にしているケースは少ないです。ただ、稀にこうした求人が存在するようになるのです。

中途採用の募集を転職サイトで探す

このように、他の都道府県で働くときに比べて福岡県独自の特徴があります。そのため、これらを理解したうえで就職先を見つけなければいけません。

ただ、福岡で働くにしても薬局や病院によって給与相場はバラバラですし、自分で探すとパート・アルバイトであっても時給1,800円以下の悪条件で働くようになる可能性があります。さらにいうと、自ら就職先の会社と勤務条件の交渉をするのは難しいです。

そのため薬剤師が転職活動をするとき、ほとんどの人が転職サイトを利用します。事前に希望条件を明確にしたうえで、転職エージェントを活用するようにしましょう。

  • 博多天神の周辺にある薬局でパート勤務したい
  • 北九州市内の管理薬剤師で年収600万円を考えている
  • 福岡市内で病院勤務をしたい
  • 高給の派遣求人で自由に働きたい

人によって目指すべき転職形態が異なるため、どのような転職を実現したいのかを明確にしたうえで活動するといいです。

このとき、転職サイトによって保有求人は異なりますし、担当者ごとに提案してくる中途採用募集は違います。そのため、3社以上の転職エージェントを利用して求人を比較するのが失敗しないコツです。複数の転職サイトへ登録して、福岡の求人を見るといいです。

薬剤師が福岡県で働くときのポイント

新卒就職であれ既卒者の転職であれ、薬剤師が福岡県で働くときはポイントがあります。国内の都市部の中では平均年収は高めですが、このときの給料は福岡市内でも田舎の薬局でもそこまで提示される収入に違いがないと考えましょう。

また高年収の代名詞であるドラッグストアで働いても、福岡ではそこまで優れた条件で勤務できません。調剤薬局で働くのと同じくらいの給料なので、ドラッグストアにこだわらず広く求人を見るといいです。

さらには病院募集だと福岡市や北九州市がほとんどですし、企業求人はほぼ存在しないことは理解しましょう。

こうしたことを理解したうえで、求人を比較するために複数の転職サイトを活用するといいです。一社だけだと失敗する確率が高いため、多くの選択肢の中から何社か実際に面接を受け、その中から優れた求人へ就職するようにしましょう。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファルマスタッフ

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。

ファルマスタッフのインタビュー記事

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事