薬剤師が勤務する職場の中でも、大手の調剤薬局チェーンとしてアインファーマシーズが知られています。アイン薬局を運営している会社ですが、買収によってその他の名前の薬局を経営していることも多い調剤薬局チェーンです。

これから薬剤師として就職・転職することを考えているのであれば、会社の中身がどのようになっているのか理解するのは非常に重要です。

特にアインファーマシーズは非常に規模の大きい調剤薬局チェーンであるため、非常に多くの人が興味をもつ薬局チェーンでもあります。しかし、年収相場や実際に働くときの実情がどのようになっているのか詳しく理解している人は非常に少ないです。

そこで、アイン薬局で就職・転職して働くときの評判・口コミについて解説していきます。

調剤薬局1,000店舗以上のアインファーマシーズ

アイン薬局で勤務する一番のメリットは何でしょうか。それは、非常に規模の大きい調剤薬局チェーンであるということです。全国的に巨大な薬局チェーンとなっているのです。店舗数は1,000店舗以上であり、薬局チェーンの中でも最大クラスです。

こうした調剤薬局チェーンの特徴でもありますが、アイン薬局ではいろんな店舗を経験させてもらうことができます。

中小薬局の場合、どうしても薬局の科目は偏ることになります。例えば眼科門前であれば、目薬ばかり取り扱ってその他の処方せんに触れる機会は少ないです。

一方でアインファーマシーズであれば、都道府県をまたいで薬局勤務が可能ですし、都市部であればすぐ近くでいろんな店舗が展開されています。そうして複数の店舗に勤務することで、さまざまな処方せんに触れることができるため、結果として薬剤師としての知識は増えます。

そのため、特に新卒薬剤師の就職先としては人気です。大手なので学べることは標準化されていますし、勉強という意味でもあらゆる処方せんに触れることができるのです。

転勤・異動や応援業務は多く、遠方へのヘルプも普通

複数の店舗を経験することにより、あらゆる種類の処方せんに触れられるというメリットがある反面、多くの店舗の存在はデメリットでもあります。一つの薬局に固定されることはなく、転勤・異動や他店舗への応援業務が非常に多いからです。

全国展開しているアインファーマシーズでは、転勤の頻度は非常に多いと思ったほうがいいです。このとき、家からの近さ(通いやすさ)は無視されるため、通勤2時間ほどであっても特に普通だと考えるようにしましょう。

また、応援業務はほぼ義務のようになっています。人によっては、自店舗での勤務よりも応援業務を担っている日数のほうが多いのは普通の状態です。確実にラウンダー薬剤師(毎日、違った店舗で勤務する薬剤師)のような働き方になるため、応援に行く薬局によって通勤時間や出社場所が違うようになります。

・都道府県をまたいでの応援も多い

しかも、それだけではありません。アイン薬局の場合、都道府県をまたいでの応援をお願いされることが年に2~3回ほどあります。このときは1~2ヵ月ほど滞在します。他の地域での長期間に渡る応援を年に数回もこなすため、ここからも自店舗より応援業務がメインになりやすい現状を理解できます。

このときはホテルまたは賃貸マンションを会社が用意してくれるようになります。応援業務については断ることも一応は可能になっていますが、実際のところ断りにくい現状があります。

採用時に勤務地エリアを選べる制度

このときアインファーマシーズでは、どの地域で働くのか選べる制度があります。具体的には、以下のようになっています。

  • ナショナル社員(全国)
  • 広域エリア社員
  • 自宅通勤

このうち自宅通勤とはいっても、前述の通り勤務店舗を選ぶことはできないため、自宅通勤とはいっても2時間以上かけて通勤するケースは普通だと考えるようにしましょう。

また、ナショナル社員や広域エリア社員を選択する場合、ほぼ確実に田舎の僻地勤務になります。たとえ東京や大阪での勤務であったとしても、「東京の西部」「大阪の南部」など田舎の地域になりやすいです。理由は単純であり、そうした地域での薬剤師が圧倒的に足りていないからです。

都市部で薬剤師が充足している現実は、あらゆる薬局で共通しています。そのため、広い範囲で勤務できる社員については「自宅通勤社員を希望する」「結婚によって都市部でなければ働けない」などの理由がない限り、ずっと田舎で働き続けるようになると考えましょう。

年収・給料など収入面(基本給)は圧倒的に低いデメリット

なお、アイン薬局の薬剤師として働くときに必ず考慮しなければいけない点があります。それは、圧倒的に収入レベルが低いことです。

一般的に大手調剤薬局チェーンだと給料が低くなりがちです。そうした薬局チェーンの中でも、アインファーマシーズはさらに年収が低いのです。基本給が非常に低いため、薬剤師の中でも少ない収入で我慢しなければいけません。

例えば、以下はアインファーマシーズから出された京都での中途採用募集です。

このように、年収370万円が初任給となっており、病院薬剤師並みに低い収入となっています。

たとえ東京や大阪などの都市部であったとしても中小薬局であれば、新卒でも初任給で年収450万円は普通です。数年ほど経験を積めば、フルタイムだと年収500万円を超えるのは当然です。ただ、アイン薬局ではそのようになっていないのです。

なお、このときは勤務エリアの範囲によって収入が異なるようになります。初任給については、以下のようになっています。

  • ナショナル社員:月収30万円
  • 広域エリア社員:月収28万円
  • 自宅通勤:月収25万円

ただ、この金額は基本給ではありません。「薬剤師手当5万円」「地域手当」などを含んだ給料になっています。基本給に手当が上乗せされて、ようやくこうした収入になるのです。

・全国転勤ありの社員だと格差はより大きい

ちなみに、全国転勤ありの社員だと月30万円になるので優れているのではと勘違いしてしまいがちですが、実は全国転勤ありのほうが収入格差は大きくなります。

全国転勤ありだと、前述の通り高確率で田舎僻地の薬局で働くようになります。こうした田舎の薬局だと、新卒でも年収600万円が当たり前です。実際、私は過去に島根県浜田市という非常に田舎の地域で勤務していたことがあり、その地域では年収600万円以上が普通でした。

しかし、アインファーマシーズは給料が全国共通なので非常に低い収入のままです。そのため、周囲との給与差が大きすぎて愕然とする人が非常に多くなります。

ボーナス(賞与)も低くなる

基本給が非常に低いということは、ボーナスも少なくなることを意味しています。ボーナス(賞与)というのは、月収を元に計算されるわけではありません。手当を除いた基本給で計算されるようになります。

アイン薬局で基本給が少ない以上、必然的にボーナスもかなり少ないと考えましょう。

このとき、賞与は「年間で基本給の3か月分が支給される」などのようになっています。参考までに、一般的な会社では「基本給の4か月分を支給する」ことにしているケースが多いです。年によって変わることはありますが、アインファーマシーズではそれよりも低い賞与となります。

基本給だけでなく、ボーナスについてもアイン薬局では非常に少なくなるという現状があるのです。

給料を理由に辞めたいと考える人は多く、離職率は高い

このような状況のため、アインでは「給料を理由に辞めたい」と考える薬剤師が非常に多くなっています。薬剤師の場合、一度でもスキルを身に付ければどの薬局で働いたとしても通用します。そのため、転職による年収アップを考えて多くの薬剤師が流出していくのです。

しかし、大手であるため給与体系が改善することはありません。待遇が悪いために薬剤師の離職率が高かったとしても、会社側は年収を上げることを考えないのです。

・管理薬剤師を目指す人も少ない

収入が少ない弊害は他にもあります。アイン薬局の場合、積極的に管理薬剤師を含めた上の役職を目指す人がほぼいません。理由は単純であり、役職がつくことによるデメリットが大きいからです。

管理薬剤師になったとしても手当は少なく、管理薬剤師手当は月1万円ほどしかありません。しかし、管理薬剤師なのでサービス残業は必然的に増えます。そのため無駄に長く働くようになり、時給換算での給料はさらに減少します。

一般的な調剤薬局だと管理薬剤師など上の役職に就くことを考える人が多いものの、アイン薬局では真逆の現象が起きてしまうのです。参考までに、アインファーマシーズでの手当は以下のようになっています。

  • 管理薬剤師手当:月10,000円
  • 副薬局長・薬局長代理手当:月30,000円
  • 薬局長手当:月55,000円
  • ブロック長手当:月65,000円

当然、アイン薬局では管理薬剤師の離職率も高いです。管理薬剤師の経験があれば、たとえ東京や大阪であっても年収550万円になるのは当然です。やり方によっては、都市部でも年収600万円は普通に達成できます。

ただ、アイン薬局ではどれだけ管理薬剤師で頑張っても年収400~420万円ほどです。転職するだけで年収150万円以上を簡単に上昇させられるため、一般薬剤師に限らず管理薬剤師の離職率も高めです。

正社員の初任給に限らず、パートの時給も少ない

会社全体の給料が低い弊害は正社員だけに限りません。パートやアルバイトとして働くときであっても、アインでは待遇が悪くなっています。

薬剤師の場合、調剤薬局や病院を含めて時給2,000円が普通です。給与水準が非常に低いといわれている病院薬剤師であっても、時給2,000円は当然のように最初から提示してくれます。

しかし、アインファーマシーズでは調剤薬局であるにも関わらず、そのようにはなっていません。時給1,800円と異常なほど低い条件でパート・アルバイトの募集を出すことも普通です。例えば、以下はアインファーマシーズから出された時給1,800円の中途採用募集です。

もちろん、求人の中には最初から時給2,000円を提示してくれているケースもあります。ただ、アイン薬局だとこのように悪い待遇でパート勤務しなければいけないこともあります。

無駄な社内ルールで残業は多い

また、「安い給料に加えて、残業は多くなる」という特徴があります。大手だと無駄な社内ルールや報告が多くなりますが、これはアインについても当てはまります。

このとき、東京や大阪など薬剤師が比較的多い地域であれば、残業がないように調節できるケースがあります。ただ、これが地方のような人数が足りていない地域だと薬剤師の絶対的なマンパワーが足りないため、必然的に多くの残業が発生するようになります。

しかし、残業があってもなくても基本給は一律で変わらないため、当然ながら人手が足りない中で多くの残業をこなしている薬剤師からは不満が出ます。そのため、そうした社員から順に会社を辞めていくようになります。

・買収で大きくなることも人が足りない高い要因

なお、給料が安くて残業が多いという理由だけでなく、アインで薬剤師の流出が非常に多いのは「新規出店というよりも、買収による肥大化を積極的に展開している」という理由があります。

それまで買収前の薬局に勤務していた薬剤師にとって、アインファーマシーズのような「低い給料やヘルプ勤務の状態化、転勤あり」の状況を受け入れることはできません。そのため、アインが買収した調剤薬局に勤務していた元からの社員はほとんどが辞めたいと考え、実際に1~2年以内に退職・転職していきます。

元からの社員のほぼ全員が辞めた結果、より薬剤師の人数が足りなくなります。元々の離職率が高いことに加えて、こうしたビジネス戦略も薬剤師が不足して応援業務が多くなる理由の一つです。

また、待遇が圧倒的に悪いので中途採用で入社を考える薬剤師はほとんどいません。

新卒での就職であればいろんな薬に触れることができ、マナーや接遇を含めて勉強できるので就職先としていいかもしれません。ただ、中途入社でアインファーマシーズに入るメリットがほぼ存在しないため、中途採用の申し込み自体が少ないのです。

有給は取れないが、他の福利厚生が優れているのはメリット

実際にアイン薬局で働いている人に話を聞くなどして評判・口コミを聞けば分かりますが、こうした収入面でのデメリットが圧倒的に大きいです。また、残業が多かったり異動があったりと大手ならではのデメリットも大きいです。

しかし、その反面で福利厚生が優れているというメリットもあります。まず、社宅については会社が8割負担です。例えば月5万円の家賃であれば、月1万円の負担で問題ありません。このとき、引越し代や敷金・礼金は全額が会社持ちになります。

また、リフレッシュ休暇という名の長期休みを取得することができます。特別休暇を年一回取ることにより、合計10日などの休みを得ることも可能です。

その代わり、有給休暇についてはほぼ消化できないと考えましょう。リフレッシュ休暇は社員のほぼ全員が利用できても、好きなときにスポット的に休みをもらう有給休暇はなかなか取れないのです。

時短勤務や急な休みには対応可能

ただ、収入面での待遇が非常に悪いアインではありますが、ママ薬剤師の働きやすさについては意外と優れています。

時短勤務については、子供が小学校に上がるまで認めてくれます。法律では子供が3歳になるまで可能ですが、小学校へ入学するまで時短勤務・定時退社が可能なのは優れています。子育てという意味では、低すぎる給料に目をつぶれば条件はいいです。

ただ、小学校に上がると自動的に時短勤務が解除されることには注意しなければいけません。

またアインファーマシーズの場合、「急な休みにも対応してくれる」というママ薬剤師にとっての最大のメリットがあります。子供が急に発熱を出したとしても問題ないのです。

ヘルプ勤務が当たり前になっているため、急な休みがあっても近くの薬局から他の薬剤師が応援に駆けつけてくれるようになっています。ヘルプ勤務が基本というのは、日常業務にとってデメリットでしかありません。ただ、ママ薬剤師とってみると非常にありがたい制度となっているのです。

もちろん急な休みにも対応してもらうだけでなく、自分が勤務するときについても同様に他店舗へのヘルプを頑張らなければいけません。ただ、実際に「子供が大変な状況になったとしても会社を休める」というのはありがたい制度だといえます。

また、育児休業は子供が1歳になるまでですが、それまでに保育園を見つけられなかった場合は子供が2歳になるまで休めるようになっています。これも、アイン薬局で働くメリットだといえます。

男性や独身女性にとっては不満の大きい職場であり、そのために中途採用で応募する薬剤師もほぼいません。ただ、小さい子供をもつ女性薬剤師であれば働きやすさの面で優れた環境を得られます。

就職・転職では会社の内容を把握するべき

薬剤師として就職・転職を考えるとき、どのような会社の求人へ応募するのかを考えるのは非常に重要です。同じ薬局であっても会社ごとに方針が大きく異なるため、条件に合う職場への中途採用を考えなければいけません。

このとき、アインファーマシーズの薬剤師だと評判・口コミでどうしても目立ってしまうのが離職率の高さです。

  • 年収・給料が非常に低い
  • ヘルプ勤務が日常的にあり、転勤も多い
  • 残業時間が多い

こうした勤務条件のため、どうしても薬剤師の流出が多くなり、それでいて中途採用で申し込む人がほとんど存在しないのです。

ただ、勉強や福利厚生の面では優れています。特に小さい子供をもつママ薬剤師であれば、子育てしやすい環境は整っているといえます。子供が小学生以上になると待遇に大きな不満をもつようになるものの、子供が小学校に上がるまでなら勤務条件は意外と優れています。

アイン薬局では、こうした特徴があります。このような内情を理解したうえで薬剤師は就職先をどこにするのか検討するといいです。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事