日本にある主要な都道府県の一つに広島があります。中国・四国地方の中でも最も人口が多くなっているのが広島県なのです。

人口が多いため、当然ながら調剤薬局やドラッグストア、病院などの中途採用募集も多くなります。ただ求人が多いと、どのような募集に応募すればいいのか分からなくなるため、事前に広島で出される求人の特徴を理解しなければいけません。

薬剤師の求人の中でも、広島だからこそ気を付けるべきポイントがあるのです。

そこで、薬剤師が中途採用で転職することを考えたとき、どのように広島の募集を確認すればいいのかを解説していきます。

広島県で薬剤師をするときの年収・給料の相場は高め

まず、広島県で薬剤師をするときはどれくらいの収入になるのでしょうか。事前に給与相場を理解していなければ、新卒就職や中途採用での転職をするにしても悪い条件での入社を承諾してしまう可能性があります。

これについて、広島県では全国平均に比べて平均年収が高くなっています。以下の通りです。

都道府県 平均年収 平均月収 平均賞与
広島 565.3万円 37.4万円 116.5万円
全国 526.1万円 37.6万円 74.9万円

出典:厚生労働省「2018年賃金構造基本統計調査」

一般的には、薬剤師が多い地域ほど年収相場が下がるようになります。そういう意味では、広島は「薬剤師がそれなりに多いものの、全体的な給料レベルが高い」という非常に珍しい県となっています。

広島には薬学部を保有する大学が以下の通り4つも存在します。

  • 広島大学:広島市南区
  • 福山大学:福山市
  • 安田女子大学:広島市安佐南区
  • 広島国際大学:呉市

人口の多い県であるものの、それ以上に薬剤師の輩出が多めとなっています。それでも、ある程度の地場チェーン薬局であっても初任給から年収450万円以上の調剤薬局はたくさんあり、結果として平均年収を押し上げるようになっているのです。

例えば、以下は広島など中国地方で展開する大手チェーン薬局の募集です。

呉市での薬局求人ですが、薬剤師未経験であっても最初から年収450万円以上です。そのため、広島の薬剤師はそれなりに待遇が良くなっています。

広島市を中心に福山市、呉市、東広島市で出される

それでは、どの地域で求人が多いかというと、当然ながら広島市になります。広島県で出される求人では、広島市が全体の約6割を占めます。

このとき、広島市では以下の区に分かれています。

安芸区‎ 、安佐北区‎ 、安佐南区‎ 、佐伯区‎ 、中区、西区、東区、南区

広島市内のこれらの区で、まんべんなく求人が出されるようになります。もちろん市内中心部である中区が最も多くなるものの、あらゆる区で求人が存在します。

一方で広島市以外であれば、福山市や呉市、東広島市の順番で求人募集が多くなっています。尾道市や廿日市市、三次市、三原市、大竹市、府中市などではどうしても募集は少なめになります。以下は実際に転職サイトに掲載されている求人数になります。

新卒就職や中途採用での転職を含め、新たな職場で働くにはどのような地域で求人が出されているのか把握する必要があります。そうしたとき、これらの実情を理解しましょう。

田舎の薬局だと収入は高めになる

このとき、広島市内や福山市など都市部ではなく田舎の調剤薬局やドラッグストア、病院になると年収が高めになります。

田舎とはいっても、尾道市や三原市など県南部ではなく、庄原市や三次市のような県北部のド田舎である必要があります。こうした地域の場合、たとえ未経験であったとしても最初から年収500万円以上が可能です。

さすがに未経験の状態から年収600万円になると、山陰地方である島根県や鳥取県の田舎僻地でなければいけません。ただ、広島であっても田舎にいけば給料の相場が高くなるのです。例えば、以下は庄原市で出された病院求人になります。

病院にも関わらず年収500万円以上です。通常、病院求人は非常に低い収入になりがちですが、このように高い給料を実現できるのです。

当然、調剤薬局やドラッグストアについても高めの給料です。大手チェーン薬局だと給与相場は一律になりやすいですが、中小薬局を狙えば高収入となりやすいです。

調剤薬局やドラッグストアでの就職は一般的

このとき、どのような職場で薬剤師が働くようになるかというと、どうしても調剤薬局やドラッグストアが最も多くなってしまいます。

調剤薬局であれば、前述の通り年収450万円以上を目指すようにしましょう。中小薬局や地場チェーン薬局を含め、こうした調剤薬局であれば未経験でもそれなりの給料を提示してくれる可能性が高いです。これが経験者薬剤師になると年収500万円を超えます。

また場合によっては、ドラッグストアで高年収を目指すという方法でも可能です。ドラッグストアの場合、残業が発生することもあって年収は高くなります。実際に提示される給料が年収450万円なのであれば、残業を考慮すると初任給でも年収500万円以上になります。

例えば、以下はツルハグループで知られるウォンツの調剤併設ドラッグストアの募集です。

広島市東区にあるドラッグストアですが、このように最初から年収450万円なので、残業まで入れるとそれなりに高年収を実現できるようになります。

調剤薬局がいいのかドラッグストアがいいのかについては、人によって変わります。ただ、こうした事業形態の中から求人を選びましょう。

・管理薬剤師なら年収550万円以上が妥当

ちなみに管理薬剤師として転職することを考える場合、一般薬剤師に比べると当然ながら収入の相場は上昇します。このとき、一般的には年収550万円以上だと考えましょう。

全国展開の大手薬局チェーンであれば、広島の管理薬剤師で年収450~500万円ほどのケースもあります。ただ、これは低すぎるので特別な理由がない限りは年収550万円や年収600万円を目指すといいです。例えば、以下は広島市佐伯区の調剤薬局から出された管理薬剤師募集です。

年収550万円となっていますが、こうした求人は妥当だといえます。募集の全体数は少なくなりますが、管理薬剤師の求人を選択して働いても問題ありません。

病院正社員の中途採用募集も意外と待遇が良い

全国に比べ広島県で平均年収が高めなのは、地場チェーン薬局で中小薬局と同程度の給料を提示してくれるケースだけではありません。広島の場合、病院薬剤師についても全国に比べて収入が高めになっています。調剤未経験でも年収420~430万円ほどが一般的なのです。

もちろん、中には年収360万円ほどと低めの収入に設定している病院もあります。ただ、全体的に見ると病院薬剤師の中では優れた待遇で働ける確率が高くなっています。

例えば、以下は250床以上の急性期病院での薬剤師募集です。

広島市中区にある急性期病院であり、日勤のみの勤務形態にも関わらず最初から年収459万円となっています。こうした求人ばかりではないものの、いずれにしても広島の病院は全国的にみても高めの給料となりやすいです。

もちろん、収入が高めとはいっても調剤薬局やドラッグストアほどにはなりません。それでも、低すぎる給料で病院薬剤師をする必要はありません。

パート・アルバイトとして広島の募集を探すには

ただ、必ずしも正社員で働く方法だけが薬剤師ではありません。パート・アルバイトとして活躍することを考える人も多いです。特に育児中の女性薬剤師であると、ほとんどがパート勤務を目指します。

このとき、広島でパート・アルバイトをするときに特に注意点は存在しません。場合によっては時給1,800円と非常に低い募集案件は存在するものの、そうした求人を避けて時給2,000円以上を考えるといいです。実際、ほとんどの求人が時給2,000円なので、これについては問題ありません。

ただ、パート・アルバイトをするときに希望する条件は人によって大きく異なります。「週3日の午前勤務がいい」「17:00の定時退社を実現したい」などです。これら希望条件を挙げ、それに見合う薬局や病院の募集を探すようにしましょう。

なお、正社員の給料が高めであることから、パート・アルバイトについても高めの時給を最初から提示してくれる優れた求人がいくつか存在します。こうした募集に応募しても問題ありません。

例えば、以下は福山市の病院から出された時給2,500円のパート勤務求人です。

通常の調剤薬局よりも高めの時給を実現できる、病院でのパート・アルバイトになります。もちろん、調剤薬局やドラッグストアの中にもこうした高時給募集は存在します。

単に時給2,000円で働いてもいいです。ただ、「広島県での平均年収は高め」という事実を認識して、パート・アルバイトについても高めの時給を提示してくれる薬局や病院を探しても問題ないです。

派遣求人は短期でも長期でも時給は低め

正社員の給料は高めであり、パート・アルバイトも一般的な時給を実現できる広島ですが、派遣薬剤師については相場よりもかなり低い給与相場となっています。

一般的には、大都市であっても派遣薬剤師は時給3,000円ほどが一般的です。しかし、広島の場合は時給2,400~2,500円ほどが相場になっています。場合によってはさらに低い派遣求人も存在し、時給3,000円などはほぼありません。

「派遣薬剤師=高時給」が基本なのですが、広島ではそのようになっていないのです。例えば、以下は広島市西区の調剤薬局から出された募集です。

この求人が特別に低い時給になっているわけではなく、広島だと全体的にこうした内容になると考えましょう。

また、そもそも派遣求人の数でいうと広島県内は非常に少なくなっています。派遣だと短期間での勤務が可能だったり、定時退社が確実だったり都合がいいですが、広島でこうした自由な働き方を実現するのは難しくなっています。

派遣で高時給を考える場合、広島は向いていません。「パート・アルバイトと待遇が同じ、または時給が低くなる」のが広島での派遣です。理由があって派遣を選択するのなら問題ないですが、短期や長期を含め自由気ままに働くことを考えている場合、広島ではなく他県で派遣をするのをおすすめします。

一般企業の募集は医薬品卸・物流センターが基本

なお、場合によってはこれら調剤薬局やドラッグストア、病院ではなく一般企業の薬剤師を考えることもあります。企業求人は非常に珍しいです。そのため、広島で企業就職を目指すにしても求人はほぼ存在しません。

しかし、中途採用の募集がゼロというわけではありません。少ないながらも企業求人が存在します。こうした求人としては、医薬品卸や物流センターでの管理薬剤師募集がほとんどです。

開発職や薬事職など、製薬会社の求人は広島ではなく大都市で出されます。一方で医薬品卸や物流センターの場合、支店に一人以上は必ず管理薬剤師を配置しなければいけないと法律で決められています。そのため、広島でも募集が出されるようになるのです。

例えば、以下は呉市から出された管理薬剤師の募集であり、医薬品卸での支店勤務となります。

このように、企業の薬剤師として広島で活躍することは可能です。

医薬品卸や物流センターの数自体が少数であるため、薬局や病院の求人数に比べるとどうしても劣ってしまいます。例えば、以下はマイナビ薬剤師で企業求人を検索したときの結果です。

このように、全体の求人数は7件です。企業求人は希少になってしまうため、広島で企業を探す場合は数少ない中から選ぶようになると考えましょう。

転職サイトを利用し、薬剤師の募集を探す

それでは、こうした薬剤師の中途採用募集を探すとはいっても、広島でどのようにして優れた求人を見つければいいのでしょうか。

実際のところ、個人の力で求人を探すにしても限界があります。頑張っても、1~2社ほどの募集先にアプローチできるくらいです。そこで、ほとんどの薬剤師が転職サイトを利用して求人を探します。

広島であっても、薬局や病院ごとに勤務地が違うのは当然ですし、会社ごとに条件はバラバラです。平均年収の高い広島であっても、非常に低い給料の職場は存在します。また、サービス残業が常態化していたり、「管理薬剤師がヘルプをしている」など法令無視が常態化したりする求人も存在します。

これを自分一人だけの力で見極めるのは現実的ではありません。そのため、転職エージェントを介して応募し、さらには面接後の職場見学までセッティングしてもらうようにするのです。

なお、このときは事前に希望条件を明確にしておきましょう。

  • 基本は広島市内だが、呉市までなら転勤は問題ない
  • 管理薬剤師として転職を考えている
  • 週3日のパート勤務で定時退社は譲れない

このように人によって条件が違うため、最適な募集内容も違ってくるようになります。希望条件を詳細に転職サイト側に伝えるほど、あなたに合った求人が提示されるようになります。そこで、希望する条件を正直に伝えましょう。

また、このとき転職エージェントの担当者によって実力が違います。また転職サイトによって保有求人は異なるため、3社以上の転職サイトを利用するのが薬剤師転職で優れた求人を見つけるコツになります。

広島県での薬剤師転職の特徴を理解する

薬剤師が転職活動をするとはいっても、都道府県ごとにその特徴は大きく異なります。出される求人数が市や地域によって異なるのは当然として、提示される給料・時給の相場も変わってくるのです。

広島県でいうと、正社員の給料は全体的に高めです。全国展開している大手調剤薬局チェーンを選ばなければ、「地場チェーン薬局」「中小薬局」「ドラッグストア」を含めて優れた収入を実現できるようになります。

病院薬剤師であっても、全国的に見ると優れた収入を実現しやすくなっています。これは、パート・アルバイトについても同様です。そのため求人募集を探すとき、良い条件の募集を探しやすいのが広島県です。

ただ、派遣薬剤師については非常に時給が低くなっており、さらには求人数も少ないです。唯一、派遣は広島で働いた場合に微妙なのです。

これらの特徴を理解したうえで、広島県で薬剤師として活躍するようにしましょう。求人を確認するときの注意点を事前に学んでおくと、どのような募集が優れているのか把握できるようになります。


薬剤師転職で失敗しないために必要な理想の求人・転職先の探し方とは!

薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

オススメの転職サイトと特徴の違い

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事