同じように働くのであれば、当然ながら効率よく稼ぎたいとあらゆる薬剤師が考えます。このとき、パート・アルバイトだと一般的には時給2,000円からとなります。

ただ、場合によっては最初から高時給でのパート求人が出されることがあります。時給3,000円や時給3,500円など、最初から時給3,000円以上でパート勤務できるのです。

しかし、始めから時給3,000円以上となると、それなりに特殊な働き方を選択しなければいけません。一般的な勤務方法では、パートやアルバイトの高額求人はほとんど存在しないと考えた方がいいです。

それでは、実際にパートやアルバイトとして調剤薬局・ドラッグストアで勤務するとき、どのようにすれば時給3,000円以上になるのでしょうか。ここでは、パート薬剤師が時給3,000円以上で勤務するときの求人の見方について解説していきます。

薬剤師の高額時給には理由がある

高い収入を提示する求人では、基本的にどれも訳ありだと考えるようにしましょう。特殊な勤務方法になるため、一般的な他の人では応募したがらないのです。

ただ、事前に訳ありの理由について理解していれば問題ありません。高額時給が提示される理由を前もって理解しておき、その理由に対して納得できるのであれば、高い収入を得られる求人はむしろ優れているといえます。

このとき、パートやアルバイトで高時給になる理由としては以下のようなものがあります。

  • 夜間の勤務
  • 日曜日の求人
  • 期間限定や契約社員
  • その他(田舎の薬局、新規店舗など)

これらのうち、どれかの条件を満たすと時給3,000円や時給3,500円などになります。場合によっては、時給4,000円以上になることもあります。具体的な求人例について、以下で確認していきます。

夜間のパート・アルバイト求人は時給3,000円以上

パートやアルバイトをするとき、一般的には朝から調剤薬局で勤務することになります。しかし、場合によっては夜間だけ薬剤師が足りないことがあります。一般的な調剤薬局ではそのようなことは起こりにくいですが、ドラッグストアだと夜遅くまで営業しているため、結果として夜だけ薬剤師が足りなくなるのです。

特に調剤併設ドラッグストアの場合、営業時間中にも関わらず調剤室を閉めるわけにはいきません。店を開けておく必要があります。

そうしたとき、夜間勤務だけのドラッグストア求人が出されます。普通は朝や昼の勤務を希望する人が多く、敢えて夜に働こうとする薬剤師は少ないのです。

例えば、以下は名古屋の調剤併設ドラッグストアから出されたパート・アルバイト求人になります。

このように、時給3,000円からとなっています。勤務時間は19:00~22:00の3時間であり、「19:00~20:00:時給3,000円」「20:00~22:00:時給3,500円」の求人です。そのため、1日で1万円を稼げる内容になっています。

わずか3時間ほどで1万円を稼げるため、非常に効率はいいです。夜の空き時間を活用したい場合、こうした夜間バイトに挑戦してみるといいです。

夜であっても開局している調剤併設ドラッグストアは東京や大阪、名古屋、福岡、横浜を含め、都市部で多くなります。そのため、特に都市部だとこうした求人が出やすいです。もちろん、地方でも場合によっては夜間の求人が出されます。

日曜日だけのパート・アルバイト募集

中には日曜日だけ求人を出している求人が存在します。調剤薬局やドラッグストアによっては、土曜だけでなく日曜日を開局しなければいけないケースがあります。そうしたとき、土曜日ならまだしも日曜日に薬剤師を雇うのは難しいです。

そこで、日曜日だけパート求人が出されるのです。ただ、当然ながら日曜日だけ勤務したいという人は少ないです。そのため、それだけ高い時給が提示されるようになるのです。

例えば、以下は京都にある調剤薬局から出されたパート求人であり、時給3,000円以上と高額です。

ただ、求人票にある通り日曜日のみの勤務になっています。これは、日曜日だけ薬剤師が足りないからです。9:00~12:00と3時間だけの勤務になりますが、このように高額時給となります。

期間限定や契約社員で時給4,000円以上を目指す

また、正社員として薬剤師を迎え入れるためのつなぎとして、期間限定や契約社員として薬剤師を迎え入れる求人が存在します。

当然ながら、「数ヵ月や1年など、ある一定期間だけ勤務するために転職したい」と考える人はほぼいません。そのため、こうした期間限定や契約社員の求人では他の求人よりもかなり高額の給料が提示されるようになっています。

パート勤務をする場合、高くても時給3,000円が一般的です。ただ、期間限定のパートやアルバイトであると、時給4,000円以上の求人が出されることも珍しくありません。

例えば、以下は兵庫の調剤薬局から出された期間限定の高時給求人です。

時給4,000円であり、正社員として勤務するよりも圧倒的に高い時給を実現できるようになります。この求人は2ヵ月ほどの短期バイトであり、正社員として薬剤師が入ってくるまでのつなぎとして求人が出されています。

参考までに、この求人でフルタイム勤務する場合は一ヵ月の給料が以下のようになります。9:00~19:00の勤務(休憩1時間)と考え、1日9時間労働で計算しています。

  • 時給4,000円 × 1日9時間 × 月20日 = 72万円

このように、月72万円の給料です。期間限定や契約社員として働く場合、普通に働くのでは不可能な収入を得られるようになります。尼崎のように大阪や神戸から近い都市部の薬局でも、期間限定ならこのように時給が非常に高くなります。

田舎の薬局や新規店舗など、理由のある薬局で高時給を考える

また、田舎にある薬局だと高額求人になることは一般的に知られていますが、これはパート・アルバイトでも同様です。田舎に立地する薬局だと薬剤師が足りないため、時給相場が高くなるのです。田舎僻地の薬局であると、時給3,000円以上が提示されても不思議ではないと考えてください。

例えば、以下は熊本にある田舎の個人薬局から出されたパート募集になります。

時給3,200円と最初から高時給であり、高い給料となっています。仮にこの薬局で週3日(月12日)の勤務をするとなると、月の収入は以下のようになります。

  • 時給3,200円 × 1日9時間 × 月12日 = 34万5,600円

このように、わずか週3日勤務にも関わらず大病院の薬剤師として何年も勤務している人よりも、高い収入を得られるようになっています。もちろん、勤務日数を増やせばより効率よく収入が増えていきます。

また、新規オープンの店舗や一人薬剤師などの事情であっても高時給が提示されます。新規店舗の場合、まだ店舗内でのルールなどが決まっておらずゼロから作り上げていかなければいけません。また一人薬剤師だと、すべての業務を自分だけで対処する必要があります。そのため、こうした店舗では時給が高くなりやすいのです。

いずれにしても、こうした何かしらの理由で高めの時給が提示されるようになります。

高くても時給2,500円からが一般的

なお、パートやアルバイトとして勤務する場合、一般的には時給2,000円からです。経験者として働く場合であっても、高くて時給2,500円になるのが一般的です。

ここまで述べたような、時給3,000円以上の求人が存在するのは事実です。ただ、その数は非常に少ないと考えましょう。朝や昼に働く一般的な薬局の求人だと、高くても時給2,500円ほどになってしまうのです。

例えば、以下は神奈川県横浜市の薬局から出された求人です。

横浜にも関わらず、最初から時給2,600円と条件は非常に優れています。ただ、朝や昼に働ける求人では、都市部だとこれら時給2,500円前後が上限になると考えましょう。

ただ、この求人では「18:00以降も勤務できる場合は高時給になる」と記載があります。既に述べた通り、夜間に働ける薬剤師は貴重なので高時給になりやすいです。そのため、夜間に入れる人に限ってこの求人では時給3,000円以上が可能になります。

こうした求人からも、昼に働くなど一般的な勤務条件では時給3,000円以上を達成するのは非常に難しく、特殊な働き方でなければ厳しいことが分かります。

同じ薬局で時給3,000円以上を目指してもいい

それでは、昼の普通の時間に働いて時給3,000円や時給3,500円で活躍するのが無理なのかというと、必ずしもそういうわけではありません。大手チェーン薬局では無理ですが、中小薬局であれば問題なく達成できることがあります。

実際、私がかつて勤務していた調剤薬局では、10年以上も同じ薬局で働くベテランのパート薬剤師がいました。私がそのとき働いていたのは4店舗ほど運営する小さな薬局だったのですが、その薬剤師は時給3,000円を軽く超えていました。要は、その人物を社長が評価してそれだけの給料を提示したのです。

中小薬局の場合、すべては社長のさじ加減になります。社員を大切にする会社であれば社長との仕事上の距離が近い分、それだけ評価してくれるわけです。

そのため、転職時は時給2,000円や時給2,500円だったとしても、長く勤務することで将来的に時給3,000円以上を目指すという戦略でも問題ないのではと思います。実際、私がいた調剤薬局ではそうしたパート女性がいたわけです。

もちろん、その女性の時給が高かったのは理由があります。残業が多少は発生しても問題なく、土日勤務も可能なパート女性でした。柔軟な働き方ができたため、普通の調剤薬局で昼間の勤務であってもそれだけの高時給になったのです。

転職サイト経由で応募し、将来の伸びしろを教えてもらう

時給2,000円であれば、どのような調剤薬局やドラッグストアであっても達成できます。病院薬剤師でパート勤務するときであっても、時給2,000円は普通です。

ただ、これが時給3,000円や時給3,500円など、それ以上の高時給となると求人は非常に少なくなります。この理由は単純であり、時給3,000円は年収600万円に相当するからです。例えば、時給3,000円で月20日働くと以下の月収になります。

  • 時給3,000円 × 1日8時間 × 月20日 = 48万円

ここに残業が加わると、すぐに月50万円となります。そのため、時給3,000円は年収600万円と意味が同じなのです。当然、年収600万円の案件はほぼ存在せず特殊案件に当たります。そのため、時給3,000円の求人を自力で探すのは不可能に近くなります。

そのため、パートやアルバイトとして時給3,000円を目指すのであれば必ず転職サイトを利用しましょう。転職エージェントにこれらの特殊案件が眠っているためです。年収600万円と同程度の高額求人は転職サイトだからこそ可能なのです。

しかし、特殊案件だからこそ全体の求人数は少ないです。例えば、以下は5万件以上の求人数を誇る転職サイトで「時給3,000円」と入力し、検索したときの結果です。

このように、日本全国で84件しかありません。

当然、これだけの高額求人だと非常に求人数が限られるため、1社だけに登録していてはダメです。必ず3社以上の転職エージェントを活用することで、時給3,000円以上を提示してくれる薬局を探すようにしましょう。

このとき、より高時給を考えるのであれば「長く勤めることによって将来はどれくらいまで時給アップが可能なのか」を把握したうえで転職するといいです。例えば、以下は大阪の薬局求人ですが時給2,500~3,500円と開きがあります。

こうした求人へ応募する場合、最初は時給2,500円で勤務開始できます。ただ、時給3,500円までは伸びしろがあるわけです。

そこで転職サイトの担当者と交渉してもらい、どのようにすれば時給3,000円や時給3,500円が可能になるのか条件を確認するようにしましょう。そうすれば、長く勤めることで将来の時給アップがいくらまで可能になるのかを理解したうえで転職できます。

時給3,000円や時給3,500円の薬剤師で活躍する

パートやアルバイトとして活躍することを考えるとき、高時給の案件として時給3,000円以上の求人があります。

時給3,000円であると、年収600万円に相当します。このように考えると、非常に稀な案件であることが理解できます。高額求人は特殊案件に該当するため、求人数は少なく戦略を練って募集を探さなければいけません。

ただ、平日の昼に普通の薬局で働くことを考える場合、時給3,000円は無理です。「夜間バイト」「日曜日の募集」「期間限定」「一人薬剤師」など、高時給の案件はそれなりの理由があります。「訳あり」ともいえるのです。そのため、これらの理由に納得できるときだけ求人へ申し込むといいです。

場合によっては、長く勤めることで将来的に時給3,000円以上を目指すという戦略でも問題ありません。この場合、転職サイトの担当者に交渉してもらうことで、将来の伸びしろを把握するといいです。

普通では達成できないものとして、パートやアルバイトの時給3,000円以上があります。ただ、不可能なわけではありません。ここまで述べてきたことを理解したうえで、高時給を目指すようにしましょう。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事