一般的な薬剤師の働き方としては、正社員やパート・アルバイト、派遣があります。ただ、そうした勤務形態ではない働き方もあります。そうした中の一つが契約社員です。一定期間、契約社員として勤務するようになるのです。

契約社員というと、マイナスのイメージがあります。ただ、薬剤師で契約社員として働くのはそこまで恥ずかしいことではありません。また、急にクビになることもありません。世間一般的な契約社員と薬剤師の契約社員では、待遇はまったく異なるものになるのです。

ただ、契約社員とはいってもそれまで勤務したことがない場合はどのような働き方になるのか想像できません。

契約社員にはいろんな働き方があります。そこで、薬剤師が契約社員として活躍する場合には、どのような働き方になるのかについて解説していきます。

派遣とは異なる契約社員のメリット

正社員やパート・アルバイトの場合、雇用主(薬局や病院など)に直接雇われることになります。一方で派遣であると、派遣会社(転職サイト)に雇われることになります。派遣会社に属し、そうした会社から薬局や病院に派遣されるのです。

こうした中でも、契約社員はどのような勤務方法になるのでしょうか。

契約社員の場合、派遣会社ではなく雇用主に直接雇われるようになります。ただ正社員のような形ではなく、年間契約による更新制で働くのが契約社員になるのです。

正社員と同じ待遇の契約社員

契約社員というと、急に契約の打ち切りがあったり、契約更新がなかったりしたとき急に無職になるために、不安定な身分になるように感じてしまいます。ただ、実際のところ薬剤師の契約社員で契約打ち切りになることは、よほどのことがない限りありません。

私の周囲にも契約社員として勤務している薬剤師が何人かいますが、これまで契約打ち切りになった話を聞いたことがありません。そのため、契約社員とはいっても正社員と同じだと考えてください。

これは、考えてみれば当然です。薬剤師は慢性的に人材不足であるため、仕事に慣れている薬剤師を手放そうとする会社は存在しません。また、再び薬剤師を雇い入れるためには100万円以上の採用コストが必要になるため、そうした無駄な費用を払うよりは薬剤師をずっと雇っておく方がいいのです。

契約社員とはいっても、薬剤師だと正社員とほぼ同じ扱いになるのはこうした理由があります。それでいて、住宅手当を含めた福利厚生も正社員と同等です。ボーナスは支給されますし、家賃補助なども含めて支給されます。

例えば、以下は住居費用や引越し代を含めて負担してくれる、愛知にある調剤薬局からの契約社員募集です。

住居費用などの面倒まで見てくれることから分かる通り、契約社員であっても問題なく正社員と同じ福利厚生を受け取れることが分かります。

また、求人票にある通り正社員としての登用も可能です。正社員になると「年収が下がる」と明記されており、給料は下がってしまいますが、1年更新の契約社員から正社員になることも可能なのです。

病院でも契約社員が存在する

なお、こうした契約社員の求人は調剤薬局や調剤併設ドラッグストアだけではありません。病院についても、契約社員として勤務できるようになっています。

当然、薬局に比べると求人数は少ないです。ただ、病院薬剤師として契約社員で勤務することも可能なのです。

例えば、以下は広島にある病院での契約社員募集になります。将来、正社員としての登用も可能な契約社員になります。

契約社員とはいっても、必ずしも調剤薬局に限定させる訳ではありません。病院薬剤師を考えても問題ないのです。

契約社員は高い年収・給料を実現できる

ちなみに、薬剤師であると正社員よりも契約社員の方が収入は多くなります。これは、契約社員の方が使い勝手がいいからです。

日本の法律では、正社員は勝手にクビにできないことになっています。あくまでも、社員から自主的に申し出なければ辞めさせることができません。

一方で契約社員だと更新制であるため、1年更新などのタイミングで解雇することができるようになっています。前述の通り契約社員の薬剤師が契約更新されないことはほぼないです。ただ、一応は急な解雇が可能になっていて契約社員の方が不安定な身分であるため、正社員よりも高額な給料が提示されるようになっているのです。

例えば、以下は神奈川県横浜市の薬局から出された求人になります。

年収500万円からと高額募集となっています。正社員の場合、東京や大阪、名古屋、福岡、横浜などの都市部だと中小薬局でも年収450万円(未経験の場合)からスタートするのが一般的です。そうではなく、それよりも高額な収入を提示されるようになるのです。

また、薬剤師としての経験が豊富にある人であれば、ラウンダー薬剤師(契約社員)として高年収を実現することも可能です。

複数の店舗で働き、常にヘルプ要因として活躍するラウンダーの場合、正社員ではなく契約社員にしていることが多いです。そうした薬剤師の場合、契約社員として非常に高額な収入となるのです。例えば、以下は調剤薬局から出されたラウンダー薬剤師の募集です。

この求人では年収700万円からとなっていますが、契約社員としてこうした働き方を実現することもできます。

・契約社員から正社員になると年収は下がる

なお、契約社員として高い収入を得ている人が同じ会社で正社員になることを考える場合、ほぼ確実に給料は下がります。

先ほど、「契約社員から正社員になれる求人」を提示しましたが、そこにも「正社員になると年収が下がる」と記されていたと思います。これは、どの会社であっても契約社員から正社員になった瞬間に給料は減ると考えましょう。

契約更新制の「使い勝手が良い契約社員」ではなく、自由に解雇できない正社員になるので低い収入になるのは当然なのです。

パート・アルバイトの時給性の契約も可能

また、フルタイムの正社員のような形での契約社員ではなく、パート・アルバイトとして好きな曜日や時間だけ勤務できる求人も存在します。パート・アルバイトと同じ働き方ではあるものの、契約更新制で勤務するのです。

こうした時給制の契約社員も存在し、当然ながら一般的なパート・アルバイトよりも時給は高めです。

一般的なパート・アルバイトとして調剤薬局や調剤併設ドラッグストアで働く場合、最初は時給2,000円から始まるのが普通です。ただ、契約社員としてのパートであると、最初から時給3,000円以上になることもあるのです。少なくても、時給2,700円以上が一般的だと考えるといいです。

例えば、以下は東京の調剤薬局から出された契約社員の募集ですが、フルタイムだけでなく時給での勤務も可能になっています。

時給3,000円以上であり、勤務条件としては非常に優れています。非常に高い時給のため、時給換算でいえば正社員として働くよりも高い年収となります。

参考までに、時給3,000円で週3日勤務(1日8時間)をした場合、月の収入は以下のようになります。

  • 時給3,000円 × 1日8時間 × 月12日 = 28万8,000円

このように週3日勤務にも関わらず、大病院で何年も働いている薬剤師よりも高い給料になります。契約社員として働けば、高時給で効率的に稼げるようになるのです。

期間限定求人だと、さらに高収入になる

なお、契約社員で働くときは「ほぼ確実に契約更新され、基本的に解雇がない」とはいっても、場合によっては契約満了時に更新されないこともあります。これは、どのような理由で薬局や病院が契約社員を雇い入れているのかによります。

例えば産休の代打として契約社員で勤務する場合、産休明けの薬剤師が戻ってくるまでの契約になります。薬局でも病院でも、こうした期間限定の求人は存在します。期間限定の求人だと派遣のイメージが強いですが、契約社員としての求人もあるのです。

ただ、期間限定だと当然ながら多くの人が嫌がります。そのため、契約社員で明確な期間が決められている場合、より多くの給料が約束されるようになっています。

例えば、以下は病院から出された期間限定の中途採用募集です。

いつまでの勤務になるのか、終了時点が明確な求人であり、病院薬剤師にも関わらず年収600万円以上と非常に高額になっています。病院内で何十年も働いている薬剤師よりも高い給料を実現しながら、期間限定で勤務するようになるのです。

いずれにしても、契約社員によっては決まった期間だけ働くようになる求人も存在します。「高年収であるなら期間限定でも問題ない」と考えている人にとって、こうした募集はむしろメリットが大きいです。

契約社員か派遣かを選ぶ

なお、実際に求人へ応募して転職するとき、「契約社員として働くのがいいのか、それとも派遣求人が最適なのか」を理解したうえで、この二つから選択するようにしましょう。契約社員と派遣は両方とも高額な収入を得られる点で共通しています。正社員よりも高い給料になるのは一般的なのです。

ただ、契約社員と派遣では実際に働くときに異なる点がいくつも存在します。

薬剤師に限定した場合、期間限定の契約社員は別にして一般的な契約社員は、ここまで述べてきた通り正社員とほぼ同じ扱いになります。契約更新が基本であり、福利厚生は正社員と同じです。また同じ薬局や病院で勤務することになるため、正社員とほぼ同じ待遇で働きながら高年収を実現したい人に向いています。

一方で派遣であると、特定の期間内だけで勤務することになります。もちろん職場によっては派遣で契約満了後、契約更新されることもあります。ただ、一般的には契約期間ごとにいろんな職場を渡り歩くのが派遣薬剤師になります。

つまり、次のような違いがあります。

契約社員 派遣
雇用主 薬局や病院 派遣会社(転職サイト)
福利厚生 正社員と同じ ほぼない
ボーナス ある ない
勤務地 基本は固定(同じ会社) 契約ごとに異なる
自由な休み 取れない 取れる

どちらの方が優れているとかはなく、最適な働き方は人によって異なります。福利厚生やボーナスまで含めた手取り年収まで考えると、派遣よりも契約社員の方が優れていることは多いです。また、勤務地は固定されるので仕事に慣れるスピードは速く、薬剤師としてキャリアを積むことも可能です。

一方で契約社員だと、派遣のように「契約ごとにいろんな職場を経験する」「契約が切れた後、半年ほど海外旅行する」などのような自由な働き方を実現することはできません。そのため、どのような勤務方法を考えているのかによって応募するべき求人は違うようになります。

薬剤師のような専門職の場合、契約社員で働くのでも派遣で活躍するのも恥ずかしいことはありません。自己実現する一つの働き方として、契約社員が存在すると考えたらいいです。

転職サイトを利用し、契約社員の募集を探す

ただ、普通に中途採用の求人募集を探したとしても薬剤師の契約社員求人を見つけることはできません。一般的な正社員やパート・アルバイトであれば公式サイトに掲載されているものの、契約社員の募集が大々的に載っていることはないのです。

そのため、自力で契約社員の求人を探すのはほぼ不可能です。そのため、そうした契約社員の求人がたくさん存在する薬剤師専門の転職エージェントへ登録し、利用するようにしましょう。

転職サイトであれば、契約社員の求人がいくつも存在することになります。例えば、以下は求人数5万件以上の転職サイトで「契約社員」と検索したときの結果です。

契約社員での求人検索結果は499件です。このように、正社員やパート・アルバイト、派遣ほどではないにしても、ある程度の求人数を確保できるのです。

ただ、当然ながら1社だけの利用だと求人数が限られるようになります。一般的には、3社以上の転職サイトを利用することで、いろんな求人を選べるようにして自分の選択肢を広げるのが転職成功のコツになります。

また、契約社員と派遣のどちらにするのか悩んでいる場合、契約社員に限らず派遣薬剤師の案件も取り扱っている転職サイトを活用してみるといです。派遣の場合、転職エージェントの中でも「薬キャリ」「お仕事ラボ」で取り扱いがあります。

※契約社員の場合、派遣とは違ってあらゆる転職サイトで求人の取り扱いがあります。

こうしたことを理解して、転職サイトを3社以上利用しながら、最適な派遣社員の求人を見つけるようにしましょう。

契約社員の薬剤師として活躍する

調剤をする薬剤師であれば、調剤薬局やドラッグストア、病院などで契約社員として働く方法もあります。このときは正社員のようなフルタイムに限らず、パート・アルバイトのような時給制での勤務も可能です。

契約社員の特徴としては、正社員に比べて高い収入を得られることがあげられます。薬剤師である以上はほぼ契約更新されるものの、それでも1年や半年などの更新制になり、正社員に比べると身分が不安定になるからです。

ただ、契約社員とはいっても産休の代打のように、ほぼ確実に契約満了になる形式もあります。この場合はより高い収入を提示されるようになるため、問題ない場合は申し込むようにしましょう。

また高年収を実現できるメリットが大きいのは、契約社員も派遣も同じです。ただ、これら二つは特徴が異なるため、どのような働き方を実現したいのかを考えながら求人を探すといいです。

一般的な薬剤師の働き方とは異なるのが契約社員です。メインとなる勤務形態ではないものの、高年収を実現できる優れた働き方の一つです。転職サイトの担当者と相談しながら、契約社員として高年収を実現しましょう。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事