薬剤師であると、どのような職場へ転職しようか悩んでしまうケースは多いです。そうしたとき、ドラッグストアを広く展開する会社を考える薬剤師は多いです。

高年収を実現できる会社の代表例がドラッグストアです。そうしたドラッグストアの中でも、非常に大きな会社がウエルシアです。

ドラッグストアの中でも、ウエルシア薬局はかなりの高年収であることが有名です。しかも、正社員だけでなくパート・アルバイトの時給も高いです。給料の面であれば、ウエルシア薬局は非常に優れているのです。

ただ、実情についてはどのようになっているのか、転職前にその内情を詳しく理解している人は少ないです。そこで、実際のところウエルシア薬局で薬剤師が働くときはどうなるのかについて解説していきます。

ドラッグストアで平均年収・給料が非常に高い

まず、ウエルシア薬局で薬剤師が働くときのメリットとして最も分かりやすいものに平均年収の高さがあります。ドラッグストアとして非常に売上が大きい会社の中でも、最高レベルの収入を実現できることがウエルシア薬局の薬剤師として働くときの魅力です。

通常、東京や大阪などの都市部であれば中小薬局で勤務するにしても年収450万円ほどが一般的です。ただ、ウエルシア薬局であれば新卒や未経験の状態で入社したとしても年収は500万円以上になります。

例えば、以下は東京にあるウエルシア薬局から出された求人募集です。

基本的にどの店舗でも一律の給料になりますが、このように年収517万円以上です。新卒であっても初任給からこれだけの金額を実現できるのです。

ウエルシア薬局であれば年収600万円であっても普通に達成できますが、これは最初の給料が非常に高額であることが理由としてあるからです。

なお、このときのボーナス(賞与)がどれだけ出されるのかについては全国職かエリア職かによって異なります。

  • 全国職:全国転勤ありで、あらゆる店舗で勤務する
  • エリア職:原則、転勤なしで地域限定勤務をする

最低でも年収517万円ですが、これが全国職で転勤ありの場合はボーナスを含めてより高額な収入になります。転勤ありでも問題ない場合、全国職で活躍しても問題ありません。

なお、全国職であれば地域手当があったり昇給が早かったりします。また、住宅手当(家賃補助)もあります。一方のエリア職だと、そうした手当類はなくなります。

調剤併設店が7割以上で薬剤師として経験を積める

一般的にドラッグストアに薬剤師は常駐していません。ただ、大型店舗のドラッグストアだと薬剤師が在籍していることがあります。

このとき、OTCドラッグストアだと調剤経験を積むことができません。しかし、ウエルシア薬局の場合は調剤併設店が7割以上となっています(ウエルシアHD決算報告書より)。そのため、ウエルシアへ就職する場合はほとんどのケースで調剤を学ぶことができます。

薬剤師は転職する人が非常に多いです。そうしたとき、OTCしか経験がないと「調剤経験なし」となってしまい、優れた条件で勤務することができません。その点、ドラッグストアではあってもウエルシア薬局であれば「調剤経験を問題なく積める」という利点があります。

・業務内容は一般的な調剤薬局と同じ

それでは、ウエルシアで働くときの業務内容はどうなるのかというと、一般的な調剤薬局と変わりがないと考えましょう。調剤併設店とはいっても、業務内容のほとんどは調剤・監査・投薬(服薬指導)です。

もちろん、OTCやサプリメントに関する健康相談を受けることはあります。例えば以下のように、第一類医薬品を販売するために薬剤師が説明する機会があるのです。

ただ、調剤業務の方が役割は圧倒的に大きいです。ウエルシア薬局では調剤併設ドラッグストアで働くようになる確率が非常に高く、仕事内容は調剤薬局で勤務するときと同じと考えれば問題ありません。

しかし、これについては店長の方針次第にもよります。基本的に品出し作業などはないものの、場合によっては薬剤師が調剤だけでなく、その他の業務も含めて幅広く手伝うようになることもあります。その場合、調剤併設ドラッグストアではあっても非常に大変な業務内容になります。

・OTC店では品出しや在庫管理がある

調剤併設ドラッグストアであると、薬剤師は調剤業務に専念することになります。ただ、これがOTCメインだと品出し業務が発生するようになります。基本的にOTC店だとあらゆる店で薬剤師が品出しを担当するため、重労働になるのは仕方ないと考えましょう。

そのため、どの店舗で薬剤師をすることになるのかは重要です。OTCでも問題ないのならいいですが、そうでない場合は転職時に調剤併設店でなければいけないことを伝えるようにしましょう。

ウエルシア薬局の残業代や勤務時間(営業時間)はどうか

一方でウエルシア薬局での残業代についてはどうなのでしょうか。これについては、1分単位で残業代が出されるようになっています。そのため、大企業でありがちな無駄なサービス残業は起こらないのが基本です。

ただ、これについては店長やエリアマネージャー次第になっています。大企業だと、どこも残業を減らすように頑張るケースがほとんどです。そうしたとき、実際には残業がたくさん発生しているにも関わらず、店長やエリアマネージャーの運営方針によって残業代の申請ができないことがあるのです。

つまり、本来は1分単位で残業代が出される社内システムになっているにも関わらず、上の人間の運営方針次第では残業代をもらうことができないのです。

働きやすいかどうかは店長やエリアマネージャー次第ですが、これについては完全なる運だと考えるようにしましょう。実際、最初は優れた管理者に当たったとしても、1年後にダメな管理者が異動してくるケースもあります。大企業だと、どこもこうしたリスクがあります。

・勤務時間は意外と普通

なお、ドラッグストアとはいっても特に勤務時間が長くなるわけではありません。調剤併設店の場合、一般的な調剤薬局と同じような開局・閉局時間に設定していることは頻繁にあります。そのため、19:00や20:00などの店を閉めるのは普通です。

この場合、ドラッグストア部門は開いているものの、調剤部門については時間が来たら閉めるようになります。

しかし、店舗によっては24時間営業であったり、遅番での深夜勤務が必要だったりすることもあります。特にOTCのみの店舗だと、以下のように24:00までの勤務になることがあります。

当然、OTC部門であれば日曜日や祝日であっても出勤があります。薬剤師として正社員をするとき、一般的にOTC店では大変になりやすいです。遅番があり、品出しによる重労働を行う必要があるからです。そのため、こうした現実を理解したうえでウエルシア薬局で勤務しなければいけません。

エリア限定やパート・アルバイトでの勤務であれば、特定の店舗だけで働くようになるので関係ありません。ただ確率は低いものの、場合によっては調剤経験を積めないOTCドラッグストアで勤務するようになることがあるのです。

・調剤を行う店舗でも遅番や24時間営業もある

ただ、調剤併設ドラッグストアの場合は一般的な調剤薬局とは異なり、目の前にある病院やクリニックの営業時間に合わせずに開局していることがあります。こうした深夜労働がある店舗で勤務するようになる場合、OTC店舗でなかったとしてもかなり大変になります。

例えば以下は東京(日本橋)にある、24時間営業で処方せんを受け付けているウエルシア薬局の店舗です。

基本的には一般的な営業時間になることが多いものの、店舗によっては調剤店で遅番をしながら働かなければいけなくなることがあります。また、日曜日や祝日に出勤しなければいけないケースも出てきます。

転職時はどの店舗で働くのか既に分かっている状態であるものの、全国職などで転勤ありだと将来的にこうした店で働くようになる可能性があることは視野にいれておきましょう。

人材不足のため、管理薬剤師は簡単になれる

薬剤師として働くときは最高水準の給料を提示してもらえるため、中途採用で来る薬剤師は比較的多いです。ただ、ウエルシア薬局の場合はそれ以上に店舗拡大をしているため、薬剤師は常に不足がちとなっています。

こうしたことから、正社員として新卒就職や転職で中途入社した後、管理薬剤師に就任するまでであれば、簡単に実現できます。1年ほどで管理薬剤師に就任できることもありますし、どれだけ遅くても3年以内には管理薬剤師として活躍できます。

そのため、「早めに管理薬剤師を経験してマネジメント能力を身に着けたい」と考えている人にとっては、ウエルシア薬局は最適です。

しかし、ウエルシア薬局の場合は管理薬剤師として働くにしても大きな昇給があるわけではありません。ウエルシアでは管理薬剤師手当が月1万円ほどです。非常に少ない管理薬剤師手当となっているのです。

ウエルシアでは簡単に管理薬剤師を経験できるものの、手当は非常に少ないので店長(管理薬剤師)として就任している人であっても薬剤師業務に対するモチベーションはバラバラという現状があります。ちなみに、調剤経験者で中途入社した場合、すぐに管理薬剤師になることができます。

・一人薬剤師の店舗も多い

調剤併設店舗であると、面対応の薬局(あらゆる処方せんを受け付ける薬局)になる確率が高くなります。そうなると、どうしても多くなるのが一人薬剤師の店舗です。

ウエルシア薬局では一人薬剤師で勤務することになる店舗の割合が高いです。そのため、一人だけで調剤や監査、投薬まで担当しなければいけないことも多くなります。

同じ管理薬剤師であっても、一人薬剤師だと人材マネジメント能力を身に付けることはできません。ただ、薬の在庫管理や売上を含めて一つの店舗を管理する経験については問題なく積むことができます。

薬剤師として昇進し、本部へいくのは難しい

新規出店数の多さと薬剤師不足から、管理薬剤師については簡単になることができるものの、エリアマネージャーなどより上の役職への就任についてはどうなのでしょうか。

ウエルシア薬局の場合、管理薬剤師になったとしても手当が月1万円にしかならないため、実際のところ勤務薬剤師であっても管理薬剤師でも収入はそこまで変わりません。そのため、より大きな昇給を目指すのであればエリアマネージャーを含めた上級職に就く必要があります。

しかし、管理薬剤師と違ってより上の職種については簡単になれないようになっています。そのためウエルシアでは最初の給料は高く年収600万円以上であればわりと簡単に達成できるものの、さらに上の給料を目指して役職を高めていくことを考える場合、かなり難しくなります。

ウエルシアは激務でつらい?有給休暇や福利厚生はどうなのか

なお、有給休暇による休みの取りやすさについては、残念ながらほとんど有給休暇を取得できないと考えた方がいいです。

OTCドラッグストアだと日曜日や祝日まで開いており、さらには24時間営業や深夜労働などで簡単には休むことができません。またウエルシア薬局では薬剤師がどの店舗も足りていないので、たとえ調剤併設店であっても薬剤師が有給休暇を取得できる状況ではなくなっているのです。

それどころか一人薬剤師の店舗へヘルプに行く機会もそれなりに多く、休みの日が固定で決まっているわけではありません。そうした中で有休休暇を使うとなると、かなり勇気が必要になります。

もちろん一般的には有給休暇は付与されます。ただ、実質的に利用することはできないと考えて中途採用の募集に応募しましょう。給料は非常に優れているものの、薬剤師不足や休みの取りにくさから不満を覚える人がいるのも事実です。

また、福利厚生については普通です。特に変わった福利厚生制度はありません。住宅手当や産休・育休、退職金などはどこのドラッグストアでも存在します。また、OTCの社割制度もあらゆる薬局で存在するため、福利厚生は特に優れているわけではありません。

他には、福利厚生で研修制度はたくさんあるものの、わりと内容はつまらないものになっています。また忙しい店舗だと、そもそも研修に参加している暇がないほどになります。

管理職は店舗に来ないが評価・昇給は決まる

このとき、実際にウエルシア薬局で勤務してどのように昇給を含めた評価が決まるのかというと、基本的には謎だと考えるようにしましょう。

まず、管理職は店舗に来ることがないので現場の薬剤師の働きぶりを理解していません。こうした中、管理職が現場に来ない状況であっても一応は評価を下されるようになります。

また、登録販売者の店長から評価を受ける店もありますが、このような「薬剤師でない人が薬剤師としての働きぶりを評価する」ことなど普通はできません。大企業ではありがちですが、これはウエルシア薬局でも同様だと考えるようにしましょう。

このとき、自己評価を付けることは可能であり、自己評価を高めに設定するのは昇給のために基本となります。薬剤師はおとなしい人が多いものの、評価を受けるときは高めの点数を付けるようにするといいです。

勤続年数や離職率はどうなっているのか

このとき、ウエルシア薬局での勤続年数や離職率はどのようになっているのでしょうか。これについては、ウエルシア薬局では調剤薬局やドラッグストアの中では勤続年数は長めです。

待遇面でいうと、やはり給与水準が高いからです。他の会社に転職するにしても、かなりの高収入なので収入減になってしまうことが多いです。

実際、調剤経験者であっても転職によって実現できるのは年収500万円ほどが一般的です。管理薬剤師としての転職なら頑張れば年収600万円以上が可能なものの、ウエルシア薬局の場合は勤務薬剤師でも年収600万円が可能です。

こうした高年収にも支えられ、3年ほどで辞める人は少なくなっています。

もちろん、遅番や有給休暇の取りにくさの問題があるので女性薬剤師がずっと仕事を続けていくのは大変です。ただ、男性薬剤師で夜遅くまで残っても問題ない人であれば、給与面での待遇は優れているといえます。そのため、大手の中では勤続年数が長く離職率は少なくなっています。

パート・アルバイトの中途採用募集は時給が高くておすすめ

このように、正社員として転職するときは高収入の反面、考えるべきことも多いです。それに対して、パートやアルバイトとして勤務する場合はどうなのでしょうか。

パート勤務であれば、正社員のように面倒な業務を担当する必要はありません。また、遅番(夜間勤務)などは断ることができます。残業すればその分も報酬として支払われますし、定時退社で帰ることもできます。

特にウエルシア薬局のパート・アルバイトで働く大きなメリットとしては、時給が非常に高いことが挙げられます。最初から時給2,600円以上であり、あらゆる薬局の中でも最高水準です。そのため、高時給を目指す場合はウエルシアを検討してみましょう。

例えば、以下は大阪にあるウエルシアから出されたパート募集です。

どの店舗であっても、このように時給2,600円となっています。薬剤師として効率的に稼ぎたい場合、第一候補の一つがウエルシア薬局です。

ドラッグストアで働くにしても、意外とパートやアルバイトの時給は高くありません。そうしたとき、どの地域・場所であっても時給2,600円を実現できるウエルシア薬局での勤務は口コミ・評判に優れて魅力的だといえます。

深夜バイトをしたい人に向くウエルシア

また、パートやアルバイトで働くことを考えている場合、遅くまで勤務することが問題ないのであれば夜間のアルバイトを選択しても問題ありません。

ドラッグストアを含め、薬剤師で深夜まで働いても問題ない人の数はどうしても少なくなります。そのため貴重であり、夜間だとより高時給となります。ウエルシア薬局でのアルバイトでは時給2,600円ですが、深夜バイトになるとウエルシアでは時給3,250円となります。

具体的には、22:00以降に時給3,250円を実現できます。例えば、以下は東京(新宿)で出されたウエルシアの24時間オープン店舗でも募集です。

夜間のアルバイトであれば、このように高額時給となります。

もちろん、パートやアルバイトで深夜勤務をするときは「23:00までの勤務に限定してほしい」「夜勤でも問題ない」などを選ぶことができるため、都合に合わせて好きなように勤務するといいです。

店舗の状況を転職サイト経由で聞くべき

このように、ウエルシア薬局へ中途採用で転職するときの口コミや評判を含めて、実際のところ現状はどうなのかを確認してきました。

ただ、実際に転職活動をするときは特定の店舗へ転職することになります。たとえ全国職であっても、最初に働く店を決めて転職するのが一般的です。そうしたとき、必ず転職サイトを通じて内情を把握するようにしましょう。

ウエルシア薬局では店長やエリアマネージャーによって方針がバラバラであることは既に述べました。エリアによっては、店長の方針によって残業申請できないことも多いです。そのため、転職を検討している店舗がどのような内情なのか、転職エージェントの担当者を通じて確認を取るようにしましょう。

また、職場見学を実施すればそうした実情に限らず、基本給や仕事内容、薬剤師の人数、研修内容まで含めて現場で働く薬剤師に直接、質問できるようになります。店舗ごとに事情が大きく異なるため、これについては転職サイトをうまく利用しましょう。

ウエルシアの薬剤師で働くときの特徴を理解する

ドラッグストアの中でも、最大級の規模を誇る薬局がウエルシアです。多くの会社が傘下に存在しており、企業規模としては申し分ありません。

それと同時に給与相場も非常に高くなっています。ドラッグストアなので調剤以外にもOTCやサプリメント、雑貨の勉強をしなければならず大変であり、人によってはきついと感じることもあります。ただ、高収入にも支えられて離職率は低くなっています。

パートやアルバイトで働くときであっても時給が非常に高いので手取りが多く、大手の中ではわりとおすすめなのがウエルシアです。

ただ、「残業申請ができるか」「処方せん枚数に対して薬剤師の人数が足りているか」などは店舗ごとに実情が大きく異なります。同じ会社であっても店によって事情が大きく異なるため、これについては事前に確認したうえで転職先の店舗を決めるといいです。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事