専門職である薬剤師をしながら、高い収入を得たいと考える人は非常に多いです。その中でも、年収700万円を目指す人も大勢います。

薬剤師の年収で考えるとき、一つの区切りになるのが年収600万円です。この年収を達成できれば、他の薬剤師に比べて優れた給料を実現しているといえます。

ただ、より上を目指すのであれば年収700万円以上を考えなければいけません。薬剤師としてのスキルを磨いたり、待遇の良い薬局へ転職したりして、労働条件の優れた職場を探すのは基本となります。

しかし、年収600万円の実現でさえ非常に難しいのに年収700万円となると、どのようにして達成すればいいのか、その方法が分かりません。そこで、「薬剤師が年収700万以上の収入を得るために必要な方法や求人の見方」について解説していきます。

年収700万円は戦略が必須となる

当然ながら、普通に薬剤師として働いても年収700万円を達成することはできません。同じ会社で務めている以上、収入の上限は決まってしまうのです。転職を含め、会社を変えることによって優れた条件を提示してくれる求人へ申し込まなければいけません。

このとき、どのようにすれば年間の給料で700万以上を実現できるかというと、例えば以下のような方法があります。

  • 田舎僻地の管理薬剤師
  • 特殊な薬局(新規出店、残業多めなど)
  • エリアマネージャー
  • ラウンダー
  • 契約社員
  • ダブルワーク

こうした中から選ぶのが一般的です。それぞれの求人について、どのような中途採用の募集があるのかを、確認していきます。

田舎僻地の管理薬剤師

田舎僻地にある薬局の場合、新卒であったとしても最初から年収600万円が提示されることは広く知られています。薬剤師が非常に少ない田舎の調剤薬局や調剤併設ドラッグストアで勤務するだけで、何十年も薬剤師をしているその他の薬剤師よりも高い給料を得られるようになるのです。

このとき、田舎に立地する薬局で勤務するときに「一般薬剤師ではなく、管理薬剤師の募集」を出していることがあります。管理薬剤師なので当然ながら求人数は少なくなりますが、管理薬剤師だと提示される給料がさらに高くなって年収700万円以上になるのです。

例えば、以下は静岡にある2店舗経営の薬局から出された求人です。

管理薬剤師の募集ですが、年収700万以上となっています。こうした田舎の薬局だと勤務薬剤師でも年収600万円となるため、管理薬剤師ではさらに高額の年収700万以上になるのは当然なのです。

ちなみに、特に管理薬剤師としての経験がなかったとしても、離島や北海道の僻地を含め誰も行きたがらない薬局であれば、勤務薬剤師であっても年収700万円の求人が出されるのは普通です。例えば、以下は北海道の帯広にある薬局から出された募集です。

調剤経験が浅い薬剤師であっても、最初から年収700万円が提示されます。田舎にある薬局の中でも、さらに離島や北海道などの要素が加わると提示される給料が高額になります。

特殊な薬局で高い給料・収入を目指す

また、こうした僻地にある薬局でなくても、少し特殊な薬局で勤務するという方法もあります。高い給料が提示される、それなりの理由がある調剤薬局や調剤併設ドラッグストアで勤務するのです。

どのような形態の薬局で高い収入を得られるのかというと、例えば以下のようなケースがあります。

・新規出店での管理薬剤師

新たに店舗を構える場合、ゼロからのスタートになります。店舗でのルールなど何も決まっておらず、既存店舗へ転職して働くよりも当然ながら大変です。

ただ、新たに店舗を作るとなると当然ながら薬剤師が足りません。どの薬局も慢性的に薬剤師が足りておらず、新規店舗で管理薬剤師に適任の人となるとさらに数が少なくなります。そのため、新規店舗の管理薬剤師の求人では年収が高くなり、場合によっては年収700万円以上になることがあるのです。

例えば、以下は実際に新規開局薬局で出された管理薬剤師の募集であり、年収700万以上となっています。

富山の求人とはいっても、県庁所在地に当たる富山市に立地する薬局なので本来はここまで高額な給料は提示されません。ただ、新規店舗の管理薬剤師なのでこれだけ高い収入を得られるようになっているのです。

・忙しく残業の多い薬局での管理薬剤師

また、単純に非常に多くの処方せんが集まり、忙しく働かなければいけない薬局の管理薬剤師であると、それだけ高額な求人が提示されるようになります。

さすがに東京都内だと厳しいですが、大阪や名古屋、福岡、横浜あたりの都市部であれば年収700万円の管理薬剤師求人が出されることがあります。

例えば、以下は愛知県名古屋市にある調剤薬局から出された管理薬剤師の求人です。

普通の薬局から出された求人ですが、名古屋にも関わらず年収700万以上です。これは、規模が大きく残業が多くなるなど、それだけ忙しく動き回らなければいけない薬局だからです。多少の残業があっても問題ない場合、管理薬剤師としてこうした求人へ申し込めば問題ありません。

・一人薬剤師の求人で活躍する

特殊な店舗の中でも、一人薬剤師で勤務する形態の店舗はそれなりに数があります。こうした一人薬剤師であると、一般的に提示される給料が高くなります。すべての店舗マネジメントを自分一人だけで行わなければいけないからです。

誰でも一人薬剤師をできるわけではありません。ある程度、薬剤師として経験をもった人である必要があります。そうでないと一人だけで服薬指導はできません。また、トラブル時は一人だけで対処できるスキルが必要になります。

そのため店舗によっては、一人薬剤師の求人で年収700万以上となっていることがあります。例えば、以下は鹿児島の薬局から出された一人薬剤師の募集です。

年収700万からのスタートであり、このように高額求人になっていることが分かります。調剤、監査、投薬(服薬指導)までを一人で行う大変さはあるものの、複雑な人間関係に悩むことはなく楽な気持ちで調剤をすることができます。

・在宅や漢方など、高いスキルを要求される

また、「高い知識レベルを要求されるために、誰でも受け入れてくれる薬局ではないケース」でも、高い収入を得られるようになります。薬剤師は一般的に楽な働き方を考える人が多いため、たくさん勉強して患者さんに貢献できる人ほど、転職によって高給を得られるようになるのです。

例えば、一般的な薬剤師としての知識なら数年の経験があれば誰でも保有しています。これに加えて、在宅や漢方まで含めて学びたいと考えている人であれば、より高い年収が提示されるようになります。

もちろん、施設在宅や玄関先で薬を渡すだけの在宅ではなく、上の写真のようなきちんとした在宅になります。漢方にしても、ツムラの漢方薬を調剤するだけでなく、きざみや煎じ薬を含めた薬を取り扱うレベルとなります。

こうしたレベルの高い薬局では高額求人になりやすいです。例えば、以下のような薬局です。

この薬局では、以下のように在宅でも漢方でも本格的な取り組みをしていることが分かります。

愛知の中でも田舎にある薬局であり、さらに高度な薬剤師業務が必要になることから、このように年収700万以上と高額求人になっています。

エリアマネージャーは高給となる

また、エリアマネージャーとして転職することにより、高い給料を得られるようになります。管理薬剤師の上位に当たる職業がエリアマネージャーであるため、それだけの年収が提示されるのです。

特に大手チェーン薬局で勤務している人だと、エリアマネージャーであっても非常に安い収入で我慢しなければいけません。そうした人であれば、エリアマネージャーとして他の薬局へ転職するだけで簡単に年収アップを実現できるようになります。

エリアマネージャーであれば、東京や大阪を含め都市部であっても年収700万以上を実現できます。例えば、以下は神奈川県横浜市にある調剤薬局から出されたエリアマネージャーの求人です。

この求人では即戦力を求めているため、経験者でなければ応募できません。既にエリアマネージャーとして働いているものの、安い給料で働かされている人にとっては非常に優れた求人になります。

ラウンダーは高額求人が基本

複数の店舗を掛け持ち勤務するラウンダー薬剤師を目指すという方法であっても、年収700万円を達成できるようになります。常にヘルプ要因として勤務することになるため、勤務時間は日によってバラバラです。薬局によって勤務時間が異なるからです。

また、通勤方法も違ってきます。あるときは車を利用しなければ無理な場所にある薬局へ行き、ある日は駐車禁止なので電車通勤が必須の薬局で働くようになることは普通です。そのため通常の薬剤師よりも大変になり、管理薬剤師よりも高い給料が提示されるのが普通です。

ラウンダーであると、東京や大阪でも年収600万以上が当然になります。ただ、場合によっては年収700万以上も可能になります。

例えば、以下は大阪の調剤薬局から出されたラウンダー募集であり、年収700万円からとなっています。

それぞれ場所が離れた薬局で掛け持ち勤務することになるため、毎日起きる時間が異なりますし通勤時間も違ってきます。ただ、このように都市部であってもラウンダーであれば高い収入を得られるようになります。

契約社員で年間更新制の勤務をする

一般的には、正社員で働くことを多くの薬剤師が考えます。ただ、正社員ではなく契約社員として勤務し、高年収を実現する方法もあります。

正社員よりも契約社員の方が給料は高くなります。正社員は法律によって解雇できませんが、契約社員であれば年間更新制なので問題なく契約解除できるからです。その代わりとして高給になっているため、契約社員として期間限定で勤務することを考えても問題ありません。

こうした契約社員として高額求人を提示する薬局では、「正社員を採用するためのつなぎ」として契約社員を雇うことを考えています。そのため、「ずっとその地域に永住するつもりはないが、一定期間だけ高い収入を得るために働く」ことを考えている人にとって契約社員は最適です。

また、実際のところ正社員の薬剤師を見つけるのは非常に大変なため、契約満了になってもそのまま継続して更新されることは非常に多いです。そのため、契約社員とはいっても正社員とほぼ同等の条件で勤務できるようになります。当然、福利厚生も正社員と同じです。

契約社員だと年収600万円を問題なく達成できますが、年収700万以上だと田舎の薬局が多くなります。例えば、以下は田舎にある薬局から出された契約社員の求人です。

2年更新制の薬局であるため、少なくとも2年間は高い収入を得ながら働けるようになります。田舎の薬局なので遊ぶ場所はなく、たくさん貯金できるようになると考えてください。

ダブルワークによる派遣勤務も効果的

なお、東京や大阪を含めて年収700万円以上を稼ぐことを考えたとき、一つの薬局やドラッグストアに勤務するだけで、この年収を達成するのはやはり難しいです。管理薬剤師としてそれなりにスキルがあったり、田舎の薬局で勤務したりしなければいけません。

ただ新卒の薬剤師であっても、都市部で問題なく年収700万円を唯一達成できる方法があります。それがダブルワークです。副業として他の薬局でも勤務することによって高年収を実現するのです。

派遣薬剤師であれば、高い時給を実現できます。時給3,000円以上は普通なので、こうした薬局で派遣業務を考えるようにしましょう。

例えば、以下は東京の薬局から出された派遣求人です。

このように、時給2,800~3,300円と高額になっています。この薬局では9:00~19:00の勤務であり、仮に休憩1時間だとすると1日9時間勤務です。時給3,000円で週2日(月8日)の勤務をすると、月の収入は以下のようになります。

  • 時給3,000円 × 1日9時間 × 月8日勤務 = 21万6,000円

年間で考えると259万2,000円です。つまり、年収が約440万円以上の薬局で勤務すれば達成できます。東京でも中小の薬局なら新卒で年収450万円以上が普通です。そのため、ダブルワークをすれば誰でも年収700万以上が可能になります。

なお、派遣求人はどの転職サイト(派遣会社)でも取り扱っているわけではないため、利用する転職エージェントを見極めなければいけません。このとき、派遣求人をたくさん保有している転職サイトとしては「薬キャリ」「お仕事ラボ」が有名です。

福利厚生を含めた手取り年収で計算する

ただ、このとき注意しなければいけない点があります。それは、福利厚生です。年収額だけに着目しがちですが、本当に重要なのは福利厚生です。福利厚生の内容が違うだけで、手取り額が年間にして50万円以上も違うことはよくあります。

最も大きいのは住宅手当です。家賃補助がどれだけ出されるのか、しっかり確認するようにしましょう。

例えば、「月5万円の住宅手当のある薬局」と「家賃補助のない薬局」では、手取り額が年間60万円も違ってきます。たとえ年収700万円の中途採用求人であっても、住宅手当がない場合は条件が悪いといえます。

・残業代も重要になる

また、同じく考えるべきものに残業代があります。残業代については求人票に書かれていないことがあるため、残業代が発生するのかどうかについて事前に調べなければいけません。

例えば時給3,000円で働くとき、毎日1時間の残業があるにしても月の残業代は以下のようになります(月20日働くと仮定)。

  • 時給3,750円 × 1日1時間 × 月20日 = 75,000円

このように月75,000円の残業代であり、年間では90万円です。日本では週40時間を超えた労働(残業)については、25%の割増賃金になるように設定されています。そのため時給3,000円なら、残業部分は時給3,750円になります。

そのため、残業代が出されるかどうかは収入に大きくかかわってきます。例えば、以下は大阪にある薬局から出された求人ですが、借り上げ社宅付きであり、さらには残業代も別途支給される高額求人です。

年収700万円からのスタートですが、借り上げ社宅があったり、残業代が別に支給されたりするため、実質的に年収800万円を大幅に超える中途採用求人になります。

転職サイトを利用して高額求人を探す

ただ、実際のところ自力でこうした高額求人を探すのは不可能に近いです。管理薬剤師の求人が公式サイトなどで公募されることはほぼありませんし、エリアマネージャーやラウンダーなどになるとさらに希少求人になります。

派遣薬剤師として活躍するにしても、派遣会社(転職サイト)の登録が100%の確率で必要になります。

こうした事情があるため、年収700万以上の薬剤師として転職する場合、転職エージェントを利用するのが基本です。転職サイトを利用し、多くの求人から選ぶからこそ優れた条件での転職が可能になるのです。

当然、転職で成功する薬剤師であるほど一社だけでなく、3つ以上の転職エージェントを利用します。一つだけでは求人数が圧倒的に少なくなるからです。

年収600万円での転職でさえ実現が難しいのに、さらなる高額求人を目指すわけです。そうなると、1つの転職サイトにつき年収700万以上の求人数はわずかです。ただ、複数の転職エージェントを利用すれば選べる求人数が多くなります。また、優れた担当者と巡り合える確率も高くなります。

薬剤師の転職で失敗する理由の一つが「一社しか転職サイトを利用しなかった」ことがあります。いくつもの転職エージェントを利用し、いろんな求人の中から選ぶようにしましょう。

薬剤師として年収700万超えをする

高額求人として年収700万円があります。薬剤師が年収700万以上を考える場合、同じ会社で普通に働いていても無理です。転職を含め、優れた条件を提示してくれる薬局を探さなければいけません。

このとき管理薬剤師以上の経験をもつ人でなければ、基本的には年収700万円を達成できません。

田舎の薬局であったり、新規店舗であったりといった理由がある場合、管理薬剤師として転職することで年収700万円の高額求人が提示されるようになるのです。他には、エリアマネージャーやラウンダー勤務という方法も存在します。

また勤務薬剤師であっても、契約社員やダブルワークを考えるのであれば年収700万以上になります。特別のスキルのない薬剤師であっても、方法によっては高給を実現できます。

ただ、このときは収入の額面だけを考えるのではなく、福利厚生まで確認しましょう。住宅手当や残業代を含め、その他の待遇まで見比べることで優れた求人かどうかを確認できるようになります。

ここまでを理解したうえで、薬局の求人を探すといいです。いくつもの転職サイトを活用し、担当者と相談しながら高額求人を根気強く見つけるようにしましょう。


薬剤師転職で失敗しないために必要な理想の求人・転職先の探し方とは!

薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

オススメの転職サイトと特徴の違い

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事