一般的には、新卒入社や未経験での転職、ブランクありの復職で薬剤師が転職サイトを利用する場合、正社員やパート・アルバイトとして働くようになります。

ただ、中には派遣薬剤師として活躍できないかと考える人がいます。正社員やパート・アルバイトよりも高い給料を実現できるのが派遣薬剤師です。非常に時給が高いため、派遣勤務を選択するだけで高年収になるのです。

しかし、一般的に派遣薬剤師は即戦力を求めます。そうしたとき、新卒入社や未経験、ブランクありの状況で派遣薬剤師が可能になるのか不安に考えてしまいます。

結論からいうと、たとえ新卒での就職であったりブランクありであったりしても派遣薬剤師として勤務することができます。具体的にどのように考えて転職サイトを利用して派遣薬剤師として活躍すればいいのかについて解説していきます。

派遣薬剤師で短期の即戦力を求める理由

先ほど述べた通り、調剤薬局やドラッグストア、病院が派遣薬剤師を求める理由は単純です。それは、即戦力を求めているからです。

一般的には、派遣薬剤師は薬局で服薬指導をすることになります。薬の監査を行い、服薬指導(投薬)をして、薬歴を記入するのです。どれだけベテランの薬剤師であっても、新しい薬局で働くときに「棚のどこに薬があるのか。分包機の取り扱い方はどうなるのか」は理解していません。薬局ごとにルールが異なるからです。

そこで、そうした薬局やドラッグストアのルールに関係なく誰でもすぐに仕事を行ってもらうため、派遣薬剤師は服薬指導の仕事がメインになるのです。

そのため薬局や病院などで調剤経験がある薬剤師の場合、問題なく派遣求人へ応募して活躍できるようになります。しかし、これが新卒での就職や調剤未経験での転職、ブランクありであると、適切な投薬ができません。そのため、派遣薬剤師として働くのが非常に難しくなるのです。

薬剤師が不足しているからこそ、薬局はすぐに活躍してくれる派遣を依頼します。派遣薬剤師の時給が高いのは、経験者を求めているからです。

調剤薬局やドラッグストアに存在する未経験OKの求人

こうした大前提があるので、新卒での就職活動で派遣を考えたり、ブランクありの状態で派遣登録したりしても求人数は非常に少ないと考えるようにしましょう。

ただ、完全にゼロかというと必ずしもそういうわけではありません。ある程度の高時給を実現して、高い年収を確保することは可能なのです。例えば、以下は京都にある調剤薬局から出された求人募集です。

このように、派遣求人ではあるものの「未経験・ブランクありの方も歓迎」とあります。こうした求人であれば、問題なく応募できるようになります。それでいて、時給3,000円からと非常に高いです。

他には、そもそも調剤経験が関係ない募集も存在します。こうしたものとして、OTCドラッグストアの募集があります。例えば、以下はOTCや調剤を含めて未経験の人であっても問題なく受け入れてくれる求人です。

三重県の求人ですが、東京や大阪、名古屋、福岡などの都市部に限らずこうした地方であっても未経験可能な派遣求人が出されるのです。

・病院の求人は存在しない

なお、薬局やドラッグストアであれば稀にこうした求人が出されるものの、病院薬剤師で同じように新卒・未経験やブランクありの人に対して派遣求人が出されることはありません。

病院薬剤師の場合、薬局やドラッグストアに比べると派遣での求人数が少なくなります。これが未経験やブランクありになると、当然ながら求人数ゼロとなります。

そもそも調剤薬局でさえ、調剤未経験の派遣薬剤師を受け入れてくれるケースがほとんどありません。そのため、病院の場合はほぼ無理だと考えるようにしましょう。

年収・時給相場はそこまで高くならない

なお、先ほどは時給3,000円以上の求人を掲載しましたが、特に未経験やブランクがある場合、たとえ派遣であってもここまでの時給にはならないことが多いです。

もちろん調剤経験者が派遣薬剤師へ転職する場合、時給3,000円以上が一般的です。東京や大阪であっても、高時給となります。しかし未経験やブランクであると、たとえ派遣で受け入れてくれたとしても、最初から時給3,000円になるのは非常に珍しいと考えるようにしましょう。

一般的なパート・アルバイトだと、未経験でも時給2,000円です。

ただ、派遣薬剤師だと薬局側の負担は非常に多くなります。一般的には、派遣会社の仲介料(マージン)は30%ほどです。そのため、例えば時給3,000円で派遣薬剤師を雇うとすると、会社にとってみると実質的に4,300円ほどの時給となってしまうのです。

「4,300円 × 30% = 約1,300円(正確には1,290円)」が派遣会社のマージンであり、4,300円から1,300円を引いた時給3,000円があなたの給料となります。このように、時給3,000円で派遣薬剤師を作用するとなると、薬局やドラッグストアは実質時給4,300円ほどの支払いが発生するようになります。

最初から問題なく即戦力として働いてくれるのであれば問題ありません。ただ、未経験やブランクなどによってそうでない場合、派遣であっても時給2,300円や時給2,500円からスタートになるのは珍しくないと考えるようにしましょう。ただ、それでも一般的なパート・アルバイトよりは条件が良いです。

紹介予定派遣なら誰でも可能

ちなみに、一般的な派遣薬剤師の求人であると非常に募集の数は少なくなってしまいますが、紹介予定派遣という形であれば、新卒での就職や調剤未経験での転職、ブランクありの復帰を含めて多くの求人が出されるようになります。

一般的な派遣と紹介予定派遣は異なります。派遣として働くことは同様ですが、派遣としての契約が満了した後に正社員またはパート・アルバイトとして働くことを前提にした形態が紹介予定派遣になります。

もちろん、必ず正社員にならなければいけないわけではありません。双方の合意がなければいけないため、断っても問題ないのです。また、反対に勤務先の薬局や病院から「やっぱり採用をやめた」と断られることもあります。あくまでもお互いが納得したときだけ、正式入社となります。

紹介予定派遣の最大のメリットはお試し勤務できることがあります。実際に働いてみなければ職場の雰囲気や労働環境は分かりません。これらを理解したうえで薬剤師として活躍できるというメリットがあります。

また、正社員またはパート・アルバイトとして就職することが前提となっているため、調剤未経験やブランクありの状態であっても問題なく求人先の会社は受け入れてくれます。例えば、以下は東京にある調剤薬局から出された紹介予定派遣です。

大学病院の前にある薬局であるため、さまざまな処方せんを受けることができるので勉強できます。

未経験やブランクありの状態だと、最初はどうしても処方せん通りに薬を棚から取るピッキングであったり、粉薬の調剤だったりする作業がメインになります。即戦力ではないため、これについては仕方ありません。

ただ、こうした薬剤師としての基本的なスキルをゼロから教えてもらうことができます。薬剤師としての経験を積みながら、派遣薬剤師としてそれなりに高い時給を実現して勉強することが可能になっているのです。

派遣以外での働き方も含めて検討する

なお、紹介予定派遣のような勤務方法ではなく、一般的な派遣薬剤師と同じように働きたいと考える場合はどのようにすればいいのでしょうか。

このとき、派遣薬剤師として勤務を考えている人では主に以下の理由が存在します。

  • 高年収を実現したい
  • 週3日の勤務などの勤務で効率的に稼ぎたい
  • 短期間だけ働き、長期休暇を満喫したい

これらの希望を実現しようとするとき、確かに派遣であれば可能です。しかし、調剤未経験やブランクありだと求人数が非常に少なくなることから、代替案によってこれらを実現する方法はないのでしょうか。これについて、より詳しく確認していきます。

・高年収を実現したい

派遣薬剤師だと時給が非常に高くなるため、東京や大阪などの都市部であっても高年収になります。しかし、新卒を含め未経験の人が同じ待遇を受け取れるようになることはありません。そのため、経験者と同等の給料を実現するのは不可能です。

ただ、田舎僻地にある薬局であれば新卒薬剤師であったとしても問題なく高年収を実現できます。例えば、以下は北海道にある調剤薬局の求人です。派遣ではなく、正社員としての募集です。

このように、最初から年収650万円です。たとえ新卒であっても問題なく高い給料になります。

ちなみに、私は新卒薬剤師のときに島根県のド田舎で働いていたのですが、その周囲にある薬局薬剤師は新卒でも年収600万円でした。田舎の薬局であれば、派遣薬剤師を考えなくても高給料を実現できます。

・週3日などの勤務で高年収を実現したい

また、週2~3回など少ない勤務日数で高い時給にしたいと考えるのであれば、派遣でなくパート・アルバイトでも問題ありません。さすがに未経験で時給3,000円はほぼないですが、時給2,500円以上であれば、パート・アルバイトであっても求人が存在します。

例えば、以下は大阪にある薬局のパート・アルバイト求人です。

このように、未経験やブランクありを歓迎しています。さらに、時給2,600円からのスタートと高額です。こうした求人を選べば、派遣でなくても週3回ほどの勤務で最初から高い給料を実現できます。

・短期間だけ働き、長期休暇を満喫したい

人によっては、3ヵ月や半年などで集中して勤務し、残りの期間を長期休暇にしてプライベートを充実させたいと考える人がいます。長く海外旅行をしたいと考えている人では、特にこうした派遣薬剤師が多いです。

このような「特定の期間だけ集中して働く」ことについては、正社員やパート・アルバイトでは実現できません。契約満了の期間が存在する派遣薬剤師特有の活躍方法だといえます。

新卒・未経験やブランクありの薬剤師がこうした働き方にあこがれる場合、確かに派遣として働ける求人を何とかして見つけた方がいいかもしれません。

ただ、その場合は以下の条件をのむようにしましょう。

  • 契約期間は半年以上
  • 勤務地はどこでも問題ない

即戦力でない以上、仕事を覚えるには時間がかかります。そのため、最低でも半年間以上の契約で勤務するようにしましょう。できれば、1年間はきちんと調剤スキルを学べる環境を作るようにした方がいいです。そうすれば、契約が切れて他の薬局や病院で働くようになったとしても経験者として良い条件で転職できます。

また、非常に求人数が少ないことから、「あなたが住んでいる地域周辺の募集」に限定してしまうと、ほぼ確実に転職できなくなります。募集自体が稀なので、受け入れてくれる薬局が見つかれば「遠方の場所であっても、あなたがその地域へ出向いて働く」ことを含めて検討するようにしましょう。そうでなければ、良い求人を見つけられなくなります。

未経験やブランクありの薬剤師で派遣を目指す

ここまでのことを理解したうえで、新卒・未経験やブランクありの薬剤師は派遣を考えるようにしましょう。一般的な派遣薬剤師を務めるには、調剤経験が必要です。それがない場合、いわゆる派遣薬剤師は非常に難しいと考えた方がいいです。

もちろん、ここまで述べた通りそうした案件がゼロなわけではありません。そのため、あなたがそうした求人を提示してくれる薬局へ申し込み、勤務地に関係なく働けるのであれば問題なく新卒就職でもブランクあけの中途採用でも受け入れてくれるようになります。

また、一般的な派遣ではなく紹介予定派遣という働き方であれば、たとえ調剤未経験の状態であったとしても問題なく勤務できるようになります。紹介予定派遣なら、多くの求人が存在します。

そうして転職サイトを利用して求人を探すことになるのですが、派遣を取り扱っている転職エージェントを利用するようにしましょう。正社員やパート・アルバイトに限らず、派遣であっても問題ない転職サイトに登録すれば、派遣薬剤師の求人まで含めながら就職先を選べるようになります。

こうした転職エージェントを複数活用することで、多くの求人の中から選べるようになります。このとき利用すべき転職サイトには、以下の2つがあります。

・薬キャリ

正社員やパート・アルバイトに限らず、派遣薬剤師を含めて非常に多くの求人数を誇っている転職サイトが薬キャリです。求人件数だけで考えれば、転職エージェントの中でもトップクラスです。

新卒や未経験、ブランクありの状態で派遣を含めた案件を探すには、多くの求人の保有がなければ実現できません。そのため、薬キャリを活用してピッタリの求人募集を探すようにしましょう。

・ファルマスタッフ

転職エージェントの中でも、派遣薬剤師に対して特に強みをもつ転職サイトがファルマスタッフです。当然、派遣に強いとはいっても正社員やパート勤務の求人も多数保有しています。

未経験やブランクありの状態で派遣を検討しているのであれば、並行してファルマスタッフも活用する必要があります。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファルマスタッフ

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。

ファルマスタッフのインタビュー記事

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事