西日本で一番の人口を抱える地域として大阪 があります。関西で薬剤師をすることを考えるとき、多くは大阪で働くことになります。

ただ、大阪とはいっても求人へ応募するときは年収相場に地域差があります。また、都市部なので応募できる求人募集はさまざまです。

そうしたとき、どのような求人へ申し込めばいいのか事前に理解しておくとスムーズです。薬剤師の求人にも特徴があるため、大阪で転職するとき事前に求人内容について理解しておくのです。

そこで大阪府の求人へ応募し、転職するときに考えるべきことについて確認していきます。

平均年収・給料の劣る大阪府

薬剤師の収入は一般的に田舎の地域に行くほど高くなります。そのため、都市部に当たる大阪府ではどうしても平均年収は低くなってしまうと考えましょう。

それでは、どれだけ給料の相場が劣るようになるのでしょうか。これについては、厚生労働省が賃金データを発表しています。大阪で薬剤師をしたときの平均年収と全国での平均年収は以下のようになっています。

都道府県 平均年収 平均月収 平均賞与
大阪 509.9万円 35.3万円 86.3万円
全国 526.1万円 37.6万円 74.9万円

出典:厚生労働省「2018年賃金構造基本統計調査」

一般企業であれば、都市部に行くほど給与水準は高くなります。ただ、薬剤師だとこのように都市部だからといって高給を実現できることはなく、むしろ低めの年収になると考えましょう。

これは、大阪にいる薬剤師が多いからです。需要と供給の関係から、大阪ではそこまで高い年収を提示しなくても薬剤師が集まるようになるのです。

大阪市・堺市が中心になる薬剤師の中途採用募集

それでは、薬剤師の求人募集がどこで出されるのかというと、そのほとんどが大阪市になります。大阪にある求人募集のうち、全体の4割ほどが大阪市になると考えるようにしましょう。

もちろん、大阪市とはいっても場所はバラバラです。大阪では以下のような24の区があります。

鶴見区、阿倍野区、西区、港区、大正区、天王寺区、浪速区、西淀川区、淀川区、東淀川区、東成区、北区、都島区、福島区、此花区、中央区、生野区、旭区、城東区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区、西成区

北区には大阪駅のある梅田が存在しますし、中央区には本町や難波、天王寺区には天王寺がありますが、それぞれの区で求人が出されると考えましょう。

例えば、以下は大手転職サイトで掲載されている大阪での求人ですが、ほぼ大阪市に求人が存在しており、あらゆる区で募集があることが分かります。

大阪市に比べると、堺市では求人数が少なくなります。それだけ、調剤薬局や調剤併設ドラッグストア、病院、一般企業の求人が大阪市に集中しているのです。

当然、大阪市や堺市に限らず豊中市や吹田市、東大阪市、八尾市などでも求人はそれなりにありますが。ただ、大阪市に比べると募集数は少なくなると考えればいいです。

梅田や天王寺など都市部ほど正社員の収入は低く、開局時間は長い

ただ、求人が多いとはいっても都市部であるほど薬剤師として働くときの条件は悪くなりやすいのは絶対的な法則となっています。

これが特に梅田や天王寺など非常に多くの人が行きかう場所になると、中小薬局でどれだけ年収が高いとしても、正社員で年収450万円が上限だと考えるといいです。稀に個人薬局で年収500万円ほどを提示しているケースはあるものの、ほぼ存在しないと考えましょう。

それでいて、オフィスビルが密集しているなど都市部の薬局になるほど開局時間は長くなります。住宅エリアにある薬局であればそうでもないですが、オフィス街だと一般的に長く働かなければいけないと考えましょう。

例えば、以下は大阪市北区(梅田)にある調剤薬局の求人です。

今回は年収420万円ですが、このような低収入が一般的です。他の求人を探しても、高くても未経験で年収450万円の求人しかありません。また、この求人では9:00~20:00の開局ですが、このように拘束時間は長くなります。堺市でも同じ傾向になると考えましょう。

ただ、これが大阪府南部などになると年収相場は高くなります。関東でも関西でも、経済の中心部から離れるほど提示される年収は高くなりますが、これは大阪でも同じです。

また、田舎の地域に行くほど管理薬剤師の担い手が少なくなるため、結果として管理薬剤師などの高年収案件が出されやすくなります。例えば、以下は岸和田市で出された管理薬剤師の求人募集です。

普通の管理薬剤師ですが、田舎の地域ではこうした募集が出されるようになります。もちろん、一般薬剤師であっても提示される収入の金額は上昇しやすくなります。

関西で調剤薬局・ドラッグストアの高給求人は少ない

大阪市の調剤薬局で働くとなると、頑張っても未経験なら年収450万円です。これが大手調剤薬局チェーンになるとさらに提示される年収は低くなり、条件面では悪くなると考えましょう。

ただ、こうした給料が嫌な場合は、一般的に「ドラッグストアへ転職する」という方法があります。関東であれば、高収入を実現できるドラッグストアがたくさんあります。しかし、大阪を含め関西だと高給を実現できるドラッグストアが少なくなります。

大阪の経営者がケチなのかどうかは不明ですが、ドラッグストアであっても関東に比べると年収は低めなのです。しかし、「主に関東で展開しているドラッグストア」をメインとして、最初から高い給料を提示してくれるドラッグストアは存在します。

例えば、以下は関東で広く展開している調剤併設店の募集です。

堺市での募集ですが、年収517万円以上です。年収の高いドラッグストアとして知られれている会社ですが、こうしたドラッグストアが関西で店舗展開している場合は高給を実現できます。

大阪を含め関西ではドラッグストアであっても高年収を実現しにくくなっていますが、中にはこうした薬局も存在します。どうしても数は少なくなりますが、探せば高年収を実現できる求人は存在するのです。

理由のある薬局で高年収を目指す

なお、経営者がケチな人が多いために高年収の実現が難しくなる大阪ですが、薬剤師で年収600万円以上が無理なわけではありません。

前述の通り、大阪府南部で管理薬剤師をすれば年収600万円以上が可能です。ただ、大阪市や堺市の周辺の薬局で働いたとしても、方法によっては高給取りを実現することができます。

当然、訳ありの求人にはなりますが、理由に納得できるのであれば特に大きな問題にはなりません。これには、例えば以下のような募集があります。

・勤務時間が長めの管理薬剤師

管理薬剤師として働くとき、調剤薬局やドラッグストアによっては「勤務時間が長くなる」と最初から提示している薬局があります。こうした薬局の管理薬剤師であれば、会社によっては高年収を提示してくれることがあります。

残業が発生することを見込んで高めの年収となっていますが、残業があって夜遅めの帰宅になっても問題ない場合は、こうした求人に応募しても問題ありません。

例えば、以下は大阪市平野区の調剤薬局から出された管理薬剤師の求人です。

年収650万円ですが、勤務時間は9:00~20:00です。休憩1時間だとすると、1日10時間労働になります。

ただ、梅田や天王寺の周辺をはじめとして「管理薬剤師で拘束時間が長いにも関わらず、年収500万円ほどの薬局」はたくさん存在します。その場合は転職すれば、同じような忙しさにも関わらず年収アップを実現することは容易になります。

なお、管理薬剤師でなく一般薬剤師だったとしても、勤務時間が長ければ年収550万円が可能な求人は存在します。ただ、その場合は大阪市の中でも梅田などの中心部を外す必要は出てきます。

・複数店舗勤務のラウンダー

管理薬剤師よりも高い年収を実現できる薬剤師としてラウンダーは有名です。複数店舗を掛け持ち勤務するのがラウンダーであり、大阪でもラウンダー薬剤師の求人は存在します。

ラウンダーだと、店舗ごとに出勤時間が違いますし、通勤方法や通勤時間もバラバラです。そのため業務は大変になりやすいですが、どれだけ年収が低くても600万円になります。そのため、どのような処方せんが来ても対応できる自信がある場合、ラウンダー薬剤師の選択によって高年収を実現しても問題ありません。

例えば、以下は複数店舗で勤務するラウンダー求人です。

大阪市中央区が本社の調剤薬局ですが、大阪市から豊中市までの店舗で勤務する中途採用募集となっています。

大阪府でのパート・アルバイトは2,000円が基本

なお、全員が正社員をするわけではなくパート・アルバイトとして薬剤師をする人も多いです。このときはどれくらいの平均時給になるのでしょうか。

大阪の経営者はケチであるため、正社員の給料が低めなだけでなく、パート薬剤師についても低めの時給を提示する薬局が多くなります。実際に転職サイトに登録して大阪の求人票を見れば分かりますが、なぜか関西だと時給1,800円の求人割合が高くなるのです。

例えば、以下は大阪市西区にある調剤薬局のパート求人です。

時給1,800円の求人を平気で提示する薬局は珍しいですが、大阪ではむしろ普通です。

しかし、こうした人件費を削ろうとする薬局はブラックな可能性が高いため、申し込んではいけません。薬剤師の一般的な時給は2,000円ですが、必ず2,000円以上の時給を提示してくれる調剤薬局やドラッグストアを選ぶといいです。

なお、調剤経験者だと全国的には時給2,300円や時給2,500円が普通なのですが、大阪だと条件が良い薬局でも時給2,300円ほどに留まることが多いです。正社員に限らず、パート・アルバイトの平均時給も低めになりやすいのが大阪だと考えましょう。

派遣社員では3,000円以上の高時給求人がたくさんある

このように収入が低くなりがちな大阪ですが、唯一の例外として派遣社員があります。派遣では高時給が可能になりますが、大阪でも派遣であれば全国での平均時給と同程度の収入を得られるようになります。

どうしても薬剤師が足りないとき、派遣の求人が出されます。緊急で薬剤師を欲することになるため、低い時給を提示している場合ではなくなります。そのため、大阪で薬剤師をする場合は派遣を考えても問題ありません。

派遣だと時給3,000円以上が普通になります。これについては、大阪でも時給3,000円の高額派遣求人がたくさん出されています。例えば、以下は大阪市中央区(心斎橋)にある薬局から出された高額派遣求人です。

この通り、高時給の時給3,000円以上です。また、時給3,000円でなかったとしても時給2,800円以上の求人は当然だと考えるといいです。

参考までに、仮に上記の時給3,000円の求人で週4回働く場合、月収は以下のようになります(休憩1時間だと仮定)。

  • 時給3,000円 × 1日9.5時間 × 月16日 = 45万6,000円

週4日勤務なので、週5日だと月50万円を軽く超えるようになります。大阪であっても、派遣社員での薬剤師が高給になるのは変わらないと考えて問題ありません。なお派遣をする場合、派遣会社(転職サイト)に登録して活躍するようにしましょう。

病院の求人募集は条件が一般的

調剤薬局やドラッグストアを含め条件の悪い大阪ですが、病院薬剤師についてはどうなのでしょうか。このとき大阪の病院では、待遇は全国にある他の病院とそこまで変わらないと考えればいいです。

病院薬剤師だと年収400万円以下が普通になりますが、このように病院では元々の給料が低いため、大阪であっても他の都道府県の病院と年収面ではそこまで違いがなくなっているのです。

なお中途採用の求人だと、急性期の大病院よりも中小病院や専門病院の求人が多くなりがちになるのは、大阪を含め全国で変わりません。

そうはいっても、大阪で規模の大きい病院であっても年収400万円ほどを確保できる求人は存在します。例えば、以下は大阪市城東区の総合病院から出された求人です。

200床以上ある総合病院ですが、未経験でも応募できる求人となっています。

もちろん、総合病院なのでサービス残業は当たり前のように存在しますし、夜勤などもあることは理解しなければいけません。

また病院の中でも、専門病院をはじめとして夜勤なしを実現しながら、大阪で年収400万円以上を実現できる求人は存在します。病院規模が小さくなったり、専門病院だったりすると病院薬剤師でも年収や勤務条件は良くなる傾向にあります。

製薬会社など、企業求人は大阪市内に集中する

都市部だと薬局や病院に限らず、企業求人も出されるようになります。これは大阪でも同様であり、製薬会社や医療機器メーカーなどの求人が大阪では多くなるのです。関東ほどではないものの、関西でも企業の薬剤師をすることは可能です。

このときはCRA(開発職)や薬事職、学術・DIなどあらゆる求人が存在します。ただ、品質管理や物流センターなど工場求人でない限り、どの求人も大阪市内で企業求人が出されると考えるといいです。

例えば、以下は大阪市中央区にある製薬会社から出された企業求人です。

学術での求人なので年収は低めです。ただ、CRAや薬事職だと高めの年収になりますし、企業求人へ応募するときはあなたの興味と照らし合わせたうえで申し込み先を決めるといいです。

転職サイト(紹介会社)を利用して薬剤師転職を行う

他の都道府県に比べて大阪では薬剤師の数が多く、さらにはケチな経営者が多いことも重なり、良い条件での転職を実現しにくくなっています。ただ、ここまで示した通り方法によっては高年収、高時給を実現することができます。

ただ、自分で求人を探すのは不可能なので必ず転職サイト(紹介会社)を活用しましょう。転職エージェントを利用することで、ようやくどのような求人が出されているのか理解できるようになります。

しかし、人によって転職時の条件は異なるようになります。大阪で就職するにしても、以下のように違いがあるのです。

  • 大阪市内の個人薬局で17:00退社を考えている
  • 通勤60分圏内なら大阪府南部でもいいので、高年収を実現したい
  • 堺市の薬局で1日4時間だけパート勤務したい

このように条件を絞ったうえで求人を見つけようとする薬剤師が非常に多く、どうしても対象となる求人は少なくなります。しかも、大阪では低めの給料を提示してくる会社が多く、そうした会社を避けての応募になるので求人数はさらに限られるようになります。

そのため、3社以上の紹介会社を利用するようにしましょう。複数の転職サイトを活用して求人数の幅を広げ、さらには優れた提案をしてくれる担当者だけと付き合うようにするのです。そうすれば、希望に合う好条件の求人を見つけられるようになります。

関西・大阪での薬剤師は多くの求人から選ぶべき

薬剤師の求人の中でも、年収が低くなりがちな地域として大阪があります。ドラッグストアであっても高給を実現できる求人は少なく、パート・アルバイトであっても平気で時給1,800円を提示してくる薬局が多くなります。

病院や一般企業については、条件面は普通であるものの、全体的に大阪で働くときは条件の優れた求人が少なくなると考えるといいです。

ただ、数は少ないながらも優れた条件の求人は存在します。また、中心部ではなく郊外まで視野に入れると「収入は高めだが、残業はそこまで多くない」などという、好条件の募集を発見できるようになります。

そのため、できるだけいろんな求人の中から選べるようにするため、3社以上の転職サイトを利用しながら大阪で就職するべき会社を選ぶといいです。

優れた求人がどうしても少なくなる大阪だからこそ、いろんな転職エージェントの担当者と付き合いながら求人募集を発掘していく作業が必要になります。これが、大阪での転職で失敗しないコツです。


薬剤師転職で失敗しないために必要な理想の求人・転職先の探し方とは!

薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

オススメの転職サイトと特徴の違い

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事