調剤薬局の薬剤師として働くにしても、いくつもの働き方が存在します。一般的な勤務方法としては、一つの店舗で管理薬剤師または勤務薬剤師として活躍することがあげられます。

ただ、中には複数の店舗を掛け持ちで働く薬剤師も存在します。一時的なヘルプではなく、最初からいくつもの調剤薬局(または調剤併設ドラッグストア)を日ごとに変えて働くようになっている社員のことを指します。

こうした働き方の薬剤師をラウンダーといいます。ラウンダーとは、「勤務地が異なる店舗で働くことになる人」だと考えてください。

ラウンダー薬剤師であると、他の薬剤師に比べて年収が非常に優れています。そのため、どのような処方せんでも対応できる薬剤師であるなら、ラウンダーとして活躍できます。そこで、どのようにしてラウンダーとしての求人を見つけ、転職すればいいのかについて解説していきます。

チェーン薬局で必要とされる薬剤師のラウンダーとは

中小薬局であれば関係ありませんが、チェーン薬局であるといくつもの店舗を運営しなければいけません。そうしたとき、薬剤師は慢性的に人手不足に陥っているため、当然のように人手が足りない店舗が出てきます。

しかも、このときは変則的に人の足りない薬局が出てきます。そうしたとき、薬剤師を補うために日々違う店舗で勤務することになるのです。

たとえ中小薬局であったとしても、ヘルプとして一時的に他の店舗で働くようになることがあります。ただ、ラウンダー薬剤師だと常にヘルプ要因として活動することになります。一つの店舗で勤務するわけではないのです。

例えば、以下のようなときにラウンダー薬剤師としてヘルプに行くことになります。

  • 土曜日午前だけ異常に忙しく、薬剤師が足りない
  • 薬局Aで薬剤師が有給休暇を取るため、穴埋めをしてほしい
  • 管理薬剤師が休みの日の代打としての勤務する
  • 薬剤師が急に辞めたため、新たに補充されるまで2週間ほど勤務してほしい

こうした要望に応えることになります。会社のためにバリバリ仕事をするのがラウンダー薬剤師であり、精力的に仕事をこなせる人でなければラウンダーには向きません。悪く言えば、会社にうまい具合に使われる存在になります。ただ、良く言えば仕事のできる人になります。

複数の職場を経験したい人はラウンダーに向いている

ラウンダーであるため、同じ会社内のいろんな薬局で働くことになります。そのため、複数の薬剤師と一緒に勤務でき、あらゆる職場を経験できるようになります。

薬局ごとに処方せんの内容は異なります。そのため、これまでに管理薬剤師として勤務したことがあるのは当然として、あらゆる処方せんがきたとしても問題なく対応できる自信のある人がラウンダー薬剤師に向いています。

もちろん、内科などの薬局で3~5年以上の経験があれば基本的にあらゆる処方せんに対応できるようになります。そのため、管理薬剤師として数年の経験さえあればラウンダーとして活躍できるようになります。

ただ、当然ながら薬局ごとにシステムやルールは異なります。そのため、薬局に合わせて働ける柔軟性がなければいけません。しかし、その分だけ多くの経験が可能です。

ラウンダー薬剤師だと年収・給料は高い

一般的に一つの店舗で勤務するときに比べて、ラウンダーとして働く方が圧倒的に大変です。そのためラウンダーに向いている人というのは、仕事に対してやる気がある人だけになります。また、職場ごとに異なる環境に対応しなければいけません。

それでは、なぜこうした大変なラウンダー薬剤師へわざわざ転職する人がいるのでしょうか。この大きな理由としては、収入が非常に高くなることがあげられます。

一般的にラウンダーの給料は高く設定されています。会社にとってみると非常に使い勝手がよく、薬剤師にしてみても職場がコロコロと変わって大変になるため、当然ながらそれだけの収入が確保されるようになるのです。

実際にラウンダー薬剤師として働く場合、年収600万円以上が基本です。年収600万円よりも低いラウンダー薬剤師は微妙であり、管理薬剤師として働くよりも高い収入を実現できて当然だと考えましょう。

例えば、以下は大阪の調剤薬局から出されたラウンダーの募集です。

ここにある通り、年収600万円からのスタートです。東京や大阪などの都市部では年収600万円の実現が非常に難しいですが、ラウンダー薬剤師としての転職であればむしろこうした年収が当然になります。もちろん、勤務条件によってはより高年収での交渉も可能です。

エリアマネージャーを兼ねることも可能

管理薬剤師よりも高い年収になり、より大きな責任を負うようになるのがラウンダー薬剤師だと考えるようにしましょう。管理薬剤師の代休として入り、勤務薬剤師の管理を担当するようになるのは普通なのです。

そのため、会社によってはエリアマネージャーとラウンダー薬剤師を兼務している薬局もあります。当然、エリアマネージャー兼ラウンダーになるため、提示される給料は非常に高くなります。

例えば、以下はエリアマネージャーではあるものの、ラウンダーも兼ねている薬剤師の中途採用募集です。

複数の店舗をラウンダーとして勤務しながら、エリアマネージャーとして統括管理する求人です。年収1,000万円以上と年収面では非常に優れた内容になっています。

実際のところ、エリアマネージャーとして成果を出せる人ほど現場に足を運びます。現場の調剤薬局や調剤併設ドラッグストアを確認するからこそ、どのような問題が隠れているのか分かるのです。

さらにいうと、実際に薬剤師として店舗で働けば、現場の薬剤師がどのような悩みを抱えているのか近くで把握できるようになります。そのため、ラウンダーとしていくつもの店舗でヘルプ勤務しながら、エリアマネージャーとしても活躍するのは非常に優れた戦略になるのです。

契約社員・派遣のような形になることがある

なお、実際にラウンダーとして活躍することを考えるとき、必ずしも正社員とは限らないことは事前に理解しておきましょう。ラウンダー薬剤師では、正社員ではなく契約社員(または派遣)ということが頻繁にあるのです。

以下の求人はラウンダー薬剤師の求人ですが、年収700万円の契約社員として求人募集が出されています。

実際のところ、ラウンダー薬剤師については契約社員であることが珍しくありません。そのため、ラウンダーとして活躍することを考えるとき、契約社員も含めて視野に入れるといいです。

契約社員とはいっても、私の知り合いでラウンダー薬剤師として働いている人の中では、これまで契約更新されずに切られた人を一人も見たことがありません。契約社員とはいっても福利厚生は正社員と同じですし、実質的に正社員とまったく変わらないと考えるといいです。

これは、ある意味当然です。精力的に仕事をこなしてくれて、どの店舗であっても自由に配置できる優れた薬剤師を手放す経営者はいません。

そのため正社員にこだわるのではなく、契約社員・派遣を含めて柔軟に対応できると転職で成功しやすくなります。

パート・アルバイトでのラウンダーもある

なお、中にはパート・アルバイトでラウンダーを目指すという方法もあります。正社員や契約社員のようにフルタイムで働くことはできなかったとしても、パート・アルバイトとして特定の日だけラウンダー勤務することを考える薬剤師がいるのです。

こうしたパート薬剤師でラウンダーが可能な求人についても当然ながら存在します。例えば、以下は東京にある調剤薬局から出されたラウンダーの中途採用求人です。

正社員として働くことは可能ですが、時給が記されていることから分かる通り、パート薬剤師としてラウンダー勤務できるようになっています。

当然、ラウンダーなので時給は非常に高いです。この求人では、最初から時給2,800円が提示された状態で勤務を開始することになります。

パート勤務したいものの、しっかり働くことで高い時給を実現したいと考えている人であれば、パートでラウンダーをするという選択肢もあるのです。それまでに管理薬剤師経験があり、あらゆる処方せんに対応できる知識をもっている薬剤師であれば、こうした求人に応募すると高時給を実現できるようになります。

通勤方法や勤務形態は不規則になる

ただ、当然ながらこれらラウンダーの求人募集は高年収を実現できるというメリットだけでなく、デメリットも存在します。ラウンダーだからこその苦労もあるのです。そこで、どのようなデメリットがあるのか事前に知っておかなければいけません。

これについて、一番のデメリットは「通勤方法や勤務形態が不規則になる」ことです。

当然ですが、薬局によって場所はバラバラです。「車でなければ行けない場所にある調剤薬局」があれば、「駐車場がなく電車で行く必要のある調剤併設ドラッグストア」もあります。さらには、薬局ごとに勤務時間はバラバラです。

そのため移動手段はその日によって異なりますし、勤務が始まる時間や終わる時間は当然のように毎日違ってきます。

また、勤務形態や勤務地についても急に変更されることがあります。「薬剤師がインフルエンザになり、急に欠員が出た」などの理由で働く予定の場所が前日(またはその日)に変わるようになることも普通です。

休日についても、基本的には週2日の休みにはなりますが、欠員を補うためのヘルプによって休める日が日曜日だけになることもあります。

薬局の管理薬剤師であっても、勤務時間や休日の日についてはある程度まで決まっています。ただ、ラウンダーになるとそうしたことがなくなり、勤務地や労働時間などが頻繁に変わるのが基本になると考えましょう。

転職時の店舗見学の効果が薄れる

また、実際に転職するときに失敗しないコツとして「面接時に店舗見学を実施する」ことがあげられます。ただ、そうした職場見学を実施したとしてもそこまで高い効果を得られないというデメリットもあります。

これから働く職場を確認すれば、一緒に働く薬剤師がどのような人たちなのか分かります。また、どのような調剤設備が整っているのかも確認できるようになります。

しかし、ラウンダーの場合は一つの薬局で勤務するわけではありません。いくつもの店舗を掛け持ちでヘルプしていくことが前提となっています。複数店舗で勤務すること形態であるため、一つの店舗を見学したとしても効果はそこまで大きくないのです。

ただ、一店舗だけでもいいので転職時の職場見学は必ず実施するようにしましょう。これから働く職場全体の様子は分からなくても、会社の中身や実態がどのようになっているのか、ある程度は把握できるからです。

ラウンダーの中途採用を出しているということは、社内には既に他のラウンダー薬剤師がいる可能性が高いです。そのため、その会社で勤務しているラウンダー薬剤師がどのような様子で働いているのかについて、現場の薬剤師から生の声を聴くことができます。

ラウンダーとして働く場合、確かに職場見学の意味合いは薄れます。ただ、まったく意味がないわけではありません。これから転職して働く薬局がどのような現状になっているのかを把握するため、面接後の店舗見学は必ず実施するようにしましょう。

転職サイトにラウンダー求人が存在する

それでは、どのように行動すれば実際にラウンダー薬剤師として働き、高年収を得られるようになるのでしょうか。

これについては、自ら求人を探そうとしても非常に難しいです。一般的な中途採用の募集が薬局の公式サイトに掲載されることはあっても、ラウンダー薬剤師を公に募集している薬局はほぼ存在しないからです。

そこで、ラウンダーとして活躍することを考えている場合、どの薬剤師も転職サイトに登録します。転職エージェントには非常に多くの求人募集が存在しており、そうした中にはラウンダーとしての求人も存在します。

実際、ここまで示したラウンダーの求人はすべて転職サイトに掲載されていた募集になります。

転職サイトであれば、ラウンダーとしての求人が掲載されています。そこで、ラウンダー薬剤師を目指すのであれば必ず転職エージェントを利用しましょう。

ただ、ラウンダーの求人は非常に少ないというデメリットがあります。例えば、以下は5万件以上の求人数を誇る転職サイトを活用して「ラウンダー」で検索したときの結果です。

このように、日本全国で求人数が64件と非常に少ないです。当然、あなたが住んでいる地域の近くで求人募集を探す必要があるため、応募するにしても数が限られるようになるのです。

実際にはこうした実情があるため、ラウンダーとして高い収入を実現するために転職するとき、一社だけの転職エージェントを利用する人はいません。一つだけの利用だと選べる求人が限られるからです。そこで、3社以上に登録するのは必須です。

ラウンダーの求人は圧倒的に数が少なく、特殊案件に該当します。そこでたくさんの求人から選べるように準備しなければいけません。

ちなみに3社以上を利用するのは当然として、本気で優れた求人を探し、好条件での転職を考えている薬剤師は5社の転職エージェントを使うようにします。

もちろん、最終的には活用する転職サイトを1~2つに絞っていきます。実際に活用しながら、優れた提案をしてくれる転職エージェントを残していくのが基本的な転職サイトの使い方になります。そこまで本気にならないと、ラウンダーとして良い求人を見つけることはできません。

精力的に働くラウンダー薬剤師を目指す

管理薬剤師として働くよりも高年収を実現でき、あらゆる処方せんに対応するために高度な知識が要求されるものとしてラウンダー薬剤師があげられます。

数は少ないものの、薬剤師の求人ではラウンダーの募集が出されることがあります。これらラウンダー薬剤師はどれも高い給料であり、年収600万円以上が基本になります。当然、交渉次第ではより高い給料を実現できます。

フットワークが軽く、いろんな薬剤師と交流するのが好きな人であればラウンダーに向いているといえます。

このときは正社員にこだわらず、契約社員も視野に入れるようにしましょう。また特殊な求人であるため、3社以上の転職サイトを利用しなければいけないことも理解するといいです。

これらの注意点を理解したうえでラウンダー薬剤師の求人募集へ応募するようにしましょう。一般的な薬剤師に比べて勤務時間や働く日を予測できないので大変ですが、その分だけ年収面では優れた条件を勝ち取れるようになります。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事