転職を希望する薬剤師にとって、最も多い勤務地の一つが東京です。もともと東京都内に住んでいる人に限らず、上京して一人暮らしで東京に住み始める薬剤師も非常に多いです。大都市であるため、多くの人が東京で活躍する薬剤師を選ぶのです。

ただ東京で薬剤師をするといっても、都市部であるため非常に多くの種類の仕事があります。そのため、事前にどのような薬剤師として活躍できるのか理解しなければいけません。

また、同時に年収相場について理解することも重要です。中途採用の求人を見るとき、給料が適切かどうか分からなければいけません。

そこで、東京都内の薬剤師として転職するときに考えるべきポイントについて解説していきます。

東京都内だと給料・収入は低くなる

まず、中途採用で提示される給料はどのようになるのでしょうか。これについては、東京だと収入が低くなると考えるようにしましょう。

世間一般的には、都市部に行くほど高い収入が提示されます。ただ、薬剤師の場合は逆です。都市部へ行くほど給料は下がる傾向にあります。実際、薬剤師の年収ランキングでは田舎の都道府県が上位を占めます。

このとき、東京で働くときの平均年収では以下のようになります。

都道府県 平均年収 平均月収 平均賞与
東京 545.5万円 39.1万円 76.3万円
全国 526.1万円 37.6万円 74.9万円

出典:厚生労働省「2018年賃金構造基本統計調査」

東京で勤務するとき、全国平均よりは少しだけ給料が高くなっています。ただ、これには「大手チェーン薬局の会社役員」の給料も含まれており、そうした人たちが無駄に平均年収を押し上げているという側面もあります。

そのため東京の薬剤師に限っては、もっと平均年収が下がるようになります。実際、年収600万円の求人を探すにしても東京では非常に難しくなります。また上京して調剤未経験の状態で勤務する場合、中小薬局では年収450万円ほどが一般的な相場になります。

ただ、同じ東京であっても商業エリアがあれば田舎の地域もあります。そのため、どこの地域で薬剤師をするのか考えなければいけません。

千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区が都心エリア

一般的に東京の中で主要となるのが千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区になります。都心エリアがこれらの場所に当たり、日本の中心部になるのでこうした場所には非常に多くの薬局や病院が存在します。

また、東京の区は他にも存在しており、そうした区も観光や人が住む場所として重要であるため、必然的に人の数が多くなり、薬剤師の勤務場所もたくさんあります。

それと同時に、こうした区では薬剤師の人数も多くなります。つまり薬剤師の担い手が多いため、「薬剤師へ高い給料を提示しなくても求職者が集まる」という地域となります。そのため、新宿や渋谷などの都心エリアの薬局であっても、人が多く暮らす世田谷区であっても、提示される年収へ低くなると考えましょう。

例えば、以下は新宿駅にある調剤薬局から出された求人です。

調剤未経験でも年収450万円以上ですが、これが一般的な相場になります。

しかし、同じ東京でも都心エリアから離れて東京23区の外であれば年収相場が高くなります。例えば、東京都内の中では郊外に当たるものの、それなりに発展している都市として町田市があります。新宿まで電車で30分ほどの距離にある都市ですが、ここにある求人だと年収500万円以上の案件が多くなります。

例えば、以下は実際に町田市にある薬局から出された求人です。

もちろん、千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区などにある薬局であっても、最初から年収500万円以上を提示してくれる職場は存在します。ただ、その数は非常に少なくなります。それに比べると、東京の中でも郊外になるほど提示される給料は高めになると考えるといいです。

ちなみに、郊外とはいっても練馬区や板橋区、足立区、葛飾区、江戸川区など、都心エリアから少し離れているくらいの場所では年収450万円ほどが相場です。より高収入を考える場合、都心エリアからより離れなければいけません。

一人暮らしでの上京は郊外で働くのがおすすめ

なお、東京に実家があって住んでいる場合は関係ないですが、一人暮らしだったり上京する場面だったりするとき、個人的には「東京の主要エリア周辺で働くことにこだわる意味はない」と考えています。

私は過去に新宿のど真ん中(新宿駅から徒歩8分)の場所に住んでいましたが、周囲はコンクリートばかりであり、家賃は異常なほど高く、スーパーでの買い物であってもそれなりの値段でした。それでいて、薬局で働いたとしても年収はそこまで高いわけではありません。

現在は都心エリアから電車で30分ほどの場所に住んでいますが、明らかに環境はこっちの方がいいです。また東京23区ではないため、先ほどの町田市の例で示したように働くときの給料の相場は高めです。

郊外に住んではいますが、都心に出るにしても電車で30分ほどなのでそこまで不便ではありません。当然、郊外ではその分だけ家賃は大幅に低くなります。そのため、同じ東京の職場で働くにしても郊外に住み、薬剤師として活躍することは個人的におすすめです。

東京で働くとなると、どうしても千代田区・中央区・港区・新宿区・渋谷区などの都心を考えてしまいがちです。または、東京駅・品川駅・渋谷駅・新宿駅・上野駅が主要駅と呼ばれていますが、その周辺に住んで働くことを考えます。

こうした主要エリアでなくても文京区・台東区・豊島区・江東区・墨田区・大田区・品川区・目黒区・世田谷区・中野区・杉並区など都心周辺地域の、わりと多くの人が住む場所に着目してしまいます。

しかし、東京には町田市や立川市、八王子市などもあります。このとき、都心からのアクセスや年収相場、物価の安さを考えた場合、薬剤師であれば郊外はおすすめです。

調剤薬局やドラッグストアでは年収450万円を基準にする

なお、働くにしても職場の形態によって大きく平均年収は異なります。このとき、薬剤師であれば調剤薬局やドラッグストアで勤務するのが最も一般的です。数が非常に多く、さらにはあらゆるエリアに存在するからです。

こうした調剤薬局やドラッグストアで勤務する場合、既に述べた通り調剤未経験であっても年収450万円以上かどうかで判断するようにしましょう。それよりも収入が低い場合、あまり良い職場とはいえません。

特に大手チェーン薬局だと、給料が低くなる傾向が強いです。例えば、以下は大手調剤薬局チェーンの中途採用求人です。

このように年収は400万円未満となることが多くなります。そのため、大手チェーン薬局へ転職するのはおすすめしません。

もちろん、大手であってもドラッグストアであれば高めの年収を提示してくれます。調剤併設ドラッグストアであれば、OTCについて学びながらも調剤が可能です。給料については企業によってバラバラなので、年収450万円を一つの基準にしましょう。

東京で高年収を狙うなら戦略が必要

なお、東京都内で年収600万円などを含め、高年収を目指すことを考える人はたくさんいます。このとき都心エリアで高い給料は難しいため、実現には戦略を練るようにしましょう。

方法によっては、東京であっても高い給料を実現できることは多いです。調剤経験があるのは必須としても、単なる管理薬剤師で年収600万円はほぼ無理です。ただ、以下のような条件であれば高年収が可能になることがあります。

・一人薬剤師(管理薬剤師)

薬剤師の中でも、一人薬剤師だと高年収になりやすいことが一般的に知られています。一人薬剤師だと、すべて自分一人だけで調剤・監査・投薬までを担当する必要があるので業務遂行が大変ですし、ミスはどうしても増えてしまいます。

しかし、その分だけ年収面では優遇されるようになります。一人薬剤師を積極的にしたいと考える人は少ないため、それだけ高年収を実現することができるのです。

例えば、以下は板橋区にある調剤薬局からの一人薬剤師(管理薬剤師)の求人です。

年収650万円以上ですが、これには一人薬剤師という理由があるためです。

この薬局では皮膚科と小児科の調剤を受けるため、練り作業や粉薬の調剤は非常に面倒になります。これら面倒な処方せんが多いことも、この求人で高年収になっている理由です。ただ、そうした作業を一人でも問題なくこなせる場合、高い収入を実現できます。

・新規オープン店舗

東京だと薬剤師数が多いだけでなく、店舗数も必然的に多くなります。それに伴い、新規オープン店舗の数も増えます。

こうした新規オープンの店であると、その分だけ薬剤師が足りなくなります。また1日の処方せん枚数が分からないため、事前の勤務体系を決めることができません。そうなると、当然ながら応募してくる薬剤師の数が少なくなります。

その結果、需要と供給のバランス関係により提示される年収は高くなります。例えば、以下は町田市の新規オープン店舗から出された求人です。

このように、年収600万円以上です。高年収を実現できる求人は確実に訳アリになりますが、この募集の場合は新規オープン店舗という理由があります。この条件に納得できる場合、転職サイトを通じて応募することで高年収を実現できます。

・ラウンダーや管理職(エリアマネージャー)

ある程度、管理薬剤師の経験を積んでいて仕事に対して自信がある場合、いろんな店舗を掛け持ちするラウンダーであったり、管理職(エリアマネージャー)だったりする募集への応募を考えても問題ありません。

数は少ないものの、こうした複数店舗に関わる求人は存在します。当然、郊外でなく東京駅や新宿駅の周辺を含め都心エリアであっても高年収を実現できます。

例えば、以下は渋谷にあるドラッグストアから出されたエリアマネージャーでの管理職求人です。

OTC部門なのか調剤部門なのかは確認する必要があるものの、このように年収650万円以上となります。

薬剤師として管理薬剤師以上の経験があれば、誰でもこうした募集に応募することができます。ステップアップを目的として、上位職の求人へ申し込んで転職しても問題ありません。

パート・アルバイトは時給2,000円が基準

ただ、全員が正社員を選択するわけではありません。パート・アルバイトとして東京で働く薬剤師も多いです。これについてはどうなのでしょうか。

正社員だと年収450万円が基準となりますが、パート・アルバイトでは時給2,000円以上の職場で働くことを考えましょう。

ただ、これについては多くの薬局で平均時給2,000円以上となっています。正社員だと薬局によって提示される収入がバラバラです。ただ、パート勤務の場合は一般的にどの調剤薬局やドラッグストアであっても一律で時給2,000円以上になると考えましょう。

例えば、以下は渋谷区(恵比寿)にある調剤薬局から出されたパート求人です。

パート・アルバイトについては、都心エリアでも郊外でもそこまで平均時給が変わることはありません。ただ、実際に働いた後の昇給額などについては事前に確認するといいです。

派遣は時給2,800円以上で高年収が可能

中には派遣薬剤師として勤務することを考える人も多いです。薬局や病院で働くことになりますが、派遣だと非常に高い時給を実現できます。

これについては、時給2,800円以上は当然だと考えるといいです。求人によっては時給2,500円などもありますが、平均時給から考えて低すぎです。東京都内の都心エリアであっても時給2,800円以上の求人はいくらでも存在するため、こうした求人募集へ応募しなければいけません。

ただ、基本的には時給3,000円以上を目指すようにしましょう。たとえ都心エリアであっても、薬局によっては時給3,000円以上を実現できることは多いです。

例えば、以下は品川にある薬局から出された派遣募集です。

土日に勤務でき、さらには週4日以上を働ける方だと応募できる求人になっていますが、このように時給3,000円以上です。派遣求人を取り扱う転職サイトへいくつも登録した後、いろんな薬局の求人を探せば問題なく高時給の派遣求人を見つけられるようになります。

病院・クリニックでの中途採用が多い東京

人が多ければ、それだけ調剤薬局やドラッグストアの求人は多くなります。これについては、病院やクリニックの求人も同様だと考えるようにしましょう。

ただ、たとえ東京であっても総合病院の求人は少ないです。新卒での就職であれば、総合病院を含めてあらゆる職場へ就職可能です。一方で中途採用の場合、慢性期病院や専門病院、ケアミックス病院の求人が主になります。これは、東京都内でも同様なのです。

病院の中でも、中小病院や専門病院の中途採用求人は不人気になりがちです。そのため、大病院以外の求人がメインとなってしまうのです。

しかし、こうした求人だと夜勤なしになったり、定時退社が可能だったりするため、必ずしも条件が悪いわけではありません。年収は薬局に比べると大幅に劣りますが、それでも病院薬剤師として勉強することは可能です。

例えば、以下は目黒区にある病院から出された中途募集の求人です。

急性期病院とありますが、当直・夜勤なしの求人なので規模はそこまで大きくなく、ケアミックスとして二次救急を受け入れている病院だと考えればいいです。

病院なので年収は400万円いけばかなり条件が良いといえます。大病院だと年収350万円ほどになっても我慢しなければいけないため、いろんな求人の中から条件の優れた病院を選ぶようにしましょう。

都心エリアの企業募集も非常に多い

なお薬局や病院に限らず、東京都内では企業求人も非常に多いという特徴があります。どこにでもある薬局とは異なり、千代田区や中央区、港区、新宿区、渋谷区などに企業求人が集中することになりますが、こうした募集へ応募しても問題ありません。

企業求人としては、開発職(CRA)や薬事職、品質管理など職種はさまざまです。品質管理だと郊外の求人(工場勤務)が多くなりますが、それ以外だと都心エリアから募集が出されるようになります。

例えば、以下は大手会社から出されたCRAの求人募集になります。

未経験者でも問題なく、CRAの場合は一般的に薬局や病院などでの調剤経験があればどのような会社でも問題なく応募できます。もちろん、薬事職や品質管理のように「調剤経験の有無に関わらず、薬剤師資格の保有者であれば誰でも受け入れてくる求人」も存在します。

一般企業で勤務する場合、薬局のように好きに勤務場所を選べるわけではありません(将来、遠方への転勤のある大手チェーン薬局は除く)。しかし土日休みになり、将来の昇給額も大きくなるという特徴があります。

転職サイトを利用して東京都内の採用募集を見つける

なお、東京であると非常に求人数が多くなります。調剤薬局やドラッグストア、病院に限らず一般企業からも選ぶことができるため、どのような薬剤師として活躍したいのか事前に決めるようにしましょう。

ただ、実際に働く場所については深く決めていない人が多いと思います。

電車(地下鉄)が発達している東京では、30分ほどであらゆる場所へ移動することができます。そのため、距離が少し離れていたとしても問題なく通うことができます。前述の通り、地図で見ると非常に遠い距離であったとしても、快速電車によって30分ほどで到着できることは多いです(例:新宿駅-町田駅)。

そのため非常に選択肢は多くなり、さらには企業によって提示される求人はバラバラです。そこで、転職サイトを利用して優れた求人を選ぶようにしましょう。

薬剤師として働くとはいっても、人によって要望は大きく異なります。

  • 都心エリアで働きながらも未経験で年収500万円以上がいい
  • 週3日勤務パートを望むが、時給2,500円以上の薬局を探している
  • 病院薬剤師を考えているが、300床以上の急性期病院を探している
  • 一般企業の求人でデスクワークを実現したい

多くの薬剤師はこのように難しい希望をもっています。いくら求人数の多い東京であっても、こうした要望に合致する求人を自分で探すのは無理なため、転職エージェントを利用しましょう。

当然、1つの転職サイトを利用するよりも、3社以上の転職エージェントを利用していろんな角度から求人を提示してもらったほうが、転職で成功しやすくなります。複数サイトを利用しながら、東京の優れた求人を探すといいです。

東京都内の薬剤師で活躍するコツを理解する

東京で薬剤師をするにしても、一般的にどのような求人が出されるのかを理解しておかなければいけません。

平均年収や平均時給を理解し、働く場所によって提示される給料がどう違ってくるのかを学べば、どこで働けばいいのか理解できるようになります。また、提示される収入額が妥当なのかどうかも分かるようになります。

薬剤師が働くときの種類を考えたとき、最も多様な働き方を選べるのが東京です。ただ、その分だけ薬剤師の人数は多く、全体の年収相場は低くなると考えましょう。

このとき、薬局勤務を希望するのであればおすすめ郊外です。都心エリアはゴチャゴチャしているため、あまりおすすめできません。また郊外でも30分ほどで都心に出ることができますし、郊外の薬局になるほど年収相場が高くなります。

一方で病院や一般企業への転職を考えるのであれば、希望する職場選びの方が重要になるため、求人を吟味するようにしましょう。

働き方は人によって自由なので、もちろん求人は好きなように選べば問題ありません。ただ、転職サイトを利用しながらいろんな募集を見比べ、あらゆる選択肢をもったうえで中途採用の募集へ応募すると転職で成功しやすくなります。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事