急性期病院の薬剤師であると、かなり激務であるにも関わらず給料が異常なほど低く、サービス残業が多いという状況で働かなければいけません。あらゆる薬剤師の中でも、労働環境だけを考えれば非常に劣悪だといえます。

大きな総合病院や大学病院は若い薬剤師に人気です。これはそれだけ勉強できるからであり、薬剤師としてスキルアップすることができるのです。

ただ、病院薬剤師であっても夜勤なしを実現し、さらには残業なしの求人が存在します。しかも、病院薬剤師の中でも高めの収入を実現できます。さすがに調剤薬局やドラッグストアほどの給料にはなりませんが、病院の中では待遇が良くなるのです。

それでは、どのように考えて当直なしで定時退社を実現しつつも、年収を上げて手取りまで増やすことができるのでしょうか。これについて確認していきます。

病院薬剤師でも当直なし・残業なしは可能

病院薬剤師というと、多くの人は総合病院を思い浮かべます。こうした大きな病院で薬剤師業務をする場合、確実に夜勤があります。ある程度のベテランであれば当直を回避できるかもしれませんが、少なくとも転職してからかなりの年数が経過しなければ夜勤回避はできません。

ただ、急性期の患者さんを受け付ける大きな病院だけが、すべての病院ではありません。その他の病院もたくさん存在します。このとき、大きな急性期病院以外であれば夜勤なしを実現できるようになります。

例えば、以下は埼玉にある当直なしの病院求人です。

こうした病院は珍しくなく、意外と存在します。もちろん、急性期の大きい総合病院でこうした中途採用募集は出ませんが、以下のような病院であれば問題なく求人が出されるのです。

  • 慢性期病院(療養型病院)
  • 専門病院
  • ケアミックス
  • 小規模病院

それぞれについて確認していきます。

慢性期病院(療養型病院)でゆったり仕事をする

病院の中でも、「症状が日によって変わる患者さん」が訪れる急性期病院があれば、病気の発症から時間が経っていて既に症状が安定している人の多い慢性期病院もあります。急性期病院だと常に忙しく仕事をしなければいけません。一方で慢性期病院の場合、そうしたことはありません。

当然、急性期病院のように勉強できて大きなスキルアップが可能というわけではありません。ただ、働く環境については非常に落ち着いているのです。良く言えばゆったり仕事でき、悪く言えば刺激のない環境だといえます。

看護師であれば、慢性期病院(療養型病院)でも当然のように夜勤があります。ただ、薬剤師の場合は当直を免除されていることがほとんどです。症状の変わらない患者さんなので、夜中に薬剤師が常駐する意味がないのです。

また、こうした病院では基本的にDo処方(いつもと同じ処方)なので仕事内容はいつもと同じです。そのため仕事が大変なわけではなく、残業なしのことも多いです。

例えば、以下は夜勤なし、残業なしの療養型病院の募集です。

今回は東京にある病院の求人ですが、慢性期病院や療養型病院の場合はこのように当直なしで働けることがほとんどだと考えて問題ありません。

専門病院も当直なしが可能

総合病院だけでなく、特定の科目に特化した専門病院も世の中にはたくさんあります。精神科や糖尿病、整形などさまざまな専門病院が存在します。

こうした病院の場合、入院患者はいても夜中に薬剤師の出番はありません。精神科で夜中に急に薬が必要になっても看護師が対応できる範囲になりますし、整形の骨折患者に夜対応する必要もありません。そのため、夜勤なしとなります。

例えば、以下は大阪の脳神経外科病院から出された中途採用の求人です。

総合病院のように、いろんな科目の薬に触れられるわけではありません。ただ、特定の科目に沿った専門知識を得られるようになります。

なお専門病院では、慢性期病院に比べると仕事内容は忙しくなります。病院によっては多少の残業もあります。そのため療養型病院では刺激が足りないものの、「多少の残業はあってもいいので夜勤なしを実現したい人」に、専門病院の求人が適しています。

ケアミックス・中小病院で急性期も経験しながら当直なしにする

中には、急性期と慢性期が組み合わさった病院が存在します。これをケアミックスといいます。総合病院のように規模は大きくないことが多いものの、急性期の患者さんが入院してくることがあるのです。

常に救急車が訪れるような病院ではないため、急性期病院のように慌ただしく仕事をする必要はありません。急性期の患者さんが来るとはいっても、「外来へ診察に来た後に入院する」という手順がほとんどなので、ものすごく大変なわけではないのです。

地域に根差した気軽に訪れる中小病院がケアミックスになります。こうした病院だと規模が大きくなく、さらには急性期とはいっても容態が大幅に変わる患者さんが訪れるわけではありません。そのため、薬剤師では夜勤なしになっていることが多いです。

例えば、以下の大阪にあるケアミックス病院がこれに該当します。

100床ほどの中小病院ですが、こうした病院へ薬剤師として転職することにより、薬剤師としてそれなりにやりがいを持ちながらも当直なしで活躍できるようになります。また、急性期病院のようにサービス残業が常態化している状況も防ぎやすいです。

病院での土日休み(休日出勤なし)も可能

なお、こうした夜勤なしの病院ではどうしても規模が小さくなりがちです。専門病院の中には規模の大きい病院が存在するものの、一般的には中小病院となるのです。

大病院と違って中小病院では薬剤師の数は少なくなります。そうしたとき大病院のように何人もの薬剤師でシフトを組み、土曜日も日曜日も常駐させることはできません。

実際、一人の人間が労働できるのは週40時間と法律で決められています。平日にフルタイムで勤務している薬剤師に対して、土曜日も出勤を強要することはできなくなっています。そのため、規模の小さい病院だと土日休み(休日出勤なし)になりますます。

現在は院外処方がほとんどなので、院内処方や病棟での仕事がメインになります。さらには、Do処方がメインだと事前に薬を作り置きしていれば問題ないので休日出勤がなくても問題ないのです。

大きな総合病院では無理ですが、実際に慢性期病院や専門病院、ケアミックスでは当直なしや定時退社だけでなく、土日休みという条件が加わった求人もたくさん出されます。

例えば、以下は名古屋(愛知)のリハビリテーション病院から出された土日休みの求人になります。

定時は17:20であり、リハビリテーション病院なので夜勤は不要です。外来が押し寄せる形態の病院ではないので休日出勤なしが可能であり、仕事内容もそこまで忙しいわけではありません。

病院薬剤師であっても、土日休みを実現することは十分可能です。

激務でないが、年収・給料は高くなる

また、ここまで紹介した病院へ転職する場合、急性期の大病院に比べると年収の高い状態を実現できます。

手取り収入で考えると、最も冷遇されているのが大きな総合病院や大学病院です。激務にも関わらず、月収は圧倒的に低いのです。例えば、以下は東京にある400床以上の総合病院の薬剤師求人です。

月給20.7万円であり、ボーナスを含めても年収350万円からとなっています。規模の大きい病院の薬剤師として勤務する場合、こうした給料になるのは珍しくありません。

当然、月給20万円ほどだと手取りの収入はさらに低くなります。参考までに、月20万円だと手取り月収は月16万円です。こうした非常に低い給料の中で生活しなければいけません。また、総合病院だと夜勤手当があっても一回6,000~10,000円ほどと圧倒的に少ないため、当直に入ってもほぼ給料が増えません。

しかしどれだけ収入が低くても、大きな急性期病院だとスキルアップできるのでいつの時代も人気となるのです。

一方で慢性期病院や中小病院になると、若い薬剤師が応募することは少なく不人気になります。そのため、需要と供給の関係でこうした病院では提示される給料が高くなります。夜勤なしで定時退社が可能になるものの、高い月収を実現できるようになるのです。

例えば、以下は福岡にあるケアミックス病院から出された求人です。

年収420万円からとなっており、大病院に比べると収入は優れています。都市部だと、大手チェーン薬局では年収400万円未満になるため、薬局よりも優れた給料を実現できます。

中小薬局やドラッグストアだと年収450万円以上なので、さすがに中小薬局以上の月収は無理です。ただ、ある程度まで落ち着いて仕事をしながらも病院薬剤師を行い、それなりの収入を確保できるようになるのです。

残業代や福利厚生まで含めた病院の手取り月給を考える

なお、このときは求人票に記載されている収入の額面だけで考えてはいけません。残業代や福利厚生まで含めて考えるようにしましょう。

なぜか病院の薬剤師はサービス残業が当然のようになっています。急性期病院で残業代がつかないのは当たり前であり、非常に労働時間が長いにも関わらず給料が少ないです。そのため労働時間に対する時給はかなり低くなります。

これと同じように、慢性期病院や専門病院についても残業代がきちんと出されるかどうか確認しましょう。定時退社可能な職場なら関係ないですが、そうでない病院勤務となるなら転職前に残業代について把握しておく必要があります。

総合病院の薬剤師だと交渉の余地なしですが、中小病院の場合、そこまで人気なわけではないので残業代について問題なく交渉できます。例えば、以下は福岡にある病院ですが「残業代を1分単位で支給」とあります。

こうした病院だと非常に分かりやすいですが、一般的に残業代については求人票に記載されていないことがほとんどです。そのため、事前に残業代についても確認するといいです。

さらに、手取り収入を考えるのであれば福利厚生も確認しましょう。病院の福利厚生は基本的に期待できませんが、社宅については用意してくれていることがあります。大病院だと寮になりますが、中小病院だと薬局と同じように借り上げ社宅になるのが一般的です。

例えば家賃補助が月5万円ある場合、それだけで年間60万円も手取りが違ってきます。月給を考えるとき、単純に給料の額面だけで考えてはいけません。福利厚生についても事前に確認しましょう。

病院から病院へ転職する薬剤師は多い

病院薬剤師としての転職を考える場合、どうしても夜勤や無駄なサービス残業を警戒してしまいます。特に未経験の状態から病院薬剤師を目指す場合、当直を避けようと考えるのは当然です。

そうした場合、ここに紹介した専門病院などを目指せば問題なく当直なしで定時退社を実現できます。しかも手取り月収を考えると、大きな総合病院で働く薬剤師よりも優れています。注射剤の混注やチーム医療など、病院薬剤師として活躍しながらも条件面は良くなるのです。

ただ、こうした病院への転職を考えるのは病院未経験の薬剤師に限りません。総合病院や大学病院へ勤務している薬剤師であっても、夜勤なしを考えて病院から病院へ転職することは多いです。

急性期病院であると激務であることには変わりありませんし、当直や土日出勤(休日出勤)が当然のようにあります。そのため若いときは問題ないものの、年齢を少し重ねたときに「このままの勤務状況を続けることができるのか」と考えるようになるのです。

そうしたとき、病院から病院へ転職することを検討します。病院薬剤師が他の病院の求人へ申し込むのは普通なのです。

薬局長・薬事部長の病院求人での年収アップも可能

また、年収アップを考えて転職する薬剤師も多いです。こうした慢性期病院や専門病院、ケアミックスであると前述の通り人気ではないため、薬局長の求人が出されることもそれなりにあります。

急性期病院で薬事部長になるには、同じ病院で長く勤務する必要があります。10年以上働いても昇給を見込めない中、安い収入で我慢しながら忙しい環境でサービス残業を続けなければいけません。ただ、それでも人気の職場であることには変わりないので同じように薬局長を目指す人は多く、ポストが空いていないことはよくあります。

一方でその他の病院であれば、そこまで人気ではないので薬局長の求人が普通に出されます。病院から病院への転職で年収アップを実現して優れた待遇を目指すとき、こうした薬事部長を目指しても問題ありません。

例えば、以下は神奈川の療養型病院から出された薬局長の求人募集です。

年収600万円からであり、非常に優れた年収です。調剤薬局やドラッグストアでも年収600万円は難しいですが、病院でもやり方によっては転職で高年収を目指すことができるのです。

当然、療養型病院なので夜勤がなければ残業も少ないです。管理職なのでさすがに残業ゼロは無理です。ただ、総合病院のようにあらゆる薬剤師が忙しく働き、サービス残業をしながらの管理職ではありません。そのため、同じ薬事部長でも業務内容は非常に楽です。

転職サイト経由で優れた勤務条件の病院薬剤師を目指す

なお、より優れた条件で病院勤務することを考えた場合、転職サイトを通じてこうした病院の求人へ申し込むようにしましょう。

病院の場合、誰もが知っている急性期病院であれば、どこにあるのか容易に想像つきます。ただ、慢性期病院や専門病院、ケアミックスを含めこうした病院のどこで薬剤師を募集しているのか理解できません。

さらに、病院ごとに「夜勤なしや定時退社、土日休みなどの勤務条件」を個人で調べるのは不可能です。転職サイトだからこそ、どのような給料体系で働くことになるのかも含めて勤務条件が分かるようになるのです。

・複数の転職サイトを利用し、優れた病院求人を探す

ちなみに、転職エージェントでは多くの求人を取り扱っているとはいっても、どうしても急性期の大病院求人は少なくなります。もちろんゼロではないですが、一般的には慢性期病院や専門病院、ケアミックスの中途採用募集が多くなると考えましょう。

大きな総合病院や大学病院であれば、何もしなくても若い薬剤師から応募があります。そのため公募する必要がないからです。

一方で、そこまで人気のない「大病院以外の病院勤務」であれば求人があります。しかも、3社以上の転職サイトを活用して頑張って探せば、わりと好条件で働くことができます。そのためいくつもの転職サイトを利用しながら、優れた求人を調査するようにしましょう。

当直なし、残業ゼロ、土日休み、年収高い病院薬剤師へ転職する

病院勤務の薬剤師をするとなると、一般的には当直が当然であり、サービス残業が常態化した中で忙しく働くことを考えなければいけません。さらには手当がほとんどなく、収入も低い状態で勤務するようになります。

ただ、病院によってはそうではないケースもあります。もちろん調剤薬局やドラッグストアほど柔軟には、勤務条件を薬剤師に応じて変更させることはできません。しかし慢性期病院や専門病院など、病院薬剤師の中でも比較的良い環境で働けることもあるのです。

当然、人によって重視するべきものは異なります。できるだけ楽な職場がいいなら慢性期病院が適切です。一方でそれなりに病院勤務の経験を積みたいなら、専門病院やケアミックスが最適です。

どのような病院薬剤師がいいのかを考えながら、転職サイトを通じしてこれらの求人へ応募するようにしましょう。

病院薬剤師でも夜勤なしや定時退社、土日休みを実現することは可能です。特に病院から病院への転職を考える場合は同時に年収アップも検討しながら、優れた条件を提示してくれる病院薬剤師を目指しましょう。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事