パート・アルバイトの薬剤師として働くことを考える人は多いです。実際、正社員や派遣よりもパート薬剤師のほうがたくさんいるのは普通です。そして薬局に在籍している人のうち、正社員のほうが人数は少ないケースは一般的です。

これは、パート薬剤師だと働く時間を好きなように調節できるからです。正社員ならフルタイムで勤務し、残業もあります。ただ、パート・アルバイトであればそうしたことがありません。

このとき午前中だけ働いたり、午後だけの勤務を考えたりする人はたくさんいます。そうしたとき、午前のみ・午後のみの短時間求人を見つけることはできるのでしょうか。特に育児中の女性薬剤師だと、そうした求人を探す傾向にあります。

これについては、問題なく午前や午後だけで働くことができます。そこで、どのようにして求人募集を探せばいいのかについて解説していきます。

午前だけ、午後だけ忙しい調剤薬局・ドラッグストアがある

医療機関であると、特定の時間だけ忙しくなることは頻繁にあります。特に午前中に混む薬局は多く、調剤薬局や調剤併設ドラッグストアでは午前が忙しくなりやすいです。

一般的な医療機関だと、どうしても高齢の人を相手にすることになります。そうしたとき、高齢の人は朝が早いので午前が忙しくなるのです。小児科や精神科などの例外はあるものの、ほとんどの薬局で午前が忙しくなるのは、高齢の人がメインターゲットになるからです。

平日や土日に限らず、あらゆる日で午前が忙しくなり、午後に患者さんが少なくなるケースが多いのです。

こうした実情があるため、「午前中だけヘルプとして手伝ってほしい」と考える調剤薬局やドラッグストアはたくさんあります。例えば、以下は午前中だけ募集しているパート・アルバイトの求人です。

大阪にある薬局ですが、9:00~13:00までの午前だけの短時間求人(勤務時間は4時間)となっています。

注意点として、どの調剤薬局やドラッグストアでも共通しますが、午前のみとはいっても「13:00や14:00まで仕事をする」のは覚悟しなければいけません。午前ピッタリに仕事が終わる薬局はほとんど存在せず、昼食の時間が14:00以降になるのは普通だと考えるようにしましょう。

・フルタイムの中で、午前中だけの勤務は可能

なお、先ほどは「最初から午前のみで中途採用の募集を出している薬局」を紹介しましたが、多くの薬局はいろんな形式で薬剤師の募集をかけています。

このとき、フルタイムで働くパート・アルバイトの求人が一般的です。ただ、フルタイムで働く求人票であったとしても、交渉次第では午前のみで働けるようになるのは普通です。例えば、以下のような求人になります。

東京の調剤薬局から出たパート・アルバイトの求人ですが、勤務時間は9:00~18:00です。ただ、要望を伝えれば午前のみでも問題なく勤務できるようになっています。たとえ勤務時間に午後の時間が記されていたとしても、午前中だけ働くのは問題ないのです。

午後のみのパート・アルバイトも可能

午前のみの案件があるということは、当然ながら午後のみで働く求人も存在することを意味しています。

確かに、一般的な薬局では午前中が忙しくなりやすいです。ただ、薬局によっては午前でも午後でも関係なく、ひっきりなしに患者さんが訪れる職場が存在します。そうした調剤薬局やドラッグストアの場合、午後だけでもいいので手伝ってくれる薬剤師がいると非常に助かります。

そのため、午後だけの勤務を検討している場合についても問題なく働くことが可能です。例えば、以下の東京の薬局から出された求人は午後のみの求人募集になります。

このように、18:00まで勤務してくれるパート薬剤師を募集しています。調剤薬局やドラッグストアの場合、時短勤務などによって早めに仕事を切り上げる人がいます。そうしたとき、終業時間ラストまで働いてくれる人は貴重です。

そのため、午後であっても患者さんが訪れる職場の場合、閉店時間の最後まで残ってくれることを条件に中途採用での求人が出されるようになるのです。

・午前のみ、午後のみで好きな時間を選ぶこともできる

また、午前中のみや午後だけで働くことを考えたとき、「火曜日は午前だけ、木曜日は午後のみ」などのように、日によって半日勤務の時間帯をズラすことも可能です。

薬局での求人募集では、「午前のみ、午後のみのどちらも相談可能」としていることがあります。例えば、以下は東京の薬局から出された求人であり、午前のみや午後のみのいずれでも相談できます。

こうした薬局の求人へ応募し、基本は「午前中だけ勤務する薬剤師」などのように固定します。ただ何か理由があるときは、ある日は午前で働き、別の日は午後だけ勤務しても問題ありません。

場合によっては、「ある日はフルタイムで働き、他の日は午前のみで働く」などの相談も可能です。

午前中だけ、午後のみのメリット

パートやアルバイトとして半日だけ働くのは大きなメリットがあります。特に子育て中の女性薬剤師が午前中だけを含め半日での勤務を望みますが、午前のみだと子供の送り迎えが容易になります。

時短勤務の場合、まだ患者さんが残っているのに「時間になったので帰ります」と薬局に残っている人へ伝え、申し訳なさそうに帰宅しなければいけません。また、予想以上に患者さんの数が多く、薬歴入力の作業が遅れてしまうと帰る時間が遅くなってしまいます。

一方で午前中だけであると、午前の部についてはすべての仕事を終わらせて帰ることになります。そのため申し訳なさそうに帰宅する必要はありません。

これは、午後だけ勤務するときも同様です。例えば、ダブルワークを検討している場合、「午前はいつもの勤務先で働き、夕方からは別の薬局でダブルワークする」など効率よく時間を使えます。薬局側は終業時間まで勤務してくれる薬剤師を非常にありがたい存在だと考えため、午後だけでも問題ありません。

・土曜日に働ける人は重宝される

参考までに、平日だけでなく土日(特に土曜日)であっても問題なく勤務できる人だと、さらに重宝されるようになります。

一般的にパートの女性薬剤師は子育て中の人がほとんどであり、土曜日は子供のイベントが入りやすいので土曜日勤務を避ける傾向にあります。そうしたとき、土曜日であっても午前中に問題なくシフトを組める人はかなりの戦力になります。

もちろん、どうして土日勤務が無理な場合はそれを伝えれば問題ありません。ただ、土曜日でも問題ない場合は時給交渉を含め、より良い条件になりやすくなります。

半日勤務でも時給は変わらない

パート・アルバイトとして働くとき、必要になるのが時給交渉です。調剤未経験で求人へ転職する場合、基本は時給2,000円になります。東京や大阪などの都市部に限らず、どの地域であっても時給2,000円からスタートするのが一般的です。

これは、半日勤務の場合についても同様です。基本的には時給2,000円から始まります。

ただ、既に調剤経験のある薬剤師だと時給は上がりやすいです。このときの時給交渉については、フルタイムで働くパート薬剤師とほぼ同じ条件で時給交渉を進められるようになります。

「週1回だけ働きたい」など、特殊な条件を提示する薬剤師の場合、時給2,000円から給料が上がりにくいです。ただ、週のうち3日以上を働けるのであれば、たとえ半日のみの勤務であったとしてもフルタイムで働く人と同じように時給交渉が可能ですし、長く勤めることでの昇給も見込めます。

他の半日勤務の求人を把握する

通常であれば、調剤薬局やドラッグストアのパート・アルバイトとして働き、半日だけ勤務するのが一般的です。ただ、さらに求人の幅を広げるのであれば、その他の半日求人についても検討してみるといいです。

薬局やそれ以外で勤務することを考えたとき、半日だけ働くときは以下のような求人が存在します。

  • 病院の半日求人
  • 派遣で半日だけ働く
  • 早朝バイト
  • 夜間バイト

それぞれについて解説していきます。

病院でも短時間勤務が可能

パート薬剤師としての勤務を考えるとき、就職先は調剤薬局やドラッグストアだけではありません。病院についても、パート・アルバイトとして働くときの候補になります。

当然、薬局に比べると病院で午前中のみ働ける案件は減ります。しかし、病院であっても問題なく午前や午後のみの短時間勤務を実現できます。例えば、以下の東京にある病院は「午前のみ、午後のみのどちらでも可能な求人募集」となっています。

一般的に病院薬剤師の非常勤(パート・アルバイト)であると、フルタイムで働くことになるのが基本です。ただ、数は少ないながらもこうした病院薬剤師で半日勤務可能な求人案件が出されるのです。

もちろん、半日勤務ではあったとしても基本的な病院薬剤師のスキルは身に着けることができます。以下のような注射剤の調整など、病院業務を学ぶことができるのです。

病院薬剤師の半日勤務であっても、時給2,000円からになります。その後の昇給は難しくなりますが、短時間勤務であっても問題なく時給2,000円を確保できるのです。

派遣で半日のみ働く

また、パート・アルバイトだけでなく派遣薬剤師として働くという方法もあります。派遣薬剤師には1日スポットでの勤務や午後だけのダブルワークなども可能であり、いろんな面で活用できる働き方になります。

派遣薬剤師として働く最大の特徴は「時給が高い」ことがあります。時給3,000円は普通ですし、どれだけ安くても時給2,500円からとなります。派遣では即戦力が求められますが、これはそれだけ薬剤師を欲しているからなのです。

このとき、半日だけ働くときにパート・アルバイトとして転職してもいいですが、効率よく稼ぐために派遣薬剤師を選ぶ人も多いです。例えば、以下は京都の調剤薬局から出された派遣求人になります。

ここにある通り、午前のみの勤務であっても問題ないとしています。9:00~12:30までの短時間勤務であり、4時間以内で働くことになります。3.5時間と短い労働にはなりますが、時給2,800円と高額なので効率的に稼ぐことができます。

例えば、週3日入る場合は月に以下のような収入になります。

  • 時給2,800円 × 3.5時間勤務 × 月12日(週3日) = 117,600円

参考までに、時給2,000円だとまったく同じ条件で月の給料は84,000円です。その差は33,600円であり、年収換算では403,200円もの違いになります。時給800円の差とはいっても、月や年間になると非常に大きな収入の違いとなるのです。

こうしたことがあるため、短時間勤務を考えるときにパート・アルバイトではなく派遣薬剤師を考える人は多いです。さらにいえば、先ほどは求人票をもとに時給2,800円と低めで試算しましたが、時給3,000円の派遣薬剤師であればより稼げるようになります。

半日のみの早朝バイト求人がある

午前中だけ働くことを考えるとき、より朝が早い求人も存在します。事情があって朝早くに開局しなければいけなかったり、24時間のドラッグストアだったりする場合、半日のみの早朝バイト求人が出されるようになるのです。

例えば、以下は羽田空港にあるドラッグストアでの早朝バイトの求人募集です。

ちなみに、以下が実際に羽田空港に存在するドラッグストアになります。早朝5:45から開けるため、薬剤師が必要になるのです。

このように、朝早くから店を開ける必要があったり、24時間営業のドラッグストアであったりする場合、薬剤師の早朝バイトに関する求人が出されるようになることがあります。

なお、早朝バイトで働ける人の数は少ないです。そのため、薬剤師を欲しているドラッグストアであれば時給交渉が容易になります。

夜間バイトで短時間だけ働く

主にドラッグストアになりますが、OTCドラッグストアや調剤併設ドラッグストアでは、夜遅くまで店舗を開けていることがあります。

中には24時間で処方せんを受け付けているドラッグストアも存在するほどです。例えば、以下のような調剤併設ドラッグストアです。

もちろん24時間営業でなくても、深夜まで開局していることは多いです。東京や大阪、名古屋、福岡などの都市部に限らず、地方でも夜間まで開けているドラッグストアはたくさん存在します。そうしたドラッグストアの場合、深夜の短時間バイトの求人が出されます。

例えば、以下は京都にある薬局での深夜バイトになります。

法律では、22:00以降は割増賃金にしなければいけないと定められています。ただ、この薬局では20:00~24:00の短時間勤務で最初から時給3,000円を提示しています。派遣薬剤師並みの高い時給となっています。

参考までに、この求人票では「残業が発生して24:00以降も働くことになった場合、時給3,500円になる」と記載がありました。早朝バイトでは、なかなか高額な時給とはなりにくいです。一方で夜間バイトであれば、このようにパート・アルバイトであっても高い収入を実現しやすいです。

働く時間は夜になってしまいますが、ダブルワークを含め効率よく稼ぐことを考えている薬剤師であれば、このように深夜バイトを検討してみるといいです。

どう半日勤務したいのか考えるべき

一般的には、午前中だけであったり午後のみの勤務を考えたりするとき、4時間ほどの短時間勤務を考えます。このときは9:00~13:00や、14:00~18:00などの勤務が多いです。

当然、こうした半日だけ働くことのできる求人は存在するため、求人募集へ応募すれば問題なく短時間勤務を実現できます。しかし、半日のみ働くとはいっても、早朝勤務という方法もありますし、夜間バイトも存在します。

中には、薬局ではなく病院薬剤師を経験したいと考える人がいるかもしれません。また、「ある日はフルタイムで働き、他の日は午後だけ入る」などを実現したい人もいます。派遣薬剤師として、高い時給によって効率的に稼ぐという方法でも問題ありません。

このうち、どのような働き方を実現したいのかザックリとでもいいので考えるようにしましょう。これらが具体的になるほど、転職で成功しやすくなります。

転職サイトの手を借りて求人募集を探す

また、このときはほとんどの薬剤師が転職サイトを活用することで求人を探します。自分の力で求人を発掘するのは現実的ではないからです。

既に述べた通り、薬局の求人だけであっても「午前のみ」「午後のみ」「午前のみ、午後のみの両方とも可能(フルタイムも可能)」「早朝バイト」「夜間バイト」など、非常に多くの選択肢があります。さらに、この中から時給や勤務地などを考えなければいけません。

薬剤師であれば、取り扱う科目も重要です。どのような科目がメインとなる薬局で短時間勤務をしたいのか考えなければいけません。

こうしたことを含めて、転職サイトの担当者に相談するようにしましょう。転職エージェントには非常に多くの求人が存在するため、中途採用でパート・アルバイトや派遣へ応募するとき、あなたの地域に存在する求人の中でどれが適切なのか提示してくれます。

自ら求人を発掘するのは現実的に厳しいですが、転職エージェントを活用すれば問題なく実現できるようになります。

・午前だけ開局する正社員では、他薬局のヘルプを行う

参考までに、中には「午前だけ開局する調剤薬局へ転職すれば、正社員であっても午前中だけ勤務できるのでは?」と考える人がいるかもしれません。ただ、そうした午前中だけ開く薬局の場合、その薬局を閉めた後は他の店舗のヘルプをするのが基本になります。

例えば、以下は神奈川にある午前だけ開局する調剤薬局での正社員募集になります。

ここにある通り、薬局は9:00~13:00で開いています。ただ、閉局後は近隣店舗のヘルプや在宅業務などを担当すると記載があり、正社員である以上は本当の意味での半日勤務はできないと考えるようにしましょう。午前のみ・午後のみの勤務はパートや派遣でのみ実現可能なのです。

転職サイトであれば、こうしたことも含めて教えてくれます。転職エージェントを利用することで、半日の短時間勤務を考えるといいです。

4時間ほど働く「午前だけ・午後だけ」の求人で勤務する

フルタイムではなく、4時間など短い時間で働くことを考える薬剤師は多いです。そうしたとき、午前のみや午後だけの求人を探すようになります。

正社員であると、半日だけ働ける求人は存在しません。必ずパート・アルバイトか派遣として勤務しなければいけません。こうした求人であれば、問題なく半日だけ働いて残りの時間を有効活用できるようになります。

そこで、転職サイトを利用することで求人を見つけるようにすれば、問題なく半日勤務できる中途採用の募集へ申し込めるようになります。

4時間ほどの短時間勤務をするとはいっても、調剤薬局やドラッグストア、病院ごとに特徴が大きく異なります。勤務地や働く時間、時給が違うのはもちろんのこと、メインの科目や福利厚生まで含めてバラバラです。ここまで含めて求人を確認することで、優れた求人の職場へ転職できるようになります。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファルマスタッフ

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。

ファルマスタッフのインタビュー記事

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事