薬剤師として働くとき、どの県で勤務するのかは重要です。このとき、多くの人が住む県として神奈川県があります。

人口が非常に多いことから、神奈川で薬剤師をしようと考える人は非常に多いです。

ただ、薬剤師が転職して中途採用へ応募するとき、神奈川ならではの注意点があります。そこで、何に気を付ければいいのか事前に理解しておかなければいけません。

ここでは、神奈川の調剤薬局やドラッグストア、病院、企業の求人で薬剤師が働くときに考えておくべきことについて記していきます。

神奈川県で働く薬剤師の平均年収を知る

転職するとき、最初に知るべきは年収です。一般的な年収相場が分からなければ、提示された求人内容が妥当なのかどうか判断できません。平均年収については厚生労働省から発表されており、神奈川では以下のようになっています。

都道府県 平均年収 平均月収 平均賞与
神奈川 526.5万円 38.8万円 60.9万円
全国 526.1万円 37.6万円 74.9万円

出典:厚生労働省「2018年賃金構造基本統計調査」

このように、全国平均とほぼ同じです。

一般的に都市部であると、薬剤師の給料は低くなる傾向にあります。これは、それだけ薬剤師の担い手が多く、高い収入を提示しなくても募集に集まってくれるからです。

ただ、神奈川の場合は非常に人口が多い都市にも関わらず、平均年収が全国平均並みです。つまり、都市部の中では高めの給料を実現することができます。実際、転職サイトなどに登録して中途採用募集を見てみると、都市部にしては高めの年収のケースが多いです。

神奈川であれば都心へのアクセスも優れています。高めの年収を実現しながらも都会に住みたいとき、神奈川はおすすめです。

横浜、川崎、相模原がメインの勤務地

神奈川で主要な都市として、横浜や川崎、相模原が知られています。基本的には、こうした都市から出される求人がほとんどだと考えるようにしましょう。

求人全体で見ると、神奈川にある中途採用のうち横浜市が約40%、川崎市が約20%、相模原市が約10%を占めることになります。以下は転職サイトを活用したときに確認できる、神奈川にある都市ごとの求人数になります。

なお、例えば横浜とはいってもそれなりに面積は広いです。横浜は神奈川県で最も面性が広く、以下のような18の区があり、それぞれで求人募集が出されるようになると考えましょう。

西区、中区、港北区、神奈川区、鶴見区、都筑区、青葉区、磯子区、南区、港南区、戸塚区、保土ケ谷区、緑区、金沢区、旭区、泉区、瀬谷区、栄区

この中で横浜駅やみなとみらいがある西区や中区であっても、中小薬局で年収500万円ほどが提示されるのは普通です。都心であると年収450万円ほどになりますが、横浜の中心部であっても年収500万円以上が可能なのです。

例えば、以下は横浜市西区の調剤薬局から出された求人です。

年収500万円以上ですが、特に優れた求人をピックアップしたわけではなく、こうした募集がたくさんあると考えて問題ありません。

もちろん大手チェーンだと平均年収は低いですし、中小薬局によっては年収450万円ほどのケースもあります。ただ、年収500万円ほどを実現するのは難しくありません。

なお、「西区や中区などの中心部」から離れた区であったとしても、横浜ではどこも提示される年収は同じくらいです。これは川崎市や相模原市でも、横浜と同じくらいの年収だと考えましょう。

横浜市、川崎市、相模原市、藤沢市、横須賀市、厚木市、平塚市、鎌倉市、小田原市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、逗子市

これらの市ではどれも、年収500万円ほどの薬局へ就職することを考えればいいです。

ただ、三浦市などのように都市部から離れた土地の場合、田舎で薬剤師がいなくなるので平均年収は高くなります。実際、三浦市では最初から年収550万円が普通であり、それだけ高年収になるのです。

調剤薬局、ドラッグストアで年収500万円を確保する

神奈川であれば年収500万円以上が普通になりますが、当然ながら提示される給料は個々の求人によって異なります。先に述べた通り、神奈川にも関わらず年収400万円ほどの薬局は普通に存在します。そのため、こうした調剤薬局は避けなければいけません。

そこで薬局への就職であれば、年収500万円を基準に求人を探しましょう。中小薬局やドラッグストアであれば、横浜や川崎、相模原を含め年収500万円を提示してくれる採用はたくさんあります。

例えば、以下は神奈川を拠点に広く展開しているドラッグストア「クリエイト」の求人です。

川崎市中原区の店舗ですが年収500万円以上です。こうした求人はたくさん存在するため、勤務体系を考慮しながら求人を選ぶようにしましょう。

薬局勤務で年収600万円の高給料を目指すことも可能

また、神奈川であれば年収500万円に限らず、年収600万円であっても無理なく目指すことが可能です。実際、そうした求人もそれなりにたくさん出されています。

もちろん訳ありの求人にはなってしまいますが、理由に納得できるのであれば何も問題ありません。こうした求人はいくつも存在しますが、例えば以下のようなものがあります。

・勤務時間の長い求人

神奈川の場合、横浜や川崎、相模原を含め勤務時間の長い求人を選ぶことで年収600万円を無理なく達成できます。しかも管理薬剤師である必要はなく、勤務薬剤師でも十分可能です。

例えば、以下は川崎市麻生区の調剤併設ドラッグストアから出された勤務薬剤師の求人です。

ここにある通り未経験でも年収600万円以上です。ただ、勤務時間は9:00~20:00と長いです。また、求人票の詳細には「冬場は残業が発生するが、夏場は少ない」と記載されています。

小児科の処方せんを受け取るため、冬場は風邪やインフルエンザで薬局内に患者さんがあふれかえるようになります。そのため冬場は残業が発生して帰宅は遅くなりますが、それに納得できるのであればこうした求人で高年収が可能です。

・管理薬剤師の募集

東京や大阪などであると、単なる管理薬剤師に年収600万円が提示されることはありません。「新規オープンの店舗」「一人薬剤師」など何かしら理由があります。

ただ、神奈川の場合は一般的な管理薬剤師であっても年収600万円を提示されることが普通にあります。一般薬剤師でも年収500万円以上が普通であるため、管理薬剤師ではそれだけ年収が高めになっているのです。

例えば、以下は横浜市青葉区の調剤併設ドラッグストアの求人募集です。

勤務時間や開局の曜日は普通ですが、このように年収600万円以上です。管理薬剤師だと年収550万円は当然であり、年収600万円以上を実現できる求人もたくさん存在すると考えましょう。

・ラウンダーや管理職で年収700万円以上にする

既に管理薬剤師としての経験が数年あり、どのような処方せんが来ても問題なく対応できるスキルを身に着けているのであれば、ラウンダーやエリアマネージャー(管理職)という選択肢でも問題ありません。こうした求人であれば年収700万円以上が可能です。

複数店舗で勤務するラウンダーは店舗ごとに勤務時間が異なり大変です。また、店舗を束ねるエリアマネージャーもより大きな責任を負うことになります。そのため、神奈川では年収700万円以上が可能になるのです。

例えば、以下は横浜市戸塚区の薬局から出されたエリアマネージャー求人です。

大手の調剤薬局ではないものの、こうした薬局で幹部を目指すことも可能です。年収700万円以上であり、都市部で活躍する薬剤師の中では非常に優れた給料を実現できます。

パート・アルバイトの時給は2,000円と普通

正社員として働くとき、都市部の中では高めの年収になりやすい神奈川県ですが、パート・アルバイトで働くときはどうなのでしょうか。これについては、時給相場は普通だと考えるようにしましょう。つまり、東京や大阪などの薬局や病院で働くときに比べても時給相場は同じなのです。

薬剤師の一般的な時給は2,000円です。これは横浜や川崎などでも同様であり、神奈川県だからといって特に高い時給が提示されるわけではありません。

正社員の給料相場が高いと、パート・アルバイトについても時給相場を上げてほしいと考えてしまいがちです。ただ、薬剤師のパート勤務だとそのようなことはないので諦めるしかありません。

もちろん、探せば時給が高めの薬局は存在します。例えば、以下は全国展開しているドラッグストアでの求人であり、横浜市保土ケ谷区の店舗です。

ここにある通り時給2,600円と高めです。時給2,000円が基本にはなるものの、こうした求人を探して転職しても問題ありません。

派遣会社の利用で時給3,000円を目指す

それでは、神奈川の薬局や病院で派遣をすることを考える場合はどうなのでしょうか。これについては、必ず時給3,000円以上の求人を選ぶようにしましょう。

派遣の場合は都心でも時給2,800円以上になるのが常識です。ただ、横浜や川崎、相模原などではさらに時給が高くなり、時給3,000円が一般的な相場です。時給2,800円などの薬局では安いと考えるといいです。

例えば、以下は横浜市神奈川区にある調剤薬局から出された中途採用求人です。

一般的な薬局求人で時給3,000円での募集であり、神奈川だとこのように高時給になるのが普通です。

派遣社員の場合は必ず派遣会社(転職サイト)へ登録することになりますが、求人を選ぶときは時給3,000円以上を必ず選択するといいです。

病院やクリニックでも給料・収入は優れる

なお、病院薬剤師であっても問題なく応募できますが、求人の大半は横浜になります。また、別の都市であっても川崎と相模原がほとんどです。他の都市でも多少は病院求人が出されるものの、ほぼ横浜・川崎・相模原に集中すると考えましょう。

このとき神奈川だと、調剤薬局やドラッグストアの正社員は高めの給料になりやすいですが、これは病院でも同様だと考えて問題ありません。他県の都市に比べて、横浜であっても病院・クリニックの薬剤師で高めの収入を実現しやすいのです。

もちろん薬局のように年収500万円を最初から実現することは無理です。また、大病院だと異常なほど収入が低いのは全国共通です。しかし、専門病院やケアミックスをはじめとして病院薬剤師でも年収450万円以上の求人はそれなりに存在します。

例えば、以下は横浜市旭区の病院から出された求人です。

400床ほどの専門病院ですが、年収450万円以上です。病院のパート・アルバイトでは時給2,000円ほどになってしまいますが、正社員の年収が高めなのは病院・クリニックでも同様だと考えて問題ありません。

企業求人への就職は稀になる神奈川

一方で一般企業の求人ではどうなのでしょうか。薬剤師であれば製薬会社を含め、企業への就職を目指す人もたくさんいます。

これについては、残念ながらほぼ存在しないと考えた方がいいです。神奈川での企業求人は非常にまれなのです。

製薬会社を含め、重要な企業求人は東京に存在します。神奈川ではないのです。そのため、CRA(開発職)や薬事職、学術・DIを含め神奈川でこれらの職業を見つけようとしてもほとんど存在しないと考えたほうがいいです。

もちろん一般企業の求人がゼロなわけではありません。品質管理や物流センター、CRC(治験コーディネーター)など郊外であっても問題なく提示される種類の企業求人であれば神奈川であっても存在します。

例えば、以下は相模原市にあるネット通販会社から出された物流倉庫内の管理薬剤師募集です。

第一類医薬品の販売を含めたネット通販に携わることになりますが、倉庫や品質管理の中途採用は郊外で出されやすいです。そうした求人であれば、神奈川にも多少は存在すると考えましょう。

参考までに、転職サイトで「神奈川で出されている企業求人の数」を検索すると以下のようになります。

5万件以上の求人募集を保有する転職エージェントで調べましたが、全部で11件です。このように、選べる企業求人は非常に少なくなると考えましょう。

転職サイトを利用し、神奈川の求人を見つける

ここまでを理解したうえで、神奈川で薬剤師として働くための募集を探すようにしましょう。平均年収や平均時給を含め、ある程度の相場を理解しておけば提示された求人が妥当なのかどうかを判断できるようになります。

ただ、当然ながら自分でこれらの求人を見つけるのは不可能に近いです。そこで、転職サイトへ登録することで優れた求人を見つけるようにしましょう。

転職エージェントには非常に多くの求人が存在します。ただ、人によって求人にこだわりがあります。

  • 同じ横浜市内でも、家から近い場所がいい
  • 川崎のドラッグストアで年収600万円を目指したい
  • 相模原で規模の大きい病院へ就職したい

どのような職場でも問題ない人は少ないです。必ず希望条件があるはずなので、これらの要望を明確にしたうえで転職サイトを利用すると、ピッタリの求人を提示してもらいやすくなり、転職で成功しやすいです。

さらにいうと、3社以上の転職サイトを利用してそれぞれの担当者から中途採用募集を出させ、比較するのがコツです。要望を聞いたうえで最適な求人を提示してくれる担当者を選別し、いくつもの求人の面接を受けながら自分に合う職場を探すのがコツです。

神奈川(横浜、川崎、相模原など)で薬剤師として転職する

人口の多い県が神奈川県であり、横浜をはじめとしていくつも大きな都市が存在します。

神奈川で薬剤師を考える人は多いです。これは都市部であるというだけでなく、給料の相場が高めという理由もあります。都心から近く電車ですぐに出向けるにも関わらず、高年収が可能になります。

薬局であれば、未経験でも年収500万円が可能です。病院薬剤師であっても、年収450万円を実現できる求人がいくつも存在します。

ただ、当然ながら求人募集によって提示される条件はバラバラです。そのため、転職サイトを通じてあなたが転職するときの要望を出しながらも、条件に合ういろんな求人を紹介してもらうようにしましょう。複数サイトを利用し、多くの求人の中から神奈川で働ける優れた募集を見つけるといいです。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファルマスタッフ

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。

ファルマスタッフのインタビュー記事

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事