薬剤師として転職するとき、年収アップを考える人は多いです。そうした薬剤師の場合、高額求人となる一つの基準として年収600万円があります。

高給取りの薬剤師だと、東京や大阪などの都市部であっても年収600万円以上を達成できるようになります。能力の優れた薬剤師の場合、年収600万以上の実現は頑張れば十分に可能なのです。

しかし、当然ながら誰でも年収600万円以上の求人に応募できるわけではありません。それなりに条件が必要ですし、ある程度のスキルも要求されます。覚悟をもった人でなければ、高給を実現することは無理なのです。

そこで、薬剤師が中途採用の求人募集へ応募するとき、「どのように考えて年収600万以上を達成すればいいのか」について解説していきます。

田舎で働くか、自分の能力を上げるべき

薬剤師という専門職であったとしても、簡単には高年収を実現することはできません。これは当然であり、経営者からしてみれば「なぜ、あなたにそれだけの高い給料を支払わなければいけないのか」が不明だからです。

このとき、年収600万以上の求人で勤務するには以下の2つのうち、どちらかを満たしている必要があります。

  • 田舎僻地の求人
  • 薬剤師として能力が高い

田舎僻地の求人であれば、たとえ新卒薬剤師であっても初任給から年収600万円を提示されます。そのため、未経験で特に能力がなかったとしても高給取りになれます。

一方で東京や大阪、名古屋、福岡、横浜に限らず、一般的な地方都市の県庁所在地などで勤務することを考える場合、あなた自身が薬剤師としての能力を磨いている必要があります。単に調剤だけを経験しているだけでは不十分であり、その他の顕著な能力が求められるのです。

具体的にどのような求人になるのかについて、以下で詳しく確認していきます。

田舎僻地の薬局なら、新卒でも初任給600万円が可能

ド田舎にある調剤薬局や調剤併設ドラッグストアで働く場合、たとえ未経験でスキルなしの新卒薬剤師であったとしても、初任給から年収600万円が可能になります。

実際、私はかつて島根県浜田市というド田舎で薬剤師をしていたことがあります。以下が実際の写真であり、駅前にも関わらず人の気配がないです。

当時の私は企業の薬剤師であり、会社命令で島根県にいただけのため、私の月の給料は27万円(手取り月21万円くらい)ほどと薬剤師の中では普通です。ただ、調剤薬局で勤務していた周囲の薬剤師だと新卒でも年収600万円だったわけです。

特に島根県のような薬学部の大学がない都道府県であり、さらには田舎にある薬局だと薬剤師が足りない傾向にあります。そのため、これだけの高給を提示したとしても薬剤師が集まりにくいのが現状なのです。その代わり、こうした田舎の薬局では新卒であっても年収600万以上が当たり前になっています。

例えば、以下は実際にかつて私が住んでいた島根県浜田市の調剤薬局から出された求人です。

年収600万円に加えて、住宅手当や引越し手当まであるという求人であり、給料面でいえば非常に優れているといえます。

特にスキルがないものの、新卒未経験の状態から高額収入を得たいと考えている場合、唯一の選択肢が田舎僻地の薬剤師となります。

特殊な店舗の管理薬剤師で年収アップさせる

それでは、田舎の薬局ではなくいま住んでいる都市で転職し、年収アップを図るにはどうすればいいのでしょうか。これには、スキルとして管理薬剤師以上の経験が何年かあるのが必須条件になります。

勤務薬剤師の経験だけで年収600万以上を目指すのは、田舎の薬剤師でない限り不可能に近いです。ただ、ある程度の管理薬剤師経験があるのなら、方法によっては転職で年収アップが可能になります。

ただ、当然ながら単に管理薬剤師というだけで年収600万円以上の給料が提示されることはありません。実際、世の中には管理薬剤師であるものの年収の低い薬剤師はいくらでも存在します。しかし、以下のような特殊な店舗なら年収600万円を達成しやすくなります。

・新規オープンの店舗を目指す

新規オープン店舗のように特殊な形態であると、高年収が提示されやすいです。既存店舗のように既に定まったルールがあるわけではなく、ゼロからのスタートになりそれだけ大変だからです。

例えば、以下は大阪での新規オープン&管理薬剤師の求人募集です。

年収600万円以上の求人であり、都市部であってもこうした年収が約束されるようになります。さらにいうと、新規店舗なので転職によって管理薬剤師と着任したとしても、当然それまで勤務していた人がいないので「外部から上司が来る」のように警戒されることなく仕事をスタートできます。

普通の管理薬剤師として転職したとしても、年収600万円を達成することはできません。そのため、このような少し特殊な管理薬剤師として中途採用の求人を探す必要があるのです。

・忙しい薬局の管理薬剤師を目指す

また、非常に忙しく働かなければいけない調剤薬局であるため、管理薬剤師として適切な人材が社内にいないことがあります。

実際のところ、管理薬剤師ではなくパートや勤務薬剤師として働くことを望む薬剤師は非常に多いです。一つの薬局に在籍している薬剤師の中で、正社員よりもパートの方が多いのは普通です。

また、忙しい店舗の管理薬剤師を自ら進んで担当しようとする人は少ないのです。そこで忙しい店舗の管理薬剤師へ転職すれば、残業で大変にはなるものの年収600万以上の給料を提示してもらうことは十分に可能です。

・在宅薬剤師で高い給料を目指す

他にも在宅薬剤師という方法も存在します。在宅医療が可能な薬剤師は珍しく、多くの場合は「施設に出向いて服薬指導をする(施設在宅)」「患者さんの家の玄関で薬を渡すだけ」などの在宅となっています。

そのため、本当の意味で在宅医療を実施している薬局は少ないです。そうした中、適切な在宅を経験している薬剤師であれば、在宅に力を入れている調剤薬局から重宝されます。

例えば、以下は東京にある在宅専門薬局から出された求人です。

このように、最初から年収600万円となっています。注意点として、在宅求人であっても本気で在宅に取り組んでいるわけではなく、年収400万円程度の低い給料の求人も中には混じっています。ただ、専門性の高い在宅をする人ほど数が少なく貴重になるため、収入は高めになります。

ラウンダー薬剤師なら年収600万以上が普通

他には、ラウンダーとして複数店舗で勤務する形態で働く方法もあります。常にヘルプ要因として、日によって働く店舗が異なる働き方です。

ラウンダーだと、管理薬剤師として働くよりもはるかに高い給料になります。ラウンダーの場合、年収600万円以上になるのは当然だと考えるようにしましょう。勤務時間や場所が不規則になりますし、休みの日も固定ではなくなるからです。

それだけ大変な働き方を担うことになるため、複数店舗で勤務する薬剤師だと年収が非常に高くなるのです。例えば、以下はラウンダー薬剤師の求人募集になります。

あらゆる処方せんに対応できる知識は必要になりますが、このように年収600万円からスタートできます。

薬剤師で働くとはいっても、このように一つの店舗に留まらないラウンダーという勤務方法もあるのです。こうしたやり方であれば、東京や大阪などの都市部であっても問題なく年収600万以上で勤務できます。

一人薬剤師でも高給が可能

場合によっては、一人薬剤師を目指すという方法もあります。一つの店舗を一人の薬剤師で管理する一人薬剤師であれば、煩わしい人間関係に悩まされることなく好きなように薬局を管理できます。もちろん、空き時間は自由に過ごして問題ありません。

人間関係の問題がないことから、敢えて一人薬剤師の求人へ転職する人もいるほどです。

このとき、一人薬剤師の求人の特徴として年収が高くなりやすいことがあげられます。一人だけで調剤や監査、投薬(服薬指導)をすべて行うことになるので大変だからです。店舗マネジメントを自分だけで回さなければならず、一人ですべての薬剤師業務を行える人だけが転職可能になります。

高額な給料を提示されやすいことから、一人薬剤師の求人では年収600万円以上になることがあります。例えば、以下は東京にある調剤薬局ですが、一人薬剤師の募集で年収650万円からとなっています。

東京や大阪などの都市部であっても、一人薬剤師なら年収600万以上が可能になるのです。

処方せんの1枚当たりの単価については、9,000円以上となっています(参考:厚生労働省・調剤医療費の動向)。もし、1日30枚の処方せんを月20日調剤する場合は以下の売上になります。

  • 1日30枚 × 9,000円 × 月20日 = 540万円

年間にすると6,480万円であり、このうち年収600万円をあなたに支払えば問題ありません。一人薬剤師で高年収になりやすいのは、それだけ調剤薬局の売上に貢献できるからなのです。

病院の薬局長で高収入を目指す

また、病院薬剤師で経験が長いのであれば薬局長として転職する方法もあります。当然、急性期病院の薬局長へ転職するのは無理です。薬剤部長、薬剤課長、薬局長と病院によって呼び名は異なりますが、いずれにしても総合病院では同じ病院内での出世が基本です。

ただ、数は少ないものの慢性期病院や専門病院などであれば薬局長を募集する高額求人が出されることがあります。

慢性期病院などであれば、急性期病院のように何十人も薬剤師がいるわけではありません。また、若い薬剤師が勝手に応募してくるなどのような、人気の病院ではありません。調剤薬局やドラッグストアと同じように、薬剤師の人材不足に常に困っています。

これが薬局長のような人間になると、さらに適任となる人の数は少なくなります。そのため、稀ではあるものの薬局長の病院求人が出されるのです。例えば、以下は大阪にある療養型病院から出された薬局長の求人です。

このように、病院薬剤師ではあるものの転職によって年収600万以上を達成できるようになります。

勤務薬剤師なら、契約社員で高給を目指す

それでは、管理薬剤師などの特別なスキルのない勤務薬剤師だと、田舎の薬局で働く以外に高額求人を手にすることはできないのでしょうか。

これについては、契約社員や派遣を目指すことによって可能になります。契約社員は正社員とは異なり、1年や半年などの更新制です。薬局や病院などの雇用側にとっては契約更新しないという選択肢もあり、正社員よりも使い勝手がよくなります。そのため、契約社員だと給料が非常に高くなります。

もちろん、調剤薬局やドラッグストアも薬剤師の確保に困っているため特別な理由がない限りは契約社員の薬剤師を解雇することはありません。そのため、正社員よりも高い給料を実現しながら、ボーナスや福利厚生を含めて好待遇を目指したい場合、契約社員がおすすめです。

例えば、以下は神奈川のドラッグストアから出された年間契約制の契約社員求人です。

こうした募集へ転職することにより、薬剤師として高給を得られながら活躍できるようになります。

ちなみに、多くの求人では「契約社員から正社員になる」ことも可能になっています。ただ、契約社員から正社員になると100%の確率で収入が減ると考えましょう。正社員というのは、身分の安定性では優れているものの、どうしても給料が低く設定されるのです。

一般薬剤師が派遣で高給を得るのも広く行われている

なお、契約社員よりも一般的であり、広く行われている勤務方法として派遣があります。派遣についても、比較的簡単に年収600万以上を実現できます。

派遣の場合、時給3,000円以上になるのは普通です。こうした求人でフルタイム勤務すれば、残業代も含めれば意外と簡単に年収600万円を達成できるようになります。

例えば、時給3,000円で1日8時間働く場合、月20日勤務だとすると月の給料は以下のようになります。

  • 時給3,000円 × 1日8時間 × 月20日 = 48万円

ここに残業が少し加わるだけで月50万円の給料になります。月50万円を12ヵ月達成すれば年収600万円のため、派遣として一般薬剤師を行うことで年収600万円を超えるのは難しくありません。派遣であれば、勤務薬剤師でも年収600万円以上になるのです。

例えば、以下は神奈川県横浜市にある調剤薬局から出された派遣求人になります。

時給3,000円以上の求人ですが、こうした募集案件は派遣だと珍しくありません。こうした派遣へ応募して転職すれば、勤務薬剤師であっても問題なく年収600万以上となります。

注意点として、派遣の場合は福利厚生がほぼ存在しません。住宅手当を含め、その他の福利厚生は期待できないと考えた方がいいです。そのため、同じ年収600万円であったとしても正社員と派遣では手取り額が異なることは理解しましょう。

残業代や福利厚生まで含めた手取りを考えるべき

なお、多くの薬剤師は年収の額に着目しがちです。ただ、それだけを見てはいけません。残業代がどのようになるのかについて着目しなければいけませんし、福利厚生についても同様に考えるべきです。

給料とはいっても、残業代が出るのか出ないのかによって収入は大幅に変わります。同じ年収であっても、「残業代込みの年収」と「残業代が含まれていない年収」であれば、年間100万円以上の違いが表れるのは普通だからです。

例えば、時給3,000円の薬剤師が毎日1時間の残業をした場合、月の残業代は以下のようになります。

  • 時給3,750円 × 1日1時間 × 月20日 = 75,000円

日本の法律では、週40時間以上の労働に対しては25%の割増賃金にしなければいけません。そのため、時給3,000円の場合の残業代は時給3,750円になります。この場合、残業代は月75,000円となるのです。

月75,000円のため、年間90万円の残業代です。毎日、1時間の残業代だけでもこれだけのプラスになります。残業代は求人票に掲載されないため、こうしたことまで含めて求人票を見なければいけません。

求人内容を深く確認するのは福利厚生も同様です。先ほど少し触れましたが、例えば住宅手当がどれだけ支給されるのかどうかによって手取り額が大幅に異なるようになります。

住宅手当がゼロなのと、住宅手当が月4万円出されるのとでは、それだけで年間48万円も手取り額が変わってきます。例えば、以下の求人は月5万円まで家賃補助があるドラッグストアの求人になります。

求人票の年収額だけでなく、こうしたことまで含めて転職時に条件交渉するようにしましょう。そうすれば、実質的な年収(手取り額)がより増えるようになります。

転職サイト経由で高額求人を見つけるべき

なお、こうした高額求人がどこに転がっているのかというと、当然ながら自力で探しても見つけるのは不可能に近いほど難しいです。薬局やドラッグストアが表立って管理薬剤師やラウンダー、契約社員など高額求人の募集を出していることはほぼないからです。

そのため、年収600万以上の高額求人を見つけることを考える場合、ほぼ全員が転職サイトを活用します。

これは田舎僻地の薬局でも同様です。新卒であっても初任給で年収600万円以上が可能とはいっても、田舎のどこにそうした求人が出されるのか把握している薬剤師は少ないです。そのため、転職エージェントを活用するのです。

なお、薬剤師で年収600万円以上の求人は特殊案件であり、簡単には見つけることができません。そのため、必ず複数の転職サイトを利用する必要があります。3社以上の転職エージェントを活用することで求人の幅を広くして、いろんな担当者との相性を見ながら求人を吟味する必要があります。

・条件交渉で担当者の力量を見る

このとき、当然ながら転職サイトの担当者によって交渉能力が異なります。実際、求人先がまったく同じ会社であったとしても、福利厚生なども含めて交渉すれば、担当者の違いによって手取りが年間50万円以上異なるのは普通です。

そのため何社もの転職エージェントを利用しながらも、「自分のために薬局や病院と粘り強く交渉してくれる転職サイトの担当者は誰か」を見極めるようにしましょう。そうした中から、優れた提案をしてくれる転職サイトだけを残せば問題ありません。

薬剤師で高給を得る戦略を考える

高額求人とはいっても、その働き方はさまざまです。最も簡単なのは、田舎僻地の調剤薬局やドラッグストアへ転職することです。新卒であっても、初任給から年収600万円です。

ただ、当然ながら全員がそうした僻地の薬局で勤務したいとは考えません。いま住んでいる地域を含め、自分が希望する場所で薬剤師をしながら年収600万以上を目指します。そうしたとき、薬剤師として経験がそれなりにあることは大前提ですが、年収600万円を達成する方法はいくつか存在します。

もちろん、管理薬剤師として転職するだけでは年収600万円は無理です。新規オープン店舗や残業が多い薬局、ラウンダー薬剤師など、特殊な薬局や勤務形態で働かなければいけません。

こうした調剤薬局やドラッグストアの薬剤師であれば、問題なく年収600万円を達成できます。高い給料を得たいのであれば、特殊な求人に応募して頑張る必要があるのです。

薬剤師の収入を考えるとき、年収600万円は一つの基準になります。方法によっては、転職によって収入アップを実現し、年収600万円を超えられるようになります。転職サイトを利用しながら、こうした求人を探すようにしましょう。


薬剤師転職で失敗しないために必要な理想の求人・転職先の探し方とは!

薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

オススメの転職サイトと特徴の違い

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事