薬剤師として転職を考えるとき、30代の人が転職活動を行うことは多いです。一般的に転職市場では年齢が若いほど価値が高く転職に有利なので、30代は転職を行いやすいギリギリの年齢だといえます。

ただ薬剤師資格がある場合は、わりと年齢が高めであっても受け入れてくれる確率が高くなりやすいです。

しかし、同じ30代でも「30歳なら受け入れてくれるが、35歳からは年齢制限を設けている」などの会社が出てくるようになります。30代での転職を考えるとき、30代前半ではギリギリ問題なくても、30代後半だと足切りがあるのです。

転職では若いほど、どの職場でも受け入れてくれます。しかし、年齢が高いと調剤薬局やドラッグストアしか受け入れてもらえなくなります。そこで、30代の薬剤師がどのように考えて転職活動をして求人を探せばいいのかについて確認していきます。

30代からの転職は有利なのか

まず、30代の薬剤師が転職することは有利に働くのでしょうか。これについては、それまで薬剤師としてどのように過ごしてきたのかによります。

例えば、「ほとんど勉強せず、ただ調剤を行っていた薬剤師」と「薬剤師会でも活躍し、知識とスキルを兼ね備えた薬剤師」では、その価値は大きく異なることが分かります。当然、後者の薬剤師の方が転職では良い条件の求人を引き出すことができます。

薬剤師を目指して大学受験し、資格を取るには大学へ6年間通う必要があります。最速でも24歳からなので、20代は社会人経験が長くても5年ほどです。こうした時期では、多少のスキルの差はあったとしてもそこまで大きな違いではありません。

ただ、30歳以降になると知識やスキルの差が顕著になってきます。実際、35歳からは以下のようなことを経験し始める人が多くなります。

  • 管理薬剤師(店長)に限らずエリアマネージャーとして、複数店舗の薬剤師を管理する
  • 薬剤師業務以外にも、会社の中枢に関わる経営業務まで携わる
  • 他の人をまとめマネジメントをすることで、病院全体で成果を出す

こうしたスキルや経験の差が生まれるのが30代であり、良い転職を実現できるかどうかはそれまで働いてきた姿が反映されると考えてください。

30歳や35歳からの転職で未経験や新卒・職歴なしはどうなのか

それでは、それまで調剤未経験であったり、30歳や35歳の新卒薬剤師として就職したりする場合はどうなのでしょうか。それまで一般企業に勤めていたり、新卒で職歴なしであったりすると、調剤未経験の状態で調剤薬局やドラッグストア、病院へ転職することを不安に感じてしまいます。

この場合、調剤スキルのない異業種への転職(または新卒での就職)になるため、一般薬剤師としてゼロからスタートすることになります。

薬局や病院によっては調剤スキルをもっていて即戦力の薬剤師を求めていることがあります。ただ、それと同じくらい「調剤未経験の薬剤師であっても問題ない」としている調剤薬局やドラッグストア(調剤併設ドラッグストア)が存在します。

そこで即戦力を求めている求人を避け、未経験であっても問題なく受け入れてくれる求人へ応募すれば問題ありません。そうすれば、薬剤師として新たにスタートできます。

このとき30代だと、一般的には病院ではなく調剤薬局やドラッグストアでの就職になります。経験者に限らず、未経験の人であっても広く求人募集が存在するからです。例えば、東京の調剤薬局から出された中途採用の募集であり、未経験でも問題ないと明記されています。

年収450万円からなので、都市部では一般的な給料です。もちろん、東京や大阪、名古屋、福岡などの都市部でなくても、30代から薬剤師を初めて経験する人を受け入れてくれる求人は非常にたくさんあります。それまでの職歴がなかったとしても問題ありません。

総合病院の薬剤師は30代から微妙になる

ただ、病院薬剤師へのあこがれがいまでもあり、どこかで病院を目指すことを考えている場合は要注意です。早めに転職活動を行い、いますぐ自分を受け入れてくれる病院の求人を探さなければいけません。

特に病院の規模が大きくなるほど、年齢の高い人を受け入れてくれません。「常勤職員は35歳まで」などのように年齢制限を設けているからです。

例えば以下の求人は東京にある350床ほどの総合病院です。

このように、足切りが40歳となっています。しかも、「病院経験がある人で40歳まで」と明記されているため、病院未経験の場合はより若い年齢である必要があります。一般的には、総合病院を目指す場合は以下の年齢がギリギリだと考えましょう。

  • 病院経験あり:40歳まで
  • 薬局での調剤経験あり:35歳まで
  • 調剤未経験:30歳まで

※より規模の大きい病院だと、さらに年齢制限が厳しくなります。

それでは、なぜ病院薬剤師では年齢制限があるのでしょうか。これは、病院薬剤師では年齢が高くても低くても仕事内容はそこまで変わらないからです。

調剤薬局では、多くの薬剤師で仕事内容が大きく変わらないことは想像できると思います。これと同じことは病院薬剤師でもいえるのです。もちろん薬剤部長(薬剤課長)になれば仕事内容は違いますが、それ以外の薬剤師は年齢が異なっても基本的に仕事が同じです。

また、病院では当直(夜勤)があります。30代後半など年齢が高いと当直を頼みにくく、これについても病院薬剤師で年齢の高い人が敬遠される理由です。

仕事内容が同じなのであれば、積極的に当直を引き受けてくれて素直な若い人の方が採用しやすいのです。また、大規模の急性期病院になるほど若い薬剤師が積極的に就職してくるため、30歳や35歳で病院を目指す人を中途採用で受け入れるメリットがありません。

・慢性期、専門、小規模・中規模病院なら可能性がある

ただ、慢性期病院や専門病院(精神科、整形・リハビリなど)、小規模・中規模病院であれば年齢が高めでも比較的受け入れてくれます。例えば、大阪にある以下の病院では30代後半どころか「60歳以上可」とあります。

急性期の大病院であると転職が難しくなります。ただ、慢性期病院や専門病院であれば、このように30代後半からの転職であっても受け入れてくれることがあります。また、急性期の中規模総合病院についても、薬剤師が足りていない場合は問題なく採用してくれることがあります。

こうしたこともあり、30代で病院薬剤師を目指したいのであればいますぐ転職サイトなどに登録し、年齢が最も若い現在の状態であなたを受け入れてくれる求人を探さなければいけません。

30代後半の未経験では、一般企業の求人も難しくなる

病院薬剤師と同じことは一般企業での求人にもいえます。一般企業では「35歳転職限界説」というものがあり、これは35歳を過ぎると転職が一気に難しくなるという現実を意味します。

もちろん、それまで専門性を磨いて結果を出してきた人であれば問題なく転職できます。ただ、まったく経験のない分野に未経験で挑戦してみたり、あまりスキルのない人が転職したりするのは非常に難しくなります。

薬剤師であっても同様であり、製薬会社のCRA(臨床開発モニター)など一般企業への転職は年齢が高いとそれだけで不利になります。

例えば薬事申請の業務に携わりたい場合、20代であれば未経験でも受け入れてくれることがあります。ただ、たとえ求人応募の必須条件に「薬剤師資格」と記載されていたとしても、30代であると薬事申請の経験がなければ面接に呼んでもらえないことがあるのです。

・職種によっては企業も可能

もちろん、学術(DI業務)や品質管理、CRC(治験コーディネーター)など比較的受け入れてくれる職種はあります。企業の薬剤師になるには、職種を選ぶことが重要です。

例えば、以下は大阪の製薬会社から出された未経験可能なDI求人です。

製薬メーカーや医薬品卸を含め、学術は30代からの応募でも問題ないことで広く知られています。ただ、それでも若い人であるほど採用されやすいのは共通しています。そのため、一般企業を見据える場合は早めに求人を探すといいです。

平均年収・給料を知り、待遇を見直す

このように、30代である以上は徐々に転職が難しくなってくる年齢だと考えてください。ただ、それでも30代薬剤師による転職は活発です。

それでは、他の人はどのようなことを目的として転職しているのでしょうか。これには、非常に多いものとして収入の問題があります。客観的に自分の年収をみたとき、収入を増やすために転職する人は多いのです。特に病院薬剤師の人が年収アップを目的に職場を変えるのは普通です。

例えば男性薬剤師であれば、30代では多くの人が結婚しています。こうして家庭をもったり子供が生まれたりすると、いまの収入では生活できないことに気がつきます。そこで、給料が低い調剤薬局で働いていたり、病院勤務であったりしたとき、年収が高めの調剤薬局やドラッグストアへ転職するのです。

参考までに、厚生労働省が発表しているデータによると、(女性)薬剤師の平均年収は以下のようになっています。

平均年収 平均月収 年間賞与
25~29歳 420.6万円 30.5万円 54.5万円
30~34歳 475.4万円 33.3万円 74.8万円
35~39歳 539.1万円 37.2万円 91.9万円

この表は役職や地域差を考慮していないので、参考程度で考えてください。ただ、これらの統計データであっても大まかな把握はできるため、いま自分の給料が高いか低いか現在の待遇を見極めるようにしましょう。

女性薬剤師の平均年収であるため、この中にはパート・アルバイトも含まれています。そのため、正社員として働いている場合の平均年収はさらに高くなります。

もし、30代の薬剤師で年収450万円以下の給料である場合、低すぎるといえます。東京や大阪などの都市部であっても、転職によってすぐに450万円以上に年収アップを実現することができます。調剤薬局やドラッグストアの場合、転職では「調剤経験者は年収500万円以上、未経験者は年収450万以上」が相場だと考えましょう。

人間関係や労働環境を見直したい

また、薬剤師の転職理由の上位に必ず人間関係や労働環境の問題が存在します。

新卒のときは医薬品知識がないので頑張って勉強し、仕事を覚えるように努力していたとしても、数年経てばかなり仕事に慣れてきます。これが30代にもなると、後輩(部下)を指導したり全体のマネジメントを任されたりする場面が増えてきます。

こうして仕事に慣れたとき、いまの人間関係や労働環境が適切なのかを考えるようになるのです。例えば労働環境であれば、以下のようなことを考え始めます。

  • 長い残業がずっと続いているため、同じ環境であと20年以上も働くのは難しいのでは
  • 激務の病院なので、このままでは体力がもたない

そうして、いま自分が置かれている状況を客観的に見たとき、他の求人を探して新たな挑戦をした方がいいのではと考えるのです。

結婚・出産によってライフステージが変わった

他にも女性薬剤師であれば、結婚・出産によってライフステージが変わり、これがキッカケで転職することは多いです。

例えば結婚すると、高確率で引越しをして住所を変えます。このとき、通勤時間がそれまでよりも長くなることが多いです。

通勤時間が1時間以上かかる職場であると、特に妊娠したときの負担が大きいです。そこで、結婚後(または結婚前)に家から近い職場へ転職するケースはたくさんあります。もちろん、このときは育児に理解のある職場へ応募することが必須です。

例えば、以下は東京都新宿区の調剤併設ドラッグストアの求人です。

このように朝10時からの出勤なので、保育園へ子供を預けた後にゆっくり出社できます。また、時短勤務を子供が小学校3年生になるまで認めてくれます。ここから、育児に対して理解のある職場であることが分かります。

実際に妊娠または出産した後になって、育児に理解のある求人を探すのでは遅いです。早めに動き、良い職場を探す必要があります。

また、中には20代のうちに妊娠・出産を経験しており、ある程度まで子供が成長したので、復職のために働き始める人もいます。このときは正社員かパート薬剤師のどちらが適切なのかを自ら選択する必要があります。

地元へ帰る人も多い

薬剤師であれば、地元に帰るために転職する人もいます。卒業した大学の地域で就職したり、会社命令によってまったく知らない土地で働いたりしている人の場合、家庭の事情などの関係で地元に戻ることはよくあります。

または、「東京や大阪など、都市部に住みたい」「田舎暮らしをしたい」などのように考え、それまで住んだことはないが、自分の願望を叶えるためにまったく知らない土地へ転職する人もいます。

いずれにしても、いま住んでいる土地から他の土地で薬剤師生活を送りたいと考えるのです。

・その他の理由

もちろん、その他の理由で転職する人もいます。例えば既婚の女性薬剤師であれば、旦那の転勤に伴って転職しなければいけないことがあります。まだ子供が小さい場合は単身赴任ではなく一緒に引越しすることが多く、このときは仕方のない転職だといえます。

また、自分のスキルアップを目指して転職する薬剤師もいます。「30代前半のうちに慢性期病院から急性期病院へ転職する」「在宅をメインとする調剤薬局でスキルを磨く」などです。

それまで経験してこなかった職場の求人へ申し込み、転職して働き始めることによって新たな技術を習得するのです。

目的を明確にし、30代からの転職の失敗を避ける

それでは、転職での失敗を避けるために30代の薬剤師が考えなければいけないこととして何があるのでしょうか。

良くない職場で働き始めてしまうと、結局のところ再び転職したくなってしまいます。これでは無駄に退職回数が増えるだけであり、経歴に傷がつきます。こうした状況は避けなければいけません。

最も転職で失敗しやすい人の特徴としては、「なぜ転職するのかについての目的や理由がハッキリしていない」ことがあげられます。そこで、何を求めていまの職場を変更したいのかを考えなければいけません。もしかすると、転職せずにいまの職場に留まった方が良いかもしれないからです。

例えば、転職理由が「年収アップ」であるとき、目的がボヤッとしているので何を求めて転職したいのか分かりません。

年収アップであっても、これまでより「50万円の年収増」と「200万円の年収増」では行うべき対策が違ってきます。年収50万円アップであればいまの地域で同じ業態でも問題ないですが、200万円の年収アップでは田舎の調剤薬局で働くことを検討したり、多少は激務の職場で働かなければいけなかったりします。

例えば、以下は神奈川県横浜市の薬局求人ですが、管理薬剤師の募集で年収650万円からとなります。

管理薬剤師(管薬)の経験がある場合、こうした求人を狙うことも可能です。当然、高年収なのである程度の残業は覚悟しなければいけません。

これが調剤未経験の場合、都市部だと前述の通り一般的には年収450万円からのスタートです。ただ、その後の昇給率は薬局ごとに異なるため、場合によっては5年ほどの勤務で年収600万円になることは可能です。

実際、私の友人薬剤師は31歳で10店舗運営の薬局の管理薬剤師となり、田舎ではなく市内の薬局でしたが年収600万円でした。

こうしたことから、どれだけの給料を要求するのかによって転職での仕事内容が大幅に変わってきます。

また、これが育児中のママ薬剤師であれば、年収ではなく「時短勤務」「急な休みを取れるのか」が最優先事項になります。

勤務時間や残業、職場の様子を含め、人によって転職で実現すべき優先事項が異なります。そこで、できるだけ具体的に「どのような職場を望んでいるのか」「なぜ転職するのか」を考えるようにしましょう。

・転職での優先順位をつけ、転職サイトを利用する

ただ、このときは優先順位をつけるようにしましょう。全部の要望を叶えようとするのは現実的でないため、望む職場の中でも譲れない条件をピックアップするのです。

多くの薬剤師は転職サイト(転職エージェント)を活用して求人を探しますが、転職での優先順位をつけたら、それを転職サイトのコンサルタントに伝えるようにしましょう。

転職エージェントとしても、「どのような求人を探しているのか」「具体的にどのような要望があるのか」などを把握する方がピッタリの求人を探しやすくなります。

ただ、注意点として転職サイトに在籍するコンサルタントの性格は人によって異なります。要望を伝えてもピッタリの求人を紹介してこない転職エージェントがあり、あなたとの相性が合うかどうかは運しだいです。

こうしたリスクを避けるため、3社以上の転職サイトを活用して求人を探すようにしましょう。

結婚していない独身者と家庭持ちは優先事項が異なる

それでは、30代からの転職ではどのような点に注意して求人を探せばいいのでしょうか。これについては、結婚しているか(子供がいるか)によって変わってきます。

・独身の人はやりたいことを優先する

独身で結婚の予定がない(または、まだ結婚は先)の場合、転職では自分のやりたいことを優先させましょう。「病院薬剤師へのあこがれを捨てきれていない」「在宅メインの薬局を経験したい」など、後悔しないようにいま行いたいことを第一に考えて求人を探すのです。

独り身であれば、家庭のことを考えなくてもいいのでスキルアップが容易です。自分だけのことを考えればいいので、独身の人は自分のやりたいことを優先した転職活動をしましょう。

・家庭をもっている人は年収や勤務条件を優先させる

しかし、同じ30歳や35歳であっても、結婚していたり子供がいたりする場合は話が違ってきます。この場合は家族を支えなければいけないため、男性であれば年収の多い職場(または年収を維持できる職場)を考えましょう。

女性薬剤師であれば、残業時間や勤務時間を気にする人がほとんどなので、育児に理解を示してくれる求人が最適です。

自分一人だけのことを考えればいいわけではないため、家庭をもっている人は年収や勤務条件を優先させた転職を考えましょう。

・立場によって優先事項が異なる

30代は異業種を含め新たな分野へ挑戦できる最後のチャンスです。もちろん調剤薬局やドラッグストアであれば40代や50代でも受け入れてくれますが、病院や一般企業では転職が非常に難しくなると考えてください。

ただ、独身の人は問題ありませんが、これまで話してきた通り「結婚して家庭をもっている人は家庭の事情を優先させるべき」という注意点があります。これを理解せずに転職してしまうと、家庭不和を招いてしまうので慎重に行いましょう。

女性の場合はパート・アルバイトや派遣への転向を視野に入れる

女性薬剤師であると「妊娠・出産を経験し、子供の年齢が少し大きくなった段階で復帰する」ことがあると述べました。このとき、時短勤務や残業なしまで考慮に入れた正社員として復職を検討してもいいですが、実際はパート・アルバイトや派遣で復帰する人が多いです。

これは、単純にその方が時間的な余裕がありますし、働き方も自由に選べるからです。これと同じように、いま正社員として働いている人であってもパートや派遣での薬剤師へ転向することを視野に入れましょう。

例えば、以下は愛知県名古屋市の調剤薬局での中途採用求人です。

未経験でも可能であり、時給2,000~2,500円となっています。未経験では時給2,000円、経験者は交渉次第で時給2,500円が可能な求人となっています。一般的なパート求人ですが、こうした職場で週3日など好きな時間を選んで働くようにするのです。

また、パート・アルバイトに限らず派遣薬剤師も視野に入れるといいです。調剤薬局や調剤併設ドラッグストア、病院などで調剤経験があることは大前提ですが、そうした人であれば派遣として短期間だけ働いたり、高時給で短い時間のヘルプを担当したりすることで稼ぐことが可能です。

例えば、以下は東京の薬局から出ている派遣の募集です。

派遣薬剤師の場合、時給3,000円以上が一般的です。正社員よりも多い給料を実現できるため、自分にとって都合の良い日程や時間で効率よく働きたい人に向いています。

転職の目的を明らかにし、面接で志望動機を伝える

こうして転職する目的を明確にし、希望条件の優先順位をつけたあとは志望動機を作ったり、退職理由を考えたりしなければいけません。履歴書や職務経歴書で志望動機を書く必要がありますし、面接では退職理由を必ず聞かれます。

そこで転職の目的や理由を明確にし、履歴書や面接で志望動機・退職理由を問題なく伝えられるようにしましょう。

例えば、以下のようになります。事例では「結婚予定の30代女性薬剤師での志望動機・退職理由」を想定しています。

調剤薬局の薬剤師をしており、3ヶ月後には結婚する予定です。いまの職場は残業が多く、帰宅は全員が20:00以降です。将来は子供がほしいため、勤務時間の融通や急な休みにも対応できるかを含め、いまのうちに育児への理解がある薬局の求人を探しています。

御社は薬剤師のヘルプ体制を整えていたり、子供が病気になって急な休みに対しても柔軟に対応してくれたりすると転職エージェントから聞いています。いまから妊娠・出産に備え、育児を行いやすい環境を整えたいと考え、貴社を志望しました。

今回は女性薬剤師による育児問題を取り上げましたが、「いまよりも年収を上げたい」「より職場環境の良い求人で働きたい」「スキルアップしたい」などの転職理由も同様に、「なぜ転職しようと考えたのか」「転職によって何を実現したいのか」を述べるようにしましょう。

そうすれば、求人先の会社はあなたの考えを理解してくれるようになります。その結果、面接後に内定をもらいやすくなります。

30代では自分のキャリアを考えるべき

転職したいということは、いまの職場に対して「残業が多い」「スキルアップを見込めない」「給料が低い」など、何かしら不満があるのだと思います。

このとき、転職先の求人で何を望んでいるのかを明らかにしましょう。転職サイトのコンサルタントと相談しながら求人を探し、同時に希望条件を明確にしていくことによって、ようやく転職で成功するようになります。

また人によっては、新卒・職歴なしで30代から新たに就職するケースもあります。35歳の新卒であっても就職先を相談できるのが転職エージェントなので、実際に相談しながら適切な職場を探していくといいです。

特に30代から転職を目指す場合、調剤薬局やドラッグストアであれば広く受け入れてくれますが、病院や一般企業であると戦略を練らなければいけません。また薬局への就職であっても、平均年収や職場環境を理解したうえで就職先を探す必要があります。

重視するべきものを明確にしたうえで求人を探すようにしましょう。そうすれば、転職での失敗を防げるようになります。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファルマスタッフ

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。

ファルマスタッフのインタビュー記事

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事