高給の薬剤師としては、一つの基準として年収600万円があります。これ以上の給料をもらっている薬剤師であれば、薬剤師の中でも非常に多くの収入を得ているといえます。

ただ中には、より上を目指す薬剤師もいます。年収800万円や年収900万円を目指すことにより、より優れた求人募集へ応募し転職を考えるのです。

しかし、年収600万円の実現でさえ難しいのに年収800万円以上で転職するとなると、かなり綿密に戦略を立てなければいけません。ただ、不可能というわけではありません。方法によっては年収800万円や年収900万円が可能です。

そこで、どのようにして年収800万以上の高い報酬を得るのかについて解説していきます。

薬剤師が高い年収・給料をもらう方法

一つの企業(薬局やドラッグストア)へ勤務することを考えるとき、勤務薬剤師で年収800万円や年収900万円を達成するのはほぼ不可能に近いと考えた方がいいです。そのため、管理薬剤師やエリアマネージャーを含め、より上の立場での転職を考えなければいけません。

主な方法としては、以下のようなものがあります。

  • 田舎僻地の管理薬剤師
  • エリアマネージャー兼ラウンダー
  • 将来、独立することを視野に入れる
  • 田舎の薬局で契約社員をする
  • 企業のスペシャリスト

こうした薬剤師を目指すことにより、ようやく年収800万円や年収900万円が可能になります。簡単ではないからこそ、高年収の達成方法を事前に理解しなければいけません。

田舎の管理薬剤師だと高収入が可能

管理薬剤師として転職したとしても、年収600万円でさえ難しいです。しかし、田舎僻地の薬局であれば可能です。管理薬剤師で年収800万円や年収900万円を目指すのであれば、田舎の薬局を選択するのが最も簡単です。

普通の薬局の管理薬剤師で勤務し、年収800万円以上となると求人はほぼ存在しません。ただ、田舎僻地の薬局であれば新卒薬剤師であったとしても年収600万円からスタートとなります。そのため、管理薬剤師として患者さんの多い田舎の薬局に着任すれば、最初から年収800万以上になることがあるのです。

もちろん、チェーン薬局を含めてある程度の規模の薬局だと高年収は期待できません。田舎僻地にある小規模の中小薬局に限り、高い収入を得られるようになります。

例えば、以下は静岡にある中小薬局の管理薬剤師求人です。

週休2.5日であり、休みについては問題なく取れます。もちろん残業はあるかもしれませんが、田舎の薬局での管理薬剤師募集であるため、このように高い給料を実現できるようになっています。

管理薬剤師として転職を考える場合、単に薬剤師としての能力が高いだけではいけません。このように、田舎の薬局で勤務するなど他の要素が加わる必要があります。

エリアマネージャー&ラウンダーの転職で年収800万以上を目指す

ただ、管理薬剤師よりも上位の職業が存在します。それがエリアマネージャーです。管理薬剤師として求人募集を探す場合、先に述べた通り田舎僻地の薬局でないと年収800万以上は難しいです。ただ、東京や大阪などの都市部でも、エリアマネージャーなら年収800万円や年収900万円が可能になっています。

もちろん、エリアマネージャーとはいっても年収はさまざまです。そうした中でも、新規オープンの手伝いをしたり複数店舗の勤務をしたりしながらも、エリアマネージャー兼ラウンダーとして活躍すると高額求人になります。

単なるエリアマネージャーとしての転職では、ここまで年収は高くなりません。ラウンダーとして複数の薬局をヘルプで手伝いながら経営にも関わることにより、高い年収を実現できるようになるのです。

例えば、以下は愛知の薬局から出されたエリアマネージャー兼ラウンダーの募集になります。

このように年収800万円や年収900万円どころか、年収1,000万円での提示になります。エリアマネージャーとラウンダーを兼ねる求人であると、このように高年収になります。都市部で高い給料を目指す場合、こうした求人へ応募しなければいけません。

一般的なエリアマネージャーやラウンダーのどちらか単独での勤務だと、年収600万円ほどです。高くても年収700万円が上限です。そこからさらに高額求人へ申し込むとなると、両方を兼務できる人材でなければいけません。

将来、独立起業を視野に入れた求人へ転職する

エリアマネージャーを含め、サラリーマン薬剤師であると自分で年収を決めることはできません。ただ、自ら経営する会社であれば自由に自分の給料を決められるようになります。

高い年収を目指すのであれば、場合によっては経営者になることを考えても問題ありません。独立起業することにより、薬剤師として年収800万以上を目指すことも可能になるのです。

ただ、ゼロから調剤薬局を立ち上げるのは大変です。そうしたとき、将来の独立を見据えた転職をしても問題ありません。実際、世の中には独立志向の高い人に向けた求人募集が存在します。例えば、以下は神奈川の薬局から出された求人になります。

後継者不在による募集であり、数年後に社長として就任することを見据えた転職になります。転職時は年収500~600万円にはなりますが、将来の高年収を見据えてこうした中小薬局へ転職を完了しておき、何年か後に高い収入を得ることを考えても大丈夫です。

薬剤師としてのスキルは高く上昇志向はあるものの、現在の職場ではなかなか評価してくれないケースは多いです。そうしたとき、こうした調剤薬局へ転職することで自らの力を発揮し、さらには社長になることまで見据えるといいです。

契約社員で年間契約をしても問題ない

正社員で高い給料を実現するとなると、現実はやはり非常に難しくなります。ただ勤務形態を契約社員にすれば、かなり高い収入を得られるようになります。

契約社員だと一年や半年などの更新制になります。そのため経営者からすると、いつでも解雇できるので都合がいいです。日本では正社員をクビにできないようになっているため、契約社員の方が使い勝手がいいのです。その代わり、契約社員だと非常に高い年収が約束されるようになるのです。

東京や大阪の薬局であっても、契約社員であれば年収600万円以上になることもあります。これが田舎の薬局での契約社員だと、年収800万円を提示してくれることがあるのです。

例えば、以下は新潟で出された契約社員の求人であり、年収800万円となっています。

転居費用も負担してくれるため、期間限定で田舎の薬局へ働いても問題ない場合はこうした求人へ申し込んでも問題ありません。

契約社員なので、管理薬剤師ではなく一般薬剤師としての勤務です。田舎の薬局であれば、一般薬剤師にも関わらず年収800万以上で働くことが可能になるのです。

企業求人でスペシャリストを目指す

薬局や病院などの調剤とは離れ、一般企業の薬剤師としてスペシャリストを目指すことにより、年収800万円以上を考える戦略も存在します。

調剤薬局やドラッグストアであると、どうしても年収に上限があります。最初の給料は優れているものの、その後の収入増は見込みにくいのです。また、年収800万円を達成するにしてもかなりスキルを磨かなければいけません。

一方で製薬会社であればそうした上限がなく、国内企業でも外資系企業でも能力に応じて高額年収を提示してくれることが多いです。

もちろん、製薬会社のスペシャリストとはいっても職種はさまざまです。

  • CRA(臨床開発モニター)
  • 薬事職
  • 品質管理

この3つであれば、どれであっても能力を磨くことによって転職でスキルアップを行い、高い年収を達成できるようになります。

例えば、以下は外資系製薬会社が出している品質管理の求人募集です。

神戸での勤務であり、年収1,000万円以上です。品質管理であっても、専門性を磨けば問題なくこうした高年収を達成できるのです。当然、CRAや薬事職でも転職によってステップアップすることは可能です。

もちろん、こうした高額求人だと英語力を磨いているのは当然ですし、仕事もできる人材でなければいけません。ただ、そうした能力を身に付ければ、調剤以外の薬剤師であっても高給を実現しやすくなります。

派遣による副業・ダブルワークが最も現実的

しかし実際のところ、ここまで述べたような高いスキルをもった薬剤師ではない人がほとんどです。エリアマネージャー兼ラウンダーで転職するにしても、既にエリアマネージャーを経験している人でなければこうした高額求人には応募できないことが多いです。

企業のスペシャリストを目指すにしても、かなりの時間がかかります。

また田舎僻地の薬局で管理薬剤師をするのであれば、多くの人が実現可能であるものの、反面そうした地域で勤務するのが嫌な人は多いです。

その中で高い年収を目指すのであれば、最も確実なのは「他の薬局を兼務することによってダブルワークをする」ことです。いつも働いている薬局とは別に掛け持ち勤務することにより、高い収入を得るようにするのです。

派遣薬剤師として登録すれば、こうした求人を発掘できます。例えば、以下は東京にあるダブルワーク可能な薬局の派遣求人であり、高い時給を実現できます。

派遣であれば、東京や大阪でも時給3,000円を問題なく達成できます。今回の求人についても、時給2,800~3,300円となっています。

9:00~19:00の勤務なので、休憩1時間だとすると1日9時間労働です。仮にこの薬局で週2日(月8日)の派遣をする場合、時給3,000円だと月の収入は以下の通りです。

  • 時給3,000円 × 1日9時間 × 月8日勤務 = 21万6,000円

年間では259万2,000円です。つまり、本業で約540万円の収入があれば問題なく年収800万円を達成できるようになります。高い年収を提示してくれる調剤薬局やドラッグストアの薬剤師がダブルワークをすれば、年収800万円以上になれます。

注意点として、管理薬剤師は一つの店舗でしか勤務ができないため、派遣によるダブルワークはできません。そのため、一般薬剤師やラウンダー勤務など管理薬剤師ではない人がダブルワークをすることによって、年収800万円や年収900万円となります。

副業による年収増でも問題ない

ただ、前述のように管理薬剤師として働いていると他の店舗で勤務することが禁じられており、ダブルワークができません。そのため、全員が派遣薬剤師をすることで年収800万円を達成できるわけではありません。

そうしたとき、薬剤師とは別の副業をすれば管理薬剤師であっても問題なく年収800万円や年収900万円になります。

例えば私の場合、現在は起業していますがサラリーマン薬剤師のときからサイト運営の副業をしていました。当サイトで情報発信していることから分かる通り、こうしたサイト運営による副業を頑張っていたのです。そのおかげもあり、サラリーマン薬剤師でありながらも当時の薬事部長より圧倒的に年収は多かったです。

また、私の知っている薬剤師だと他にもいろんな副業をしている人がいます。

  • 漢方薬を調合してECサイトで販売
  • 不動産投資
  • バイクの転売

人によって興味が異なるため、副業の種類は違います。ただ、自分の趣味を活かしてこっそりと副業による収益を出しているのです。私の場合はたまたまサイト運営でしたが、こうした薬剤師とは関係ない副業によって収入を増やしても問題ないのです。

高給だと仕事を趣味にする必要がある

単発の薬剤師求人で年収800万円以上を目指すにしても、ダブルワークの副業で高給を得るにしても、現実的にはどちらも簡単ではありません。薬剤師が年収800万円を超えるためには、非常に高いハードルがあるのです。

もちろん、エリアマネージャーを経験しているのであれば、ラウンダーへの転職によってすぐにでも年収800万円や年収900万円が可能です。ただ、そうでない場合は非常に難しいです。何のスキルのない薬剤師が高給を得られるほど甘い世界ではないのです。

しかし精力的に仕事をこなしている薬剤師なら、田舎の薬局で管理薬剤師をしなくても問題なく年収800万以上にすることは可能です。

こういう人たちに共通しているのは、仕事が趣味の一環のようになっていることです。つまり、仕事をしてはいるものの、趣味の一環なのでそこまでハードワークをこなしている感覚が本人にはないのです。

例えば、エリアマネージャーなどの経営にまで関わる薬剤師をしている人で、自社内だけで留まっている人などいません。薬剤師会に出席するなど、自分の会社の外にも人脈を持っているのが基本です。また、患者さんと接するのが好きなために自ら業務内容を工夫することも忘れません。

こうしたことを自然に実践しているからこそ、薬剤師としてのスキルが高くなってより会社に貢献でき、転職のときも評価されやすくなるのです。

エリート薬剤師として活躍している人が「仕事のために仕方なく薬剤師会に出席し、セミナーで勉強しているか」というと、決してそのようなことはありません。自発的に学び取るために、こうした会へ出席しているわけです。

また、「業務内容を改善して患者さんに貢献することを、嫌々やっている」わけでもありません。自発的に「患者さんにとって役立つことは何か」を考え、行動しているわけです。こうしたエリート薬剤師にとって、自らの能力を高めたり仕事内容を工夫したりするのは趣味の一環といえます。

このように自分の能力を高めたり、仕事を頑張ったりすることが趣味の一つである場合、高額求人についても申し込めるようになります。特に高額求人ほど会社の経営に関わるため、仕事を嫌々しているようではこれらの求人に申し込む資格はありません。

高い年収というのは、誰でも提示されるわけではありません。それ以上の働きができるからこそ、高給をもらえるようになるのです。

転職サイトでなければ高額求人は存在しない

年収800万以上の実現となると、薬剤師では多くの場合で会社の経営に携わることになります。経営に関わらないのは、製薬企業のスペシャリストを目指すケースくらいです。

調剤薬局でのエリアマネージャーや将来の経営者候補を含め、どれも会社の根幹に関わる仕事を担うようになります。田舎僻地の薬局で管理薬剤師をする場合も同様に、上の立場として他の人を管理するようになります。

しかし、こうした経営に関わるような求人が表に出てくることはほとんどありません。薬局の公式サイトに経営者募集の求人が出されることはないのです。

そのため、実際に年収800万円や年収900万円での転職を考える場合、転職サイトに登録しなければいけません。転職エージェントにこうした求人が出てくるようになるのです。

これは、ダブルワークで派遣薬剤師をする場合も同様です。派遣として活躍するには、派遣会社(転職サイト)に登録しなければ実現できません。こうしたことから、年収800万円以上を目指すのであれば必ず転職サイトを利用するようにしましょう。

もちろん、年収800万以上の求人は圧倒的に少ないです。例えば、以下は求人数5万件以上で知られる転職サイトを利用し、「年収800万円」で検索したときの結果です。

このように、日本全国で81件です。しかも、これには「年収600~800万円」などのような求人も含まれており、実際のところ年収800万円よりも低い年収の求人が非常にたくさん含まれています。そのため、実際に年収800万円や年収900万円の求人を探すのは非常に難しいと考えてください。

ただ、転職サイトを活用して頑張って探せば少ないながらも年収800万以上の求人を発掘できるようになります。

当然、本気で高年収を考えているのであれば1つだけの転職サイトを活用する人はいません。全員が3社以上の転職エージェントへ登録します。そこまで本気になって転職活動をしなければ、優れた条件を提示してくれる求人に巡り合うことはできないからです。

求人数が圧倒的に少ない特殊案件だからこそ、年収800万円や年収900万円を目指すためにいくつもの転職サイトを利用し、たくさんの求人の中から案件を探すようにしましょう。

転職によって年収800万円、年収900万円を達成する

薬剤師が転職をすることで年収800万以上を目指す場合、簡単ではありません。そのため、戦略的に考えて求人を探し、転職活動を進めなければいけません。

このとき、主な方法としては以下の3つがあります。

  • 田舎僻地の薬局へ転職する(管理薬剤師や契約社員)
  • エリアマネージャーや経営者などを見据える
  • 派遣によるダブルワークをする

製薬会社のスペシャリストという方法もありますが、一般的な薬局の薬剤師であればこうした中から選ばなければいけません。

どの方法であっても問題ありませんが、こうした中からあなたが実現したい働き方を見据えたうえで求人を探し、応募するといいです。いくつもの転職サイトへ登録し、実際の求人募集を確認しながら優れた条件を提示してくれる薬局へ転職しましょう。


薬剤師転職で失敗しないために必要な理想の求人・転職先の探し方とは!

薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

オススメの転職サイトと特徴の違い

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事