薬剤師として転職・復職を考える人の理由としては、さまざまなものがあります。私が知っている薬剤師であれば、例えば以下のような理由で転職・復職した人がいます。

  • 親の関係で地元に戻らなければいけない
  • 結婚を機にフルタイムでない職場で働きたい
  • 子供が大きくなったので復職したい
  • より高度な勉強するために病院で働きたい

後ろ向きな理由で転職する人が存在する一方、仕方のない理由や前向きな理由で転職をする人も多いです。ただ、このときは転職サイトに登録し、非公開求人を上手く活用するとより成功につながります。

それでは、なぜ非公開求人が存在するのでしょうか。まずはこの理由を明らかにして、どのように非公開求人を活用すればいいのかについて解説していきます。

成果報酬型の非公開求人

転職サイトのビジネスモデルは、企業情報を転職サイトに掲載する「月額固定費型」と、転職したい人を薬局や病院へ紹介したときにはじめてフィーが発生する「成果報酬型」の2つがあります。

月額固定費型であると、月に数万円のお金を支払って転職サイトに情報を掲載してもらいます。ただ、この方式で調剤薬局や病院、ドラッグストアの求人情報を載せたとしても、本当に薬剤師からの応募があるかどうかはわかりません。

これら医療機関にとって重要なのは「募集が薬剤師の目に触れること」ではなく、「実際に薬剤師から応募があること」です。そのため、月額固定費を支払って転職サイトに情報を載せている薬局や病院は少数です。

そこで多くの調剤薬局、ドラッグストア、病院は「成果報酬型」の掲載を行います。月々の掲載料は支払わず、実際に薬剤師を紹介してもらったときだけ紹介料を払うのです。世の中にある転職サイト(転職エージェント)のほとんどがこうした形態のビジネスを行っています。

多くの求人は世の中に出てこない

そして重要なのは、成果報酬型の求人案件は転職サイトの表側には出てきません。月額の掲載料を払っていないため、これは当然のことであるといえます。こうした求人は実際に転職サイトに登録しなければ、求人を確認することができません。

転職サイトでは非公開求人がほとんどを占めます。これは、多くの医療機関が「成果報酬型の求人として転職サイトに登録している」からなのです。実際、転職サイトを活用して求人を見る場合、年収や勤務時間などの求人票を見ることはできても、企業名や住所などは非公開になっていることがほとんどです。

例えば、以下は東京にある調剤薬局の求人票です。

ここにある通り、「未経験でも受け入れてくれる」「総合科目で処方せんを受ける」「年収450万円から」「平日は9時間勤務(休憩1時間)」などの情報が分かります。ただ、実際の薬局名は記されていないため、どこの会社から出されている求人か分からないのです。

このように、転職エージェントに存在するほとんどの求人が非公開求人となっています。

また、優良な求人は掲載するとすぐに応募が殺到してしまいます。これを避けるため、転職支援会社に在籍するコンサルタントは、いま登録している薬剤師に対して優先的に情報を案内しているという現状があります。

難しい特殊案件の求人はほぼ非公開求人になる

さらに、少しでも条件が難しい特殊案件はほぼ非公開求人になると考えてください。

「平均的な給料を提示している一般薬剤師の募集」などのような普通の求人募集であれば、いくらでも存在します。ただ、これが「土日休みで残業なしの求人」であればどうでしょうか。求人全体の中で土日休みの調剤薬局やドラッグストアは全体の1割未満です。

例えば、以下の東京にある薬局は土日祝日休みとなっています。

東京の薬局で土日休みなのに、年収500万円からと非常に条件は良いです。こうした調剤薬局やドラッグストアの求人だと、すぐに応募が殺到して埋まってしまいます。そのため、非公開求人にすることで応募数を厳選し、転職エージェントを経由してもらうことになっています。

高年収など、従業員に知られたくない場合も非公開求人になる

また、既存社員に求人内容を知られたくない場合であっても、表に出てこない非公開求人になります。例えば優秀な薬剤師を採用したいために給料を高めに設定していると、他の従業員が求人を見たときに「いまの自分と待遇が違う」と考えてしまいます。

求人を表に公開するのは、経営者にとってリスクでもあるのです。

実際、派遣薬剤師は時給が高いことが有名であり、時給3,000円以上になるのは普通です。例えば、以下は大阪にある総合病院の派遣募集です。

病院薬剤師は給料が低いことで有名です。ただ、この派遣薬剤師であると時給3,000円と非常に高い給料を実現できます。週5日働く場合、9:00~17:00だと7時間勤務(休憩1時間)となりますが、このときの月の収入は以下のようになります。

  • 時給3,000円 × 1日7時間 × 月20日勤務 = 42万円

このように、1日7時間勤務の定時退社であったとしても非常に高い収入を実現できます。その病院で薬剤師として10年以上も働いている人よりも圧倒的に高い給料となります。そうなると、「なぜ自分はこれだけ病院に貢献し、残業も頑張ってこなしているのに、募集中の派遣薬剤師よりも年収が非常に低いのか」と疑問を持たれるようになります。

高年収であったり福利厚生が特別扱いだったりするなど、良い条件の求人であるほど非公開求人になるのはこのような理由があります。既存社員に求人の内容を知られないようにするのは、経営リスクの回避でもあるのです。

稀な求人や企業秘密の案件は非公開求人となる

また、稀な求人だと全体数が少なく応募者が殺到するため、あえて非公開求人にしているというケースもあります。何人もの薬剤師から応募があれば、それだけ採用者以外の応募者に対して、断りの対応が必要となります。そこで、転職サイトのコンサルタントに厳選させて応募を募るのです。

例えば、一般企業の案件はなかなか出てこない特殊案件です。製薬会社、医薬品卸、化粧品会社を含め、一般企業は土日休みであるなど良い条件がそろっています。しかも、薬剤師を募集している会社は大企業がほとんどであり、福利厚生は充実しています。

そこで応募の殺到を避けるため、非公開求人にするのです。例えば、以下は企業内診療所の求人募集です。

大手企業の診療所内で働く薬剤師は勤務条件が良く、中途採用で転職する先としては非常に人気です。募集が出て特に宣伝しなくても、すぐに応募で埋まってしまいます。こうした稀な求人では非公開求人になりやすいです。

また、製薬会社では企業秘密のために会社名を公開していないことが多いです。開発に重点を入れている分野を含め、他社に知られないために非公開としているのです。

例えば、以下は東京にある会社の薬事申請業務に関する求人募集です。

ここにある通り、法人名やアクセス(住所)を含めてどれも非公開にしています。転職サイトを通じて連絡すれば問題なく教えてくれるものの、どの会社が出している求人なのかは分からないようになっているのです。

申請業務は知的財産などにも関わる、非常に重要な部署になります。求人票には簡単な仕事内容や注力分野を記載することになるため、下手に企業名を公開すると、万が一にでも情報が洩れる可能性があります。そのため、会社名を公開しないようにしているのです。

いずれにしても、特殊案件であるほど非公開求人になると考えてください。転職サイトでは「表に出ている求人」をネット上で検索できますが、それだけの情報で転職先を決めるのは非常にもったいないです。必ず転職サイトに登録することで、裏の求人(非公開求人)の詳細を確認しましょう。

パート・アルバイトや派遣も多くが非公開求人

なお、薬剤師の場合は正社員での中途採用に限らず、パート・アルバイトや派遣についてもほとんどが非公開求人です。薬剤師は専門職であり、他の一般企業に比べると年収相場は高くなります。また、企業秘密を取り扱うことも多くなります。

そのため正社員に限らず、パート薬剤師や派遣薬剤師でも同様に企業名が公開されないのです。

例えば、以下は「週1回からでも勤務できる」という特殊なパート・アルバイトの募集になります。企業名はなく、表には出てこない非公開求人となっています。

一般的な薬局ではなく、こうした特殊な働き方が問題ない求人だと非公開求人が普通です。

今回の求人であれば、週1回からでも問題ないことを表に公表してしまうと、他の薬剤師から「自分がパート勤務するときは週3回からだと言われた。表に出ている条件と違う」などのように不満を持たれる可能性があります。

特殊な働き方を認めている優れた調剤薬局やドラッグストア、病院の求人を探すとき、こうした現実があるのを理解しましょう。

また、派遣薬剤師は既に述べた通り時給相場が非常に高いです。そのため他の正社員やパート・アルバイトの薬剤師に不満をもたれないように、非公開求人にしています。

表に出てくる求人は存在する

なお、世の中に存在する求人の多くが非公開ですが、中には企業名が公開されている中途採用の募集も存在します。例えば、以下はオリンパスでの品質管理に関わる薬剤師の求人です。

もちろん、調剤薬局やドラッグストア、病院についても企業名や募集店舗の名前を掲載しているケースは存在します。例えば、以下は上場会社でもある大手チェーン薬局の求人です。

大阪の調剤薬局ですが、大手チェーン薬局なので年収は低めに設定されています。また、一般的な調剤薬局なので特に特徴があるわけではありません。このように特に年収が優れているわけでもなく、普通の求人については表に出やすい傾向にあります。

求人票には最低限の情報が記される

なお、このように求人票に企業名が記載されていたとしても、そうした会社へ直接応募するのはやめた方がいいです。理由は単純であり、あなたが実際に勤務するときの条件が非常に悪くなってしまうからです。

実際に就職するとき、会社側と条件を交渉しなければいけません。

  • 年収・給料はどのようにするのか
  • 残業時間はどうなるのか(残業は発生するのか)
  • 住宅手当や通勤手当はどこまで出るのか
  • パート勤務の場合、勤務日数はどうするのか
  • 育児中の人なら、時短勤務はどこまで可能か

人によって希望する就業条件は異なりますが、こうしたことを自ら確認したうえで相手会社と交渉するのは不可能に近いです。そのため、転職エージェントを通じて収入の交渉をしてもらったり、勤務条件が良くなるように調節してもらったりするのです。

実際のところ、転職サイトを利用したほうがほぼ確実に高い年収(または時給)で転職できるようになります。

さらにいうと、求人票には最低限の情報しか記載されておらず、この情報だけで判断するのは非常に危険です。例えば求人票に「時短勤務可能」とあったとしても、子供が何歳になるまで時短勤務可能なのかは求人によって異なります。

法律では、子供が3歳になるまで時短勤務が認められています。ただ、実際のところ子供が3歳になった瞬間に手が離れることはあり得ないので、より長く時短勤務を認めてくれる薬局やドラッグストアを探さなければいけません。

こうした細かいことを調節してくれるのが転職サイトです。求人票の条件を見て自ら申し込み、転職すると高確率で失敗するのはこうした理由があるのです。

・職場見学も行う必要がある

また、転職サイトを通じて応募する場合、面接を受けた後は高確率で職場見学を実施することになります。自分で応募する場合は自ら職場見学を申し出て、現場の薬局へ「これから出向きます」などのように連絡するなど、非常に手間がかかります。

しかし転職サイトであれば、これらの手はずをすべて整えてくれます。

転職で失敗する理由の一つとして、職場見学を実施していなかったことがあげられます。店舗見学をすれば、管理薬剤師の様子や調剤機器を含め、職場の様子が分かるようになるからです。

求人票に記載されていない情報をどれだけ正確に集めるのかが、転職で成功するコツになります。そのため非公開求人かどうかに限らず、転職エージェントを通す方が失敗を避けられるようになるのです。

ゼロから求人を作成する転職サイトもある

また、転職エージェントが取り扱うのは必ずしても非公開求人だけではありません。求人が存在しない状態から、新たに薬剤師の求人を作ることもあります。要は、転職希望者の要望に沿った求人を、ゼロから作成するのです。

転職サイトにはそれぞれ特徴があります。その一つとして、「既にある求人の中から提示するタイプ」と「ゼロからであっても求人を作成し、ピッタリの求人を案内するタイプ」があります。

大手転職サイトであれば、大量の求人を保有しています。その中から、非公開求人を含めてさまざまな求人を提示してくれます。

ただ、既存の求人票を活用する場合は特殊な求人には対応しにくいです。「東京都内で働きたいが、年収600万円以上を確保したい」「急性期病院でさまざまな経験ができる大病院へ就職したい」「週に一回だけ、パート・アルバイトで働きたい」などは、普通では存在しない求人です。

こうした特殊な求人であれば非公開求人どころか、そもそも求人が存在しないことがあります。そこで、「たとえ求人が存在しなくても、ゼロから求人を作成する転職サイト」を利用するといいです。

要は、転職サイトのコンサルタントがあなたの要望を詳細にヒアリングして、それに合いそうな求人先(薬局や病院、一般企業など)へ電話して、求人が存在するかどうかを確認するのです。あなたが望む求人内容が特殊であれば特殊であるほど、こうした転職サイトが威力を発揮します。

必ず複数の転職サイトを利用する

ただ、実際のところ転職経験が豊富な人は少ないです。また、それぞれの転職サイトの特徴を詳細に把握しているわけではありません。さらにいえば、自分が望んでいる転職条件が特殊案件に該当するかどうかもよく分かっていないケースがほとんどです。

そこで、失敗のない転職を実現するために必ず複数の転職サイトへ登録するようにしましょう。ある転職サイトに登録して良い求人を探せなかったとしても、「他の転職サイトであればあなたにピッタリの非公開求人を保有している」ことがよくあります。

場合によっては「非公開求人を含め、大量の求人を保有している転職サイト」が良いかもしれません。または、特殊案件にも対応するために「ゼロから求人を作ってくれる転職サイト」が適切かもしれません。

転職での失敗を避けるため、より幅広い求人案件の中から選べるように複数の転職サイトを活用することが必要です。これについては、実際に転職サイトに在籍するコンサルタントと話をすることで様子を見るといいです。

非公開求人が多く、薬剤師に対して真摯に向き合う転職サイトを活用することが転職成功の秘訣です。転職サイトに登録せずに確認できる求人は一握りでしかないため、必ず3社以上の転職サイトへ登録して非公開求人まで確認するようにしましょう。

非公開求人を活用し、最適な職場へ転職する

転職サイトに掲載されている多くは非公開求人となります。給料が低く特徴のない一般的な求人の場合、普通に企業名が公開されていることがあります。ただ、そうではなく年収が高かったり、勤務条件が良かったりする求人だと非公開求人になります。

また、企業求人を含め稀で人気な求人だと応募者が殺到するため、非公開求人にすることで応募者を厳選するようになります。

こうした事情があるため、実際に転職エージェントへ登録しなければ詳細な情報を得ることはできません。また、転職サイトを経由したほうが良い条件で就職できるため、いずれにしても転職エージェントの利用は必須です。

さらにいうと、このときは非公開求人に限らず「あなたが望む条件をヒアリングした後、ゼロから求人を作る」という転職エージェントも存在します。非公開求人に加えて、こうした転職サイトを利用すればさらに転職で成功できるようになります。

3社以上の転職エージェントを利用することを考えたとき、最適な転職サイトとしては以下のようなものがあります。

・薬キャリ

転職エージェントの中でも、非常に多くの求人数を誇る転職サイトが薬キャリです。企業名を公開している求人はあるものの、実際のところほとんどが非公開求人となっています。

求人数が圧倒的に多い転職サイトであっても、優れた求人になるほど非公開になります。既存求人の中から選ぶ形の転職サイトにはなりますが、多くの選択肢の中から適切な募集を選べるようになります。さらに薬キャリの場合、派遣求人についても取り扱いがあるのも特徴です。

・マイナビ薬剤師

大手の転職サイトとして知られるのがマイナビ薬剤師です。同様に求人募集の数は非常に多く、必ず併用して活用するべき転職エージェントになります。

たくさんの求人を保有し、転職エージェントがその中から最適な条件の求人をピックアップする形となります。既存求人から選ぶことになりますが、面接時は転職サイトの担当者が同行してくれて条件交渉をしてくれるなど、大手にも関わらず手厚いサービスを実施してくれます。

・ファルマスタッフ

一般的な転職サイトでは派遣求人案件が存在しないものの、むしろ派遣薬剤師に強みのある転職エージェントがファルマスタッフです。もちろん正社員やパート・アルバイトの求人も多いため、あらゆる選択肢の中から求人を選べるようになります。

東京一部上場のグループ会社であるため、いろんな企業とのつながりが強いです。また、面談にこだわっているという特徴もあります。既存求人から非公開求人を選ぶ形の転職エージェントになります。

・ファーマキャリア

ゼロの状態から求人を作る形式に特化した転職サイトがファーマキャリアです。薬剤師に希望条件をヒアリングした後、それに合う求人を探し出して提示するのです。

既存の非公開求人であっても、実現が難しい案件が存在します。ただ、求人をオーダーメイドで発掘するため、むしろ難しい案件に強いという特徴があります。自分で求人票を選ぶことはできませんが、こうした転職エージェントを利用することで転職での成功確率がさらに高まります。

・ファーネットキャリア

中規模の転職エージェントにはなるものの、非常に歴史が古くインターネットが存在する前から薬剤師専門の転職サイトを運営している会社がファーネットキャリアです。事前面談にこだわり、面接同行や就職後のフォローまで含めて手厚い転職支援をしてくれるのが特徴です。

求人を紹介する前の事前面談により、ファーネットキャリアも同様にゼロから求人を作れる会社になります。自社で求人票を保有しつつも、薬剤師の要望に応じて難しい案件の求人を発掘できる優れた転職サイトになります。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファルマスタッフ

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。

ファルマスタッフのインタビュー記事

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事