医療知識を活かして働くことを考えるとき、薬剤師であれば薬局や病院などで服薬指導をするのが一般的です。また、企業の薬剤師をするにしても開発職や薬事、品質管理など一般的な職業への転職を考えます。

ただ、そうした一般的な求人ではなくメディカルライターという働き方も存在します。医療知識を活かして活躍することを考えるとき、ライターという勤務方法もあるのです。

しかし、メディカルライターとしての働き方は一般的ではありません。そのため、具体的にどのような求人募集が出されるのか理解しにくいです。また、正社員ではなく在宅での副業を考えている人もいます。こうした在宅ワークで活躍するのは可能なのでしょうか。

ここでは、少し特殊な働き方であるメディカルライターの薬剤師職について解説していきます。

薬剤師がメディカルライターでの未経験就職は可能か

そもそも、薬剤師がライター職として中途採用の求人に応募することはできるのでしょうか。当然ながら、募集が出されていないと薬剤師としてライター業をすることはできません。

これについては、問題なくメディカルライターの募集が出されています。例えば、以下は東京の会社から出たメディカルライターの薬剤師求人です。

このように、中途採用での募集が出されていることが分かります。もちろん、未経験であっても問題なく転職できます。この会社では約10人の薬剤師が在籍していると明記されており、ライターとして薬剤師を優遇していることが分かります。

もちろん全体の求人案件数は少なく、メディカルライターは非常に稀な募集です。ただ、転職サイトなどを活用して頑張って探せば問題なく薬剤師の求人を見つけることができるのです。

ライター業で活躍するときの仕事内容

それでは、実際にライター業として活躍するとなると仕事内容はどのようになるのでしょうか。薬局や病院の薬剤師であれば、ある程度は業務内容を想像できます。ただ、初めてのメディカルライターとなると仕事内容について見当が付きません。

これについては、それまでと全く関係ない仕事をするわけではありません。具体的には、製薬会社の資材作成に関わったり、インタビューフォームの作成に携わったりするようになります。

そのため、以下のような仕事がメディカルライターとしてメインになります。

  • 製薬メーカー資材(患者さん用パンフレット)の作成
  • 添付文書、インタビューフォームの作成・改定
  • 製品情報概要の作成
  • 医師・薬剤師向けのWebサイト記事の構築
  • 製品説明のパワーポイント資料作成
  • MR研修テキストの監修

薬剤師として働いているのであれば、調剤薬局やドラッグストア、病院の中で以下のような患者さん用の資材を必ず活用していると思います。

こうした資材は製薬会社の社員が作っているわけではありません。一般的には、医療系専門の広告代理店が作っています。

また、同様に以下のような医療機関向けの資材(添付文章、インタビューフォームを含む)についても広告代理店が作成していると考えましょう。

医療関係者が製薬会社MRから情報を受け取る資材というのは、メディカルライターの薬剤師が作成しています。薬局や病院で多くの薬剤師が患者さんに対して資材を提供できたり、製品情報概要から正確な情報を取ることができたりするのは、コピーライターの薬剤師がいるからだと考えましょう。

当然、こうした資材を作成することになるため、調剤などによって普段から医療情報に触れている薬剤師であれば、比較的簡単に業務に慣れることができます。

メディカルライターであると、資格のない一般人であっても仕事自体はできます。しかし、実際のところ現場で薬剤師を経験している人の方が「医療従事者がどのような情報を欲しており、医療文章としてどのように情報を世の中に出せばいいのか」を把握しています。そのため、薬剤師が優遇されるのです。

例えば、以下は東京にある会社から出されたメディカルライターの募集であり、未経験者でも応募することができます。

大手製薬会社が主要取引先であり、プロモーション資材の企画制作が仕事内容だと記されています。これはつまり、先ほど説明したように添付文書やインタビューフォーム、製品情報概要、患者用資材などの作成業務がメインの仕事になると考えるといいです。

仕事では英語力が要求される

意外と知られていませんが、こうしたメディカルコピーライターでは英語力が要求されます。実際に製薬会社の資材を作るときは日本語です。ただ、そうしたデータを読み解くのは論文になるからです。

論文は当然ながら英語論文です。日本語で論文が書かれていることはありません。そのため、以下のような英語論文を読み解きながら大手製薬メーカーの資料を作る必要があります。

そのため、コピーライターとして活躍するとはいっても、日本語で文章を書けさえすればいいわけではありません。医療英語について学び、論文に書かれている文章を理解し、学術資料として日本語でまとめる作業をすることになります。

実際、薬剤師のメディカルライター求人では以下のように英語力について記されています。

添付文書やインタビューフォームの資材作成・改定を含めたメディカルコピーライティング業務をする求人ですが、歓迎要件として「英文和訳、和文英訳」があります。これは、実際に英文を見て日本語に直す作業が必要になるからです。

もちろん、こうした英文和訳の経験はないと思うのでそれ自体は問題ありません。働きながら医療英語について触れていき、勉強すれば大丈夫です。ただ、いずれにしてもこのように英語力が要求されるのがメディカルライターだと考えるようにしましょう。

ただ、当然ながら全ての求人で英語力が要求されるわけではありません。そのため、英語がどれくらい必要になるのか確認するするといいです。

薬事申請に関わる薬事職もメディカルライターになる

なお、こうした医薬品関係の執筆作業に関わることから、治験(臨床試験)での承認申請資料の作成に関わる薬事職もメディカルライターの求人として出されることがあります。

薬事申請の場合、インタビューフォームや製品情報概要の作成と同様に英語力が要求されます。治験は世界で同時にスタートすることがよくあるため、そうしたときに海外の会社とやり取りする場面も多いです。

また、基本は書類上でのやり取りになります。書類を整え、行政機関に対して承認してもらうための資料を送付するのです。

先ほどの添付文書や患者用資材の作成とは仕事内容が異なりますが、こうした薬事申請に関わる薬剤師に付いても広い範囲でメディカルライターと捉えられています。

例えば、以下は治験業務の承認申請に関わる薬事職の求人ですが、メディカルライターとして出されています。

応募資格には薬剤師やMRがあり、こうした経験のある人なら未経験でも問題なく応募できるようになっています。求人票ではメディカルライターとなっていますが、臨床試験の資料作成を含めた薬事申請業務が主な仕事内容となっている募集です。

年収・給料は一般企業レベルとなる

それでは、こうしたメディカルライターの職種に応募するとき、どれくらいの年収になるのが基本なのでしょうか。これについては、調剤薬局やドラッグストアの薬剤師に比べると収入は落ちると考えましょう。

一般企業の求人では、どこも最初はそこまで高い年収ではありません。ただ、その後は実力次第によって大きな収入を得られるようになるのが企業薬剤師です。これは、メディカルライターであっても同様です。

給料の目安としては、未経験での応募であれば年収400万円くらいが妥当だと考えるようにしましょう。薬剤師手当が付くわけでもないため、収入は一般企業レベルです。

ただ、この年収については「どれだけ薬剤師免許の保有者を優遇してくれるか」によって大きく変わってきます。例えば、以下の会社は「東京または大阪での勤務となるメディカルコピーライター」の中途採用求人ですが、年収500万円以上となっています。

前述のように一般的には年収400万円ほどですが、頑張って探せばこのように高めの収入を実現できることもあります。特に英語能力が高かったり、学会での活動経験があったりなど、メディカルライターとして活躍しやすいスキルや経験があれば高年収になりやすいです。

ママ薬剤師が在宅ワークでライターの副業は可能か

なお、こうしたライター業務を目指すときに薬剤師が考えることとして、「正社員としてオフィスに出向くのではなく、在宅ワークとして副業できないか」というものがあります。

特に育児中のママ薬剤師であると、調剤薬局やドラッグストアなどでフルタイムで働くことが難しくなります。そうしたとき、在宅ワークとしてライター業をできないかと考えるのです。

これについては、問題なく可能です。Webサイト・ブログの記事をライターとして執筆し、納品する仕事はたくさん存在します。ただ、こうした在宅でのライター業務は転職サイトの求人に存在するわけではありません。そのほとんどはフリーランスのような形で仕事が出されます。

具体的には、クラウドソーシングで在宅ライターの仕事が出されます。クラウドソーシングとは、フリーで活動する人に仕事を依頼するプラットフォームになります。

例えば、会社ロゴを作りたいとき、どこに優れたデザイナーがいるのか分かりません。そうしたとき、クラウドソーシングサービスを利用して、会社ロゴをデザインしてくれるフリーのデザイナーをネット上で公募します。このとき、仕事をしたいフリーランスの人が案件に依頼するようになります。

こうしたクラウドソーシングの案件は無数にあり、その中の一つにライターがあります。「医療記事を作成して欲しい」と考えている人はたくさんいるため、そうしたクライアントの要望に基づいて記事を書いて納品するのです。

例えば、以下はクラウドソーシングサービスの大手で知られる「ランサーズ」から出された、医療・健康記事に関する依頼です。

このように、クラウドソーシング上では健康系に関する記事の作成依頼がたくさんあります。こうした依頼に対して応募し、案件を受注することができれば在宅ワークのママ薬剤師として活躍できるようになります。

ただ、当然ながらフリーランスとして在宅ワークをすることになるため、やり方を誰かが指導してくれるわけではありません。そのため、これまでライター経験のない人だと、経験のない段階から仕事を受けて在宅ワークをしなければいけないというデメリットがあります。

ブログ記事の作成など、フリーランスの医療ライターはおすすめしない

ママ薬剤師として、こうした在宅ワークの仕事へ申し込むことで活躍するのは問題ありません。ただ、薬剤師として仕事をして収入を得ることを考えると正直おすすめしません。理由は単純であり、在宅ワークのライターだと報酬単価が非常に低いからです。

一般的には、ネット上のWebサイトやブログ記事の執筆をするとき、報酬は文字単価で考えます。つまり、1文字当たりいくらで計算したうえで収入が計算されるのです。このとき、1文字当たり0.5~1円が一般的な相場です。

多めに見積もって1文字1円だとすると、6000文字の記事を作成すれば6,000円の報酬になります。

ただ、実際に6,000文字の記事を書けば分かりますが、かなりの時間を使います。記事を書くためには事前の調査が必要ですし、実際に書くにしても6,000文字であれば5~6時間以上の時間を要するのは普通です。これに調査の時間まで加えると、6,000文字だと8時間以上になります。

薬剤師として調剤薬局でパートをする場合、時給2,000円と低く見積もっても、8時間働けば16,000円の報酬です。そのため、薬剤師が在宅ワークでブログ記事を受注して仕事をするのは圧倒的に割に合わないのです。

参考までに、私は薬剤師として当サイトのような医療系サイトをいくつも運営しており、医療・健康記事の執筆が可能なライターさんに対して何度も記事作成を依頼しています。ただ、私が仕事を依頼している外注ライターさんのうち薬剤師はゼロです。薬剤師でライターをしている人は皆無なのです。

これは、「下手に在宅ワークで薬剤師が仕事を受注するよりも、薬局でパート・アルバイトをした方が効率よく稼げる」ことを多くの薬剤師が知っているからです。

こうした現状があるため、ママ薬剤師などがフリーランスとして在宅ワークでライターの仕事をしようと考えるのはおすすめしません。「午前中だけ」「週1回だけ」などでもいいので、調剤薬局やドラッグストアでパート勤務することを考えましょう。

例えば、以下は東京の調剤薬局から出された、週1回でも問題ないパート求人です。

薬局であれば、こうした求人はたくさんあります。そのため、下手に在宅ワークを考えるよりも薬局の求人募集へ応募するようにしましょう。

転職サイトにメディカルコピーライターの募集がある

それでは、実際のところどこにメディカルコピーライターの仕事があるのでしょうか。これについては、医療専門の広告代理店に就職しなければいけません。広告代理店へ転職することにより、ようやく製品情報概要や患者用資材の作成などの業務に就けるようになります。

しかし、企業求人なので当然ながら求人数は少ないです。しかも、これが品質管理や学術職などであれば求人が出されるようになりますが、メディカルライターになると求人数は圧倒的に少なくなります。

そもそも、医療系の広告代理店の数自体が少ないです。製薬会社から仕事を受注しているとはいっても、応募できる会社はどうしても限られてきます。また、そうした会社から中途採用での募集が出ているかどうかは運次第です。

こうした実情があるため、自分で求人を探すのは不可能に近いです。そこで、薬剤師専門の転職エージェントを活用しましょう。

当然、1つだけに登録したのでは求人数が少ないです。下手をすれば、登録した転職エージェントにメディカルコピーライターの求人が1~2件ほどしかないこともあります。こうした現状があるため、必ず3社以上の転職サイトを活用するのが必須です。

こうした稀な求人を考えるとき、3社以上の転職エージェントを利用せずに転職成功することはありません。求人案件の数を増やし、いくつもの会社の面接を受けることでようやく内定が出されるようになります。こうしたことを理解して、複数の転職サイトを活用しながら優れた求人募集を見つけるようにしましょう。

医療専門の広告代理店でメディカルライターを目指す

特殊な仕事として、薬剤師にはメディカルコピーライターという仕事があります。ただ、まったく親しみのない仕事をするわけではありません。添付文書や製品情報概要を含め、「薬剤師として活躍したことのある人なら必ず接したことのある書類」を作成する仕事を担うようになります。

これらの資料は必ずしも製薬会社の社員が作っているわけではありません。医療専門の広告代理店が作っています。

ただ、転職して活躍するためには英語力が必要になります。文章を書くだけでなく、学術文章を読み解きながら製剤資料を作成するのがメインとなると考えましょう。

なお、こうしたライター業の薬剤師となると「ママ薬剤師として在宅ワークのアルバイトができないか」を考える人がいます。ただ、報酬単価は非常に低いので諦めるのが適切です。それよりは、薬局のパート薬剤師をした方がいいです。

メディカルライターを目指す場合、正社員での転職を考えるようにしましょう。ただ、求人数は非常に少ないため、前述の通り3社以上の転職エージェントを活用するのがおすすめです。このとき、特に優れている転職サイトとしては以下の3つがあります。

・薬キャリ

薬剤師が転職を考えるとき、最初に登録すべき転職サイトが薬キャリです。理由は単純であり、求人数がトップクラスだからです。

メディカルライターの求人は稀です。求人すら存在しない転職エージェントも多いです。その点、薬キャリであれば求人数が非常に多いために問題なく選ぶことができます。まずは求人を確保するため、薬キャリの利用は必須です。

・マイナビ薬剤師

薬剤師専門の転職エージェントの中でも、大手求人に強みをもつ転職サイトがマイナビ薬剤師です。こうした求人には一般企業の案件も含んでおり、大手の医療広告代理店を含めた案件をいくつも保有しています。

マイナビ薬剤師であれば、一般企業とのつながりも強く問題なくメディカルライターの求人があります。マイナビ薬剤師についても同時並行で活用しましょう。

・お仕事ラボ

薬剤師転職サイトとして、大手で知られる会社にお仕事ラボがあります。大手薬局のグループ会社であるため、同じく大手企業とのつながりが非常に強いという特徴があります。

一般企業の求人数については、薬キャリやマイナビ薬剤師よりも劣ります。ただ、大手の転職エージェントの一角であるため、それなりにメディカルライターの求人を保有する転職サイトです。お仕事ラボについても並行して利用することで求人の幅が広がります。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、高時給で働く

派遣薬剤師は給料が正社員よりも高く、時給3,000円以上も普通です。さらには3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「自由に働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事