これから他の職業へ転職しようと考えるとき、一般的には調剤薬局やドラッグストア、病院の求人を探すのが一般的です。

ただ、こうした一般的な薬剤師以外の仕事を考える人もいます。調剤以外の仕事をすることで、他業種への転職を考えるのです。薬剤師としての立場は活かすものの、珍しい意外な仕事で働くことを検討するケースはたくさんあります。

それでは、薬剤師が異業種で働くときに調剤以外で勤務可能な職場としては、どのような種類の業種があるのでしょうか。こうした仕事について確認していきます。

薬剤師の資格でできる仕事は企業にもある

薬局以外、病院以外の職場であると、ほぼ確実に企業で働く薬剤師になります。薬剤師以外の仕事としては、企業が一般的なのです。

もちろん、薬剤師以外の仕事とはいっても薬剤師免許が不要なわけではなく、薬剤師の資格がなければ行えない業務もたくさんあります。さらには製薬会社に限らず、化学品メーカーを含めて広く薬剤師を求める求人募集が出されています。

調剤薬局やドラッグストア、病院以外の求人であるため、全体的な求人数は非常に少なく珍しい仕事になります。こうした意外な職場としては、以下のようなものがあります。

  • 医薬品卸・物流センター
  • CRA(臨床開発モニター)
  • CRC(治験コーディネーター)
  • 薬事申請
  • 学術・DI
  • 品質管理

どれも企業薬剤師になりますが、それぞれがどのような仕事になるのかについて解説していきます。

薬局以外の仕事に医薬品卸・物流センターがある

調剤薬局やドラッグストア、病院での勤務経験がある場合、医薬品卸の存在は必ず知っていると思います。薬をMRが届けることはなく、医薬品卸MSが関わることになります。

医療に関わる薬を届けることから、医薬品卸では急配(急いで薬を届けること)に対応しているなど、かなり高度な物流システムを組んでいます。注文してその日のうちに薬が届くのは奇跡に近いですが、医薬品卸がこうした物流システムを組んでいるからこそ可能なのです。

こうした医薬品卸は一つの都道府県にいくつもの支店(デポ)があります。また、医薬品卸の支店には必ず一人以上の薬剤師を置かなければいけないと法律で定められています。そのため、医薬品卸には薬剤師がいます。

薬局や病院に比べると医薬品卸で働く薬剤師の数は圧倒的に少なく、珍しい職種になります。ただ、調剤以外を考えているのであれば、他業種である医薬品卸の中途採用へ応募しても問題ありません。

必ず薬剤師を支店に置かなければいけないことから、医薬品卸でも薬剤師不足に困っています。しかし、あくまでも一つの店舗に一人で問題ないため、欠員が出たときに中途採用の募集が出るようになります。例えば、以下は医薬品卸の正社員求人になります。

薬剤師として働いていれば、医薬品卸の存在は身近です。ただ、卸の管理薬剤師は調剤業務をすることはないですし、世間一般的には珍しい仕事になります。

・物流センター勤務も可能

なお、物流センターの薬剤師として働くことを検討しても問題ありません。医薬品卸も物流に関わりますが、より規模の大きい物流センターにも薬剤師が常駐することになります。

医薬品関係の物流センターだと麻薬を取り扱うことになります。そのため薬剤師は必須です。

また、化学メーカーや化粧品メーカーでも法律によって薬剤師を置かなければいけないことは多いです。そうしたとき、物流センターで求人が出されるようになります。例えば、以下は大阪の物流センターから出された求人です。

なお、医薬品卸や物流センターでは正社員以外にも、パート・アルバイトで働くという選択があります。企業薬剤師でパート・アルバイトが可能という珍しい仕事になります。

珍しい仕事である学術・DI

一般的な薬剤師ではない仕事としては、他にも企業の学術・DIがあります。情報を取り扱うことにより、調剤以外の業務を行うことになります。

先ほど紹介した医薬品卸の管理薬剤師はどちらかというと、学術職の側面も強いです。確かに物流会社に勤務することにはなりますが、薬局や病院からの問い合わせに対して回答するのは重要な業務内容の一つになるのです。

また、純粋に仕事内容が学術だけとなる企業求人もあります。これには、製薬会社と大手チェーン薬局があります。

・製薬会社の学術

製薬会社に学術職があるのは誰でも知っていると思います。こうした製薬メーカーの学術・DIでは調剤薬局やドラッグストア、病院などで臨床経験のある人を広く受け入れています。

いわゆるコールセンター業務になりますが、例えば以下の求人は大阪の製薬企業から出されたDI担当の求人募集です。

この会社は動物薬メーカーですが、調剤経験のある薬剤師を募集しています。

また、製薬会社であると医療機関からの問い合わせに回答するだけでなく、自社製品に関する資材(資料)を送ったり、説明資料に記載する内容を考えたりすることがあります。例えば、以下のような資材です。

こうした資材を適切に管理するのも学術・DI担当の仕事になります。

・調剤薬局やドラッグストアの学術

非常に珍しい仕事にはなりますが、大手チェーン薬局であると学術部門を設けていることがあります。調剤以外の薬剤師業務として、学術での薬局勤務もあるのです。

例えば、以下は埼玉に本社のある薬局から出された学術職の求人です。

「調剤薬局、ドラッグストアを展開する企業」と書かれていることから分かる通り、薬局経営の会社です。ただ、調剤なしの他業種(学術)で勤務することが可能なのです。

他職種として転職し、CRA(臨床開発モニター)で働く

企業薬剤師は他にも存在します。特に製薬会社の中でも花形と呼ばれる職業にCRA(臨床開発モニター)があります。治験に関わることで育薬をするのが主な仕事内容です。

必ずしも意外な仕事というわけではありませんが、中途採用での求人数は少なく珍しい仕事に分類されます。他業種への転職を検討している場合、調剤以外であればCRAも適切です。

調剤経験かMR経験があれば、未経験であってもCRAへ転職することができます。例えば、以下はCRA未経験でも応募可能な求人です。

転職サイトに出されていた求人ですが、求人票には必須条件として「調剤経験のある薬剤師」「MR経験のある人」とあります。

ここから、問題なく中途採用で応募できることが分かります。CRAは薬剤師免許なしでも働ける、薬剤師以外の仕事です。ただ、実際のところ現場経験がなければうまく仕事ができないため、このように調剤経験のある人が求められるのです。

ただ、注意点があります。それは、年齢制限です。薬局以外の仕事を考えるとき、確かにCRAは優れています。ただ、20代など年齢が若くなければ受け付けてくれません。どれだけ遅くても、30代前半までの転職が必須です。

転職市場では、どこも年齢が若いほど価値が高くなります。そのため調剤以外の仕事でCRAを目指すとき、早めに転職を決断する方が成功しやすいです。

CRC(治験コーディネーター)で薬剤師以外の仕事をする

臨床試験に関わるためにCRAと混同されがちですが、同様に調剤以外の仕事を行える異業種としてCRC(治験コーディネーター)があります。

CRAは製薬会社側の業務を担当しますが、CRCは病院など医療機関側の支援を行います。そのため、仕事内容は異なります。CRAは全国の医療機関を飛び回るものの、CRCでは多くの場合、一つ(または2~3つ)の大病院へ常駐することになります。以下のような病院です。

病院勤務になるため、勤務先が病院以外を考えている人には向いていません。ただ、「薬局以外の仕事がいい」「調剤以外の他業種であれば問題ない」と考えている場合、CRCへの転職でも大丈夫です。

このとき、調剤経験のある薬剤師であれば問題なくCRC(治験コーディネーター)へ就職できます。多くの場合、以下のように「臨床経験2年以上の薬剤師」のように書かれており、この条件をクリアしていれば応募できます。

求人数は少なく、年収・給料はどうしても低くなりがちなCRCですが、こうした求人で調剤以外を考えても問題ありません。

意外な職場である薬事申請

調剤なしで働ける意外な職場としては、薬事申請も存在します。

当然ながら、医薬品や医療機器を好きなように製造し、市場で売ってもいいわけではありません。国の許認可を得たうえで販売する必要があります。そうしたとき、薬事申請業務が発生します。

異業種の中では、薬事申請はかなり珍しい仕事に分類されます。医薬品卸や学術、CRCなどの人と接することはあっても、薬事申請に関わっている人と触れる機会はまずないからです。ただ、調剤経験がある場合は未経験でも、薬事申請の求人へ応募できるようになっています。

例えば、以下は大手電機メーカーから出された薬事申請業務に関する薬剤師求人です。

このように、必須条件に「薬剤師資格をもっている人」とあります。これに加えて、歓迎条件に「調剤薬局(ドラッグストア、病院を含む)での勤務経験者」とあり、未経験でも応募できることが分かります。

薬剤師の資格でできる仕事として薬事申請があります。さらには医薬品メーカーに限らず、こうした電機メーカーでも薬剤師を募集している珍しい仕事になります。医薬品に限らず医療機器でも薬事申請が必要になるため、意外な職場で勤務することができます。

ただ、薬事申請では年齢制限が設けられていることがあります。開発職のように20代や30代前半である必要はなく、応募できる年齢の幅はもっと広いですが、それでも早めに転職を検討したほうが成功しやすくなります。

薬剤師免許を活かしたほかの仕事として、品質管理で勤務する

免許を活かし、他職種への転職を考えるときは品質管理も有効です。製薬会社に限らず、化学メーカーなど多くの会社が品質管理担当として薬剤師を雇います。原材料がきちんと製造できているのかについて、チェックを行うのです。

品質管理の薬剤師については、基本は工場や研究室での勤務になるのであまり目にすることがなく、意外な仕事の一つになります。

品質管理であれば調剤なしを実現できますが、その代わりとしてHPLCのデータを読み解くなど薬学部のときに勉強したことを活かすようになります。もちろん、以下のようなHPLCの装置を薬剤師が動かすわけではなく、あくまでも上の立場になって全体を管理する仕事になります。

品質管理だと、東京や大阪の郊外に工場を設けていることがあれば、地方の田舎で働くようになることもあります。

ただ、いずれにしても薬剤師以外で働けるほかの仕事として、品質管理の求人も検討してみましょう。例えば、以下は愛知県名古屋市にある眼科専業メーカーでの品質管理職の募集です。

調剤なしの他職種へ転職することを考えるとき、品質管理の職業も選択肢に入ります。薬局以外、病院以外を考えるとき、薬剤師免許を活かして働ける種類の職業として品質管理もあるのです。

年収・給料が下がるのは理解する

一般的に企業の薬剤師は最初、年収が低いものの後になると上昇するといわれています。ただ、この傾向は開発職(CRA)などの花形職種以外あり得ないと考えましょう。

確かに製薬会社を含め一般企業は年収が後になって高くなるといわれています。ただ、これはMRや開発職、研究職など花形と呼ばれる職種の人たちが年収を押し上げているに過ぎません。

実際、私は新卒のときに医薬品卸の管理薬剤師として入社しました。いまは辞めて転職していますが、年間の昇給額は1万円未満であり、高年収を実現するのはマネージャー職であっても無理でした。

実際のところ、調剤薬局やドラッグストアの方が圧倒的に高年収を実現できます。そのため、他職種として一般企業への転職を果たす場合、通常は給料が下がることを認識しましょう。調剤なしになり、年収も上がるという都合の良いことは起こらないのです。

もちろん、給料の低い病院薬剤師であれば、病院以外へ転職することで好待遇になります。大手チェーン薬局で年収が低かった場合でも同様です。ただ、わりと収入の良い調剤薬局やドラッグストアで働いていた人が薬局以外の珍しい職場へ転職する場合、ほぼ確実に給料が下がると考えた方がいいです。

転職サイトを利用し、珍しい企業求人へ応募する

ただ、それでも企業の薬剤師はメリットが大きいです。調剤以外の薬剤師として働くことができますし、患者さんと接する必要もありません。いわゆる接客業務からは脱することができます。

しかし、薬局やドラッグストア、病院とは大きく異なり、これら企業求人は全体数が圧倒的に少ないです。

例えば、以下は薬剤師の転職エージェントとして有名なファルマスタッフで「企業求人」を調べたときの様子です。

このように、日本全国で84件です。この中には、先ほどの医薬品卸やCRA、品質管理などあらゆる業種が存在することになります。また、重複求人も混じっています。

調剤以外を考えるにしても、企業の薬剤師は非常に業種が幅広く、さらに人によって興味のある職場は異なります。さらには求人数が少ないことから、必ずしもあなたに適した募集がすぐに見つかるとは限りません。また、調剤なしを実現できる企業の求人は非常に人気であるため、すぐに埋まってしまいます。

こうした現状があるため、薬剤師の転職サイトで一社だけに登録する人はいません。必ず3社以上に登録します。また、本気で優れた職場を探すことで薬局以外での転職を実現したい場合、5社ほどの転職サイトを活用するのが普通です。

事前に転職エージェントへ登録しておけば、珍しい求人が出てきたときにすぐに知らせてくれます。そうすれば、たとえ人気の求人であっても早めに応募できるようになります。

さらにいうと、企業求人では年齢制限を設けていることが多いです。年齢が若いほど転職しやすいことは既に述べましたが、異業種の求人へ未経験の状態で転職したいのであれば、できるだけ早めに転職エージェントの力を借りるのが適切なのです。

・医療機器、食品、電機と求人は幅広い

なお、薬学業界に身を置いていると製薬会社にどうしても目が向きがちになります。ただ、薬剤師が関われるのは医薬品に限りません。例えば、以下のようなものがあります。

  • 化学メーカー
  • 化粧品メーカー
  • 食品メーカー
  • 医療機器メーカー
  • 歯科用医療機器メーカー
  • 動物薬メーカー
  • 原料・添加物メーカー

電機メーカーであれば、医療機器を製造しているために求人を出していることを先に解説しました。薬剤師であっても、電機メーカーが薬剤師求人を出していることを知らない人が多いのではないでしょうか。

しかも、医療機器とはいっても大型機器から歯科用医療機器、ドラッグストアで売っている簡単な医療機器まで幅広いです。例えば、以下のようなものでも医療機器となります。

また、添加物メーカーであれば食品添加物以外にも、医薬品用の添加物の製造を行っています。薬の大半は添加物ですが、これらを製造するには薬剤師の力が必要になります。

さらには、同じ医薬品であっても動物用医薬品というカテゴリーが存在します。また、動物用医薬品が存在するということは、獣医師向けの医療機器も存在することを意味しています。

このように医療という大きい枠で捉えると、薬剤師が活躍できる職場は非常に多いことが分かります。どうしても製薬企業や医薬品卸を含め、身近な職業に目が行ってしまいます。ただ、実は薬剤師免許を保有しているというだけでも、いろんな選択肢があることに気が付くはずです。

調剤なしが可能な他業種の中では、MRと研究職は転職が無理

このように、調剤以外で薬剤師が働ける職業について解説してきました。ただ、調剤なしが可能な他業種の中でも、どう頑張っても転職が無理な職種が存在します。これには、MRと研究職があります。

製薬会社の営業職がMRですが、薬剤師からMRへ転職するのはほぼ無理だと考えてください。

新卒でない限り、営業未経験の状態で製薬会社が中途でMRを雇うことはあり得ません。また、未経験からMRになるにしても、必ず営業経験を有している必要があります。臨床経験があるだけでは、薬剤師からMRは無理なのです。

同様に実験室で働く研究職も中途採用で応募しても受け付けてはくれません。薬剤師として働いているのであれば、他業種への転職で研究職を考えるのは諦めるようにしましょう。

薬剤師以外の仕事でも求人は出ますが、MRと研究職は除かれると考えてください。ただ、それ以外の他職種であれば問題なく求人が出されます。

薬剤師資格を利用し、他の種類の仕事へ転職する

薬剤師の資格を活用するとき、薬局以外・病院以外で勤務することは可能です。

また、開発職や薬事申請を含め、本来なら薬剤師資格が必要ない種類の職業であったとしても、必須条件に「薬剤師資格」と明記していることは多いです。これは、薬剤師としての経験がそれだけ異業種でも活きてくるからなのです。

企業の薬剤師は一般的に珍しい仕事であり、実際に求人も少ないです。調剤なしを実現でき、土日休みになり、わりとゆったりと仕事をできることも多いことから非常に人気の職種です。

全体の求人数が少ないので3社以上の転職サイトを利用しなければいけないというデメリットはありますが、企業への転職は調剤以外を実現できる優れた求人となります。

薬局以外・病院以外を目指す場合、こうした企業への薬剤師を見据えることも大事になります。また、転職に有利となる最も若い時期は「現時点のいま」であり、時間が過ぎるほど企業求人では年齢制限によって転職が難しくなるため、早めに求人を探すのが成功するコツです。


薬剤師が転職するとき、求人を探すときにほとんどの人は転職サイトを活用します。自分一人では、頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できるだけでなく、病院や薬局、その他企業との交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「電話だけの対応を行う ⇔ 必ず薬剤師と面談を行い、面接同行も行う」「大手企業に強みがある ⇔ 地方の中小薬局とのつながりが強い」「スピード重視で多くの求人を紹介できる ⇔ 薬剤師へのヒアリングを重視して、最適な条件を個別に案内する」などの違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページで転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・私が経験した転職サイト体験談

実際に私は転職サイトを活用して調剤薬局へ就職したことがあります。私が行った転職体験の様子や注意点なども含め、ありのままに公開したいと思います。

管理人による転職体験記

・転職サイトを活用し、転職での失敗を防ぐ

転職を成功させるためには、転職サイト(紹介会社)をフル活用しなければいけません。そこで、具体的にどのように利用すればいいのかを解説します。

転職サイトを有効活用するには

・派遣登録し、短期や単発バイトで働く

派遣薬剤師であれば、3ヵ月や半年だけでなく、1日などスポット派遣も可能です。「好きな日だけ働きたい」「多くの職場を経験したい」「今月、もう少し稼ぎたい」などのときにお勧めです。

派遣薬剤師の転職サイトランキング

インタビュー記事:薬剤師の転職サイト

・ファルマスタッフ

「求職者と求人企業(病院、薬局など)に必ず足を運び両方と会う」、「派遣薬剤師の求人に強い」などの強みをもつファルマスタッフさまへ取材しました。

ファルマスタッフのインタビュー記事

・ファーマキャリア

薬剤師求人の中でも、「どこにも載っていない難しい案件」を探すことに特化した、オーダーメイド求人の発掘を行っているファーマキャリアさまへ取材しました。

ファーマキャリアのインタビュー記事

・ファーネットキャリア

「全国どこでも面談を行う」「事前に企業へも訪問して様子を確認する」「転職後のフォローまで行う」など、アナログな部分にこだわり続け、ミスマッチ(転職での失敗)を極限まで低くしているファーネットキャリアさまへ取材しました。

ファーネットキャリアのインタビュー記事